中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: LP/12inch/10inch

とってもバタバタ土曜日。うれちいです!

簡単に1枚だけ載せておきます。ベタにマンタLP。

matsutoya masataka
【LP】松任谷正隆/ 夜の旅人 (panam/crown)
もうほんと久しぶりにLPサイズでこのジャケ見ました。松任谷正隆のファースト・ソロ・アルバム('77年)。ティンパンアレー関連盤で今やこれが一番人気な印象なんですが。全曲が由実-正隆コンビの作、大貫妙子と絡む「荒涼」、沁みる歌詩とメロウ・サウンドが癖になる「気づいたときは遅いもの」、夜の便に乗って旅立ちたくなる「Hong Kong Night Sight」などなど、派手さ全然ないのに捨て曲一切なしなんだから!
初版帯付、盤に薄いスレ少々ありますが良好のコンディションといってよろしいかと。3500円


ああ、素敵。。大好きなジャズ・ヴォーカル作品をペラジャケ盤で聴くってのもよろしいですな。

annie_ross_sings
【LP】ANNIE ROSS/ sings a song with mulligan! (world pacific)
UK出身ジャズ・シンガー、アニー・ロスの'58年作。説明不要のジャズ・ヴォーカル名盤ですね。伴奏はジェリー・マリガンのピアノレス・カルテット。マリガン、アート・ファーマー、チェット・ベイカー、デイヴ・ベイリー、ヘンリー・グライムス、ビル・クロウ…なんて贅沢な面々!彼らの演奏にハスキーなアニー・ロスの歌声が絡むんだから悪いわけはないわけでして。初っ端から飛ばしに飛ばすスイング・ナンバーA-1「I feel pretty(邦題:素敵な気持ち)」、小粋にお洒落に歌い上げるA-2「how about you」の2曲が至極ですな。スイングしなけりゃ意味がない!!
国内初版のペラジャケ盤入荷してきました。帯が付いてるよ!ジャズも帯付時代が到来して随分になりますが、これの帯は初めて見たのです。黄色だったんだ。。盤に薄いスレ有り、ジャケ良好です。4800円

沖縄の海は綺麗、これって簡単に言ってはいけない言葉なんじゃないか…このレコード聴いてそう思ってしまいました。

kadekaru
【LP】嘉手苅林昌/ 失われた海への挽歌 (teichiku)
企画・構成:竹中労、演出:照屋林助、進行:知名定男で制作された嘉手苅林昌の'75年作。登川誠仁、瀬良垣苗子他、沖縄の才能が参加したレコードですが、全体を包むのは沖縄の文化を育んできた美しい海が失われたことへの怒りと悲しみ‥。これはブルースです。
'75年といえば「沖縄海洋博」ですね。一切の音楽があって、土着の"うた"だけがない‥とは竹中労の弁。そう、あそこには沖縄だけがなかったのだと。嘉手苅さんも同様の考えを持ち、このレコードに思いの丈をぶつけたのではないでしょうか。これほど儚く響く「海のチンボーラ」、初めて聴いたですよ。。北部の無人の海岸で録音したという波の音が非常に効果的、というか土着の"おと"してます。ここには沖縄しかない。
帯付、盤(見本品クレジット有)に極々薄いスレわずかにあり。ジャケット内側にシミ。5800円

忙し忙し日曜日。最高です!

