中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: ノベルティ

皆様、連休はいかがお過ごし?ここ大阪・難波/日本橋界隈もかなりの人出!おかげ様で忙しくさせてもらってます。ありがてーありがてー。

お買い物派の皆様も活況ながら、買取り派の皆様も活況!音盤・銀盤もたくさん入荷しておりますが、今日は紙モノ関係が充実しておりますぞ!一部ご紹介せねばなるまいて。

book_play5_can_vs_julie
【BOOK】プレイファイブ 1977年10月号 (プレイファイブ社)
ファンとアイドルを結ぶグラフ誌"プレイファイブ"から77年10月発売の人気号〜真夏の全国縦断コンサート ジュリーVSキャンディーズ特集号が入荷しました!B4サイズほどの大型誌で写真満載という事で人気のプレイファイブですが、特に人気の高い沢田研二キャンディーズのW特集ですからねー、実に嬉しい♪特集タイトルの通り両者の77年夏のコンサートの模様をたっぷりの秘蔵写真満載でお送りしてますよ。ちょびっとだけ中身をお見せしちゃおう!他にも高田みづえインタビューにしばたはつみ姐さん、小川順子など掲載。太川"ルイルイ"陽介の見開きカラーカレンダーなんてなかなかの迫力よん。状態良好、3800円。book_play5_can_vs_julie2


book_goro_candies
【BOOK】GORO/ゴロー 1978年4月13日号 (小学館)
続いてもキャンディーズ関連から。殿方のための元祖グラビア誌"GORO"から78年4月発行の第7号もご紹介しましょう!写真家・篠山紀信による名物企画"激写"シリーズで直前に解散したキャンディーズを取り上げ、"紀信激写 キミの青春のメモワール 秘蔵版・キャンディーズ"と題した一大特集を決行。10頁超に及ぶグラビアと折込ピンナップ(両面)が嬉しすぎますね〜。名残惜しい三人娘の魅力を余すところなく収録。
book_goro_candies2
他のラインナップも紹介しましょう。さすがは男性誌というだけあってグラビアが多い!挑発的な眼差しのかたせ梨乃姐さんの胸チラやら加山麗子さんのヌーディーな肢体(※写真のハートは当店による自主規制です…)、野坂昭如との対談での十朱幸代にまさかの「男狂いをすると歌がうまくなります」の文字!ぬぬー興味津々でございます、イッテらっしゃい!そんなセクシャル・パワー渦巻く中にもジュリー特集“大歌手・沢田研二論”が。「なぜ奴ばかりがモテる?」のコピーが面白いですが、男も惚れる男…やはりジュリーは別格です。DTBWBの裏表紙もいいなぁー。こちらも状態良好、3800円。book_goro_candies3


kumicoaster1
携帯で撮ったので画像が荒くてすいません…。
【GOODS】三ツ矢サイダー 秋吉久美子コースター (アサヒ飲料)
さてお次です。アサヒ飲料の看板商品"三ツ矢サイダー"の販促グッズが入荷してきました!CMに出演していた秋吉久美子の爽やかな写真がプリントされたブリキのコースター3枚セット(箱付)です!秋吉久美子出演版という事で山下達郎サイダーの76年か、大瀧詠一サイダーの77年に絞られますが詳細は不明。かッわいーなー♪グラスに敷いちゃうのはもったいない気もするけど、どうせならあの三ツ矢マークの入ったグラスとあわせて使いたいものです。状態良好、980円。
kumicoaster2
キュートなCMはこちらでどうぞ!

※0:57あたりから秋吉久美子の三ツ矢サイダーCM。他もイイ!

