中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: Classic

「琴セバスチャン・バッハァ〜!?」
思わずギャグなのか?と疑ってみました。自国の楽器でクラシックやらポピュラーやらジャズやらをプレイしたがるのは、日本人の国民性の一種なのでしょうか?そういうのが好きなんですね。レコ屋に勤めているとこの類のLPに結構な確率にて遭遇いたしたりしちゃいます。大半は何ともムーディーな軽音楽度の高いものに終始する事が多いようですが、時として至極カッコイイものに出会ったりする事もあるので侮れないテーマ。本日の新入荷はそんな後者のレコードが入ってきましたのでご紹介しましょう。

koto.s.bach琴の名手・沢井忠夫によるLP「琴セバスチャン・バッハ(第2集)」、本日のお客様です。playsバッハかぁ…などと思うなかれ!沢井忠夫氏の他に山本邦山(尺八)、中牟礼貞則(ギター)、滝本達郎(ベース)、そして猪俣猛(ドラム)の黄金メンバーが参加するイカした盤なのです。

やってる曲はと言えば「トッカータとフーガ」に「主よ、人の望みの喜びよ」「ポロネーズ」「六声のリチェルカーレ」など、聴けば誰でも一度は耳にした事があるような大バッハのド定番。この曲達を和楽器を筆頭にして渋く演奏なさっています。中でも4曲目「小前奏曲第6番」の必殺グルーヴィジャズアレンジときたら!!!!激かっこいいです。この一曲で買い!のナンバーとなっております。因みに編曲は前田憲男氏。

『海外にまで紹介され評判を呼んだRCA邦楽の“琴”シリーズ!!』(帯より)。帯付・美品にて入荷中です、2000円なり。

沢井忠夫他/琴・セバスチャン・バッハ(第2集) (RCA) 2000円



やれどもやれども減っていかず・・クラシックCDの入荷が止まりません!値付けして、出荷しての繰り返しなのですが、とてもじゃないが追いつかない!ここ10日間で400枚強の入荷です。
クラシックCDは昔の定価が全く当てにならないんですよね。2300円だったものが今現在1200円で売られていたり・・調べながら黙々と値付け中であります。クラシック好きなあなた!今我が2号店に来なくてどうしますか!交響曲から序曲、組曲、ヴァイオリン作品まで多種多様です。日本人関連も多め。ぜひに!

3月になって、Wikiのほうもトップページ更新してます。出荷状況、新譜リリース情報等チェックするのに使ってやってください。クラシックCD&LP関連のことも書いていきますので。

d123e49b.jpg






写真左上から時計回りに
アツモン:名古屋フィル/モーツァルト 交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」

アベッグ・トリオ/ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 op70,2

グレン・グールド(p)/シェーンベルク ピアノ協奏曲 op42他

芥川也寸志:東京交響楽団/交響曲第1番、交響三章「トゥリニスタ・シンフォニカ」他



です。以前より告知しておりましたが、当店の人気コーナー・クラシックBOXセールに倉庫よりの出土品を大量投入いたしました!!

総数にしておおよそ70箱です。今回はガッツリいきましたよ。
いつもオペラが多めなのですが、オペラ以外の出土品も多数出荷しております。
オペラはベートーヴェン、ワーグナーとイタリアンオペラが中心。その他には交響曲全集(モーツァルト、シューベルト、ドヴォルザーク…)や鍵盤楽曲が目立っておるようです。

冒頭にも述べました通り、いかんせん人気コーナーなのですよ。スタッフも驚愕の人気っぷりで、今回も早々に買われてゆく事が予想されます。このブログをチェックして戴いてる皆様、猛ダッシュ宜しくでございます。

↑このページのトップヘ