中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: season greeting

寒くなるに連れて売れていくクリスマス・レコードたち。コーナー寂しくなったのでいろいろと補充したところです。

c_elvis
【LP】ELVIS PRESLEY/ Elvis' christmas album (RCA victor)
やっぱりエルヴィスがいなくちゃはじまらない!'57年に発売されたクリスマス・レコードをステレオ化(擬似)した'65年作。初のステレオ盤、ジャケット差し替わってますね。冬な感じはこちらのほうが上かな?
男の色気漂うあの声で「ホワイト・クリスマス」「ブルー・クリスマス」「サイレント・ナイト」なんて歌われたら高まっちゃうに決まっとる!黒レーベル、深溝。盤にごく薄いスレ少々、ジャケット背表紙に傷み有ります。2500円


c_gisele
【LP】GISELE MAcKENZIE/ christmas with Gisele (RCA victor)
カナダ出身のポピュラー歌手、ジセル・マッケンジーの'59年作「christmas with Gisele」LP。聖夜をとびっきり素敵な雰囲気にしたい方にオススメしたい、しっとりムードのヴォーカル盤です。大人!な一枚。ビクター黒レーベルMONO、深溝。ジャケットにシミ等有り。盤は薄いスレ少々ある程度の良好なコンディション。2800円


c_gal
【7"】木村恭子、SWINGING APPLES(演奏)/ merry x'mas for apple gal[B面] (sound gang)
謎盤。大阪のサウンド・ギャングというレーベルのファースト・レコーディング作品らしい、天六や住道にあったAPPLE SHOP(もちろんMACとは無関係)に関連したレコードらしいということくらいしかわかりませんでした。歌っているのは木村恭子さん、スウィンギング・アップルズというグループ?が演奏しています。B面収録のクリスマス・ソングはロッカ・バラード調。割りと沁みますわい。A面の「GAL」はデビューしたての頃の庄野真代みたいなUSポップテイスト。結構良い!ティンパン〜ナイアガラあたりを意識した女性コーラスの使い方も悪くないのです。ジャケット、盤に薄いスレ。800円


c_fujiya1
【SHEET】オバQ、ポパイ、ペコちゃんの楽しいジングル・ベル
不二家の販促用ソノシートにてオバQ、ポパイ、ペコちゃんの共演が実現してました!この時ばかりはポパイもほうれん草よりケーキが食べたいようで‥。盤に薄いスレ、ジャケットに経年のシワ等あります。結構珍しいのではないかと。1980円
※45年前の不二家クリスマスケーキ。甘そうだ〜。
c_fujiya2




c_imai miki
【LP】今井美樹/ フィエスタ (for life)
「ひとりでX'mas」収録ということで無理やりクリスマス・レコード扱いしちゃった‥。今井美樹が自ら選曲したというカヴァー・ソング集「フィエスタ」('88年)です。「ひとりで‥」のみ自身の作詞・作曲、その他は「close to you」「lovin' you」「superstar」等、いかにも!なカヴァー曲を収録。全編英語歌唱です。とんでもなく素晴らしいのは「feel like makin' love」でして、メロメロメロウ好きな方は一発でKOされちゃいますな。レコード生産終了直前のプレスということで、アナログ盤は滅多に入ってきません。状態良好、3800円





≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

すっかり寒くなったのでちょい早めにクリスマス・レコード解禁!毎年の如く控えめにクリスマス・コーナー作ろうかと。その中から7吋を少しだけご紹介しておきます。

※通販、お取り置きの受付は12月3日からになります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

c_miko
【7"】弘田三枝子/ ミコのジングル・ベル (toshiba)
まずはパンチの効いたクリスマス・ソングから。弘田三枝子の'62年作「ミコのジングル・ベル」7吋。大沢保郎の編曲、宮間利之とニューハードの演奏で贈るジャジーな「ジングル・ベル」、最高です。楽しいクリスマス・パーティーにこのレコード流れたらみんなが笑顔になっちゃうね!B面「ブルー・クリスマス」は大沢保郎モダン・トリオの演奏によるしっとりジャズに仕上がってます。こっちはラヴラヴ恋人さんに捧げたい!ジャケット、盤(黒)ともに状態良好。4000円


c_peanuts
【7"】ザ・ピーナッツ/ ピーナッツのクリスマス・ソング (king)
こちらも欠かせないレコードっすね。ピーナッツ。元々はバラ売りされていた「ジングル・ベル/サンタクロースがやってくる」と「清しこの夜/別れのワルツ」をカップリング収録した2枚組7吋('60年)。EB規格のモノラル盤です。シックス・ジョーズの演奏がめちゃ楽しい「ジングル・ベル」がやっぱり一番かなぁ。しっとり聴かせる「清しこの夜」も捨てがたい。盤に薄いスレ、3000円


c_manbo
【7"】バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ/ マンボ・ジングルベル (teichiku)
バッキーさんにもクリスマス盤が。しかもブームに乗って?マンボ・アレンジで「ジングル・ベル」を演奏してるなんて!ポコポコ・リズムにあのスチール・ギターが乗るとこんなに楽しくなるんだね!盤に薄いスレ、980円


c_john&yoko
【7"】ジョン&ヨーコ/ ハッピー・クリスマス (toshiba)
ド定番ソングも7吋で。ジョン・レノン&ヨーコ・オノによる「ハッピー・クリスマス」です。驚きの赤盤入荷しました。やっほい。これの赤盤は滅多に入りませんねー、いいですねー!盤もすごくいい状態\(^o^)/ 16800円


c_paul
【7"】ポール・マッカートニー/ ワンダフル・Xマス・タイム (toshiba)
ジョンが出たらやっぱりポールも。ムードはぴったり 気分はサイコー♪邦訳読むだけで楽しくなっちゃう。ポップス職人が作るクリスマス・ソングはいちいち良いですな。値段はジョンにボロ負けだけど、正直こっちのほうが好き‥なんて言ってみる。状態良好、800円


c_akahana
【7"】デストロイヤー/ 赤鼻のトナカイ (RCA)
最後はこの方で。子供たちにも大人気、デストロイヤーの「赤鼻のトナカイ」7吋。意外にも歌イケテル!ちょっと照れくさそうだけど。まあこれはジャケ9割なレコードですね。たまらんわ。ジャケット、盤(白レーベル)とも状態良好。1280円

※通販、お取り置きの受付は12月3日からになります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日も昨日に引き続き《こどもの日2012》、
少女漫画特集〜をとめちっく・れこうど祭り(後編)をお贈りします。
またしても長くなっておりますので、お時間の許すかぎり…ゼヒゼヒ。
shojo_blg
今日は正統派からまいりましょう。


maho_mako
【7”】「魔法のマコちゃん」〜堀江美都子/魔法のマコちゃん (COLUMBIA)
おにゃのこアニメの礎といえばやっぱり魔法少女モノ。その元祖が「魔法使いサリー」であり、「ひみつのアッコちゃん」であり、この「魔法のマコちゃん」(70〜71年)であります!人魚姫を元設定に切ない恋愛模様や時事問題を盛り込んだエピソード展開など、少しだけ対象年齢高めの名作。内容もさることながら渡辺岳夫の作詞・作曲によるひとりGS調の主題歌が最高で、当時弱冠13歳という堀江美都子(これが少女アニメ第一作)が初々しいしゃくりあげ唱法とともにアニソン女王の萌芽を遺憾なく披露してます。「アタックNo.1」を踏襲する甘えたセリフ入り(”だってぇ年頃なんですもの、わかってェ♥”)なのも吉。さらにEDテーマ「ボクはマコについていく」がハラホレなラテンリズム歌謡でたまらん。性急なタンバリンとドライヴするサビからのグルーヴ展開もイカス!


candycandy
【7”】「キャンディ・キャンディ」〜堀江美都子/キャンディ・キャンディ (COLUMBIA)
原作:水木杏子、原画:いがらしゆみこによる"永遠の名作"、この言葉が最も似合う少女漫画界の宝ですねぇ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・76〜79年まで続いたテレビアニメ版も大ヒットしました。現在恨めしすぎる大人の事情による絶版状態中(/_;)の本作ですが、堀江美都子が歌うこのアニメ主題歌だけは原作の著作権範疇外として演奏可能(作詞が原作者本人《名木由恵子の名義》だからかな?)なためアニメ内容を知らなくてもこの曲は自然と憶えちゃってるって人も多いようです。幸か不幸か…ひとり歩きの国民的アニメソング。。でも確かにイントロのチェンバロ聴いただけで胸が震えるわぁ。作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士。


petit_ange
【7”】「女王陛下のプティ・アンジェ」〜広美和子/アンジェにおまかせ (VICTOR)
さて続いてはポスト・キャンディを狙った77〜78年放映の「女王陛下のプティ・アンジェ」をば。ヴィクトリア女王が失くした宝石を見つけた功績から捜査勅使を受け活躍する12歳のオテンバ少女探偵アンジェ・アイリントンの物語。むむー昭和そして女の子版名探偵コナンですか。ワカチャカ・ギターにファンキー・ボトム、ゴージャスな女声コーラスと時代と舞台を軽く無視したディスコちっく主題歌「アンジェにおまかせ」。対照的に日本人的サウダーヂ満載、清楚な歌声の哀愁ボッサ歌謡がEDテーマにぴったりの「マイ・ネーム・イズ・プティ・アンジェ」、どちらも作詞:千家和也、作曲:小林亜星、編曲:小六禮次郎による佳曲です。歌っているのは元ヤング101メンバーの広美和子。


