中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 名盤!

営業時間内の更新に間に合った…ほっ。

ウォーーー!歌謡曲屈指の名盤きました!やった!

yukari
【LP】伊東ゆかり/ふたたび愛を 筒美京平LOVE SOUNDS (DENON/COLUMBIA)
う、嬉しい。うつむいたら涙こぼれるかも知れへん。
72年発売のアルバム「伊東ゆかり/ふたたび愛を 筒美京平ラヴ・サウンズ」がやってきたんだぜ!
DENON時代〜脂の乗った充実期の伊東ゆかりお姉さま、筒美京平を歌うの巻であります。伊東ゆかりと筒美京平、その魅力のすべて!と言ってしまいましょう。ジャケットの二人のお姿がもう名盤である事を既に物語っていますが、A面にオリジナル作品6曲、B面に京平カヴァー6曲を収録した傑作アルバム。オリジナル・サイドでは大胆な転調が素敵過ぎる平山三紀系譜のシングル曲「陽はまた昇る」を皮切りに入魂の作品が並びます。ジミー・ウェッブ風のソフトロック「幸せへの道」やピアノとアコギが印象的な優しいフォーキー・サウンドの「花の咲く頃」、ヴォーカルはあくまでもソフト…だけど腰にくるファンキーなカッティングのギターがかっこいい「愛の光」など紛うことなき名曲揃い。

カヴァ・サイドの充実っぷりもまたとんでもないのです。「いつもなら」(朝丘雪路)、「幸福ですか」(青山一也)、「愛こそいちずに」(小川知子)など全6曲を歌っていますが、とりわけ本家よりもエコーを抑えたフェミニンなカヴァが素敵過ぎる「夢でいいから」(いしだあゆみ)やフランシス・レイ風のアレンジと最後にリフレインする♪パーパパパーのスキャットが最高な「恋のゆくえ」(新藤恵美、「美しきチャレンジャー」のB面)が素晴らしいです。アルバムの最後を締めくくるのはタイトル曲でもある「ふたたび愛を」、これは平山三紀の2ndアルバム「希望の旅」収録曲だったものです。平山版ではしっかりしたオーケストレーションを全面に打ち出した編曲でしたが、サキソフォンやフルートの美しい音色をフィーチュアしてよりシンプルなアレンジに。端正な中にも柔らかくコットンのような素朴さを湛えるヴォーカルと見事なまでのマッチングを見せており、ゆかりさんのための曲と呼んで差し支えないほどの名曲に仕上げてあります。

グルーヴィーでもソフトロックでもフォークでもバラードでも、あの鼻にかかる高音が愛らしいヴォーカルでコーティングされると、どれも優しく伸びやかな極上ポップスに変身してしまう!これぞプロフェッショナル、ゆかりマジック。

yukari2
ライナーにはゆかりさん、京平先生がお互いに宛てた書簡のようなコメントが掲載されています。作曲家への、そして歌い手へのリスペクトを感じさせる内容に思わず頬が緩みますわ。

シャポーのフォルムが素敵な素敵な帯付にて入荷してきました!盤面に軽いスレがありますが気にならない程度です。特典のカラーポートレート・カレンダーも付いておりますよ。帯付はなかなかレアなのでは。お家に飾っておきたいなぁ、幸せな気分になれそうです。 5000円

higurasi
本日の新入荷、美しい高山植物のような名盤到着です。
リーダー・武田清一を中心に榊原尚美(現・杉村尚美、ドラマ「炎の犬」主題歌〜「サンセット・メモリー」ヒットで有名)と中村幸雄の3人によるフォーク・グループ〜日暮し!彼らの知る人ぞ知る傑作アルバム「ありふれた出来事」が入荷してきましたよ!

