中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 昭和カルト

「水木しげる妖怪幻想」を生み出した人、森下登喜彦の自主制作ファースト・アルバム。現代音楽とロック、ジャズ、ポップス‥その融合に関する面白みと相性の悪さ、2つを同時に感じてしまう奇盤!

morishita1
【LP】森下登喜彦+HIS FRIENDS/ トッカータ (dharma record)
70年代初めの国内ロックシーンは様々な顔を持ちますが、当然プログレッシヴ・ロック寄りの作品も多数生まれています。この自主盤もそのうちのひとつに数えていいかと。クラシック畑出身ながらバンドもやっていた森下登喜彦の過去の音源の再構築+書きおろし曲で構成された’72年作。録音風景等の写真を収めたブックレット、歌詞カード、販促用資料が付いてます。
morishita2


内容のほうは前衛オルガン曲、ミュージックコンクレート的ピアノインストなどと、これぞニューロック!な楽曲が入り混じっている感じ。
※試聴「森下登喜彦/ 夜明けの鳥のように」
前半の不穏な前衛音楽が突然ロックに弾ける!まるで「タイトゥン・アップ」なグルーヴがたまりません。問題は試聴ファイルの1分12秒のところ、一瞬「ザッ」というノイズが入ります。盤面無キズの状態なので何故入るのかわからないのが辛いところ‥プレスミスなのか??

「夜明けの鳥のように」から続く形でこちらが。
※試聴「森下登喜彦/ 夜を逃れて」
ファズも炸裂する重厚プログレッシヴ・ロック。モップスに歌ってもらいたい‥なんて思ってしまいました。

B面にはガロなどマッシュルーム・サウンドに通じる作品が。
※試聴「森下登喜彦/光を探して」
喫茶ロックというよりサロン・ロック‥なんちて。ソフトロックと呼んで問題ないと思います。

「夜明けの鳥のように」のところにも書きましたが、一瞬だけノイズ入る箇所があります。盤は凄く綺麗なのですが‥。
ジャケット良好。帯はありません。珍し盤!12800円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

狂気サイドの荒木一郎。

お取置、通販の受付は9月28日(月)からになります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

araki ichiro_art of
【LP】荒木一郎/ 荒木一郎の世界 (victor)
映画『仁義なき戦い 代理戦争』において、荒木一郎は広島が怖いから役を降りた…という山城新伍の話をイマイチ信じられないのはこのレコードを聴いたことがあるからだ!鬼才という表現がずばりハマる’71年作『荒木一郎の世界』LPです。どれもこれもがヤバイのですが、とりあえずB面に収録された2曲をお聴きください。



飛び出す言葉、音、メロディー、スピード感、歌声‥あらゆるところに狂気を感じる圧巻の楽曲群!(ロックランド‥なんてまるでドラムンベースだぜ!!)人が狂うということを考えさせられるのだ。
SIDE:Aに目立つスレありますが再生に影響はありませんでした。ジャケット底抜け。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

ズルい声の女性(ひと)、伊東きよ子のファーストアルバム。

ito kiyoko1
【LP】伊東きよ子/ きよ子と愛とメルヘンと (sony)
CBS-SONY所属でジャケ内側には寺山修司の檄文が載ってるわけですから、聴く前から自然とイメージが出来上がる系とも言えるのですが、伊東きよ子の場合はそう簡単に済ませられるものではなく。男の視点(聴点と書くべきか)でこの人のレコードに接すると、途端に音楽であって音楽でない何か別の狂おしい物に変わってしまう感覚に襲われるのです。「狂女」なる楽曲が収録されたのは'70年の『23時の女』ですが、ファーストアルバムであるこの『きよ子と愛とメルヘンと』('69年)でも既に十分我々を狂わす女、なのであります。

※試聴「伊東きよ子/ 愛のかけら」
当初目指していた(目指すように仕向けられていた)方向が伺える歌謡ボッサ。リラクシンムードは前田憲男の編曲のおかげですな。

※試聴「伊東きよ子/ パパとママになる日」
山上路夫-村井邦彦-クニ河内による幸せ歌謡。きっと素敵な二人の将来‥そういう歌だと思うけど、伊東きよ子が歌うと決してそうは思えないのは僕だけだろうか…。

