中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 天才。

紗羅マリーさんに歌って欲しいなぁ‥と結構前から思っております。

※通販、お取り置きの受付は7月3日(月)からとなります。ご迷惑おかけしますが何卒ご了承くださいませ。

misora hibari_kenpou
【7"】美空ひばり/ ロカビリー剣法 (columbia)
東映映画『花笠若衆』主題歌にして米山正夫リズム歌謡の代表作のひとつ、美空ひばりの「ロカビリー剣法」7吋盤(’58年)です。そっちも抜くなら こっちも抜くぞ♬
※試聴「美空ひばり/ ロカビリー剣法」
面だ!胴だ!小手だ!小手だ!突きだ!!お嬢の天才的リズム感を惜しげもなく引き出させた米山正夫先生の素晴らしさ。ニューリズムというニューリズムを貪欲に取り込んだ歌謡曲の奥深さ。歌詞としての"意味"の無さ。フォークはおろかGS以前の歌謡曲にしかない魅力が詰まりに詰まっています。いつ聴いても最高さ。
SP兼用ジャケの初版入ってきてます。B面にちょい目立つスレありますが年代考えると概ね良好です。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日はまずお知らせから。

明日6日は第一水曜日ですので定休日です。
お問い合わせへの返信等は翌7日(木)からとなります。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

家にいても暑さで死んでしまいそうだから明日は昼から外で酒をくらうつもり!


あまり良い表現ではないけれど、この曲はクソガキ歌謡と呼ぶに相応しいものだと思っております。元祖ゴクミ。

goto kumiko
【7"】後藤久美子/ 大人になりたい (columbia)
多くのカヴァー版がある「大人になりたい」ですが、真性の子供が歌うと逆に全然"早く大人になりたい"って気持ちが伝わらないものなんですね…世界最年少ジャズ歌手という触れ込みでデビューした後藤久美子の'62年作です。訳詞:漣健児、編曲:林一。

歌い方、声、その他あらゆるところから伝わってくるクソガキ感!一度聴いたら頭から離れず、誰もがモノマネしたくなるはず‥そんな破壊力を秘めてます。カヴァーポップスとはあまり呼びたくない感覚‥オリジナル作品でよいのではないかと。イタリアのフェデリカ・ポリちゃんといつか対決させてみたいのですが…
B面にはあの「かわいいベイビー」を収録。こちらは聴いてのお楽しみということでひとつ。
ジャケにシワ、盤に薄いスレと若干のビニ焼け有り。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日はまずお知らせから。

明日2日は第一水曜日ですので定休日です。
お問合せへの返信等は翌3日(木)以降になります。ご迷惑をお掛けしますが何卒ご了承くださいませ。もろもろの用事を済ませて出張レコ部準備に邁進する!


前回即売れした少年ジャズ自主制作盤がまさかの再入荷。

fukao atsushi
【7"】深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ ジャンプ・フォー・ジョイ (teichiku/自主制作)
天才か、それとも…。NHKの『デューク・エリントンと共に」という番組を見て一般の少年がレコード作りたい!と思い、親しい先輩に相談して集められたのが古谷充とザ・フレッシュメンだったという‥なんて贅沢!深尾敦クンの「ジャンプ・フォー・ジョイ」7吋盤です。制作経緯は裏ジャケを参照してくださいね。
fukao atsushi2

※試聴「深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ ジャンプ・フォー・ジョイ」
シカゴによる「ジャンプ・フォー・ジョイ」を聴いて大感激、すぐさま録音!なるほどブラスロック風アレンジですな。深尾クンはドラムスを担当、天才かもしれない…
B面はスティーヴィー・ワンダー「迷信」のカヴァーを収録。これがまあ違う意味で衝撃的でして。
※試聴「深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ 迷信」
ブレイキンなイントロ聴いてたらこの歌声出てくるんだもん…あまりの不安定さに頭ふらふらですわい。友人:中務佳英クンが歌ってる模様。。
ジャケット、盤ともに状態良好。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

京平先生の誕生日だけどめぼしいものがない、だから代わりに‥とかいったらぶん殴られるな。
小林亜星先生、自ら歌う。

kobayashi asei lp
【LP】小林亜星/ 絵のない絵本 (warner)
作詞も作曲も編曲も、そして歌もみんな自分でやりました‥偉大なる作曲家小林亜星が自ら歌った'76年作『絵のない絵本』LPです。猪俣猛、石川晶、飯吉馨、杉本喜代志、伊集加代、尾形道子らをバックにあの独特な声で歌い上げる亜星歌謡たち‥。