higurai_arihureta
【LP】日暮し/ありふれた出来事 (VICTOR)
星勝プロデュース・日本を代表する錚々たるセッション・ミュージシャン達が参加して発売されたこの77年作品「ありふれた出来事」は、日暮し最大のヒットとなったシングル「いにしえ」をフィーチュアした4作目となるオリジナル・アルバム。
RCサクセションの88年作品「MARVY」でカヴァ(リーダーの武田はRCサクセション前身バンドThe Remainders of The Cloverの元メンバー)もされている表題作での榊原尚美の透明感のある歌声やフォーキーな旋律に大村賢司のCTIっぽいスムース・ギターが最高な「日傘」、心地よい慈愛のアコースティック・メロウ「街の影」にオーガニックなメロディに瑞々しいコーラスワークが絡む「夏のこわれる頃」など、本当に聴き処のみで構成されているといっても過言ではない名作です。白眉なのはムーンライダーズの面々がバックを勤め、澱みなく流れるナチュラル・メロウ・グルーヴと絶妙のコーラス・ワークが至高の逸品「君の息吹を」と、サディスティックスのファンキーな演奏と榊原女史の伸びやかなヴォーカルが堪能できる珠玉のAOR「冬の電車」。70年代ジャパニーズ・ロックに燦然と輝く綺羅星のアンセムです!
オリジナル・アルバムは未だCD化叶わぬ未開の名盤揃いの日暮しですが、この音はレコードのためにこそある音だと思うので皆さんレコードで愛でましょう。帯付・状態良好にて入荷しましたよ!2800円





4月末から続いていたGW〜CDセール(昨日をもちまして無事終了。ご来場いただいた皆様ありがとうございました)のコンボで忙殺されておりましたが、やっと一段落であります。本日より完全復帰でまた地道な営業に。

さてあいにくの雨模様ですが、本日も素敵な入荷がありますよ。

techno_kayo
【CD】V.A./テクノ歌謡〜東芝EMI編 デジタラブ (P-VINE)
まずはこんなレア・コンピ!!80年代に咲いたとんちきなピコピコ・サウンドを各社ごとに編む!戦慄のP-VINE・テクノ歌謡シリーズから、レア音源満載の「テクノ歌謡 東芝EMI編 デジタラブ」が入荷!テクノ歌謡界永遠の名曲であるフィーバーの「デジタラブ」を筆頭に、先日意外なところから話題となった坂本教授絡みの酒井司優子「コンピューターおばあちゃん」、ロジック・システム「DOMINO DANCE」やちわきまゆみ在籍のMENU「ナンキンテリアでドテカボチャ」と正統派はもちろんのこと!零心会「零心会のズンドコ節」、ポール・ハードキャッスル「ナインティーン」の小林完吾ナレーション入り、そして羽賀健二による「ネバー・エンディング・ストーリーのテーマ」など悶絶テクノ歌謡までをフォロー。まさしく“テクノ・キルド・ザ・歌謡スター”な16曲収録。現在廃盤・帯付美品です。3980円







maborosi_kouhaku
【CD】V.A./幻の名盤開放歌集*ワーナーミュージック 春の紅白歌合戦 紅組編 (P-VINE)
もひとつP-VINEの激烈コンピを。お馴染みの幻の名盤開放歌集シリーズからワーナー音源の濃厚な女性歌手モノをピックアップした「春の紅白歌合戦 紅組編」をご紹介。日本歌謡界の鬼警部・藤本卓也のペンによる市川瑛子「カナダの夜明け」、「夜明けの横浜」に始まり、司美智子の吉永小百合的語りレコ「ふるさとの歌」、香港の名花アイリーンの本邦デビュー曲「愛の出発」、ビートルズを日本語でカヴァーさせたら右に出るものはいない(?)松井計井子によるジョン・レノンのソロ曲カヴァー「ジェラス・ガイ」「ゴッド」などなど、カルトこの上ない楽曲を全20曲収録。脳みそ溶けそう・・・。帯付美品、現在廃盤です。レアー!2800円

hosono_taian
【CD】細野晴臣/泰安洋行 (CROWN)
名盤です。細野さんの76年のアルバム、トロピカル三部作の2作目にあたる「泰安洋行」。今更ごたごたと説明をする必要のない名作ですね。暑い季節が近いので。紙ジャケット仕様・帯付美品です。 1280円

tito_hits
【CD】TITO RODRIGUEZ / Hits (BOMBA)
ニューヨーク・ラテンの巨星、ティト・ロドリゲスの不滅のラテン・クラシックスを集めた作品。「Cuando Cuando Cuando」や「Cara de Payaso」、「Nunca」、「Bello Amanecer」など脂乗りきり・向かうところ敵なし状態の60年代初期の録音音源ばかりで構成されていて、ラテンの枠に収まりきらない歌いっぷりはもう魔的とでも言いましょうか。粋でいなせな魅力にあなたの小股も切れ上がってくるでしょう。ところで小股ってどこ? 帯なしですが美品。廃盤 1890円

今日の新入荷は琉球古典の至宝!