新着盤から1枚だけ簡単に。成毛滋〜。

narumo shigeru
【LP】成毛滋 with ザ・フェイスレス・ピープル/ yellow river (sony)
ニューロック meets ニュージャズな1枚。元フィンガーズにして最重要ギタリストの一人、成毛滋のファースト・ソロ・アルバムです('70年)。CBSソニーの"サウンド・アドヴェンチャー・シリーズ"最初の作品でもあります。フェイスレス・ピープルとか言っちゃってますが、今田勝に宮沢昭、江藤勲に田畑貞一等、日本ジャズ界の顔ばっかり参加しとるの!めちゃくちゃドライヴィンなテン・イヤーズ・アフターの「アイム・ゴーイング・ホーム」カヴァーはじめ、オルガン効きまくりの「ノー・タイム」やどす黒ファンクな「ビークル」等、どれもこれもカッコ良過ぎのロック・インストばかり。まあこのメンツ揃ったら悪くはならんですわね。。
見開きジャケ、盤ともに良好のコンディション。帯無いのが極めて残念ですがレアーですよん。7000円

1961年の日本で花開いたファンキージャズショーケース。

modern jazz playboys
【10"】モダン・ジャズ・プレイボーイズ/ モダン・ジャズ・ショー・ケース (columbia)
仲野彰 (tp)、渡辺貞夫 (as)、宮沢昭 (ts)、原田忠幸 (bs)、杉浦良三 (vib)、三保敬太郎 (p)、藤井英一(p)、金井英人 (b)、猪俣猛 (ds)…後に日本ジャズ界の重鎮となるプレイヤーたちの若き時代に残された国産ジャズ名盤('61年)。アート・ブレイキー来日の4ヶ月後に録音されたということで、「モーニン」「チュニジアの夜」等ジャズ・メッセンジャーズ直系のファンキー・ジャズが並んでます。中野彰のトランペットが衝撃的にカッコイイ「ジョージス・ジレンマ」、ナベサダの優しげフルートでリラクシン・ムードたっぷりな「ウォーキン」も素晴らしい〜!
日本コロムビア盤オリジナル10吋盤入ってきちゃいました。ジャケット(エロい!セクい!)に経年の傷み、盤に細かいですがスレ見られます。9800円

いいもんですね、夏休みって。今週がっちり売り上げてみなさんより遅い夏休みとりたいです(切望)。

簡単に1枚だけご紹介。平尾先生の若き時代。

※お盆期間中、通販及びお取置きの受付は中断させていただきます。16日(木)からの再開です。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

hriao masaaki
【10"】平尾昌章とオールスターズ・ワゴン/ same (king)
ロカビリー三人男時代の平尾昌章率いるオールスターズ・ワゴンの'60年作。「恋の片道切符」カヴァーからスタート、当時大ヒットしてロカビリー歌手からの脱却のきっかけとなった「ミヨチャン」と続きます。ロカビリー〜カヴァー・ポップスのレコードがもてはやされた数年前は「ミヨチャンはねぇ‥」なんてネガティヴな反応多かったんですが、ロカビリー歌謡としての完成度めちゃくちゃ高いですからね、この曲。国産歌謡曲人気の今こそプッシュしたい!しっとりバラードな「島原地方子守唄」、山室信一郎の美声が聴ける「知らぬふり」までがA面。
B面はハワイアンな「南の島は恋の島」から。とろけるラヴ・ソング、先生ったらこの時点で既にエロいです!歌謡曲ど真ん中な「あの日から」「クルミちゃん」と続いて、ラストはフランス映画『墓につばをかけろ』主題歌にして夜ムード満点な「黒のブルース(メンフィス・ブルース)」のカヴァーで〆。ロカビリー・バンドじゃ既になくなってますな。だからこその魅力!たっぷり詰まってますぞ。通して聴いて改めて思ったこと、やっぱり「ミヨチャン」は凄い曲!ジャケットにピン跡、盤に薄いですがスレあります。レアーですぜ。12800円

お盆休みな雰囲気だんだんと漂ってきてます。暑いですがレコ売り買いはナカレコ2号店でよろしくですm(__)m 15日は第三水曜日ですが営業してますので。


早朝から日本の女性が力強くて痺れまくりでした。んで、強い女性といえばこの人かなーと。パンクの日に載せたら一番タイミング良かったのに‥というツッコミを予想つつパティ・スミスさんの登場。

