中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう ナカ2号店のブログ

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。絶賛音盤買取強化中!お問合せはTEL、メールにてお気軽にどうぞ。

カテゴリ: LP/12inch/10inch

バタバタしておりました。今日はレコード1枚だけ。レアーなサントラ盤ですよ〜。

ost_kil
【LP】JUNIOR PISANO, JACQUES CHAUMONT/ kill o.s.t. (canyon)
ロマン・ギャリー監督のサスペンス・アクション『キル!(殺し)』(’72年)のサントラLP!即死必至の激烈ジャズファンク「殺しのテーマ」、ファズ・ギターが暴れまくるグルーヴィー・ロック「追跡」、シタールが揺れる瞑想曲「殺しのエージェント」、美ストリングスとギターが絡むボッサ「恋のジーン」等、やばいトラック満載です!「殺しのテーマ」に歌詞を付けた主題歌を歌うのはあのドリス・トロイ。黒い、黒すぎるのです!!
日本でしか発売されてないサントラだと思うのですが。残念ながら帯無し。盤、ジャケット共に状態良好です。とってもレアーなのだ!9800円
ost_kill

電子音楽で夢心地。クラスターのLP入ってきましたー。

cluster
【LP】CLUSTER/ zuckerzeit (metronome)
邦題「電子夢幻」。ハンス=ヨアヒム・レデリウス,ディーター・メビウスによるジャーマン・ロック・デュオ、クラスターのサード・アルバム(’74年作)。難解なイメージが付きまとう彼らですけど、名前の頭文字がKからCに変わって心機一転といった印象、予想以上に聴き易いです。流れてて苦痛のしないBGM的要素かなりあります。これはアンビエント・テクノですな。
「ハリウッド」「キャラメル」「愛の電子空間」「ジェイムスの動揺」等、全10曲収録。これぞプログレ、電子音楽!てな素敵な帯付(クラスター&イーノとかもこのデザインでしたね)、盤&ジャケともにきれいなコンディションです。3800円

レア盤きたです。モダン・ジャズ・プレイボーイズ!

modern jazz playboys
【LP】MODERN JAZZ PLAYBOYS/ modern jazz screen mood (columbia)
三保敬太郎、渡辺貞夫、宮沢昭、猪俣猛、西条孝之介、原田忠幸etcという、日本ジャズ界の若きスター(’60年当時)が集まった贅沢すぎる企画盤。「褐色のブルース」「彼奴を殺せ」「殺られる」「絶望のブルース」等、映画主題歌を見事にジャズ化。ムーディーな演奏で聴かせます。全体にしっとり感漂う中、異色なのが「唇によだれ」での、これぞモダンジャズ!な演奏。ペットはマイルスっぽいし、サックスはロリンズ感でいっぱい。三保敬太郎のピアノと杉浦良三のヴィブラフォンが爽快に響く「大運河」も一風変わってて素敵です。
再発のエピック盤もそうは出てきませんが、今日入ってきたのはコロムビアのペラジャケオリジナル盤!盤薄いスレ程度で良好のほうだと思います。ジャケも抜け等無くいい感じ。残念ながら帯はありません。12800円

新着盤から1枚だけ。ジャズ・バラードの恋人、アン・バートンの登場。

ann burton
【LP】ANN BURTON/ misty burton (epic)
’73年、六本木ミスティでの実況録音盤。ケン・マッカーシー(p)稲葉国光(b)村上寛(ds)のトリオをバックに気品ある歌声を聴かせます。全編バラード押しというわけではなく、楽しいジャズ・ワルツに仕上げたA-1「小さな愛」、ゆったりとスイングするA-2「オー・ベイブ」あたりが入ってるのはうれしいところ。当時勢いのあった女性歌手二人、キャロル・キング(「きみの友だち」「イッツ・トゥ・レイト」)とローラ・ニーロ(「フリム・フラム・マン」)を取り上げているところも堅苦しさを感じない理由のひとつでしょうか。出来がまた良いのですよ。さすがはアン・バートン、ジャズだけでなくスタンダードやブリル・ビルディング作品もこなす人ですもんね〜。
国内初版帯付、ジャケも盤もピッカピカです。驚くほど。3800円