wakakusanocharlot
【7”】「若草のシャルロット」〜かおりくみこ/若草のシャルロット (COLUMBIA)
カナダの開拓牧場で健やかに過ごしていた少女が《実はフランスの亡命貴族で、死んだと言われていた母も生きている》という父の告白と事故死を機に、フランスへ渡り母親捜しの旅をする…というアニメ「若草のシャルロット」。センチメンタルなマイナー調の導入から徐々にパートを増しフルオーケストラを従えた軽やかなサビに到達する主題歌(歌:かおりくみこ)ともども実に世界名作劇場的で微笑ましいです。音楽は「海のトリトン」以来5年ぶりのアニメ仕事という鈴木"コルゲン"宏昌が担当。


hananoko_runrun
【7”】「花の子ルンルン」〜堀江美都子、ザ・チャープス/花の子ルンルン (COLUMBIA)
るるるんるんるん♪るるるんるんるん♪いまだに春になるとうっかり口づさんでしまう幸福でフラワーな小林亜星ポップス全開の主題歌も大好きでした「花の子ルンルン」。花の精の血を引くルンルンが幻の七色の花を探し旅をする東映魔法少女シリーズのひとつ。久々フルで聴いてみたら流麗なストリングスの開放的サウンドにコミカルな味わいを加える木管楽器やギターがアクセントになっていて実によく出来てました。がそれ以上にビックリだったのが達者でおませな猪股裕子ちゃん&すっとぼけな魅力の小林亜星によるでこぼこデュエットのB面「女の子って」。高速パーカッシヴなリズムに涼しげエレピ&フルートがたまらんちびっこサンバ・グルーヴ。これホンマめちゃめちゃキュート!


honeyhoneynosutekinaboken
【7”】「ハニーハニーのすてきな冒険」〜芹洋子/ハートは大騒ぎ (KING)
飼い猫がワガママ姫のダイヤモンドを食べてしまったがために世界中を逃避行してまわる冒険活劇少女アニメ「ハニーハニーのすてきな冒険」もいきましょう。81年放映の作品ですがトキワ荘の紅一点、水野英子先生による原作はなんと68年からの連載漫画。だからってこともないでしょうが「四季の歌」の芹洋子が歌う主題歌「ハートは大騒ぎ」はちょっと前のアイドル歌謡風のキャンディ・ポップ。歌めっちゃうまいんだけど声がベテラン風情でテイストとのギャップが否めない気も(^_^;)いや明朗でエエウタなんですけどね。


hellosandybell
【7”】「ハロー!サンディベル」〜堀江美都子/ハロー!サンディベル (COLUMBIA)
マコちゃんからずっとぱっちりお目目の美少女続きだったのでキャンディ・キャンディなんかメじゃないソバカス鼻ペチャっぷりのサンディベルの地味顔(劇中はもうちょっと可愛いです…)が目立つなぁ。けどねぇ、この子は複雑な生い立ちや環境ながらも元気で前向きで希望に満ちたええ子なんですわ…。そんなサンディベルをそのまま歌にしたような堀江美都子が歌う主題歌。もう、どんだけ元気やねん!郁恵ちゃんかと思ったわ!!と。作詞:三浦徳子、作曲:渡辺岳夫、編曲:久石譲。あと儚すぎるバラードなAメロからシティ・グルーヴ曲に変化するB面「白い水仙」もとても素敵です。


kujiranohosefina
【7”】「くじらのホセフィーナ」〜大杉久美子/くじらのホセフィーナ (COLUMBIA)
79年に放送されたファンタジー・アニメ「くじらのホセフィーナ」。コップの中で住んでいるくじらが夜ごと大きくなって空を飛び不思議な冒険に連れて行ってくれる…なんつーメルヘン!そしてホセフィーナめっちゃかわええ♥大杉久美子が歌う主題歌にもこのメルヘンチシズムは充満しており、悪の匂い皆無といいますか、この歌で描かれる世界には幸せしかない…そんな印象。フィーリング・フリー(子供コーラス隊)の存在がまたどうにも無害なんだわ。作詞:関根栄一、作曲:穂口雄右、編曲:青木望。B面「さよならサンティー」は美ストリングスが心にしみるミディアム曲。見事なエンディング仕様!


akagenoann
【LP】テレビ・オリジナルBGMコレクション「赤毛のアン」BGM集 (COLUMBIA)
「世界名作劇場」モノも少しピックしていきます。まずはやっぱりこれかな、「赤毛のアン」。物語については今更説明する必要もないですよね。日本コロムビアの"テレビ・オリジナルBGMコレクション"より、アニメ「赤毛のアン」のBGM集です。大和田りつこが歌う主題歌は現代音楽の作曲家・三善晃によるもので、明快で覚えやすいことが求められる一般のアニメ・ソングとはまた違った軽やかで甘美な響きを湛えています。特にOPテーマの「きこえるかしら」の素晴らしさは異常ですね!今になってやっとわかりました。テーマ以外のBGMは三善晃のお弟子さんで晩年の武満徹のアシスタントもなさっていた毛利蔵人による作曲。派手さはないものの、しっかりとしたオーケストラ・サウンドを聴かせてくれてます。

minaminosimanoflone
【LP】「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」音楽編 (CANYON)
「赤毛のアン」の翌々、81年の第7作「ふしぎな島のフローネ」です。オーストラリアへの渡航中に船が座礁し南洋の無人島に漂着したロビンソン一家の物語。この作品といえば、しっおかぜを、ほっほにうけ、裸足でかけてくぅ〜♪の主題歌「裸足のフローネ」に尽きます。爽やかなメロディと南国メロウ・サウンズ、瑞々しい潘恵子の歌声も絶品な定番曲。朗らかなワルツ風の「こっちへおいでフローネ」など他の挿入曲も全体に品があって、漂流という悲惨さを感じさせない一家の逞しさを反映してるよう。


watasinoannet
【LP】「アルプス物語 わたしのアンネット」音楽編 (PONY CANYON)
で、こちらが「フローネ」の翌々83年、第9作「アルプス物語 わたしのアンネット」。『罪と赦し』がテーマゆえに恨みや罪悪感、贖罪といった負の感情が渦巻くこの枠では異例の物語であまり人気がなかったようですが、逆に人間的で道徳要素は充分だしある意味これ以上ないくらい”世界名作劇場"だと思うんだけどなぁ。人気の有無はさておきこれも主題歌「アンネットの青い空」がとにかく名曲過ぎて‥。物語の毒素を排出したような穏やかさと透明感がOPに集約されてます。デトックス!歌詞が人生の応援歌してる「すてきすてき勇気」も胸にくる作品です。「アン」以来となる現代音楽家・廣瀬量平を起用。


makibanoshojokatori
【LP】「牧場の少女カトリ」音楽編 (PONY CANYON)
「アンネット」の翌作。貧しい家庭の事情でわずか9歳で奉公に出るけなげで勤勉なフィンランド版おしんのよな物語「牧場の少女カトリ」。世界名作劇場の主題歌ってなんでこんなに素晴しいんだろと泣けてくる小林千絵の「Love with you 〜愛のプレゼント〜」(作詞:伊藤薫、作曲:三木たかし、編曲:鷺巣詩郎)。憂いに満ちたハスキー・ヴォイスと切ない歌詞…華やかではないけれど哀切と芯の強さが胸にググっと迫ります。神田広美の「ジャスミン・アフタヌーン」にも似た渋名曲。舞台のフィンランドにちなんで当地作曲家・シベリウスの楽曲(交響詩フィンランディア、カレリア組曲など)が劇中でも多数使用されてます。演奏は熊谷弘指揮東京フィルハーモニー交響楽団。


hagio_hyakuoku
【LP】タケカワユキヒデ、鷺巣詩郎/ 百億の昼と千億の夜 (COLUMBIA)
次は花の24年組シリーズといきますよ。まずは萩尾望都。わかりやすい「トーマの心臓」や「11人いる!」のがあれば良かったんですが残念ながら現在在庫なしのため、週刊少年チャンピオン連載「百億の昼と千億の夜」(少女漫画じゃない‥)を。光瀬龍のSF小説の漫画化。全編作曲:タケカワユキヒデ、編曲:鷺巣詩郎、演奏:タイクーンによるこのイメージ・アルバム、プログレッシヴな長尺曲わんさか入っとります。イエスかと思ったぜー。B-1「惑星開発委員会」がエレクトロポップ・ディスコな感じでオモロめ。なんかラップ乗せたくなる!