※試聴「小林亜星/ ぼくはデコイチ」
コーラス隊が素晴らしい仕事をしているシュポポポ・カントリーロック!心地よいグルーヴに頬がゆるみます。荒木とよひさ在籍の有限会社荒木組のとは同名異曲。続く「空に星がひかるとき」「小鳥たちのレストラン」もカントリー色のポップスです。

※試聴「小林亜星/ なんじゃろこーりゃ」
溢れる"時間ですよ"感!コミカルソフトロックグルーヴ作品。高見山に歌わせたい‥。

※試聴「小林亜星/ 金魚売り」
ズンと沈み、深く揺れ、ジャジーに鳴る…アルバム中最もアヴァンギャルドな作品ではないかと。5分以上の大作プログレ歌謡。

帯付、盤良好。ジャケットにシミと底抜けあります。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

週末に向けて音盤補充に勤しんでおります。まとめて売れた8トラテープもまた出荷してますよ。

で、がんばってたら謎盤入ってきて興奮中。深尾敦くんとは??

※通販受付は6月16日(月)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

fukao atsushi
【7"】深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ ジャンプ・フォー・ジョイ (teichiku/自主制作)
裏ジャケに書かれた制作経緯をまず読んでみてください。
fukao atsushi2

NHKの『デューク・エリントンと共に」という番組を見て一般の少年がレコード作りたい!と思い、親しい先輩に相談して集められたのが古谷充とザ・フレッシュメンだと!!一般の少年じゃないんだね、おそらく‥。わずか2時間半で録音されたらしい音源を聴いてみましょう。
※試聴「深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ ジャンプ・フォー・ジョイ」
シカゴによる「ジャンプ・フォー・ジョイ」を聴いて大感激‥なるほどブラスロック風アレンジで歌ってますね。ドラムも深尾くん自身が叩いてます。正直いい感じやないかい!

衝撃&笑撃なのはB面。スティーヴィー・ワンダー「迷信」のカヴァー。
※試聴「深尾敦、古谷充とザ・フレッシュメン/ 迷信」
おお、いい具合にファンキーな入り、ナイスカヴァー!と思ってたら‥歌のあまりの不安定さに頭ふらふらになっちゃいましたw 同一人物とはとても思えんのだが。友人:中務佳英くんの歌声なの?謎すぎる…
テイチク販売による自主制作盤、ジャズの自主レコ自体珍しいですが、一応古谷充コレクターにもアピール出来るのではないかと。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

バタバタしております。この後ちょっと出かけるので先にブログ更新。歌謡界の必殺剣法‥それはロカビリー流。

misora hibari_kenpou
【7"】美空ひばり/ ロカビリー剣法 (columbia)
これが正眼 無念の構え 次は上段 無想の構え‥切れ味鋭いリズム歌謡、お嬢の'58年作「ロカビリー剣法」7吋盤です。作詞・作曲はリズム歌謡マスター、米山正夫。

あらゆる音楽要素を飲み込むのが歌謡曲・流行歌の良いとこだけど、1950年代後半の邦ポップス全般に聴くことができる"何でもあり!"感は改めて凄まじいものがありますな。その代表作のひとつがこの楽曲だと思ってます。流行りのリズムと純和風の香り漂う剣法歌詞の融合、そしてそれを歌うのが既に大歌手の雰囲気漂わす美空ひばりってんだからね!個性の塊は時代を越えるなぁ…。
ジャケット良好、盤に紙スレ程度のごく薄いスレ少々。定価500円のリイシュー盤です。それでも珍しいのだ。4800円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

ミッチーを愛してやまない今日この頃。歌うミッチーも最高だけど、彼の三味線はそれはもうすごいんだから!

mihashi michiya
【LP】三橋美智也、東京キューバン・ボーイズ/ 三味線リサイタル〜三味線とラテン・リズムによる日本の幻想 (king)
キューバン・ボーイズをバックに弾きまくるミッチー!エグテクの三味線プレイで踊れや踊れの’63年作。しょっぱなの「津軽じょんがら節」から高速ラテン・リズム爆発!そこにミッチーの速弾き三味線が乗っかると早くも興奮は最高潮に達します。勢いそのままに続く「佐渡おけさ」で汗ダクダク。油断ならない転調多用なアレンジで聴いてる側を飽きさせない「おてもやん」、ボレロ調のゆったりリズムが夏の午後に心地良い「ひえつき節」、大作映画のテーマ曲の如きオーケストレーションとジャジーなピアノが炸裂する「阿波踊り」と、A面で既に超名盤の貫禄漂わせてます。
さらにB面でも好演のミッチー&キューバン・ボーイズ。国産ラテン・ジャズとしてどこに出しても恥ずかしくない「相馬盆唄」(ヨーイ・ヨーイの掛け声も最高!)、キューバン・ボーイズの本領が遺憾なく発揮されたアフロ・キューバン・アレンジの「ソーラン節」、再びミッチーがバカテク三味線を聴かせる「新タント節」‥ただただすごいの一言!チャチャチャ〜アフロ・キューバン風に仕上げた沖縄民謡メドレーで〆るあたりのセンスもよろしいですなぁ。
残念ながら帯ありませんが、ジャケット、盤ともにきれいなコンディション。2500円