今日の新着盤から大好きな1枚を。

flat face
【LP】FLAT FACE/ face (midi)
現在も福岡で活躍中の武末充敏氏(ex葡萄畑)と淑子夫婦による'86年盤。歌詞に葡萄畑も登場、地元福岡ではお昼の番組テーマで使われた(今も使われている?)A-1「honeymoon in paris」、キュートなエレポップに仕上げたA-4「シェリーに口づけ」(ミッシェル・ポルナレフのカヴァー)、レゲエな味付けを加えたB-3「新しいシャンソン」などなど、全体に欧州、特にフランスの香り漂う音と言葉が素敵なアルバム。個人的に大好きなのがB-4「MBA」でして、これを寝る前に聴くのが習慣だったりします。特に酔ってる時に。騒がしくなく、それでいて静か過ぎないエレポップ・サウンドと淑子さんの美声のおかげで気持ちよく眠りにつけるのです。
盤、ジャケともにきれいな状態。シュリンク及びステッカー帯も残ってます。2300円




今日の新着盤から、槇岡婦喜子の70’sシティ・ポップ裏名盤載せちゃいましょう。

makioka_loveincity
【LP】槇岡婦喜子/ ラヴ・イン・ザ・シティ (king)
'72年にデビューということぐらいで、経歴をよく存じ上げない歌い手さんですが、'77年にリリースしたこのアルバムは上田力とソウル・バスケットの演奏によるメロウなサウンドに槇岡さんの低音ヴォイスが上手くはまった、和グルーヴ好き必聴の作品です。
エレピの音が心地よいミディアム・グルーヴA-2「ラヴ・イン・ザ・シティ」、低い歌声でやさぐれた歌詞を歌い上げるA-4「眠れぬ夜」、本家よりもダル度&夜の女度アップのメロウ・ボッサA-5「どうぞこのまま」、この歌をここまでシティ・ポップ化してしまう上田力の才に感服するB-2「別れの朝」、軽やかなホーンとエレピでシティ・ポップに変化したB-3「ラストダンスは私と」、漣健児訳詩ヴァージョンで歌うB-4「別離」、サンバなリズムで弾けに弾けるB-5「さり気ない素振りで」・・どの曲も良質極まりない出来栄え!ラストをしっとりと〆るジョン・レノン「ラヴ」のカヴァーもグッときますよ〜。
帯付、ジャケ良好。盤に細かいスレ少々有。2500円

久々に帯付ロックLPなるもので書いちゃう。国産ポップス大好き店ですが、国産ロックLPも同じくらい好きなんです。これほんと。買取のほう張りきってお待ちしております!(切実・・)

cream
【LP】CREAM/ wheels of fire (nippon grammophon)
写真ですが、当店のしょぼいスキャナーだと金色がうまく撮れないので、デジカメ使ってます。クリームのフィルモア実況録音盤。邦題「クリームの素晴らしき世界」です。オリジナルはスタジオ録音音源との2枚組で、あえてバラ売りしたなどというエピソードがあるライヴ盤。内容のほうはもはや説明不要すね。英国ブルースロックの名演詰まってます。クラプトン元気いっぱい。
SMP規格のファースト・プレス(定価1750円)。帯と盤のコンディションが驚くほどきれいなのです!シワもスレもないの!新品みたい。ジャケ下部&裏面に少しだけ汚れ有ります。そんなに気にならない程度。11000円
※お取置き、通販受付は6日からになります。ご迷惑をお掛けしますがご了承くださいませ。

雨降り続いておりますな。

新着盤からこのレコードを。雨の日に聴く大人のボサノヴァ・アルバム。

sawadashungo_1
【LP】沢田駿吾とモダン・ジャズ・オールスターズ/ 決定盤!これぞボサノバ (columbia)
沢田駿吾カルテット(沢田駿吾g、徳山陽p、池田芳夫b、日野元彦ds)に宮沢昭flや日野皓正tpといった日本ジャズ界のスターがゲストで加わった’68年作。美女ジャケの印象からイージーリスニングっぽい音なのかな〜なんて予想しがちですが、聴いてみるとジャズ色が強いことに驚かされるのです。
「マシュケナダ」は伊集加代子のスキャットをフィーチャーしたジャズ・ロック、「デサフィナード」は宮沢昭と西条孝之介tsの独奏が熱いジャズ仕様にアレンジ。ヒノテルが高らかとペットを響かせるボッサバラード「いそしぎ」、サンバチックなりズムに心が躍る「ソー・ダンソ・サンバ」、お決まりの選曲ながらアルバム随一の優雅さをみせるB4カヴァー「ミッシェル」、ボッサ・ファンクな「シナモン・アンド・クローヴ」などなど、収録された14曲それぞれがかなり聴き応えある作りに。
オリジナルのWジャケ盤で入荷しましたー。ジャケに傷み、シミ有。盤もそれなりにスレてます。聴く分には問題なかったです。6800円
sawadashungo_2

