中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: Progressive/Euro Rock

今日は珍しくプログレ盤載せてみようかと。サード・イアー・バンドです。

macbeth
【LP】THIRD EAR BAND/ music from macbeth (toshiba)
ロマン・ポランスキー監督の'72年作「マクベス」のサントラ盤として発売された、サード・イアー・バンドのサード・アルバム。ポール・バックマスターが正式に加入した直後の作品です。ジャケ・デザインはイエスのアルバムでお馴染みのロジャー・ディーン。ちょいと印象違いますね。映画が映画だけに、恐ろしいドローン・サウンド全開。かと思えば彼ら独特の古楽器プログレな美しい曲もあったり。60年代後半〜70年代初期のハーヴェスト系プログレな雰囲気は全体に漂ってます。今野雄二氏の解説によれば、このサントラ音源はすべてフィルムを見ながらの即興演奏だそう。えぐいなー。こんな音を即興でよく作れるなぁ・・。
みんな大好き東芝ROCK NOW帯付。下部に折れ跡、裏側に破れ有りますが・・。これは何度も聴くアルバムじゃないかもなんて思いながら盤を見てみると、やはりきれいな状態でした。4000円


※帯が付いたロック、プログレのレコードが大好きです!買取がんばっちゃいます。遠方の方は着払いの郵送をご利用できます。お問い合わせはTEL、メールにてお気軽にどうぞ!

週末に向けての出荷作業に追われておりました。気づいたら閉店間際に。時間が無いのだよ…。新着盤から定番モノを1枚だけ簡単に。

kraftwerk
【LP】KRAFTWERK/ autobahn (philips)
クラフトワークの初期代表作にして出世作、オリジナルは'74年に発売された「アウトバーン」です。'79年の日本盤が入ってきました。国内盤はこれが初版になります。タイトル曲はテクノとして既に完成の域!
帯付、美品です。3800円


今日は開店前に倉庫に行って、クラシックのLPをどっさり持ってきましたよ。表のセール箱に詰め込んじゃろうと思っております。

お盆休みバブル終了ということで、今日は朝から一心不乱にCD、レコードの補充に勤しんでおりました。ガサガサになってた棚、良い具合に埋まりましたよん!

珍しくプログレ方面から新入荷のご紹介。入っちゃったんだよね〜、細かいけど。

jukka tolonen
【LP】JUKKA TOLONEN/ crossection (sonet)
フィンランド出身ギタリスト、ジュッカ・トロネンの'76年作。「northern lights」の揺れるブレイク・ビーツがかなり格好良い!ファンキー・ジャズ・ロック名盤といわれるのも納得の出来っすね。ハードなギターとムーグを絡め疾走する「hysterica」、最もジャズ・ロックらしい展開をみせる「tiger」、何処のシティ・ポップ野郎か?と突っ込みたくなるリラックスしたフュージョン・ナンバー「windermere avenue」、コズミック・ジャズ・ファンク!な「silva the cat」、眠気を呼びに呼ぶ、子守唄的英国フォーク「wedding song」などなど、他の曲も負けず劣らずの素晴らしさ。ロン毛の白人がやってるのが信じられないくらいのグルーヴもあり。
イギリス盤、盤に薄いスレあります。2500円

ロック日本盤がちょろっとだけ入荷。帯の付いてたやつから2枚だけ載せておきます。

pink floyd
【LP】PINK FLOYD/ atom heart mother (toshiba)
“ピンクフロイドの道はプログレッシヴ・ロックの道なり!”のキャッチ・コピーでお馴染みの「原子心母」です。これぞヒプノシス!なジャケットが強烈過ぎますなぁ・・。内容のほうは説明不要ですね、プログレというよりロックの基本盤でございます。定価2000円盤、帯付いてます。盤は黒っす。少しだけスレあります。5000円


shocking blue
【LP】THE SHOCKING BLUE/ same (nippon gramophone)
こちらは大ヒット曲「ヴィーナス」でお馴染み、ショッキング・ブルーのアルバム「ロック界の彗星」。マリスカ・ヴェレス嬢が参加する以前の音源集でして、「ヴィーナス」より前に録音された楽曲を収録しているようです。大ヒット御礼ということで後から出されたアーリーワークス・・こういうのよくあります。ジャケットは日本独自デザイン、意外とレアーなレコード。ただジャケットの状態がいまいちです。シミ、スレあります。盤もまあそれなりのコンディション。2800円