takemiya_hensokyoku
【LP】竹宮恵子「変奏曲」 (PHILIPS)
萩尾望都とくれば次はやはり竹宮惠子。こちらも「風木」があればベストだったけど「変奏曲」シリーズも好きなのでいいや。少年愛とクラシック音楽の耽美な世界。ラロ「スペイン交響曲」、サラサーテ「チゴイネルワイゼン」といった劇中にも登場した名曲群を、シェリング、グリュミオー、外山滋といった一流どころが演奏したクラシック作品集としても楽しめるアルバムです。ただ岸田今日子のセリフが入ってきたらとたんにドラマティックな雰囲気になっちゃいますが。「のだめカンタービレ」にはないスリル、ここにはあります!そして「竹宮恵子が初めて語るあなたへのメッセージ」、にやり。


eroicayori
【LP】「エロイカより愛をこめて」 (COLUMBIA)
お次の24年組は青池保子先生!76年(!!)から現在も月刊プリンセスにて連載中のスパイ活劇漫画「エロイカより愛を込めて」ももちろん。エロイカ役に野沢那智!鉄のクラウス役に中田浩二!!(宗方仁対決じゃないかぁ)そして音楽に前田憲男、大野雄二(A-2、B-2,5)、歌に水木一郎アニキという豪華キャストのイメージ・アルバムです。いかにも大野雄二!ってなメロウ・グルーヴ「ロマンティック・アゲイン」(水木アニキが歌ってるから新ルパン三世のEDみたい)、ピアノ・ジャズとしてイケてる「エロイカより愛をこめて」(語り入り)、スパイ映画のサントラみたいなスリリング・ジャズ・ファンク「シークレット・エージェント」などなど、和モノな観点からの評価高いの頷ける出来栄え。素晴らしいん!


kihara_maritosingo
【LP】「摩利と新吾〜ヴェッテンベルク・バンカランゲン」 (COLUMBIA)
お次に控えるは木原敏江先生。大正時代の旧制高等学校を舞台にした大河ドラマ並みの青春群像劇「摩利と新吾〜ヴェッテンベルク・バンカランゲン」イメージ・アルバムがありました♪音楽は森田公一、古きよき青春のあの時代よ バンザイ!帯に書かれたキャッチフレーズ通りのクラシカルなバンカラ楽曲が多く収録されてます。A-4「全猛者連の唄」なんてどこの応援団歌かと思うほど濃いです(^_^;) ムッシュの「我がよき友よ」がよりバンカラちっくにカヴァーされてたりも(歌:三浦義和)。イメージ・アルバムとしては全く間違ってない出来、なんでしょうなぁ。


watanokunibosi
【LP】大島弓子 「綿の国星」 (VICTOR)
あとせめて山岸凉子先生モノがあれば…なんですがないので24年組最後は大島弓子センセイ♡やっぱり「綿の国星」しかあるまい。アニメ映画化の際のレコ(音楽;リチャード・クレイダーマン)もあるけど、ポップ愛好家なら音楽プロデュース:鈴木慶一、演奏:ムーンライダーズでヴ歌:松尾清憲という、割りととんでもないこのイメージ・アルバムを推しますよね。らしい音で迫る「ねむれない夜」、レゲエちっくなポップ・ナンバー「夏の来る日」などなど、80’sジャパニーズ・ポップ好きにはたまらない曲たちでチビ猫たちの世界を彩っております。いや〜良い!そしてチビ猫かぁうぃー(*´ω`*)


hagiiwa_ginyobi
【LP】サウンドコミックシリーズ「銀曜日のおとぎばなし」 (PONY CANYON)
チビ猫が来たのでこの辺で、メルヘン俺得の時間。俺得の〜時間の〜時間がやってまいりました。スキスキ、萩岩睦美。しかも「銀曜日のおとぎばなし」イメージ・アルバムがあるとか知らなかった…。ポーとリルフィーかわえええたまらんんん。小笠原寛が音楽を担当してるということで、アルバム通じてニューエイジ色強い作品に仕上がってます。シンセ大活躍のファンタジー・ワールドが展開!曲の冒頭に収録されている小人族のお姫様・ポーの台詞(ハイジ役でおなじみの杉山佳寿子さん)がメルヘンで心がぽわっとぬくうなりますです、ハイ(*^_^*)


tongaribosinomemole
【7”】「とんがり帽子のメモル」〜山野さと子/とんがり帽子のメモル (COLUMBIA)
メルヘン小人モノをもういっちょ。84〜85年放映のアニメ「とんがり帽子のメモル」もメルヘン・アニメの名作中の名作すなぁ。身長10cmほどのこびとたちの住むリルル星からやってきた小さな少女メモルと、森の中の山荘で療養している孤独な少女マリエルの交流を描いたファンタジー作品。作詞:TARACO、作曲:古田喜昭、編曲:青木望による主題歌はトロピカル風味のイントロと♪メッモ〜ル、メッモ〜ルの最初のフレーズが「ふしぎな島のフローネ」にちと似てるけど、山野さと子のコマーシャル度高い天抜けのハイトーンがすべてを包括してます。これぞアニメ歌手!といった塩梅。鈴木茂ちっくなギターとエレピの音も心地よく実に名曲。


damosnohanayome
【7”】「悪魔の花嫁」〜伊藤かずえ/悪魔の花嫁 (COLUMBIA)
大御所少女漫画って《え!まだやってるの!?》ってのがわりとあって驚くことがしばしばあるんですが、これが現在も絶賛連載中と知った時もギョッとしたものです。原作:池田悦子、作画:あしべゆうほによるホラー・ファンタジー「悪魔(デイモス)の花嫁」。伊藤かずえが歌うイメージソング。アルバムも制作されていてその中では愛した妹・ヴィーナスの生まれ変わりとしてデイモスに誘惑される主人公・伊布美奈子の声も担当しておられます。中森明菜的な硬派アイドル路線の楽曲で、男声コーラスと絡む中盤から色気のある展開はなかなか。歌が上手いですなぁ。同じくイメージ・ソングの「目隠し鬼」も収録。


akumatohimegimi
【7”】「悪魔と姫ぎみ」〜青木美冴/Goin'にMy Way (COLUMBIA)
吉田秋生の短編コメディを原作とする81年のアニメーション映画「悪魔と姫ぎみ」の主題歌なんてのもありましたよ。「うれしい体験」や「町あかりキラキラ」の名曲で知られる70年代パンチ系アイドル・青木美冴の再デビュー作ともなったこの主題歌「Goin'niMy Way」。近田春夫のプロデュースで、編曲と演奏に近田春夫&ビブラトーンズの前身バンドとなる"人種熱"がクレジット。ニューウェーヴでファンキー、エスノな要素もある楽曲に仕上げています。オモロイ!B面「夢みるカカオ」のほうはボッサしてるかと思うとサビではちょいとレゲエしてたり。さすが近田春夫と頷ける、一癖も二癖もあるシングルですわい。


nanako_sos
【7”】「ななこSOS」〜高橋みゆき/ひと夏のサンバ (VICTOR)
をとめちっくというといささか語弊が生じてしまいますが可愛いからいいか。80年代初めのロリコン・ブーム立役者として知られる吾妻ひでお原作のSFギャグ・アニメ「ななこSOS」挿入歌。高橋みゆきの歌う「ひと夏のサンバ」、作詞:伊藤アキラ、作・編曲:新田一郎です。曲名にサンバと入っていたら、とりあえず良いんじゃないかと思ってしまうのは職業病でしょうか‥。この7吋はとってもアイドルしてる夏ポップ曲でした。サンバの要素も入ってますがそんなに強くない。ヨロシクイチロー流ホーン・セクションの印象がやはり前にきますね。「青い珊瑚礁」と同系といったほうが良いかも。B面「NANAKO」はA面とは打って変わってしっとりメロウバラード。


tokimekitonight
【7”】「ときめきトゥナイト」〜加茂晴美/ときめきトゥナイト (VICTOR)
そしてようやくと終着点にたどり着き。最後はマンガも音楽も大好きなこれで〆ましょうか。80〜90年代前半…ほぼ同期のりぼんっ子でありました、池野恋「ときめきトゥナイト」。加茂晴美が歌うこのテレビアニメ版主題歌は未だにしょっちゅう愛聴してます。これはもう説明不要の域に達した感ありますね。昨今人気うなぎ登り。夏に大活躍間違いなしのサンバ・ポップ名作です。作詞:作曲:古田喜昭、編曲:大村雅朗。OP&EDタイトルもめちゃめちゃ素敵だったなぁ〜。まさしく胸キュン。


…というわけ長々とお付き合いありがとうございました。
2012年の《こどもの日》をとめちっく・れこうど特集、
これにてようやく閉幕であります。
楽し懐かしんでいただけたら
こんなに胸キュンなことはありませんm(__)m

それではまた来年お会いいたしましょう♪

さてさて皆様GWはいかがお過ごしです?
連休も後半に突入しましたがまだまだ遊びたりないぜ!
とお嘆きの少年少女(元あるいは永遠の、含む)諸君に捧ぐ
恒例企画・こどもの日特集、今年もやりまっせ。
5月5日のこどもの日…
男の子の節句だってことは百も承知で、あえてぶつけてみたい!
shojo_blg
2012年は少女漫画特集〜をとめちっく・れこうど祭りなのよ♥
しかも大漁旗の前・後編でお贈りします。胸キュンさせながらお付き合いのほど、よろしくどうぞ。

ikeda_berubara
【LP】「ベルサイユのばら」OST〜薔薇は美しく散る (POLYDOR/Kitty)
やはりまずはTHIS ISな作品を。フランス革命前夜に生きる人間たちの愛とそして人生の一大絵巻、池田理代子先生の代名詞であります。79〜80年放映のアニメ版サントラがこちら。鈴木宏子が歌うOPテーマ「薔薇は美しく散る」…力強くも流美なストリングスのイントロだけで茨のつるをまとったオスカル、躍動感のある映像が完璧に想起されるやはり名曲中の名曲!そしてちと意外だったのがブロウニーなる女性コーラスグループが歌うA-4「MAGICAL ROSE」ですよ!仏革命時にあるわけない…だけどなぜかとてもナイス・ディスコ。B-1「星になるふたり」も同系ディスコ路線。くう、ベルサイユ宮殿のフロアで踊ってみたいぜ!