新着盤からポップスあれやこれやとひとつかみ。

righteous_bro
【LP】THE RIGHTEOUS BROTHERS/ style & sound (verve)
ブルー・アイド・ソウル・デュオ、ライチャス・ブラザーズの’67年作。ヴァーヴ移籍第2弾アルバムです。初期と比べるとR&Bカヴァーが減り、逆にオリジナル作品が増えている内容ですが、どちらにしてもこのデュオの歌は黒いです。「アンチェインド・メロディー」を思わす壮大なバラード「アイ・ビリーヴ」、ちょいフィル・スペクターっぽいアレンジで歌う「ラスト・ダンスは私に」、間奏のホーンが黒すぎるほど黒いディープ・ソウル「スタガー・リー」等、全12曲収録。国内初版、帯付いてます。状態良好。3800円


dionne_bacharach
【LP】DIONNE WARWICK/ Burt Bacharach songbook (scepter)
ディオンヌ・ワーウィック、バカラックを歌う。ポップス好きの一家に一枚盤。「サン・ホゼの道」「プロミス・プロミス」「エイプリル・フールス」「小さな願い」「ウォーク・オン・バイ」・・・いつ何時聴いても常に最高なのです。初版の帯が付いておりますよ。いい雰囲気!美品です。1800円


beatle_abbey
【LP】THE BEATLES/ abbey road (apple)
これも一家に一枚盤すね。ビートルズはロックだ!!なんて力込めて言うつもりはさらさらなく。完全なるポップス・グループだと思っております。何故ならポール・マッカートニーがいるから。ポールこそがポップス!だからこその「アビィ・ロード」のB面メドレー!!ポール派です、はい。丸帯付、赤盤です。ちょいスレあります。帯はきれいなほうだと思うのですが。6800円


ramsey_voyage
【LP】RAMSEY LEWIS TRIO/ another voyage (chess)
アメ盤とジャケが全然違いますな。ラムゼイ・ルイス・トリオの’69年作「another voyage」(邦題「栄光への航海」、来日記念盤としてのリリース)です。エレピ炸裂のファンキー・ジャズ・ロック盤。ブレイクに痺れる「ワンダリン・ローズ」、強烈ファンクの「ドゥ・ホワット・ユー・ワナ」他、全10曲収録。スティーヴィーの「マイ・シェリー・アモール」カヴァーしてるし、これもポップスでしょ?ってことで載せてみました。帯付、状態良好です。2000円


itoyukari_watasi
【LP】伊東ゆかり/ わたし〜伊東ゆかりリサイタル (king)
ゆかり、’70年のリサイタル@サンケイ・ホール。オープニングのバカラック・ナンバー「恋のおもかげ」からポップス歌手としての魅力全開。「バケイション〜「ロコ・モーション」〜「ビー・マイ・ベイビー」と続くカヴァー・メドレーで60年代を懐かしむあたりも大好き!安井かずみ-宮川泰による「青空のゆくえ」のソフトロックっぷりも素敵です。演奏は稲垣次郎とソウル・メイツ+ストリングス、指揮・編曲は東海林修、コーラスにスクール・メイツとサニー・トーンズが参加。豪華な面々!帯付、盤きれい。残念ながらジャケットにハガレ部分があります。2300円

バタバタいい感じの土曜日。蒸し暑い中たくさんのご来店ありがとうございます。

新着盤から1枚だけ簡単に。リズ・オルトラーニのアマゾネス!

amazones
【LP】RIZ ORTOLANI/ the amazones (cine disc)
テレンス・ヤング監督の’73年作「アマゾネス」のサントラ盤。音楽は「界残酷物語」「ヤコペッティの大残酷」で知られるリズ・オルトラーニが担当、スペクタクルなオーケストラ作品とストリングスが美しい叙情的な小品とがバランスよく収録されてます。チェンバロが格別の響きをみせるエンディング・テーマ「愛と命のある限り」、ミュート・トランペットが印象的な「はるかな望み」の2曲が絶品!
LPは日本盤のみのリリース、帯はありませんがジャケット、盤ともに良好なコンディション。珍しいと思います。4800円

↑このページのトップヘ