中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: Progressive/Euro Rock

今日ご紹介するLPは、英国の鬼才と独プログレの雄の共演盤。まさに未知への扉!

cluster_eno
【LP】CLUSTER & ENO/ same (sky)
’77年録音、邦題『未知への扉』。“イーノ&クラスター”名義になってるのは日本での知名度の差からでしょうか。ノイ!やファウスト、クラフトワークと並んで70年代のジャーマン・ロックを牽引したクラスターと、アンビエント・シリーズやロバート・フリップとの「ノー・プッシーフッティング」、ボウイの「ロウ」等で鬼才っぷりをいかんなく発揮していたブライアン・イーノの共演ですからね、普通のロックになるはずもなく。アンビエント的サウンドが続くSIDE:A、ヘヴィなハンマービートや軽快なシンセ音、弦を擦り滑らせて鳴るアヴァンギャルドなギター・サウンド等70年代初期を思わせるサウンドなSIDE:B、共に彼らだから作り得た音だといえるでしょう。ポップな楽曲も意外と多く入ってるので気難しく考えずに聴ける作品ともいえますね。
テイチクから発売された帯付の日本盤、状態良好です。5800円

鬱陶しい天気続いてます・・。

イギリスっぽい天気模様に合わせるかのように(?)ちょい陰鬱系パンクLP入荷です。
wireTHE WIRE/ 154 (EMI)
初期ピンク・フロイド、シド・バレットと比較されたりもしていたバンド:WIRE。聴いてると納得してしまう一面が確かにあります。実験的なサウンド、ギタープレイ、意味深なタイトル(154はこのレコードがリリースされるまでにおこなったライヴの回数らしいです)・・このサード・アルバムで彼らはファースト・アルバムの頃から較べると格段に音楽的成長をとげてます。アンチ・ロックを象徴する言葉「ロックじゃなければなんでもいい」とのたまったのも彼らでした。その言葉通り、ロックじゃない音だしてます、はい。
日本盤、帯付、状態良好です。2500円。

その他、'80年代ものも入荷してます(U2とか)。イギリス臭漂う2号店です・・。

日本橋は賑わっております。さすがゴールデンウィーク。2号店では今年もレコード、CDしっかり放出していきます。

明日(5月1日)にはこんなんだしま〜す。
slapphappy









mutebeat








CDのほうも本日大量入荷してます。日本のロック(憂歌団等)、レゲエ、プログレ・・もうほんまにたくさんです!見に来てください!!

↑このページのトップヘ