琉球音楽の古典会派、三味線音楽の起源といわれる野村流古典音楽保存会の会長務めていた安富祖竹久(あふそ・たけひさ)の集大成、70年発表の「古典のこころ」が入荷!!!

ahuso
【LP】安富祖竹久/古典のこころ (RBCレコード)
琉球古典を聴いたのは実は初めてなのですが、これはすごい。“唄”の圧倒的な力・存在感に打ちのめされました。現代沖縄音楽も唄力はすごいですが、比べ物にならないリリシズムと奥深さ。参りました。

もう天まで伸びそうな独唱。義太夫のそれに近いでしょうか。「かぎやで風節」「赤田風節」「術懐節」など和歌ほどの短い歌詞を3〜10分ほどかけてじっくりと。暖かく豊かで凛々しい、まさしく美声そのもの。唄の隙間に三絃や箏、胡弓の音色がぽつぽつと置かれている…空間アートという感じです。解説を読むと「独唱の伴奏に胡弓を用いることはおそらくはじめて試み」とあるのですが、沖縄古楽の礎である琉球王朝時代の宮廷音楽っぽさがびたりとハマっていてとてもそんな風には…。馴染んでます。箏を城間千鶴氏、胡弓を又吉真栄氏が担当。どちらもその道の第一人者だそう。

義太夫、日本や中国の雅楽、韓国のカヤグム、モンゴルのホーミーのような不思議な響きもあります。でも沖縄にしかない音だ、これは。多分。琉球音楽の深淵、素晴らしいです。状態概ね良好です。4800円

珈琲時間に似合いそうな銀盤が入荷。細かめですが…。

emittrohodes
【CD】EMITT RHODES / same (MCA)
元メリー・ゴー・ラウンドで“新しいポール・マッカートニー”なんて呼ばれていたという米国SSW、エミット・ローズの1stソロ「Emitt Rhodes」(70年)です。ポールよりポールらしいと言ってしまえる繊細かつ瑞々しいメロディと、一人多重録音で幾重に重ねられてもなお爽やかに品のある歌声はとても心地よく名盤たる芳醇な薫りに満ち溢れています。マジカル!!長門芳郎監修の名盤の殿堂シリーズから。帯付美品 1580円

edmaccurdy
【CD】ED McCURDY / The Best of Ed McCurdy (P-VINE)
1930年代からそのキャリアをスタートさせたというペンシルヴァニア出身のフォーク歌手、エド・マッカーディ。キングストン・トリオのヒットで有名なプロテスト・ソング「平和の誓い」の作者としても知られている彼のベスト・アルバム。英国トラッド系の奥深く格調高いバラード・ヴォーカル、クラシック風のシンプルかつ静謐なギター・スタイル…ウディ・ガスリーやピート・シーガー、ディランのようなフォーク・ブームの立役者の影で、地味ながらもジワリと浸込む様に広がる歌心が嬉しい一枚。帯付美品、廃盤です。 1980円

aljarreau
【CD】AL JARREAU / Glow (Reprise)
自由自在のスキャット・マジシャン、アル・ジャロウの2ndアルバム「Glow」(76年)。プロデュースに全盛期のアル・シュミット&トミー・リピューマという事でメロウグルーヴ・ファンにも非常に人気の高い作品ですね。エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」やトン・ジョビン「おいしい水」、JT「ファイア・アンド・レイン」などポップス・スタンダードな選曲ですが、アル自身の温かみのある声と軽やかさで他に類を見ない存在感に。中でもニック・デカロが歌唱アレンジをしたというレオン・ラッセル「瞳の中のレインボウ」のカヴァは絶品です。US盤 800円

kokomo
【CD】KOKOMO / same (Epic/SONY)
英国ホワイト・ファンク・バンドの最右翼、ココモの75年デビュー・アルバム。日本では「ファンキー・マシーン★ココモ1号」という何故だかつのだ☆ひろ的邦題が付いてました。10人編成の大所帯バンドで黒くファンキーなボトムに滑らかに踊るエレピ、キング・クリムゾンにも在籍していた英NO.1サキソフォン奏者メル・コリンズの華麗なブロウ、そして男女が入り混じった4人の混声コーラスが絶妙の結束を見せます。メランコリックな味わいの「Anytime」や「Feeling This Way」も良いけれど、英国パブに息衝くソウルを感じる「Kitty Sittin' Pretty」が至高。洋楽秘宝館シリーズ・世界初CD化盤。現在廃盤ですよー!帯付美品 2000円