glassnokamen
【7"】「ガラスの仮面」〜芦部真梨子/ ガラスの仮面 (TOSHIBA)
もいっちょTHIS IS。現在も絶賛連載中の演劇大河ロマン、美内すずえ先生の「ガラスの仮面」をば。大好き。北島マヤの永遠の好敵手、姫川亜弓さんの毒抜けというか眼力が完全に失われててちょっと悲しい84年放映のテレビアニメ版主題歌7吋。もっと豊かな睫毛に黒目がちでくっと目尻の上がったアーモンド型じゃなきゃダメだよね。芦部真梨子が歌うOPは大映ドラマかと思うような仰々しさ(ある意味正しいのかも)ですが、現在“村本玲奈”と改名しジャズ歌手として活動されてる彼女がボッサなアレンジで歌うの聴いたら普通にええ曲で驚きました。


patariro_1
【LP】「パタリロ!」オリジナル・アルバム (KING)
ガラかめと来たら同じく「花とゆめ」・超巨編・現在も連載中の「パタリロ!」まいりましょう。魔夜峰央原作の耽美派ギャグ漫画。82年にテレビアニメも人気を博しましたが、こちらはサントラではなく同時期に発売された元・スペクトラムの新田一郎によるイメージ・アルバムってやつ。ヨロシク一郎らしいホーンが入ったロック多めですが、ちらほらとオモロ曲あるのです。ポップン・ブギウギなA-5「必殺ゴキブリ走法」、パタリロ・ワールド全開なセリフがたんまり入った良質ディスコA-6「マリネラ国会大混戦!」、ちょっぴりレゲエ風味な場末スナック系デュエット・ソングB-4「マリネラ慕情」、リック・ジェームスもビックリなグルーヴィー・ディスコB-5「super cat!!」などなど、こいつぁなかなか使えるぞ〜。


patariro_2
【LP】「パタリロ!」オリジナル・アルバム part 供舛發γ里蠅泙擦 (KING)
で、これが続編。こちらも引き続き新田一郎の手によるご同様のぶっ飛びっぷり。ガタ!ガタ!っと跳ねるわ跳ねるオーティス・レディング歌謡A-1「ねたましいほどの下ぶくれ」、ノリノリ・サンバなのにやっぱりイチローらしいホーンが入るA-2「おだてられてパタリロ」、トーク入りディスコはここにもあったA-5「必笑!猫間天狗」、マイナーボッサで切なく迫るB-3「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」(サビでちゃんとあのメロディーを引用してます!)などなど、おもろすぎる楽曲揃ってます。ちなみにどちらも魔夜先生描きおろしジャケ!悶絶必至のマライヒ・ピンナップついてます(笑)


patariro_cookrobin
【7"】「パタリロ!」〜スラップスティック・白石冬美/クックロビン音頭 (CANYON)
テレビアニメ版からも選抜しておきましょ。となるとやはりコレ。後期EDテーマにして当時一億総マリネラ王国民化したとかしないとかってくらいの中毒性を孕んだ音頭ナンバー「クックロビン音頭」。スーパー声優集団、スラップスティック(特に古川登志夫)の熱演とともに、パタリロ役の声優・白石冬美による最高にキレてる合いの手が眩しく光っております。振付け解説が別添。あとマジカル・ヴォイスの藤本房子によるB面「パタリロ・マーチ」も素晴らしいですね。


haikarasannolovesong
【7"】「はいからさんが通る」〜水谷良重/はいからさんのラブ・ソング (PHILIPS)
これも少女漫画界永遠の名作。大和和紀による大正ラヴコメ浪漫「はいからさんが通る」より、こちらもアニメにドラマに実写映画にと多岐展開がなされてますが水谷良重の歌うイメージ・ソングを。新派で舞台公演化された時のものだそう。A面は作曲の中村泰士らしい哀しげムードで歌いあげるラブソング。ギャグ要素も強い原作ですが少尉シベリア出兵以降の紅緒のひたむきさには何度身を捩ったものか(;_;)しかしオススメはB面「はいからさんが通る」なのでして。同じく中村泰士作品ながらティンパン・アレーっぽいグルーヴ感の演奏がかなりかっこいいシティ・ポップ!なんという表情の違いアヤヤオヨヨ。黒髪紅緒ジャケもポイント高いです。


yamato_yokohama7
【LP】「ヨコハマ物語」オリジナル・アルバム (KING)
大和和紀先生もひとつ。「はいからさん」から4年後の81年に連載が始まった「ヨコハマ物語」、時代は逆行して明治時代・文明開化モノであります。お卯野も万里子という対照的な性格の二人の友情と恋のグランド・ロマン…これも甲乙つけがたい名作だよねぇ。このイメージ・アルバムでは槌田靖識(ヒップキャンプス・バンドなどの活動で知られる作・編曲家、土田治一の別名義)、伊豆一彦、馬飼野康二、小笠原寛らによる楽曲を、麻生佳奈、小田陽子、津田依子といった女性歌手たちが躍動的な時代に生きる少女らしさいっぱいに歌いあげてます。


nankinroad
【LP】「南京路に花吹雪」IMAGE ALBUM (COLUMBIA)
歴史モノ続けましょうか。森川久美が81年発表の「蘇州夜曲」続編として描いた「南京路(ナンキンロード)に花吹雪」(81〜83年連載)のイメージ・アルバム。昭和初期の上海租界(外国人居留地)を舞台に日中戦争を回避するために闘う人々を描いたハードボイルド風味の作品。上海リリーという美貌の歌手が登場することもあって上海バンスキング的ジャズ歌謡な「プロローグ」、上野千佳子のヴォーカルが冴えに冴えるジャズ・ポップな「たそがれ上海」「ミステリーはいかが?」、新チャイナムードといった趣きの「蘇州夜曲」などなど、オリエンタル・ムード満点の非常に素晴らしい作品に仕上がってます。音楽:小林克己、越部信義、演奏:小林克己バンド。


skuurudays
【7"】「すくうるでいず」〜谷川のり子/ すくうるでいず
別冊少女フレンド連載の美村あきの原作漫画「すくうるでいず」イメージ・ソングを、「ふり向くな君は美しい」で知られるザ・バーズの元メンバー・谷川のり子が歌った7吋です。作詞を美村あきの先生と小林和子が、作曲を小田裕一郎、編曲を信田かずおがそれぞれ担当。谷川のり子の伸びやかで端正な歌声がなくとも、このクレジットから想像できる通り、とても初期・松田聖子な楽曲なのです!爽やかで初々しくて切なくてめちゃ王道アイドル。物語の主人公・友見もなんとなく聖子ちゃんっぽく見えなくもない、気がしてきた俄然。B面「ときめき色の季節」もメロウ度グンとアップしていてなかなかの一品!

hiwatari_akmakun
【LP】ファンタスティック・ワールド「アクマくん魔法(マジック)★SWEET」 (VICTOR)
「ぼくの地球を守って」でおなじみのSFファンタジー系少女漫画家、日渡早紀の初期の名作「アクマくん」シリーズからBITTERのあとに描かれた番外編的扱いの「アクマくん魔法★SWEET」(現時点で最新シリーズ…未完なもので^^;)のイメージ・アルバム。矢口博康、福原まり、戸田誠司(SHI-SHONEN〜Real Fish)や上野耕路、鈴木さえ子、門倉聡、新居昭乃(Mikan Chang名義)にメジャーデビュー前の遊佐未森といった気鋭のニューウェーヴな面々が参加しており、ポップで透明感あふれるサウンドを展開。ゲーム音楽好きやYMO周辺〜テクノ・ポップ好きにもアピールする仕上がりになっているのではないでしょうか。


ikuemi_engage
【LP】「エンゲージ」IMAGE ALBUM (COLUMBIA)
いくえみ綾キタ――(゚∀゚)――!!85年の別マ・コミック「エンゲージ」レコなんてのもあります。80年代終わり〜90年代はどっぷりいってたんですが恥ずかしながらこれは未読…さすがに絵が若いなぁ。「南京路…」と同じコロムビアの”IMAGE ALBUM”シリーズから。この時はもうアニメ・特撮専門レーベル〜Animexの仕事になってますね。音楽を窪田晴男と木村真紀が担当。時代も手伝って全体にUKニューロマ・マナー(デュラン・デュランみたい!)な楽曲多めですが、木村真紀の沁みいる繊細なバラードB-2「夢-エンゲージ-」や、ダビィーなインストB-3「エンゲージ-エンゲージ-」なんかはハッとする違った表情を見せてくれます。


nanairomagic
【7"】「名な色マジック」〜小林一樹/ピエロ (COLUMBIA)
でもって”なかよし”からあさぎり夕「なな色マジック」ですよ。なにこの三十路ホイホイ。だけど作品中でスカウトされアイドル・デビューする憧れ男子・小林一樹クン、実際レコード出してなんて知らなかったよ。作詞:あさぎり夕、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:Kaz Toyama。もうね、驚くしかないバッキバキのユーロビートとか。ちょっと変な汗かいたわ(^_^;) B面「君はおませなポップコーン」はタイトルこそ悶絶モノですがミディアムなメロウ・ポップで少し平常心を取り戻しました。すっとこどっこいなシンドラがたまらん。あだち充系アニメの挿入歌な雰囲気も、とか言ってみる。で、この小林一樹、一体誰が歌っているのでしょう??


