中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: CD

早いもので4月も間もなく終わりですね〜。今年は読めない天気に翻弄されて桜も満足に楽しめませんでしたデス、はい。
お早い人は今日の仕事終わりからGWの突入されるんじゃないですかね?なんでも長いところでは9連休なんてのがあるとか!!くは〜、羨ましいお話。我が店はもちろんGWも平生通り休みなく営業いたします。皆様のお越しをお待ちしながらせっせとレコ&CDの出荷作業中…。明日からはようやくサルサCD特集が開催できそうです!お楽しみに。

anzenbandさて本日の新入荷行きましょうか。今日はCDから「あんぜんバンド/あんぜんバンドのふしぎなたび+1」を紹介いたします。あんぜんバンドと言えば日本ロック黎明期とも言える70年代初頭から活躍するジャパニーズ・ロック・レジェンドな一組。はっぴぃえんどを始めとする日本ロックの礎となった数々のアーティストと共に今も深いリスペクトを集めるバンドでしょう。

今回入荷したのは76年に発売された2ndアルバム「あんぜんバンドのふしぎなたび」ですが、71年結成という経歴を思えば75年のデビュー、76年の2枚目というのは結構遅いような気がしないでもないなぁ。しかしながら同時期にレコードデビューを迎えたシュガーベイブやサンハウス、センチメンタルシティロマンス、上田正樹とサウストゥサウス…などを思うと、なるほど満を持してというか“時期”のマジックみたいなものを感じます。

あんぜんバンドの魅力と言えば何と言っても「日本語でのロック」という事に尽きます。同じ日本語ロックの祖として名高いはっぴぃえんどや頭脳警察と較べても非常に特異な世界観を感じません?文学的という事でもなく、いやに研ぎ澄まされた生々しさというか、狂気に近い感覚をさらりと歌詞の中に織り込みます。そんな彼らの世界観が如実に現れた初期の名曲「13階の女」(1stアルバム「アルバムA」より)が「+1」として収録されているのも嬉しい聴きどころ。帯付・状態良好で1400円です。
…と同時に日本先駆ロックCD、レコード高価買取中ですのでそちらもよろしくお願いします!

他にも中森明菜・郷ひろみなどのビデオ大量入荷中です。GWと言わずいつでもお越しくださいませ♪

「雨滴が霧のように細かい雨。ぬか雨。」
小ぬか雨の説明です。小ぬか雨は良いですが、「ぬか雨」はちょっと…と思う今日この頃。そぼそぼと雨が降っております。雨だから新入荷。行ってみましょう、本日はCD編です。


julieまずは昨年リイシューされた歌謡曲界のド定番「沢田研二/思い切り気障な人生」です!非の打ち所の無い傑作アルバム。レコ大受賞の大々ヒット曲「勝手にしやがれ」や「サムライ」「憎みきれないろくでなし」など、これでもかという男っぷりを感じさせる名曲揃い。かと言って男臭すぎるという事がなく、タイトル通りの気障でダンディな男性像を映し出しています。まさにジュリーイズム!!未開封です。

downbylaw続いては同じ魅力的な男性像と言っても、こちらはちょっと「しょうがないなぁ」なんて半笑いの愛すべき男達を描いたジム・ジャームッシュの映画「ダウン・バイ・ロー」のサントラ盤です。Mr.フェイクジャズことラウンジ・リザーズのジョン・ルーリーが音楽を手がけております。ルーリー作ではあるものの全篇に渡って8人のバンド編成で演奏されてます。メンバーにはRL人脈濃いアート・リンゼイ、マーク・リボーの他、ブラジル大物・ナナ・ヴァスコンセロス等も参加。同じくルーリーが手がけた日本未公開作品「VARIETY」のスコアも同時収録してます。日本盤・美品。

mundodaブラジル大物というキーワードが出たので次はこれ。このブログでも何度かレコードの紹介をしているブラジルギター大物TOQUINHOが自国でやってる子供番組「Mundo da Crianca」(確か「世界の子供」という意味だと思う)のサントラです。子供番組らしくポルトガル語お勉強アニメのDVD、収録時間なんと1時間15分のたっぷりボーナスがついております。オーディオCDの方も子供だましかと思いきやシコ・ブアルキやMPB4、ボカ・リヴレ、シモーネ等結構な面々が参加していたりするからビックリです。勿論トッキーニョも。日本では余りお目にかかれない?珍盤。美品。

chiyoatncで最後に「奥村チヨ/ナイトクラブの奥村チヨ」です!今はなき京都・ベラミでのライブを収録した小粋な作品!「恋の奴隷」やら「くやしいけれど幸せよ」やら全12曲。元祖子悪魔としての面目も躍如間違いなしのコケティッシュなステージです。夜のおともに是非。未開封。