※本日よりお盆期間中、通販及びお取置きの受付は中断させていただきます。16日(木)からの再開です。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

patti smith
【LP】パティ・スミス/ 牝馬 (arista/toshiba)
クイーン・オブ・パンク:パティ・スミス、'75年のデビュー盤「HORSES」です。当時の邦題が「牝馬」だったってこと、知らない人も多いかと。帯付LPの楽しみっすよね、このあたりが。「ホーセス」でも良さそうなものなのにあえて付けちゃうとこ、大好きです。「グローリア」に始まり「エレジー」で終る全8曲。説明不要のNYパンク・クラシックス!状態良好、帯付入ってきたのっていつ以来だろ?牝馬帯はなかなかレアーですぞ。 6800円

高橋達也と東京ユニオンとなっての最初期録音盤だと思うのですが。ヒット歌謡をビッグ・バンドで。

takahashi tatsuya & tokyo union
【LP】高橋達也と東京ユニオン・オーケストラ・プラス・アルファ/ ゴールデン・ヒット・パレード (king)
'66年のリーダー就任以来、「モータウン・フェスティバル・イン・トーキョー」「パット・ブーン・イン・トーキョー」の伴奏等をやっていた東京ユニオンが'68年に録音したインスト・アルバムです。ちょっと詳細分からないのですが、これが初LPってことありますかね?
「なげきの真珠」「知りすぎたのね」「愛のさざなみ」といった当時のヒット歌謡をゴーゴー・アレンジで演奏しよう!という企画盤、全てがゴーゴーになってるわけではないのがこの手のLPの常でして。最も黒っぽいグルーヴを放つ「恋の季節」、軽やか演奏でキメる「天使の誘惑」、予想外にグルーヴィーだった「あゝ青森」の3曲がずば抜けてます。安倍律子に似たジャケのお姉さん、フェロモン不足は否めませんが脇にみえるホクロがエロいです。あと腕の産毛も!
帯付、状態良好。2300円

店頭でお客様が倒れる瞬間を見てしまって今日は精神状態がちょっとおかしいです。。ヤバイっすね、熱中症(たぶんだけど)。慌てて救急車呼んで事態は収拾したのですが、それ以来どうも心沈んでしまってます。参ったですわ( ̄_ ̄|||)

昨日入荷のロックレコを出していってます。

lou reed
【LP】ルー・リード/ ベルリン (RCA)
今日みたいな精神状態の時は聴いちゃいかんレコードではないか?とも思うのですが。ルー・リードの『ベルリン』('73年)です。ホモセクシャル、ドラッグ、暴力に彩られた背徳の愛の物語。嗚呼、何も書けない。。赤黒帯、状態良好です。4800円

今日は灼熱ですね。週末疲れが抜けてなく、なんかぼんやりしております。

こんな日はイップさんで癒されよう。香港歌姫のゴールデン・ヒット・アルバム。

frances yip
【LP】FRANCES YIP/ golden hits (life records)
以前『discovery』入荷した時も嬉々としてブログに載せましたが、今回の入荷も嬉しかったです。フランシス・イップさん。香港麗風(LIFE)レーベルからリリースされたベスト盤的LP。全曲英語歌唱、プロデュースとアレンジはウォレス・チョウが担当してます。「ゴッドファーザーのテーマ」「ベンのテーマ」「スィート・シーズンズ」等、しっとりめの楽曲多め。なかでも、数多くのカヴァーが存在するA-2「never say goodbye(ちょっと待ってください)、みんな大好き「alone again(naturally)」、ロバータ・フラックとダニー・ハサウェイのデュエットで知られる「where is love」の3曲が絶品!!ソフトロック度はあまりないですけど、歌手としてのイップさんを楽しみたい方にはもってこいのLPなのではないかと。
ジャケット底に抜けてはないですが傷みあり、盤は薄いスレ少々といったコンディションです。2800円


↑このページのトップヘ