※ヤマタツ版。

book_yano_aiganakutya1Book_yano_aiganakutya2







【LP+BOOK】矢野顕子/愛がなくちゃね (徳間JAPAN)
矢野顕子の82年のアルバム「愛がなくちゃね」。坂本教授とアッコちゃんの(元)夫婦共同プロデュースでJAPANのメンバーがバックを演奏している作品ですね。これのなにが面白いってディスクとジャケット(写真集)を別売しちゃったという、一枚のアルバムあるいはシングルにやれDVDだ写真集だ特典だと付随してくる今のCD出版業界には考えられないシステムに尽きますな。
写真集の方は教授デヴィッド・シルヴィアン糸井重里などもちらちら写っててなかなか楽しい。「諸君の靴底にはかなり多量の愛がはりついておるであろう。」とか「黙れ、町人。」なんて強力なキャプションの糸井マジックも含め。ディスク(写真右)はジャケットと呼ぶには忍びない無味乾燥なボール紙ケースに収まっていて、写真集を買わざるを得ない感じにしてあるのはちょとヤーラシーねぇ。綴込みに難、1300円。

他に70年代日本映画のポスターなんかも少し入荷してます!見てるだけでも楽しい昭和レトロの世界。連休中にぜひともお越し下さいまし。



昭和レトロ紙モノ(雑誌・書籍・ポスター)やグッズなど絶賛買取中!
70年代モノは特に高価買取しまーす。
お問合せはメールにてお気軽にどうぞ!待ってます!!

オフコースのレコードが大量に揃った買取がありまして。その中にカレンダー、ツアーパンフ類もたくさん入ってたんですね。レコードよりもそっちのほうを詳しく見ていると、こんなものが出てきたんです。

off course 1988_1
『OFF COURSE CALENDAR 1988』と背表紙にクレジット。ジャケット正面にも同タイトルが刻印みたいな形で記されてるんですが、手に持ってみるとカレンダーにしてはどうにも重たすぎる。なんじゃこりゃ?と思って中を見てみると‥1988年のカレンダーとともにメンバーが写ったピクチャー盤が2枚入ってるんですね〜。やけに重たかったはずだ‥。レコード風にいいますと、DISC:1のA面に小田和正、B面に清水仁、DISC:2のC面に松尾一彦、D面に大間ジローがそれぞれ単独で写ってます。解散間際の'88年ってことで鈴木康博は脱退しちゃってるんですね。ジャケット内側にはステージ写真と過去にリリースされたシングル&アルバムのディスコグラフィーが。ソロアルバムのリストも載ってます。
結構珍しいものな気がするのですがどうでしょう?熱狂的オフコースファンの方、お待ちしております。2000円
off course 1988_2

今日も広告音楽特集「音楽と広告の不思議な関係。」から新入荷をピカップ。

m&a_roosradics_bigi1m&a_rootsradics_bigi2
【12in】WAYNE SMITH & THE ROOTS RADICS / Slick We Slick (MB's TUNE) (OVERHEAT)
まずはちょっと変り種から。服飾メーカー・MEN'S BIGIの販促レコードとして87年に制作・顧客配布された皿をばご紹介。「Under Mi Sleng Teng」のヒットで有名なミスター・スレンテンことウェイン・スミスとスタジオ・ワンの精鋭が集った職人バンド〜ルーツ・ラディクスによるダンスホールチューン「Slick We Slick」の12インチシングルです。
黄金期のルーツ・ラディクスによるタイトな生演奏がグッと来ます。これまでに紹介した広告音楽盤とは一風も二風も違った趣き、さすがはメンズ・ビギですね。A面にショウケース・スタイル、B面にダブ・バージョンを収録、日本企画盤。1800円

こっからはいつもの国産アド・ミュージック!!
add_trevino_fukusuke1add_trevino_fukusuke2
【SHEET】藤川浩一/トレビノ・ソング (福助株式会社)
add_trevino_fukusuke3足袋の老舗・フクスケ(福助株式会社)から発売されたスポーツ・ウエアの販促ソノシートがこちら。プロゴルファーのリー・トレビノのプロデュースという事でしょう、トレビノ・ウエアという名が付いてます。アメリカとメキシコのハーフであるトレビノらしくメキシカン・ハットの刺繍が入ったシャツをお召し。
音楽は作詞:伊藤アキラ、作曲:玉木宏樹による陽気なラテン・ビッグバンド風がこの上なくハッピーな一曲。城卓矢「トンバで行こう」的です。歌っているのは藤川浩一という人物。朗らかでコミカル歌声で曲によく合ってますが、ひょっとしたら子門真人かな?“藤浩一”の名で活動していた事もあるし、灰汁は強くないものの端々にシモニック唱法っぽいのも確認できます。ハニーナイツムーンドロップスという男・女声の最高峰コーラスも脇を固める役者やのー。1800円