※試聴「伊東きよ子/ 星からの便り」
B面1曲目にしてシタール登場、狂女として伊東きよ子の始まりではないかとも思える浜口庫之助作品。

※試聴「伊東きよ子/ デブのデュポン」
国産シャンソン〜ワルツの大名曲だと思っております。作詞・作曲:なかにし礼‥やっぱりそうか!なクレジット。「愛のかけら」とはあまりに違う前田憲男の編曲仕事にも身震い。

ジャケット良好、盤に薄いスレ。帯はありません。SOLD OUT

※あの声で再生する遊びやってる。。
ito kiyoko2



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

現・吟遊家KENZOマスター、西村賢三さんはスーパーマンだったのです。

お取置、通販の受付は7月6日(月)からになります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

nishimura kenzo1
【7"】西村賢三/ 僕はスーパーマン[B面] (cat records)
阪神タイガースの応援歌CDに名前が載ってるのを見たことがあったくらいで詳しくは存じ上げなかったのですが、北新地で吟遊家KENZOというお店を30年近く経営されているらしいです。地元大阪の歌手、西村賢三が歌うご当地ソング「柏原舟唄」のB面におもろー作品が収録されてました。
※試聴「西村賢三/ 僕はスーパーマン」
コノモノガタリハ オンガクヨリモ オカイモノガスキナ ギターノセンセイト ショウガッコウノセンセイノ ジンセイゲキジョウデス‥宇宙声によるイントロからおもむろにスタートする約5分の怪ディスコ!昼と夜、働く時間が全く違う夫婦の実情‥主夫の視点で描かれた物語なんですな。南こうせつやさだまさしみたいな味わいのある歌詞がディスコサウンドに乗って聴こえてくるこの意味不明感よ‥。あとジャケ!スーパーマンボディに顔の大きさが全く合ってません(^O^;) あらゆるところが自主制作盤らしい愛すべき迷レコード。状態良好です。SOLD OUT
※ちなみにA面ジャケはこちら。まじめ〜
nishimura kenzo2




≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

ナカレコ恐怖のレコードシリーズ。ずわ!!
inagawa


kaidan
【7"】ビクター怪談クラブ/ 怪談 牡丹燈籠 (victor)
世にも奇妙なレコードは数多く存在するのですが、'61年にビクターから発売された怪談ものも今となってはよくこんなの出したなってな作品なのであります。古い中国の話しを元に三遊亭圓朝によって落語の演目として創作されたという「怪談 牡丹燈籠」を収録した7吋盤。構成・演出:福島健、音楽:竹村次郎。そう、スリラー・ミュージックとしての楽しみ方を提案したレコードと捉えることもできるのです。
※試聴「ビクター怪談クラブ/ 怪談 牡丹燈籠」
今宵もお会いすることができました…怖い!!現代音楽的、電子音楽的なBGMがさらに恐怖を煽ります。
B面には「本所七不思議」を収録。こちらもガクブルな内容。もうしばらくしたら毎年恒例の怪談ブームきますので、今年はこのレコードで真夜中を演出してみるのはいかがでしょう?
ジャケット右下にパンチ穴、盤に極薄いスレ少し。3980円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

正直なところ、今日振替休日にしたら良かったなぁ‥なんて思ってましたが開けて正解でした。忙しい!!