ichijo_rose
【LP】原作:りりィ、監修:一条ゆかり/「ローズ」 (VICTOR)
ローズは娼婦。傷ついた心化粧で隠し生きる不器用な女―。自伝的要素を含んだりりィの原作に一条ゆかりがイラストをつけた「ROSE」(元々は英知出版から発売された音楽家と漫画家がコラボする”メヌエット・ファンタジー・シリーズ”第一作で、文:りりィ、絵:一条ゆかりによる大人向け絵本)のイメージ・アルバム。りりィの他に坪倉唯子、声優の弘中くみ子が歌っていますがローズのイメージを最も表現してるのはやっぱりりりィですわ〜。唯一無二の"女独り"ワールド。ただネタ的にはB-3「midnight angel」(歌:坪倉唯子)がディスコ・ポップでイケております♪


ribon_dj
【SHEET】一条ゆかり・井出ちかえ・もりたじゅん/人気まんが家 DJレコード (集英社りぼん)
一条センセが出たのでこれもブッ込み!一条ゆかり、井出ちかえ、もりたじゅん‥3人の大物少女漫画家がしゃべりまくるソノシート(1971年5月号のりぼん附録)。あの漫画家先生の生声が聞ける!それだけで十分なんですが、先生方ったらそんなに喋んなくてもいいのにってくらいおしゃべりしてます。なんといっても殿を務めるもりたじゅん先生の人生相談(T_T)広島県出身だそうですが赤プル並みの訛りっぷりで『もりたじゅんくらいにはなれっからな!』とバッサバッサと切っていくお声、至高すぎてたまりません!


ace_nerae
【LP】VIP / 「新・エースをねらえ!」OST (KING)
テニス漫画金字塔といえばやはり山本鈴美香の「エースをねらえ!」。爆発的な人気によって度重なるアニメ化・ドラマ化がなされているわけですが、レコ的には78年放映「新・エースをねらえ!」が素晴らしいと思うんですの。キング・オーケストラ演奏によるフィリー風ライト・ディスコ・インストA-3「君に捧げる僕の愛」などイケてる楽曲もちらほら。中でも驚いたのはA-5「MY FANTASY」(奈良橋陽子-馬飼野康二)。歌っているパトリックなる男性がとてもネイティヴとは思えない英語で歌ってるんですが、ビックリするほどメロウなの!70年代後半〜80年代初期の和シティ・ポップ好きは一発でKOされること間違いなし。エレピの音がええ塩梅ですのよ、ひろみ!


aisitenaito
【7"】「愛してナイト」〜堀江美都子/ 恋は突然 (COLUMBIA)
多田かおる原作のアニメ「愛してナイト」(83年)の主題歌「恋は突然」は堀江美都子によるグレイトな名曲!作詞:藤公之介、作曲:小田裕一郎。健康的ガール・ポップでありながら、細部はとっても凝ってる‥この時期ほんと神がかってるといってもいい小田裕一郎メロディーですが、久石譲のキラキラしたアレンジを得て更なる輝きを増しておりますなぁ。胸のすくようなミッチ・ヴォーカルがまた極上。B面に収録のEDテーマ「ぼくのジュリアーノ」(歌:平塚たかあきくん)が可愛すぎるのも実に罪つくりな名盤!余談ですが「愛してナイト」枕、所持してました…(*´∀`)


aisite_beehive
【LP】「愛してナイト」〜アイ高野&ビーハイブ/ ビーハイブ・パーティ (COLUMBIA)
そしてこちらも「愛してナイト」。ヒロイン・やっこの恋のお相手・加藤剛の所属する劇中バンド:ビーハイブのスピンオフ・アルバム。剛さんの声はささいさおが担当してますが、歌部分のみ元・カーナビーツ〜アイ高野の吹き替えとなっておりま。タイトル通りのモータウン調ソング「恋のモーター・タウン」やポップン・ロールしてる「only seventeen」、ダビィーな雰囲気がまるでポリスな「oh,darlin'」、そしてど真ん中なネオロカ歌謡「birthday boogie」等、かなりポップな好曲が揃ってます。編曲は久石譲。


spank_ohayo
【7"】「おはようスパンク」〜井上望/おはようスパンク (VICTOR)
昭和の少女漫画界にはサブストリームではあるものけれど”ブサかわ動物まんが”枠というのがあります。「オヨネコぶーにゃん」だの「わんころべえ」だの。大抵は箸休め的ギャグ作品ですが、その中でも最もスターダムに輝いたドジ犬はやっぱり「おはよう!スパンク」(雪室俊一原作・たかなし♥しずえ作画)でしょう。モデル犬がオールドイングリッシュシープドッグと知ったときは愕然としました…。81年に放映されたテレビアニメ主題歌を歌うはスタ誕出身・アイドル井上望。スパンク、スパンク大好きよ〜♪と全国の女の子たちのハートをギュッと掴む要因の一つだったであろう元気ハツラツ!の胸キュン・ガール・ポップ名曲。作詞:荒木とよひさ、作・編曲:馬飼野康二。ほんま素敵だワンU`∀´U


minkymomo
【LP】「魔法のプリンセス ミンキーモモ」〜いつか王子さまが… (VICTOR)
マジカル少女もいくつか。82年に放映された通称:空モモと言われる第一作。ミンキー・ステッキという小道具と《ピピルマ・ピピルマ・プリリンパ》の呪文で大人に変身できるいわゆる魔法少女モノ。「クリィミーマミ」と並んで人気がありましたっけ。小山茉美、三ツ矢雄二、ザ・ブレッスン・フォーらが参加したこの楽曲集にはOP、EDテーマの他にもドリーミン ドリーミン♪っとまさにドリーミーな小山茉美「いつか王子さまが…」等、80'sマナーなラグジュアリー・ポップ揃ってます。Minky Band名義によるB-2「サンバ DE スリー」はこれからの季節に重宝しそうなサンバ・インストでおすすめですね。


percia_misiranukuninotripper
【7"】「魔法の妖精ペルシャ」〜岡本舞子/見知らぬ国のトリッパー
こちらは前述の「ミンキーモモ」と人気を二分した「魔法の天使クリィミーマミ」と同じスタジオぴえろ系譜の魔法少女アニメ「魔法の妖精ペルシャ」。青沼貴子の「ペルシャがすき!」を下敷きに、こちらもバトンをつかって様々なプロフェッショナルに変身するという女子の贅沢な夢を叶えるものでしたね。OPテーマ「見知らぬ国のトリッパー」を歌うのは岡本舞子。単純にアイドル・ソングとして名曲だと思うのです、これ。岡本舞子ってなんでこんなに琴線に触れる瑞々しさを持ってるのでしょう…もっと売れてもよかったのになぁ。作詞:佐藤純子、作・編曲:馬飼野康二。B面「ラブリードリーム」も同様のハツラツ・アイドル・ポップス。正直アニメ関係なしに良いわぁ〜♡


percia_osyaremesaruna
【7"】MIMA/ 「魔法の妖精ペルシャ」より おしゃれめさるな
そして同じく「魔法の妖精ペルシャ」より、後期OPテーマ「おしゃれめさるな」7吋もございます。作詞:秋元康、作曲:古田喜昭、編曲:馬飼野康二の作で、おしゃれ おしゃれ アハンハン♪という中毒性の高いフレーズが飛び交うテクノ・ポップ歌謡です。歌っているMIMAは「YAKIMOKI」のスマッシュ・ヒットで知られる80'sテクノ・ポップ・バンド、コスミック・インヴェンションのヴォーカル・森岡みま。B面「だいすきシンバ」(作詞:佐藤純子、作・編曲:馬飼野康二)はペルシャ役の声優・冨永みーなが独特の歌声を聴かせるガーリー・ポップ曲。


magicalemi_nangoku
【7"】「魔法のスター・マジカルエミ」〜小幡洋子/南国人魚姫
「クリィミーマミ」〜「ペルシャ」に続くスタジオぴえろ魔法少女第三弾がこちら「魔法のスター・マジカルエミ」。魔法で天才マジシャン”マジカルエミ”に変身し、華麗で大胆なマジックと歌でアイドルとして活躍する…というまたこれ壮大な朝風まり(引田天功)みたいなお話なのですな。作中でマジカルエミの新曲という設定で披露された挿入歌「南国人魚姫」。エミの声優も務めていた小幡洋子(主題歌「不思議色ハピネス」も名曲!)によるトロピカル・テイストのテクノ・ポップ!作・編曲を担当した伊藤銀次のポップ・センスが炸裂する佳曲、シティ・グルーヴ・サウンドがクールなB面「Shining Noy」(作詞:小幡洋子、作・編曲:伊藤銀次)ともども和ポップ好き必修のグレイト7吋です。