add_hamahata_creep1add_hamahata_creep2
【7in】浜畑堅吉/忘れちゃいないさ (森永乳業)
add_hamahata_creep3青春の辞書に不可能という言葉はない!…青春ドラマ「進め!青春」での熱い新任教師役(ナポレオン先生!!)も懐かしい、劇団四季俳優・浜畑堅吉が歌った森永乳業クリープのCMソング「忘れちゃいないさ」も入荷してます。
作詞・金子徹、作曲:中村泰士によるおっとりとした愁いのフォーク調ナンバーで、優しいストリングスと誠実な浜畑のボーカルが光ります。しっかし♪心と心がふれあえば 俺とお前はコーヒー&クリープ♪って歌詞はすごいね。互いに欠かせないという意味でしょうが、なんだかずっしりと胸に来ます。500円

add_naozumi_junnama1add_naozumi_junnama2
【SHEET】語り:佐藤允/純生ドドンと音頭 (SUNTORY)
add_naozumi_junnama370年代初期に一世を風靡した“若さだよ、ヤマちゃん”のキャッチフレーズでお馴染みのサントリー純生からコマーシャル・ソング集が届きました。CMで使用されていた「純生“ドドンと音頭”」そして「純生“ドドンでいこう”」を収録した販促ソノシート。「大きいことはいいことだ!!」(森永エールチョコレート)の山本直純が音頭モノと青春歌謡モノという究極的に親しみやすいメロディをかいていて、パァっと明るく憎めない印象に輪をかけてます。同年代に流行したアニメ「ど根性ガエル」的な痛快さにも通じますねぇ。
何故か歌手名のクレジットだけないんですよ。後年発売されたコマソンコンピCDには上条恒彦の歌う音頭が収録されているようですが、上条恒彦ではないと思うんだよな。音頭の方は懐メロ歌手っぽい、「いこう」の方はボニージャックスのような男性コーラスグループと女声コーラスです。イントロ部分にはCMにも出演していた俳優の佐藤允氏の語り(録りおろし)も入っています。ジャケにシミがあります。1500円

add_maki_naris1add_maki_naris2
【SHEET】牧美智子/ほ・ほ・え・み・の・ご・あ・い・さ・つ (ナリス化粧品)
add_maki_naris3続いてはこちら、ナリス化粧品制作による販促ソノシート「ほほえみのごあいさつ」です。朝日放送系「二人の事件簿」での初々しい婦警さん役で人気のあった牧美智子が、清楚で優しい歌声を聞かせる佳曲となってます。
作詞を伊藤アキラ、作曲を森田公一が担当。ソフトなコーラスやサビからのグルーヴ感のある展開、それに天地真理や浅田美代子を想起させる曲調がいかにも70年代アイドルという感じながら、ちょっぴり艶のある高音がくせになります。曲中に社名も入ってますし、牧美智子モノとしては結構珍しいかもしれません。1500円

add_duke_tokyosinyokinko1add_duke_tokyosinyokinko2
【7in】デューク・エイセス/仲間たち (TOSHIBA/東京信用金庫)
add_duke_tokyosinyokinko3働く人にやさしいな〜って思うんです。何がってこのデューク・エイセスのシングル、東京信用金庫の職員愛唱歌なんです。レコ屋で働いているとたまに見かけます、職員愛唱歌。職員のためだけの愛唱歌?もう広告音楽ですらありません。士気を高めるとかそういうためなのかしらん。職員のためだけなんて勿体ない!
デューク・エイセス歌唱・浜口庫之助作曲・有馬徹とノーチェ・クバーナ演奏…なんと豪華な職員愛唱歌。両面ともにハマクラ節全開の朗々たる歌謡曲でありながら、ノーチェ・クバーナのリズミックな演奏が素晴らしい。特にB面の「青いみかんのうた」は有馬徹のラテン・パーカッシヴ・アレンジが効いていて必聴。こんな歌、職員に捧げちゃうのかぁ。優しいな〜。誰かウチの店に愛唱歌作ってください。1000円

