中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 僕の青春!

gang_of_fourヤバイです。入荷してまいりました!ニューウェーヴ最初期の伝説的バンド・GANG OF FOURの1stアルバム「エンターテイメント!」の国内盤・帯付LPであります。入ってきた時には「マジでか!!」と思わず心の中で叫びました。ギャング・オブ・フォーつったらアンタ、ポップグループとかと並ぶニューウェーヴ界の名実ともにパイオニアですやん。おおぅ、素晴らしい。しかも79年の記念すべきファースト。本当に嬉しいです。

“セックスピストルズ以来、最も素晴らしいハードロックダンスバンド”

ですよ、英国NME紙によると。ハードロックダンスバンドかぁ…。当時まだニューウェーヴと呼ばれては無かったでしょうから賛辞の言葉が追いついてないような感じですね。新しいものが生まれた時ってそうです。因みに「ロック文化革命」とも呼ばれているみたい。確かに当時これは革命だったでしょう!ソロも無く金属質で刻むようなリズムを奏で、独特と表す以外に言葉もないアンディ・ギルのギター。新しい時代の始まりを予感させると言うよりももう始まっちゃった感でいっぱいです。改めて聴くともちろんこのギターすごいんですが、ベースラインがかなりいい感じですよ。ダンサブルあり・パンキッシュあり・ダブあり・フィードバックノイズあり…とニューウェーヴをそのまま体現したような内容はかなりの異端児っぷり。79年ですからまだパンクムーヴメント華やかなりし頃、前例の無い登場はまさしく突然変異だったでしょうね。今でもやっぱり新鮮味を憶える大名盤。後のカート・コヴァーン、レッチリのフリーらオルタナ勢からの厚い支持は有名です。アンディはレッチリの1stのプロデュースも務めてました。異端から本流へ…歴史は常にこう流れてるようなものですが、やっぱりなんか気持ちいいです。

盤質・ジャケットともに驚くほどピカピカの美品です。4800円で飾ってます。

冒頭のW杯ネタが意外に続いてしまっているので、非常に困っている次第です。泥沼の泥ウ。ブラジルに3点差以上で勝たねばならないとスポーツニュースで知りました…。う〜ん、厳しくね?武士はくわねど高楊枝などと申しますが『ブラジル、主力メンバー温存か?』なんてニュースを報じるジャポンにサムライの誇りがあるのだろうか。なんて。

rubinoosさて本日の新入荷ですが、先日の入荷に引き続きパワーポップ関連LPがこじんまりと入って来ておるのでございます。ささっとご紹介。まずはTHE RUBINOOS/Back to The Drawing Board。ポプ好きならば誰もが知るルビナーズの79年の2ndアルバムですね〜。とっても再発なので新入荷としてここに載せるのも気が引けるのですが、なんといっても「I wanna be your boyfriend」を収録しているというこの点が思わず筆を走らせます。27年前の曲で私ほぼ同期ですが、このときめき!!あまりのピーターパンっぷりに少なからずジェラスです。盤にキズありなので800円。

motors元ダックスデラックスのニック・ガーヴェイとアンディ・マクスターによるバンド・THE MOTORS。後にパワーポップ界で名を馳せるブラム・チャイコフスキーを輩出するモーターズですが、78年ブラム在籍時最後の2ndアルバム「電動ロッカー(Approved by The Motors)」、国内盤の入荷です。電動ロッカーって邦題がかなりの寒さです。直球なロックをやってた1stに較べると、キーボードが全面に出ているポップ路線ですがパワポファンはこっちでしょ? 1200円

bram_strangeman続きましてBRAM TCHAIKOVSKY/Strange Man,Changed Man。79年に上のモーターズを脱退したブラム・チャイコフスキーによるバンドの1stアルバム、邦題・パワーポップの仕掛け人ですね〜。共同プロデュースにモーターズでの盟友ニック・ガーヴェイの名前、脱退する必要があったのか?なんて思います。ハウンドドッグにもごたごたのあるご時世バンド内事情はよくわかりません。名曲「Girl of my dreams」収録。1500円

bram_funland81年にソロ名義でリリースされたBRAM TCHAIKOVSKY/Funland。こちらも共同プロデュースにニック・ガーヴェイ。だからなんで
辞めたんだって。相変わらずドポップな内容ですが、ソロ名義という事で身軽さを反映してか多彩な感じに仕上がってます。ロカビリアンな「Miracle Cure」とかちょっといい感じ。1200円。

他にも色々。まぁ見に来て下さいです。

なぜかW杯開催以降のタイトルが全部それ絡みなので、長いものに巻かれてみた次第です。あまりサッカーに興味がなかったりしている者が書いております。

さてさて本日の新入荷。やっぱりサッカーも今日勝って勢いに乗りたいと思うのです。なので活きのいい、勢いのいいのを取り揃えてみました!