あとアニメ歌手レコも少しばかり。女帝・堀江美都子のは全部直筆サイン入りなのです♪
mitch


というわけで前編からいきなり長編になってしまったわけですが、続きはまたあした。
いつも乙女ゴコロに胸キュンを。

10月も残すところあと1週間をきりました。
わが店の向かいのメイドカフェさんはここぞとばかりにきらきらとハロウィン仕様に。いや、いや、なにがハッピー・ハロウィンかと。
死者甦るのだぜ。こえー((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
今年もナカレコはハロウィンを正しく怖がってまいりたい所存。
てわけで本日はちょっとだけ恐怖レコードの扉を叩きたいと思います。

haloween_mera

念のため怖がりさんは閲覧注意でお願いします。ケケケケケ。
「続きを読む」から、どうぞ。


続きを読む

お盆盛りでございます。おかげ様で帰省中やご旅行中と思しき方も含めたくさんのお客様にご来店いただき感謝感激。
ちょと良いレコなどお出しすべきところですが、皆様の期待を裏切るべく誰も待ってないお盆特集やります。ええ、やります。断固やります。
ondo_collection_blg

ondo_ic2音頭サウンド・コレクション!ondo_ic1




お盆といえば盆踊り。すなわち音頭。音頭レコードの深淵につま先だけ浸してみましょう。底なし沼ですんでお気をつけ下さいね。お気に入りの子がいたらばご指名よろしくお願いいたします。※なげえす、すませんす。

niagara_ondo【LP】NIAGARA FALLIN' STARS / Let's Ondo Again (COLUMBIA)
定番ですか、ですよね。「ハンドクラッピン音頭」「禁煙音頭」「呆阿努哀声音頭」「Let's Ondo Again」など、美味なる音頭モロモロ収録。
夢のような話はつねると
パァーだよ拍手手拍子
ハンドクラッピン音頭     


hosokawa_ondo【CDsingle】細川たかし/ Let's Ondo Again (COLUMBIA)
細川たかしによるナイアガラ・カヴァ。大気圏まで突き抜けるハイトーン&はっきり発音片仮名英語で唯一無二のC調レッツ・オンド・アゲンが完成しとります。
レッツ・オンド・アゲンあの時の興奮を
レッツ・オンド・アゲン音頭の季節だよ


yellowsubmarine【7”】金沢明子/ イエローサブマリン音頭 (Victor)
こちらもナイアガラ関連音頭。大瀧詠一プロデュースのド定番。ビートルズ「イエロー・サブマリン」をコミック音頭に昇華。歌うは音頭歌わしゃ右に出る者なしの金沢明子嬢。
町の外れに 船乗りがひとり
酒を片手の 冒険話     

hinomoto1【7”】三橋美智也/日の本音頭 (KING)
正統派の方のミッチー音頭を。コーロ・ステルラの裏声コーラスが合いの手入れるまったりスロー音頭。
日本国中 西東 日の本音頭で
ヨーイヨイヨイヨイサッサ
※ちなみにB面は原田直之・山崎悦子の「万博音頭」

bankokuhaku【7”】村田英雄/万国博音頭 (COLUMBIA)
万博の4年も前の66年に発売されたあわてんぼう音頭、歌うは御大・村田先生。バンパクン・ドリームへの夢が詰まったワールドワイド音頭。
万国博覧会は舞うよ踊るよ
世界の旗が アレサ日本の青空に


ondo【7”】三波春夫/ザ・おんど 温度音頭 [B面] (TEICHIKU)
こちらも御大が歌う!ダジャレ・タイトルをヨソに天婦羅180度、ほどよい湯加減40度、お酒人肌36度…と温度にまつわるアカデミック温度。六・八コンビ作!
温度音頭の音頭とり
アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭


1+1【7”】水前寺清子/ 1+1の音頭 (CROWN)
こちらのチータも「1+1」でアカデミック音頭かと思いきや元気イッパイ応援歌!百万だって小さな一のつみかさね。鈴木邦彦作曲、大好き。
君たす僕はアイ・ラブ・ユー
ママたすパパは知ーらない
※B面「A・B・C小唄」も良いす。

drive【7”】北島三郎/どらいぶ音頭 [B面] (CROWN)
ハァ〜っとサブちゃん名調子。雪の阿寒湖から男火をふく桜島まで、車に乗ってニッポン縦断。旅する音頭はこれで決定!平仮名もイイネ。
どらいぶ どらいぶ すてきだね
ソレ ハンドル握ってどこまでも


kotuanzen【7”】都はるみ/みんなの願い(交通安全音頭) (COLUMBIA)
旅路は事故に気をつけて。はるみハイトーンで、祈れ!交通安全。路で遊ぶな、信号守れ。チョチョンがチョン!と歌って踊って啓発運動音頭。
車ふえてもふやさぬ事故は
一人ひとりの注意から
(ソレ) 交通安全 世界の願い

karaoke【7”】神楽坂かおる/カラオケ音頭 (Victor)
遊びの達人・ゲイシャお姐さんのカラオケ賛歌。歌は明日のエネルギー、歌声が幸せを運んでまいるのです。
からすが鳴かない町だって
カラオケ歌わぬ人はない
(ア・チョイト)


nihonharebare【7”】美空ひばり・島倉千代子・都はるみ・舟木一夫・大川栄策/日本晴ればれ音頭 (COLUMBIA)
コロムビア重鎮そろい踏みの日本レク協会推薦音頭。スカット晴れやかに程遠い、激渋マゼンタ色の皆様。
みんな揃って笑顔の花を
パット咲かせて踊りましょ


音頭の定番といえばアニメ夏期限定テーマでしょでしょ!

doraemon【7”】大山のぶ代・こおろぎ’73 /ドラえもん音頭 (COLUMBIA)
アニメ音頭クラシックスならやはりこれ。フルで初聞きですが3番の「オール・トゥギャザー フィーバーさ」とかノリで書いたらしき歌詞が最高。作詞は藤子不二雄先生。
ドラリドラリのドラえもんおんど
どなたもこなたもおどろうよ

pa-man【7”】菊地恵子・本城リトルフォーク村/パーマン音頭 (COLUMBIA)
藤子再び。パッパッパッパパのパパパのパ!とパ攻めで歌いまくるこちらも藤子先生作詞音頭。パーマンバッジ柄の浴衣で踊るミツオ可愛い!
音頭とるとるパーマンが
マントひらひらお祭りばやし

mangaondo【EP】V.A./まんが音頭ベスト・ヒット (COLUMBIA)
ええい面倒、くらえ藤子音頭のつぶて。怪物くんとおとも三怪物衆で歌う愉快な「新・怪物くん音頭」が最高。踊るでがんすよー!
踊り方などおすきなように
夏の一夜のあけるまで
うかれうかれてドンツクドン

hatch【7"】栗葉子/みなしごハッチ音頭 (サン企画)
母さん探しを忘れて踊り狂う、ダルな伴奏が妙にいいルーディー音頭。名前にかけた8絡み歌詞が愛らしい。
ハッチだれかとはちあわせ
いっしょに踊ろ楽しくね
ハッチ音頭でハッチッチ
※B面も名曲、「怪獣音頭」。コールゼール歌唱版。

keroyon【7”】森あき子・新井勢津朗/ケロヨン音頭 (Victor)
木馬座アワー「カエルのぼうけん」から。浪曲声の新井勢津朗(ケロヨン)がチビッコと共に「バハハーイ」を連呼するのがたまりません。This is 音頭!ピクチャー盤。
おたまじゃくしも ハイケロヨン
足出て 手が出て ホラ カエル

robot8chan【7”】松岡洋子・こおろぎ’73 /はっちゃん音頭 (COLUMBIA)
ロボコン丸出しのコメディー特撮「ロボット8ちゃん」からも景気のいい音頭登場。敵バラバラマン役の斎藤晴彦氏の厳しいセリフがピリッと締めておりますな。
アイラブ ラブラブ 絶好調
でてこい でてこい 宇宙人

lupin【7”】三波春夫/ルパン音頭 (TEICHIKU)
映画「ルパンVS複製人間」から、三波春夫が高らか歌う大野雄二作曲カルト音頭!のっけの「オ〜レはル〜パンだぞ〜」で即時KO。たまらん!
日本国中盗みとれ
世界の宝を盗みとれ
あした目がさめて ソレおどろくな ヤレおどろくな