add_melody_lipton1add_melody_lipton2
【7in】メロディ・スー/ Lipton Lovers (TOSHIBA/LIPTON)
紅茶のリプトンから素敵な素敵な一枚がご来店♪「Lipton Lovers」なんてとっても直球なタイトルですが、胸に沁みるソフトロックの名曲でございます。ジャケも素晴らしい!歌っているのはこちらも詳しいことが全くわからないメロディ・スーなる外国人歌手の方。ストリングスを配したA&M直系の柔和なメロディを、伊東ゆかりを思わせる透明感のある真っすぐなヴォーカルで歌ってます。
なんて素敵な曲なん!紅茶だけにティータイムにぴったりやん!…と思っていたら作曲:中村泰士のクレジット発見。守備範囲の広〜い作曲家さんですが、この人の書くポップスは本当に素晴らしい!名曲揃いです。B面にははしだのりひことシューベルツ「風」を収録。1000円

三連休もラストなれど今日も今日とて営業中。
久方ぶりで広告音楽特集からヒトツカミしましょう。今日のテーマは“働くクルマ”!昔の車って何でこんなにかっこいいのかね。

adcar_toyota_sunny1adcar_toyota_sunny2
【7in】八色賢典/いまこのとき (TOYOTA)
千葉真一出演、“足のいいやつ。”のキャッチコピーでお馴染みのトヨタ自動車の人気モデル・NEWカリーナのCMソング「いまこのとき」の販促レコードが入荷!小林亜星が設立したアストロ・ミュージックにも所属していたボブ佐久間の作曲による和製ボッサナンバーです。柔和なサキソフォンと女声コーラスを配したソフトでドリーミンな優しい曲。歌っているのは東宝系の名バイプレイヤー俳優としても知られるジャズ歌手の八色賢典(やいろけんすけ)さん。とってもイイ声です。
ワイルドなサニーが豪快に雨を浴びているジャケット最高!サニーがプリントされたオリジナル・スリーヴ付です。1800円

adcar_subaru_takuro1adcar_subaru_takuro2
【SHEET】よしだたくろう/僕らの旅 (富士重工)
adcar_subaru_takuro3吉田拓郎が歌う富士重工・共鳴スバルレックス「僕らの旅」は自動車レコとしては定番の一枚。ソノシート盤とレコード盤が出ていますが、今回はソノシート版が入荷しました!振り返ってみるのもいいさぁ〜道草食うのもいいさあぁ〜♪ともう冒頭からいきなりのたくろう節全開でのんびりと気ままな歌声が清々しく懐かしいですね。CM通り女声のサウンド・ロゴ“共鳴レックス”が入ってくるのも素敵。冒頭には吉田拓郎自身による曲紹介コメント、曲終了後にマシンガン宣伝トークも収録されています。しかし裏ジャケットに写る皆さん、いくらなんでも自由すぎだぜ。1500円



adcar_nissan_sunny1adcar_nissan_sunny2
【SHEET】芦野宏/サニーと僕としあわせと
     ボニージャックス/世界の恋人 (日産)

adcar_nissan_sunny3さて続いては日産自動車による“世界の日産 誕生!!ダットサン サニー1000”の広告音楽「サニーと僕としあわせと」と「世界の恋人」を収録した2枚組販促ソノシートでございます。「サニーと僕としあわせと」はシャンソン歌手・芦野宏が歌う軽やかでシンプルなジャズ・サンバ調が最高に楽しい一曲。中村八大の作曲で膨大な中村八大ソングスの中でも人気の高い名曲です。岩谷時子による歌詞がまた微笑ましさを倍増させていますね〜。♪とりかご乗っけてサニー…パパ、ママ、ボク、チビ みんなしあわせに〜なんてこれ以上ないくらいのハピネス。
ボニージャックスが歌う「世界の恋人」(作詞:野上彰/作曲:芥川也寸志)も運動会のテーマかってくらいハツラツとマーチングしていてウキウキしちゃいます。2枚組、少しスレあります。2000円