goldbriars
【CD】THE GOLDEBRIARS / Straight Ahead! (Epic/SONY)
ミレニウムの中心人物でありハーモニーの魔術師と称されるカート・ベッチャーが18歳の時に結成したグループ、ザ・ゴールドブライアーズの64年発売の2ndアルバム「ストレイト・アヘッド!」です。トラディショナルなフォークやスピリチュアル・ミュージックをポップな先進的アレンジと美しいハーモニーで彩った名盤。ドリーミンな可憐さや美しいコーラスワークの中に、中近東風のフレーズや耳馴染みのない不思議な言語などハッとするような瞬間がいくつもあってドキドキと胸の高鳴る一枚です。限定紙ジャケ仕様・世界初CD化盤、美品です。1480円

雑多なラインナップですが、気になるCDなどをば少々。

supestocks_surfroute
【CD】SUPER STOCKS featuring GARY USHER / Surf Route 101 (M&M)
スーパー・ストックスの64年発表の2ndアルバム「サーフ・ルート101」です。ビーチ・ボーイズでのブライアン・ウィルソンとの共作で名を挙げ、その後の数年間でかなりの数のプロデュースをこなしたとされるサーフィン/ホットロッド期のゲイリー・アッシャーによる素晴らしいお仕事のひとつであります。サーフというとやはりインストの印象が強いですが、ここではアルバム全12曲中5曲のヴォーカルものが収録されており、その全てで彼がリード・ヴォーカルを担当。オールラウンドな駿才っぷりを発揮しています。「Santa barbara」の初期デモ・テイクなど貴重な未発表音源9曲をボーナス収録。廃盤、帯付美品 2000円

ホットロッドからぶーーーんとディスコに(笑)。
funky_clapyour
【CD】FUNKY BUREAU / Clap Your Hands Together '92 (VICTOR)
ファンキー・ビューローの大ヒット曲「クラップ・ユア・ハンド」がなんとマキシで切られていたという…すごいです。筒美京平のオリエンタル・エクスプレスと並んで抜群のソウルを発していた和製ディスコ・グループのファンキー・ビューロー(Vo.は何故かジャマイカン)。「ブギー・ウォーク」など他にもチャートを賑わせる曲を発表していますが、この曲はとびきり人気じゃないでしょうか。一応「クラップ・ユア・ハンド'92」と題されクラブ・ミックスなど3パターンのテイクが収録されているのですが、ポイントはただ一つ!最後にオリジナル音源が収録されているという点に尽きますね。76年ディスコ・ナイトが甦る! もちろん廃盤。帯付美品(見本盤) 1000円

92年発売って事はやっぱり「SOULとんねるず」の影響でしょうね。
これの2組目、めちゃ盛り上がってます。


さらにイタリーへ!!
dallara_best
【CD】TONY DALLARA / Canzone Best Star Album on CD (KING)
60年代にサンレモ音楽祭に伴うブームで日本を席巻したカンツォーネ人気歌手の一人であるトニー・ダララ。我が国ではペギー葉山が歌いヒットした「ラ・ノビア」のオリジナル歌手として知られています。押しの強いシャウトが情熱的でまさにイタリアーノ!といった趣きの歌い手で、それ以外にも「コメ・プリマ」や「アル・ディ・ラ」「ロマンティカ」などをヒットさせ"ジューク・ボックスの王様"なんて名誉あるニックネームも。最近はカンツォーネのCDというとカンツォーネ全体のベスト盤みたいのか、あるいはお定まりの歌手のものばかりでなかなか細かい歌手別の音源化が難しいジャンルのようですが、今回はカンツォーネCDの人気盤として名高い87年のKING“カンツォーネ・ベスト・スター・アルバム”シリーズより入荷しました。来日時に録音した布施明のカヴァ「おもいで(日本語)」を収録しています。廃盤、帯付美品 2480円