ここまではごく普通の(?)音頭特集。
ここからは我が店の醍醐味、使途不明音頭をちょっこすと。

kamonegi【7”】中川レオ/カモネギ音頭 (POLYDOR)
まずは手堅く。中川レオの万事快調アッパー音頭!銀座ホステス、心の音頭第一位でしょ。なにか今夜はあの娘と起る、思う根性が浅ましい〜♪
じゃんじゃん飲ませろ
酔わせて放りだせ
鴨ネギ音頭でガバチョのパッ  

baikin【7”】ビジー・フォー/たいへん!バイキン音頭 (CBS SONY)
ファンシー。80年代にプチヒットしたキャラ「バイキンくん」テーマ音頭。ディスコ風味も飛び出す萩原哲晶作曲・矢野誠編曲のコラージュ音頭。ビジーフォーが華麗に歌唱。
アータだったらLOVE&PEACE
  歯ぐきも見せるLOVE&PEACE


zubizuba【7”】西口久美子・高田雪子/ズビズバ音頭[B面] (KING)
青い三角定規の西口久美子らが歌うシニカル音頭。超音波ヴォイスの子供コーラスが下記の文句を元気一杯に歌いまくる様はなんとも異様w
地獄・極楽・かみひとえ
たまの試験は受けなきゃそんそん

100mandoll【7”】ザ・ダッシュ/百万弗音頭[B面] (TRIO)
漫才師ザ・ダッシュ(志歌ソング・古賀専太郎)による、百万弗に焦がれるギャンブル音頭。作詞曲は「へんな串かつ教室」の屋台のおっさん。
百万弗にあこがれて
狸に化けた 夢を見た

oasis【7”】水前寺清子/オアシス音頭 (CROWN)
再び登場のチータ。砂漠にある方じゃなくて、「おはよう」「ありがとう」「失礼しました」「すみません」の頭文字をとった「オアシス」あいさつ啓発音頭。その辺まったくの説明なしなのが昭和っぽくて素晴らしいす。
ハーイ オハヨウゴザイマス
 オアシス音頭デゴザイマス  

ikiki【7”】デューク・エイセス/いきいき音頭 (TOSHIBA)
デュークが歌う音頭モノ。両面共に“インナートリップ”てな単語が連呼されててやや不安感に襲われます。《いのちいきいき》とか逆にこわい。八大の兄・中村二大が作曲。
大きな大きな輪をつくろう
 インナートリップの輪をつくろう


kamatte【7”】大竹しのぶ/かまっておんど (PONY CANYON)
かまってくれなきゃグレちゃうぞ!とシャウトする大竹しのぶ。やや不安定かつワイルドな歌声が素晴らしすぎる打ち込み音頭。好きだなぁ。
ああーかまって かまって
かまってくれなきゃ やーあだ

iruka1【7”】イルカファミリーコーラス/イルカ音頭 (COLUMBIA)
沖縄海洋博のマスコットキャラによるテーマ音頭キマシター!予想以上にアッパーなポップ音頭。家族みんなで代る代るに歌いまくり。なんつってもこのジャケ異常に最高。ピュア・プレジャーな味わいに満ちております。
いるかいないか 手を叩き
   イルカいたなら こんにちは

B面「イルカのソナタ」も素晴らしすぐる。

baribari【7”】森昌子・山本譲二/バリバリ音頭 (PONY CANYON)
スポーツをテーマに、昌子と譲二が歌うデュエット音頭のこちら。今聴くとバリバリって言葉の昭和感がありありと浮び上がってますな。音頭界のバリバリ伝説ここに極まる。
とんでとんで跳ねて駆けて
バリバリで      

keirokaikan【7”】 /敬老会館音頭 (YTV AUDEUM)
こちらは超絶ローカル盤。大阪府池田市敬老会館専用の局地的音頭。間奏はわかるけどこの歌詞カード、ちょっといたわりすぎでやんす(*_*)
里の要の会館に
集う老人 幾百人

akita【7”】リトル・ジョーダン&ジ・オベイコンズ/秋田音頭 (ALFA)
キョーレツ音頭。あの「秋田音頭」が、つのだ☆ひろみたいな濃厚ソウル声でまさかのラップ音頭に変身だー。すんげーこれ。秋田弁ってもうすでに外国語だからラップにはまるなぁ。
ウォウォウォー秋田音頭です
ウォウォウォー 秋田音頭です  


sekaisiawse【7”】松井義久・相原ひろ子/乾杯おんど[B面] (TOSHIBA)
さてこちらはフラミンゴ・スタジオ・ジャケ。ジャンゴ松井こと松井義久と嫁の相原ひろ子が歌うごきげん乾杯音頭。ド音頭。音頭は軽く酩酊してるくらいのテンションがよろしいようです。
さあさ乾杯 シャシャンがシャン
唄がはずめば踊りもはずむ

siwasiwa【7”】水谷ミミ/シワシワ音頭 (WARNER)
でもってようやくのラスト。最後を飾るのは水谷ミミの衝撃音頭。ア・シワシワ・シワクチャやソレ・オババサマ、あまつさえオエッオエッというエヅキのよな、とんでもない合いの手が随所に入る「シワシワ音頭」。なんでこんな音頭をつくろうと思ったのか果てしなく使途不明。でも最高。
今が摘み頃よ なんでなんで売れ残り
シワ・シワ・シワシワ音頭


うーむ。一億総音頭ブーム、再び来たらんことを
切に、切に願うばかりのナカレコなのでした。

kuronekopunch
やってきましたこどもの日。こどもと呼ばれなくなって幾歳月…かつてこどもだった皆様も久々にとりもどしませぬか?子供心。今年も恒例のヤツ、やっちゃうんだからね!

kid_pinponpan
【7"】「ママとあそぼうピンポンパン」〜ピンポンパンだよ!ピン/チュンパラ・ブギ (CANYON)
まずは「ピンポンパン」からこの三代目名曲たち。A面「ピンポンパンだよ!ピン」は酒井ゆきえが歌うディキシーランド風味のリラクシンなナンバー。ゆきえお姉さんの鈴が転がるようなハイトーンとチルドレン・コーラスのバランスも素敵です。B面「チュンパラ・ブギ」はピンポンパンちびっこ合唱隊がお兄さん・金森勢の巧みなリードで華麗に決めるロッキン・ブギー!!カッコイイですわん。800円

kid_ponkikki_kanfu
【7”】高田とも子・コスモス/カンフー・レディー (CANYON)
続いては「ひらけ!ポンキッキ」から高田とも子の「カンフー・レディー」を。チャイニーズ・オリエンタル・ディスコ歌謡の定番ですな。気分はザッピーなヴォコーダ使いも最高のダル・ディスコ。アチョー!アィヤー!と叫びまくりの怪鳥音も満載です。高橋愛美おねえさんの歌うB面「ポンキッキ・サンバ」のサンバ=サッカーの短絡思考が潔い単純明快はつらつサンバ。とってもパーカッシヴでテンションの上がる一曲。美品 1000円

ちびっこカンフーレディー、めちゃカワイイ!


kid_miyamoto_bokudes
【7"】宮本浩次/はじめての僕デス (CROWN)
NHKみんなのうたより「はじめての僕デス」、歌っている宮本浩次少年は後のエレファントカシマシという事で有名な盤ですね。もうまるっきり芸達者なちびっ子という感じですが、時おり宮本浩次節と呼ぶより他にないよな歌いっぷりが出てきてニヤリ。数社から発売(ビクター、ポリドールは確認)されてますが、今日は伊集加代子の「燃えろ!ゆうとうせい」がB面収録のクラウン盤(演奏:クラウン・オーケストラ)で到着。アニメ「みつばちマーヤの冒険」ウイリーのテーマだったと思うのですが、伊集さんのダブルトラッキン少年声がイカすロックンロールでこちらも素晴らすぃ。 1200円

kid_duke_shoot
【7"】デューク・エイセス/シューティング・ヒーロー (TOSHIBA)
NHKみんなのうたつながりでもう一曲。デューク・エイセスの86年7吋「シューティング・ヒーロー」は山本正之作詞・作曲のハツラツ&前のめりなロック・ナンバー。デュークが歌わなくてもいいんじゃ…と思ってしまう歌かなりの上位です。80's丸出しのバッキバキ・ドラムに軽薄なシンセ…歯痒い思いが止まりません。しかしそんな違和感すらも完全に包括してしまうデュークの海よりも深い懐に脱帽しきり、の一曲でもあるのです。コーラスワークは勿論"イクゼ!(オー)”とか“見ててよカーサン(Shooting!)”あたりの掛合いのコンビネーションとキレなんか、もうとんでもないレベル。さすがシンギング・ヒーロー、ショウマンシップの塊です。 800円

kid_oh_tintin
【7”】ハニー・ナイツ/オー!チン・チン (COLUMBIA/DENON)
説明不要ですが。最近でもちんさむロードBGMに使用されたりして茶の間に強引に浸透した感がありますが、ハニー・ナイツの皆様がくそまじめに歌い上げる“オー!チン・チン オー!チン・チン あのチンポコよどこいった〜”の衝撃たるや。筆舌に尽くしがたし。歌のインパクトに隠れ気味ですが演奏が非常にジャジィでカッコいいんですよね。特にフルートの遊びっぷりが素晴らしい。B面「雑木林に月が出る」(小林修/フール・サンズ)もフルートがいい仕事してるジャズ・ボッサ風なのですが、セックスについての語りから始まるという…雑木林で愛し合う歌(笑)亜土ちゃんのカワイイ絵のオー!チン・チンの裏面でこれを聴かすってのは羊のかわをかぶった狼ごとき所業ではあるまいか。 1000円