adcar_nissan_sugawara1adcar_nissan_sugawara2
【SHEET】菅原洋一・歌織/すばらしい出発。 (日産)
adcar_nissan_sugawara3次も日産自動車の販促ソノシート。菅原洋一と彼の娘である歌織ちゃんが親子デュエットを聴かせる「すばらしい出発。」は日産“ゆとりのセドリック”のCM音楽です。作詞を岩谷時子、作曲を菅原洋一自身が担当しています。ふむふむ、日産自動車さんはシャンソン系がお好みのようですね。
曲間で歌織ちゃんが“パパのおめめさぁ笑うとなくなっちゃうネ!”と語りかけるところが面白いです。この台詞も岩谷さんが考えてるんでしょうか?娘さんの発言であって欲しいス。それに対するパパ“だから心を大きく開いているんだよ”の返しも抜群!大人だなぁ洋一…。 1000円


adcar_suzuki_fronte1adcar_suzuki_fronte2
【SHEET】シャデラックス/いいヤツが乗るフロンテ
     大木康子/二人で走ったフロンテ (スズキ自動車)

スズキ自動車“スズキ・フロンテ360”のCMソングの販促ソノシートも入荷しましたよ!A面にカレッジフォーク・グループ〜シャデラックスが歌うのんびりとした和製ボッサの好ナンバー「いいヤツが乗るフロンテ」、B面に平岡精二クインテットの専属ヴォーカルだった大木康子(あ!この人もシャンソン系か)が歌う「二人で走ったフロンテ」を収録。こちらは夜のムードたっぷりのボッサ・ナンバー、しっとりとした大人の色香が漂うA面とは好対照の一曲と言ったところ。2曲とも作詞:山上路夫、作曲:いずみたくでオケも収録しています。
「いいヤツが乗るフロンテ」というタイトルもなかなか力強いものがありますがジャケットの感じなんかを見ても、スズキ自動車ってなんだか他の自動車メーカーとちょっと違いますねぇ。グッと国産感が増すというか。そこがいいんだけどさ! 1800円

adcar_ferrari1adcar_ferrari2
【7in】Supercar Sound Series フェラーリ・ベルリネッタ・ボクサー (徳間)
番外編。スーパーカー消しゴムなどの70年代後半スーパーカー・ブームはレコード業界にもその余波を広げております。スーパーカーの効果音を収録したスーパーカー・サウンド・シリーズより、目にもまぶしい黄色のボディ…フェラーリ・ベルリネッタ・ボクサー編が入荷。走行音やブレーキ、クラクション、果てはドアの開閉音まで入ってるよ!購買層はやっぱりスーパーカーは憧れだけど、手が出ないからせめて雰囲気だけでも…って人たちなんでしょうか?それとも純粋に車サウンド・ファン?
まさかのポートレート付(右写真)、こんな観音開きしちゃうの!? 500円

adcar_akira_showka1adcar_akira_showka2
【7in】小林旭/自動車ショー歌・グングン節 (CROWN)
番外編その2。広告音楽と言うわけではないですが自動車レコードと言えばこの曲は外せないですねェ、小林旭「自動車ショー歌」。オリジナル盤が在庫切れのためカップリング盤で失礼します。裏ジャケの写真かっこよすぎ!!
あの娘を(トヨ)ペットにしたくって〜ニッサンするのはパッカードォ、ホォネの髄までシボレーで〜あぁとで肘てつクラウンさぁあ♪と30種類の車種ダジャレを織り込んだ歌詞で飄々と歌うアキラの傑作コミック・ソングです。しかしよく出来た歌詞ですなぁ、ダジャレもここまでくると芸術ですね。「黄色いさくらんぼ」や「三百六十五歩のマーチ」の作詞で知られる星野哲郎氏によるもの。コミカルな言い回しと日本人を掴む演歌心のバランスが素晴らしい先生。 800円

↑このページのトップヘ