そして日本へ帰国ー。
omura_haru
【CD】大村憲司/春がいっぱい (SONY MUSIC)
夭折のギタリスト大村憲司による81年発表の名作3rdアルバム「春がいっぱい」の紙ジャケット盤も入荷してます。"赤い鳥"に始まり"バンブー"や"カミーノ"、坂本龍一のカクトウギ・セッションなど数々のポップ・ミュージックにギターの花を添えてきた大村氏。この頃はYMOのサポート・ギタリストとして国内外で活躍していた事もあって、この作品ではYMOとその周辺(矢野顕子・松武秀樹ら)が全面的に強力サポート返ししてます!ニューウェイヴなポップさを湛えつつ、端々に大村憲司らしさが滲み出た様な「歌心」があって思わず頬も緩むってもんです。ごく薄のスレが一箇所だけあり…限定紙ジャケット仕様、廃盤。帯付 2380円

va_freefolk
【CD】Various Artists / フリー・フォークの夜明け (新星堂/渡辺音楽出版)
渡辺プロと新星堂のタッグで制作されたディスカヴァー・ジャパニーズ・フォーク!なコンピ「フリー・フォークの夜明け」が到着です。一口にフォークといってもピンキリにございますが、ここではどちらかというとその"キリ"にあたる様な…フォークの定義を柔軟かつ寛容に捉えた「フリー・フォーク」に着眼した一筋縄にいかない編集盤になってます。収録曲もフレンチの香り漂う恵とも子「花のおしゃべり」や、槇みちるによる麗らかなフォーク・ロック「二人のハート」、ワイルド・ワンズの珍しいカントリー・フォーク風「ジャスト・ワンモア・タイム」、ムッシュ作のポップ・カントリーを歌うアラン・メリル「初恋の風」やプログレチックなクニ河内の「臆病風に吹かれて」など、各方面から忌憚なく選曲されています。締めを飾るのはJ.A.シーザー作曲の究極のアシッド・フォーク、伊東きよ子の「狂女」!!濃い、濃すぎます。帯付美品 1380円

コレクタブルな一品が入荷してまいりました

レコードをコレクションとして購入する人々の物欲魂をさらに刺激する音皿…それがピクチャー・レコードであります。
レコード盤への印刷技術の特許を持っていた会社〜日本ミュージカラーによるカラフルなレコードは耳にはもちろん、目にも楽しい音盤として広く世に広まっていったわけですが。キング・オブ・ピクチャー・レコード!!とでも呼びたい名盤、それが一柳慧「オペラ横尾忠則を歌う。」でございます。

ichiyanagi_box1
【CD】一柳慧作曲、オペラ横尾忠則を歌う。 (Bridge)
現代音楽家として名を馳せていた一柳慧(いちやなぎ・とし)と芸術家・横尾忠則の火花散る逢瀬。69年発売のこの「オペラ横尾忠則を歌う。」は当時まだ珍しかったピクチャー・レコードを2枚組で出したゴージャスな作品です。もちろんジャケや盤面デザインを含むアート・ディレクションを横尾さんが担当。インパクト大な極彩色ヨコオ・ワールドがいきなり視覚を支配します。これだけでもかなり圧倒的なパワーを感じるのですが、内容の方も負けず劣らず。オペラと題されてはいますが内容はかなり斬新な音のコラージュ!強烈な横尾パワーに引かない一柳慧の前衛的な音構成はまさしく視覚と聴覚の攻防という感じ。内田裕也とフラワーズ、八木正生、唐十郎、高倉健に横尾本人も参加した和サイケデリックの歴史的名盤といえるでしょう。

ichiyanagi_box2レコードはとてもとてもレアーなのですが、こんなカルトな名盤がCD復刻されるなんてなんと素晴らしい世の中でしょう。2枚のレコード両面をそのままピクチャー・レーベルにしたCD4枚組。オリジナル原画を使用したアートワーク、60年代の横尾ポスターがそのまま小さくなったポストカード24枚セット、ポートレートポスターやら豪華ブックレットなど盛りだくさんなボックス仕様です。中もスゴイんで見せてあげたいのですが、ウレシハズカシ未開封で入荷しておりますの。1000セット限定発売品です。お早めにぜひぜひ。9800円