kid_finger
【SHEET】フィンガー5/チビッ子大作戦 (文化放送/ラジオ大阪)
ちびっ子アイドル代名詞のフィンガー5による「こどもの交通安全の唄 チビッ子大作戦」もございますよ。レア盤。73年頃のものと思われるラジオ制作(元は文化放送、ジャケにはラジオ大阪のシール貼ってます)の非売品ソノシート。道路のまり投げ、かけっこやめろ、急におもてへ飛び出すな〜っと交通安全の喚起を促す歌詞を乗せて軽快にロールする井上忠夫書下ろしロックン歌謡!プロこどもの力量をこれでもかと見せ付けてくれます。サイボーグ009みたいな衣装に身を包んだメンバーのジャケ絵も水島新司先生の書き下ろしでしょ、きっと。素敵!状態良好 2800円
kid_finger_sheet


kid_panda
【7”】小松方正、ひまわりシスターズ/パンパカ・パンダ (TRIO)
こわもて俳優・小松方正がひまわりシスターズを従えて歌うロックンロール歌謡 for パンダ!70年代パンダブーム時に発売されたものと思いますが、小松方正のあの悪役然とした低音ヴォイスがちびっこたちと掛合いながら早口にまくし立てる脳天気なコミック・ソングで非常に新鮮です♪「幻の名盤開放歌集・トリオ編〜愛のイエスタデイ」にも収録されてましたっけ。なんだかジャケ絵のパンダの顔もずっと見てると小松方正に見えてきました。 1800円

kid_snoopy_rod
【7”】「A BOY NAMED CHARLIE BROWN」〜
ROD McKUEN / Champion Charlie Brown (WARNER)

映画「スヌーピーとチャーリー」の挿入歌「チャンピオン・チャーリー・ブラウン」、音楽を手がけたロッド・マッケンの自作自演版を収録したこの7吋もこどもの日に相応しい一枚といっていいでしょう。マッケンのしゃがれ声がチルドレン・コーラスを引きつれてゆったりと歌う優しくって素敵な作品。LPにはよりシンプルなSSWバージョンで収録されてましたが、こどもの日に聴くならやっぱりこっちね! 1200円

kid_papato
【7"】ANDRE CLAVEAU / Viens Valser Avec Papa (TOSHIBA)
パパとこどもの素敵ソングといえばこれを抜きには語れませんね。元々「Come Pretty Little Girl」というアメリカのポピュラー・ソングでしたが、甘くビロードのやうな歌声のシャンソン歌手・アンドレ・クラヴォーが歌ってヒットした「パパと踊ろうよ」。優しいクラヴォーの歌声は勿論ですが、女の子のキャッキャウフフヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッな笑い声がたまらなくキュート。つられて笑っちゃうクラヴォー・パパにも思わず頬が緩みます。幸福感いっぱい、パパと娘のシンギング・ワルツ。赤盤 1000円



kid_jarinko
【LP】(音楽)星勝/東宝映画「じゃりン子チエ」サウンドトラック (POLYDOR/Kitty)
我が国でパパと娘の…となるとやはりこれでしょ!81年に公開された高畑勲監督の劇場版「じゃりン子チエ」サウンドトラックLPです。テレビ・アニメ以前の映画化だったのであの中山千夏のTV主題歌(バケツのおひさんつかまえた)は収録されていないのが残念ですが、星勝の音楽によるポップでコミカルなサントラはすごく楽しいっ♪テレビ・シリーズに使われている楽曲も多いし、アーシーなテツのテーマ「ガリンバ・テツ」、アコースティック・スウィング調の「ファイティング小鉄」、ラグタイム・カントリー・ジャズが心地いい「おもしろ遊園地」〜「もぐら叩き」など聴き処も充分です。愛と笑いの家族物語、大好き。ジャケも最高でしょ?(帯別撮りしたよ) 状態良好 2800円

さて今年のこどもの日、どうだった?
じゃ来年も待ってるからね!まったねーー!

明けましておめでとうございます!ナカレコニゴウテン、今日から新年の営業開始しました〜。今年もマイペースで音盤売ったり、買ったりしていきますんでどうぞよろしくお願いいたします!

CM_pop_blg
新年一発目は「CM音楽レコード特集」。非売品のノヴェルティレコ(&ソノシート)中心にいろいろと集めてみました。ブラジリアンあり、ソフロ歌謡あり、ゴーゴーものあり‥奥が深いぞCM音楽!見に来てやってくださいませ〜!
cm_cd
少しだけど銀盤もご用意…。

もちろん他にもCD、レコード出してます。
画像めちゃ縦長になってしまった…おうふ。
osyogatu
2011年も長ーい目で長ーいご愛顧お願いいたしますですぞ!

※まことに勝手ながらお問合せ・通販の受付等は7日からとさせていただきます。よろしくご了承くださいませ。

クリスマスまでもう2週間をきりましたねぇ。12月の焦燥感をビシバシと感じている今日この頃。クリスマス・レコ特集に素敵なお仲間が登場であります!
クリスマス・レコ最高峰と言えばやはり63年の「A Christmas Gift For You From Phil Spector」は外せないところでしょうか。しかぁし!米国にフィル・スペクターが居ると言うならば、我国にはシン・ワタナベが居る!と言うてやろうじゃありませんか!watanabesin



xmas_nabe1

xmas_nabe2
【LP】V.A./ たのしいたのしいクリスマス(KING)
スペクターのクリスマス・アルバムと同じ63年に発売された、渡辺プロダクション創業者〜渡辺晋のプロデュースによるクリスマス・アルバム!そいつが本日の新入荷「たのしいたのしいクリスマス」なのでございます。
ナベプロを代表するスタアたちが大集合!ザ・ピーナッツにクレイジーキャッツ、伊東ゆかりや鹿内タカシ、木の実ナナに田辺靖雄&梓みちよ(マイ・カップルなんて呼称もあったっけ)、ほりまさゆきと寺内タケシ&ブルージーンズに、ダンシング・コンダクターのスマイリー小原率いるスカイライナーズまでが一同に会し、それぞれに個性的なクリスマス・スタンダードを披露してくれてます。ザ・ピーナッツはしっとりと静謐な「ホワイト・クリスマス」とピーナッツ・ポップな「ジングル・ベル」の2つの魅力が収録されてて素敵。クリスマスとはぁ〜英語で忘年会ィ〜♪なクレイジーのホンダラ・クリスマス・メドレーも和製エルヴィス丸出しのほりまさゆき君も素晴らしいけど、私は伊東ゆかり様の「ベビーズ・ファースト・クリスマス」の優しく艶やかな歌声に参ってしまいました。素晴らしいわ。

ま、なんという豊かなポップス・シーン。世知辛いご時勢ですがクリスマスをじっくり楽しむ余裕くらいほしいものですわねぇ。珍しいレコですが状態が・・・盤面にスレ多めです。B面頭にプチ音数回出るキズあり。3800円

クリスマス・レコード解禁!今年も控えめに(?)クリスマス・コーナー作っております。その中から7吋を少しだけご紹介。(通販、お取り置きの受付は6日からになります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。)

xmas_chiemi_jongle
【7"】江利チエミ/ ジングル・ベル (king)
ジャズのチエミ、クリスマスを歌う。'61年のEA規格盤です。同番号で何種類かジャケありますよね?このタイプはあまり見ないような気がします。伴奏は原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、鉄板の出来!ジャケ良好、盤も薄いスレ少々ある程度でいい感じです。3800円


xmas_kosaka_hata_jingle
【7"】小坂一也とワゴン・マスターズ、旗照夫/ ジングル・ベル (columbia)
ロカビリアンもクリスマスを歌う。古き良き'50年代。小坂一也とワゴン・マスターズ、ジャズ・シンガーの旗照夫をカップリングした4曲入りコンパクト盤('57年作)。SPも出てるみたい。10吋盤もあるのかな?爽やかに「ジングル・ベル」を歌う小坂さんがなんとも素敵なのです。「ホワイト・クリスマス」にはコーラスでダーク・ダックスが参加。ジャケ上部に小さい傷み、盤に薄いですがスレがそれなりに有ります。7800円


xmas_peanuts_kiyosi
【7"】ザ・ピーナッツ/ 清しこの夜 (king)
双子もクリスマスを歌う。ピーナッツの'61年盤。オリジナルは'60年に別規格で発売されてます。これはセカンド・プレスになるようですが、別ジャケも存在していてちょっとややこしいレコードなんす。盤にスレ多め、ジャケはまあまあ良好の状態。2000円


xmas_q_jingle
【7"】坂本九/ 九ちゃんのジングル・ベル (toshiba)
九ちゃんもクリスマスを歌う。どこかから強引に持ってきた感ありありの顔写真がおもしろい'61年作。ダニー飯田氏のジャジーなアレンジに乗せて軽快に歌う九ちゃん、元祖アイドルっぷりを遺憾なく発揮!残念ながらジャケのコンディション悪いです。盤(赤盤)に薄いクモリ有。音はそんなに気になりませんでした。ええい、500円だ!


xmas_pinkira_jingle
【7"】ピンキーとキラーズ/ ピンキラのクリスマス (king)
ピンキラもやっぱりクリスマス歌ってた。'69年発売、渋谷毅による洗練されたジャズ・アレンジがピンキラにピッタリ!B面の「ホワイト・クリスマス」はほんのりボサノヴァ調。状態良好、1200円

↑このページのトップヘ