本日の新入荷は“洒脱”の具現化音盤!どしゃ降り(Cloudburst)の翌日にどしゃ降って来る歌の雨あられ。

lh_r
【LP】LAMBERT, HENDRICKS & ROSS / The Hottest Group in Jazz (COLUMBIA)
デイヴ・ランバート、ジョン・ヘンドリックス、アニー・ロスからなるランバート・ヘンドリックス&ロス…言わずと知れた無欠のジャズ・ヴォーカリーズ・トリオ。CBS移籍第一弾となる59年のこのアルバム、やはり代表作のひとつといえましょう。タイトルの「The Hottest Group in Jazz」はジャズ専門誌“ダウンビート”評から。LH&Rの登場ってやはり衝撃と感動を持って世間の耳目に届いていたわけですよね。うむ、ホッテスト!なんといいますか、あまりに痛快。三者ともにフレキシブルかつ圧倒的なヴォーカルでありつつの掛合いの妙技、バランス感覚ですなぁ。アイク・アイザックス・トリオの堅実な演奏やゲスト・トランペット奏者ハリー・エディソンの滑らかなミュート・トーンとの一体感も抜群であります。

lh_r_label醸成されたよな「Charleston Alley」や「Moanin'」のムードも、アニーさんの粋でいなせな「Twisted」も、ジョン・ヘンドリックスの作詞力とめくるめく高速スキャットに感嘆する「Cloudburst」も、マイルス&ギル・エヴァンス版を元にスウィングする瀟洒な「Summertime」も、!聴き処はとめどなく。ワタクシメははデイヴ・ランバートの愛すべきヴォーカル大フィーチュアの「Bijou」と、アルバムのラストを締めくくる疾風怒涛のスキャット地獄、いや天国「Everybody’s Boppin'」が大好きであります。ジャケにスレ・抜け補修ありますが、かすかなヘアライン1〜2本程度、光沢充分、状態良好のオリジナル(深溝 6 eye/両面マト1)・MONO盤にて入荷。ランバート・ヘンドリックス&ロスのインコンパラブルな世界へお誘い申し上げます。3000円








デイヴ・ランバートは藤山一郎に似ているよねヾ( ´Ω`)ノ

本日の新入荷!久々に短冊型8cmシングルから珍しめの皿が飛び出した。やっほい。

yumin_siokaze
【CDsingle】松任谷由実/潮風にちぎれて (TOSHIBA)
89年に発売された松任谷時代(77〜87年)の15枚のシングルを、エアメイルっぽいモチーフのジャケで統一したシングル・リイシュー・シリーズ“YUMING SWEETS”からモスト・コレクタブルな一品が到着です。松任谷になって初めてのシングル、77年発表「潮風にちぎれて」(東芝EMI・XT10-2372)キマシター!深緑〜初夏の優しく爽やかなアコースティック・グルーヴが素ん晴らしい初期の名曲。大好きなのですがこれが同シリーズの中でも断トツで出ない一枚なのは、やはりB面(c/w)「消灯飛行」に因るところが大きいのでは。この頃のユーミン様の骨頂、ウェット且つジャジィなピアノ・バラード…いやぁこれも非常に名曲です。だのに本人をして”汚点”とまで語らしめた未CD化ベストアルバム「ALBUM」(77年)に収録されたきり、未だアルバム収録されることのない楽曲でもあるのですよねぇ…。CD化されているのはこのシングルのみ!という事で、やはりレアーとなってしまうのであります。状態良好 3980円
yumin_siokaze2




yumin_a_henjiyumin_a_12gatu
【CDsingle】荒井由実/返事はいらない (ALFA)
【CDsingle】荒井由実/12月の雨 (ALFA)
さらに荒井時代のも入ってきたのでございます。少しですが。72年のデビュー・シングル「返事はいらない」、そして74年発表の「12月の雨」。内容についてはもう言わずもがな。「返事はいらない」はレコードで探すのはハードルが高すぎますが、この8cmでもちょっとウレシイ感じしはありますね。ともに軽スレありますが概ね良好の範囲。各1280円


↑このページのトップヘ