他にちょっと珍しい8cmシングルも少しばかり。

cs_kato_takuro【CDsingle】吉田拓郎&加藤和彦/純情 (TOSHIBA)
トノバンがいないなんてまだ信じられない…。加藤和彦と吉田拓郎による東芝唯一のシングル。アルバム未収録で現在廃盤、レアーです。見本盤、美品。2180円


cs_tatsu_rosy【CDsingle】山下達郎/おやすみロージ〜Angel Babyへのオマージュ (ALFA/Moon)
鈴木雅之への書き下ろし曲をセルフカヴァーした山下達郎の89年発売シングル。89年3月中野サンプラザでのライヴ・テイクでアカペラっぽいアレンジです。美品 1580円


cs_tatsu_parade【CDsingle】山下達郎/パレード (EastWest)
同じく山下達郎からポンキッキーズで使用された大滝詠一プロデュースの「パレード('82リミックス・ヴァージョン)」を。カップリングにはシュガーベイブ「DOWN TOWN」のオリジナル音源を収録。シュリンク・ステッカー残ってます。美品 1280円


cd_mie_kitty【CDsingle】MIE/キティとダンス! (COLUMBIA/サンリオ)
昨日「ハローキティ検定」なるものをやっていたみたいですね。この歌の問題は出たのかな?元ピンク・レディーのMIE姉さんによるキティ・ソング「キティとダンス!」です。毒々しい格好が多いMIEさんがメルヘン衣装に身を包んでいます!廃盤、美品 1000円

日本のロック・ポップスの名盤が入荷してきましたよん!

pyg_ps
【CD】PYG/ PYG! (Original First Album) (UNIVERSAL)
タイガース(沢田研二・岸部一徳)+テンプターズ(萩原健一・大口広司)+スパイダース(井上堯之・大野克夫)のスーパー・ロック・グループPYGの記念すべき1stアルバム(71年)!各々のGS時代の華々しい経歴を省みない退廃的な空気や新しい試みは、まさにニューロックの夜明け的名盤です。2007年に発売されたブタの鼻を押すと音が鳴るギミック紙ジャケット仕様、美品です。2980円

bluecomets_pastmasters
【CD】The Tales Of BLUE COMETS〜Past masters 1965-1972~(COLUMBIA)
GS以前の日本のロック黎明期からその卓越したテクニックで音楽シーンを支えてきた我が国初の偉大なロックンロール・コンボ〜ブルー・コメッツのキャリアを包括するアンソロジーです。2枚組仕様でDisc1には66年のデビュー・ヒット「青い瞳」から72年のラスト・シングル「雨の朝の少女」までのシングルを網羅、Disc2にはライヴ音源、未発表テイク、初CD化曲などレア音源をふんだんに収録してますぞ。これ一枚でブルー・コメッツのすべてがわかる!帯付・美品 2580円

pico_abc
【CD】樋口康雄/abc〜ピコ・ファースト (Kitty)
これまた日本ポップス界の金字塔とも言うべき名作の登場!元シングアウトのピコこと樋口康雄のソロデビュー・アルバム「abc〜ピコ・ファースト」(72年)は、キラキラとまぶしいポップ・マジックの宝庫であります。ピコがなんと18〜19歳(!)の時に制作されたというこのアルバム、その瑞々しいまでのサウンドは今聴いても…というか今聴いてこそ更に新鮮な驚きと感動に満ちてるといっていいのでは。いやー最高ですわコレ。帯付・美品 1780円

今月はグルーヴィ・ラテンの高価買取を掲げておりますが、ぼちぼち入荷してきてますよ!

プエルト・リコのファンキー大将〜ラファエル・コルティーホ率いるコルティーホ楽団の最盛期の名盤がやって来たぜ!みんなパーティーを始めよう。

cortijo_en_newyork

【CD】CORTIJO Y SU COMBO/ Cortijo en New York con Ismael Rivera (P-VINE)
まずは59年作品「コルティーホ・エン・ニューヨーク」!50年代後半ニューヨークのラテン・シーンにプエルト・リコ音楽の扉を開いたのがコルティーホその人であります。彼の楽団と彼の盟友であり不朽の名歌手でもあるイスマエール・リヴェーラを従えたRUMBAレーベル第一作。この黒いリズム、熱いグルーヴ、最高のダンス音楽ですなー。「Cucala」やボーナストラックの「Perfume De Rosas」、「Severa」などサルサ・クラシックスと呼べる名曲もふんだんに収録。※因みにこの楽団から後にサルサの至宝〜エル・グラン・コンボが派生されるのです。世界初CD化のP-Vine盤、状態良好。1800円