連想ゲーム形式でずらっとご紹介しました!他にも70年代フュージョンのベタな所とか地味に入荷中ですので、雨ですが是非いらして下さいな。

沢田研二/思い切り気障な人生(UNIVERSAL) 1560円
JOHN LURIE/Down by law(P-VINE) 1500円
TOQUINHO no Mundo Da Crianca(UNIVERSAL Brasil) 2000円
奥村チヨ/ナイトクラブの奥村チヨ(TOSHIBA) 1480円

残念ながらの雨模様。しとしとと降ってはいますが春の雨って感じです。

さて雨と言えば私の場合真っ先に思い浮かぶのがナラ・レオン/美しきボサノヴァのミューズのジャケット。目尻の下がった大きな瞳。すらっと通った鼻筋、ぼたっと厚ぼったい唇。とびきりの美人じゃないけれど一度見たら忘れられないファニーフェイス。美しきボサノヴァのミューズ、ナラ・レオン嬢はそんな可愛いお嬢さん。

あの作品は71年のものですが当時彼女はパリに亡命中で、遠征の異国で録音されたものでした。元々ナラはボサノヴァの歌姫というよりは伝統音楽〜トロピカリアの流れを汲んだ素養のアーティストで、洗練された新しいリズムのボサノヴァを批判していたはずなんですが。「美しき・・・」の中で演じられているボサノヴァは一般的認知に及ぶ所のボサノヴァとは若干異にする印象があったりします。ボサノヴァの持つ海風や降り注ぐ太陽を思わせる美しく爽やかなメロディというイメージとは違う、ザラリとした感触で哀しみや憂いを覘かせる歌声にその秘密があるのかも知れない。

ボサノヴァの持つ洗練された印象というのは、同時に大衆的であるともとれると思うわけです。その大衆性=歌謡曲性の強い音楽をボサノヴァへ一定の距離を置いているナラが歌う事で、また新しいオリジナリティを孕んで私等の耳に届くのかなぁと。だからナラの歌うボサノヴァは不思議な魅力を感じさせるのかと。ボサノヴァと冠されているというのにあの雨のジャケット、雰囲気としてはピッタリかもしれないと。

nara語ってはみたんですが「美しきボサノヴァのミューズ」は今ウチにはないんですけどね。代わりに同作からの楽曲が多数収録されているベスト盤を提案しましょうか。雨の日に聴くのが染みます。いやぁ春の雨につられて喋り過ぎた、いかんいかん。

THE BEST OF NARA LEAO〜DESAFINADO (PHILLIPS) 未開封 1320円

やれどもやれども減っていかず・・クラシックCDの入荷が止まりません!値付けして、出荷しての繰り返しなのですが、とてもじゃないが追いつかない!ここ10日間で400枚強の入荷です。
クラシックCDは昔の定価が全く当てにならないんですよね。2300円だったものが今現在1200円で売られていたり・・調べながら黙々と値付け中であります。クラシック好きなあなた!今我が2号店に来なくてどうしますか!交響曲から序曲、組曲、ヴァイオリン作品まで多種多様です。日本人関連も多め。ぜひに!

3月になって、Wikiのほうもトップページ更新してます。出荷状況、新譜リリース情報等チェックするのに使ってやってください。クラシックCD&LP関連のことも書いていきますので。

d123e49b.jpg






写真左上から時計回りに
アツモン:名古屋フィル/モーツァルト 交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」

アベッグ・トリオ/ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 op70,2

グレン・グールド(p)/シェーンベルク ピアノ協奏曲 op42他

芥川也寸志:東京交響楽団/交響曲第1番、交響三章「トゥリニスタ・シンフォニカ」他



chris montez本日の新入荷です。
クリス・モンテス/愛の聖書のCDをご紹介!

クリス・モンテスと言えば、何と言っても69年の「愛の聖書」の大ベストセラー。その後これを超えるヒットに恵まれなかったため、一般的認知は所謂「一発屋」ってところでしょう。しかしながらソフトロックファンの間ではモンテスの朴訥としたセルジオメンデスライクな面構えとは裏腹の儚げな高音ヴォーカルは人気であるのです。

このアルバムでは勿論収録の大ヒット「愛の聖書」の他に、彼のルーツでもあるラテンやスタンダード等を取り上げて、またナイスフィーリング醸し出しよるんです!私的な意見では「コルコヴァード」が非常に切なっぽくて好きです。

一度CD化されて長らく廃盤商品だったこのブツ、最近になってヴィヴィドさんからめでたく再発されソフトロックファンを喜ばせている事でしょう。ウチに入ったのは長らく廃盤だった方。もうちょい早く来てほしいなぁなんて店の都合が思い浮かんでしまいます。

クリス・モンテス/愛の聖書(A&M/Polydol) 帯無 1200円

↑このページのトップヘ