philまずは先頃やっとCD化もなされて、永年のパワーポップファンを感涙にむせび泣かせた永遠の名盤。フィル・セイモアの1stがいらっしゃっております。正統派70'sパワポの道を踏襲した極太ボーダーTシャツはかかせません。音の方は突き抜けるような爽快感が全篇に漂う間違いようのないパワーポップ、至極の一品といえましょう。やっぱり冒頭の「Precious to me」はがっちりとハートを掴んで離しませんわ。とにかく活きのいい勢い。ハンドクラップ必至で必死です。シュリンクも残るオリジナルUS盤、盤の状態もいいです。 2000円

3jiお次もパワーポップ界から。というか今日はパワポ中心にご紹介。80年代西海岸アンダーグラウンドブームからThree O'clockの1stアルバムです。後期にはジェイソン・フォークナーも在籍する「3時」ですが、やはり初期ドリーミィポップ時代が宜しいでしょう!サジタリアスやレフトバンクを髣髴とさせる心地よさ。こちらもUSオリジで盤質も良好ですが、ジャケットにシミあり。 1000円

fire続いては日本から。日本を代表する90's GARAGE PUNK/POWER POPの雄、FIRESTARTERの1stアルバムがLPにて入荷です。前身バンド・TEENGENERATE時代の流れも汲みつつ、よりメロディアスで凛々しい感じになってます。エディ&ホットロッズのカヴァーは「らし」すぎるなぁ…。しかし究極的にバンドサウンドですねぇ。他の追随を許しません。カッコイイです。 1800円

nudge更に日本から。良質ギタポ/パンクレーベルK.O.G.A.より、これまた良質なGARAGE PUNK/POWER POPバンド・nudge'em allのアルバム「This music is playing inside my head」!!ああ、懐かしい。よくライヴ行ってました。まだ活動されてるのかな?このアルバム良いんですよ、目覚めに最高です。THE BOYSや20/20好きならきっと好きだと思います。何が良いってジャケットがいい。SAMURAI BLUE…ですか!?なんやねん、SAMURAI BLUEって。 1200円

alertさて最後に西日本代表を。京都のいかしたバンドでした(残念ながら解散しちゃってます)first alertの「Thrills and Spills of 48hours」、こちらはCDです。はっきりいってめちゃいいです。私がパワーポップ狂だった頃、これを良いと言わない人とは友達になれないと心の底から思っていました。そういう心の指標的名盤です。個人的にはfirestarterよりもいいと思うのですが。 1000円

他にも活きが良くて勢いがいい音盤各種入ってます。日本も勝つといいですね、と何となく思っている非国民なスタッフがお送りしました。

「ペガサス流星拳!!」「ネビュラチェーン!!」あ〜懐かしい!観てました、聖闘士聖矢。ジャンプ黄金期のヒット漫画ですね。主題歌『ペガサス幻想(ファンタジー)』を歌うは80年代ジャパメタ界を駆け抜けたバンド、MAKE UP。「聖闘士聖矢!少年はみ〜んな〜・・」サビが最高ですもん!
聖闘士聖矢関係のLPがまとめて入荷しました。LP消滅寸前の1986〜1987年にリリースされてます。4枚ご紹介。

seiyaまずは主題歌集『聖闘士聖矢』。先述の「ペガサス幻想」はもちろん、エンディング・テーマ「永遠ブルー」、MAKE UPと堀江美都子の共演「希望の翼」等収録。“聴こえるか 愛の聖闘士達のロックン・テレポーテーション!!”・・・

seiya_hit song2お次はキャラクター・テーマ集。聖闘士聖矢は登場人物それぞれが印象的でした。MAKE UP PROJECT作品。「ネビュラチェーン、兄弟の絆」ですよ・・・瞬と一輝、哀しい兄弟のさだめ・・。



続く2枚はオリジナル・スコア盤です。テレビ・アニメで実際に使用されていた音源ですから懐かしさは主題歌集に劣りません。音楽集気諒には特大ステッカーが付いてます。
seiya_ongakusyu1seiya_ongakusyu2







帯付、美品、各1500円です。


実は80年代大好き人間です・・。マドンナもプリンスもマイケルもみ〜んな大好きなのさ!
80年代ビッグネームたちの日本盤12"がやってまいりました。

cyndiCYNDI LAUPER/ change of heart (epic)
「シンディの愛の叫びが今、世界へ響く!」だそうです(帯より抜粋)。なんてったって大ヒットアルバム『true colors』からのシングル・カットですもの!間違いなく世界に響いたことでしょう。800円。








miamiGLORIA ESTEFAN AND MIAMI SOUND MACHINE/ rhythm is gonna get you (epic)
邦題:リズムでゲット・ユー。ダンス・チューンらしいタイトル!ラテンとディスコ(クラブ)はいつの世も抜群の相性ピッタリ。そんなラテン・ダンス・ナンバーの代表格でしょう、この曲は!500円。







bobby oBOBBY O/ whisper to a scream (alfa)
ユーロビートははずせないでしょ、やはり。「ダンスフロアの顔役プロデューサー」(帯より・・)ボビー・オーのお相手は・・クラウディア・バリーなのだ!80's臭プンプンですわ・・。500円。

↑このページのトップヘ