cortijo_fiesta_bolicua

【CD】CORTIJO Y SU COMBO/ Fiesta Boricua (P-VINE)
上に続くRUMBA第二作「フィエスタ・ボリクア」です。プエルト・リコ黒人音楽の最高峰と呼ばれるように、マンボ風味なんかも加えてプエルト・リコ独特のリズムをモダンにファンキーに聴かせてくれるコルティーホ楽団。しかしここでは土地のカラーを強調したサウンドを展開。その泥臭さや伝統、あるいは悲喜こもごもの感情が剥きだしになった実に面白い一枚です。「Que Le Paso」の驚くべき疾走感や激しさは何だろう!?もう死ぬまで踊り続けられそう…。このぐらいのドチャック感が個人的には好みですなー。こちらもP-vine盤、状態良好。1800円


cortijo_dance_with

【CD】CORTIJO Y SU COMBO/ Dance With Cortijo (BOMBA)
このアルバム「ダンスWithコルティーホ」はRUMBA時代よりも少し前の50年代半ば、恐らく56~57年あたりの録音を集めた最初期音源集となってます。ひたすらに黒く、ひたすらに濃厚で、ひたすらにダンサブル!“踊れる”という事がこの楽団の中ではかなり重要視されていて、プエルト・リコのリズムが礎となってはいるものの、マンボ・チャチャチャ・グァラーチャ・メレンゲ・カリプソなど様々な要素をいっしょくたに含有しコルティーホ節となって再構築されてます。この柔軟性こそが多くのサルセーロに愛される由縁でしょうなぁ。BOMBA盤、状態良好。現在入手困難だと思います。2000円


さて他にも。

ray_terrace_boogaloo

【CD】RAY TERRACE/ Home Of Boogaloo (TOSHIBA)
グルーヴィー・ラテンの名盤といえばこちらも負けてはおりません。ニューヨークのティンバレス奏者/プロデューサーであるレイ・テラスのラテン・ソウルの傑作「ホーム・オブ・ブーガルー」はいかがでしょう。ジャイルス・ピーターソンも愛したラテン・ロック「You've Been Talking 'bout Me Baby」や、スウィートなヴォーカルが最高に素敵なフリー・ソウルでお馴染みのフランキー・ヴァリ・カヴァ「I make A Fool Of Myself」を収録。ああーディジー・ガレスピーの「Manteca」も捨てがたいなぁ…。モンゴ・サンタマリアの諸作で知られるマーティ・シェラーがアレンジを担当してます。現在廃盤、状態良好です。2000円

夏だから!身も凍る恐怖をあなたに。

yatsuhakamura
【LP】(音楽)芥川也寸志/松竹映画「八つ墓村」O.S.T. (VICTOR)
横溝正史原作の金田一耕介シリーズ、77年の野村芳太郎監督版「八つ墓村」サウンドトラックのLPが入荷してきました!萩原健一・小川真由美主演、渥美清が金田一を演じた、“祟りじゃ〜”の台詞でも有名なあの名作でございます。“祟りを模した犯罪”をあえて原作と異なる“本物の祟り”として描写した77年版「八つ墓村」、純粋な金田一ミステリーとはちと違うけれど日本怪奇ロマン映画の金字塔だと思ってます。
音楽を手がけるのは日本を代表する作曲家・芥川也寸志。氏の映画音楽代表作「砂の器」(74年)と並ぶ傑作と言えましょう。

山崎務が演じた有名な多治見要蔵32人殺しのシーンでの緊迫したサスペンサブルなオーケストラ・サウンドは、残虐な殺戮と舞い散る桜吹雪の美しさとのコントラスト映像と相まって息を呑む恐怖感が見事。同じく緊迫感のある名曲と言えば落ち武者狩りのシーン、多治見家炎上シーンでの静かに熱く昂揚するサウンドも忘れられません。
ショーケンと小川真由美演じる辰也と美也子が鍾乳洞を探索する場面で流れる流麗なワルツ(「青い鬼火の淵」と呼ばれるあの曲)も最高ですが、やはり壮大なメインタイトルは特に素晴らしい!作中に登場する山村の孤独感と失われた日本の風景・習俗を司るような厳かで和風のメロディはとても印象的ですよねー。これぞ日本映画という感じ。帯付美品です、2800円。




※かなりトラウマティックな映像です…。心臓の弱い方はノンノンよ。


↑このページのトップヘ