※普段は歌謡曲だ、ジャズだと騒いでおりますが、当然ロックのレコードも買取がんばりますです!帯付大好きだし、US、UKオリジナル盤大好き!買取ご希望の方はTEL,メールにてお気軽にお問い合わせください。

手頃な価格なベスト盤として知られるアテンション・シリーズ。実は高いのもあるんだぞ!ってことで、今日入ってきたジェネシスのやつをご紹介しましょう。

genesis
【LP】GENESIS/ attention ! (fontana)
ジェネシス初のベスト盤、しかも日本限定・・・このあたりが人気の理由ですかね。アテンション・シリーズのなかでも随一の人気&プライス!帯付は初めて入ってきた気がします。「これが幸福さ」「道化師」「サルマシスの泉」「サパーズ・レディー」・・選曲もなかなか素敵!
裏面に立川直樹氏の解説が載ってる帯付(真ん中に折れあります)、ジャケット裏面にシミあり。盤はまあ良好の部類です。ずばりレアーでしょう!9800円

今日ご紹介するLPは、英国の鬼才と独プログレの雄の共演盤。まさに未知への扉!

cluster_eno
【LP】CLUSTER & ENO/ same (sky)
’77年録音、邦題『未知への扉』。“イーノ&クラスター”名義になってるのは日本での知名度の差からでしょうか。ノイ!やファウスト、クラフトワークと並んで70年代のジャーマン・ロックを牽引したクラスターと、アンビエント・シリーズやロバート・フリップとの「ノー・プッシーフッティング」、ボウイの「ロウ」等で鬼才っぷりをいかんなく発揮していたブライアン・イーノの共演ですからね、普通のロックになるはずもなく。アンビエント的サウンドが続くSIDE:A、ヘヴィなハンマービートや軽快なシンセ音、弦を擦り滑らせて鳴るアヴァンギャルドなギター・サウンド等70年代初期を思わせるサウンドなSIDE:B、共に彼らだから作り得た音だといえるでしょう。ポップな楽曲も意外と多く入ってるので気難しく考えずに聴ける作品ともいえますね。
テイチクから発売された帯付の日本盤、状態良好です。5800円

鬱陶しい天気続いてます・・。

イギリスっぽい天気模様に合わせるかのように(?)ちょい陰鬱系パンクLP入荷です。
wireTHE WIRE/ 154 (EMI)
初期ピンク・フロイド、シド・バレットと比較されたりもしていたバンド:WIRE。聴いてると納得してしまう一面が確かにあります。実験的なサウンド、ギタープレイ、意味深なタイトル(154はこのレコードがリリースされるまでにおこなったライヴの回数らしいです)・・このサード・アルバムで彼らはファースト・アルバムの頃から較べると格段に音楽的成長をとげてます。アンチ・ロックを象徴する言葉「ロックじゃなければなんでもいい」とのたまったのも彼らでした。その言葉通り、ロックじゃない音だしてます、はい。
日本盤、帯付、状態良好です。2500円。

その他、'80年代ものも入荷してます(U2とか)。イギリス臭漂う2号店です・・。

日本橋は賑わっております。さすがゴールデンウィーク。2号店では今年もレコード、CDしっかり放出していきます。

明日(5月1日)にはこんなんだしま〜す。
slapphappy









mutebeat








CDのほうも本日大量入荷してます。日本のロック(憂歌団等)、レゲエ、プログレ・・もうほんまにたくさんです!見に来てください!!

↑このページのトップヘ