ギターがドレスだった女性(ひと)、元・三朝れい子…レイナ・ミサがタカ・タカ・タ〜♪と歌います。

reina misa
【7"】レイナ・ミサ/ タカ・タカ・タ (hotta record)
自分自身がドレスみたいになっとるな‥三朝れい子が改名後にリリースした「タカ・タカ・タ」7吋盤です(’77年)。発売はHOTTA RECORDから。インディー盤ですな。ロス・パラガジョスの「TAKA TAKATA」に日本語歌詞を乗せて歌ってるのですが、これがなかなかにぶっ飛んでいるのです。
※試聴「レイナ・ミサ/ タカ・タカ・タ」
日本語歌詞:いなだしげる、レイナ・ミサ、編曲:江藤嘉昭。森山加代子の「火遊びのサンバ」を思い起こさせる、無駄に(?)アップテンポなオモローラテン歌謡。タカ・タカ・タ〜タカ・タカ・タ〜ってこれクセになりますわい!胸が高まるって意味なのね。
B面「ラ・ジョローナ(泣き女)」はタイトル通り、ほとばしる想いを泣き叫ぶように歌う情念ラテン歌謡です。
ジャケットにサイン入り、B面に薄いクモリ有り、A面はきれいです。2000円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

バタバタ火曜日!ありがとうございます。m(_ _)m

笑いと癒やしが欲しいんでジェシー・オン・ステージ!

jesse on stage
【LP】SUPER JESSE/ ジェシー・オン・ステージ (warner)
東芝のジェシー(バックはリッキー&960ポンドだったりします)は本物、ワーナーのジェシーはMITSUI AKIO‥お相撲レコードコレクターにはこれお馴染みなのですが、本物とか偽物とかどうでもよくなる面白さが詰まったLPがこの『ジェシー・オン・ステージ』なのだ!と断言。(汗) ダンディスーツに身を包んだ高見山関を眺めながら、レッツゴー・スーパージェシー♪
踊れるディスコ仕様なA-1「アイムJESSEスモウマン」。
※試聴「SUPER JESSE/ アイムJESSEスモウマン」
一瞬だけ本物の高見山が話してるように思えるが、やはり聴き込むと‥偽物ですねw モイッチョ ドスコイ!

笑えるのはB-4のメドレーかな。
※試聴「SUPER JESSE/ メドレー」
当時のヒット曲「サクセス」「カルメン'77」「ペッパー警部」「帰らない」を高見山風にメドレーで。何気にちゃんと音程とれてるところが本物と違うんだよなーなんて身も蓋もないことを言ってみる。
他には「サニー」「ミスター・ベースマン」「ダイアナ」等オールディーズもののカヴァー入ってます。どれもおもろいよ!ジャケット、盤(見本)ともに良好です。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

ずっと雨だけど見たことないレコードに出会えたのでゴキゲンです。この曲シングル出てるの知らなかった!やっぱ70年は生き続けなきゃ〜。

miura hisashi_jinsei
【7"】三浦久/ 人生70年のブルース (toshiba/平安京)
以前のこの記事でLPのことは興奮気味に書いているのですが、7吋盤発売されてたなんて!わかってるなぁ、平安京レーベルさん!京都のフォーク歌手・三浦久の’79年作「人生70年のブルース」です。作詞・作曲:三浦久、編曲:野間義男。
※試聴「三浦久/ 人生70年のブルース」
フルUPしてます。凄まじいスピードで過ぎ去る約3分間‥怒涛のお経ロック!ひとり気ままに歩きたい 人生70年♪ ってこれ突っ走ってるとしか思えないです。
LP『ポジティブリー寺町通り』をお持ちの方には是非ともこの曲を聴き比べていただきたいのですが、若干アレンジが変わってます。シングルのほうがより言葉が前に、歌いたいことがよりダイレクトに伝わるような印象。あとイントロも少し変わってますね。
こういう出会い方できるのでやはりレコ屋人生70年に挑戦せなイカンですな。がんばる!
ジャケット右下にパンチ穴、盤(白レーベル)きれいです。
SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

三連休開けは雨‥クリスマスコーナー他、補充に専念しております。
なんとか一枚絞り出し、題名のない人生劇場的こころ。

daimeinonai
【LP】小沢昭一(浪曲)、石丸寛(指揮):東京交響楽団/ ベートーヴェン人生劇場<残侠篇> (pop records)
作曲家:黛敏郎氏が「音楽を通して人生をエンジョイするヒントを提供できれば」という企画で制作した音楽番組『題名のない音楽会』(NETテレビ)。現在も続く長寿番組ですが、番組初期は今よりもぶっ飛んでたんだなぁ‥と思い知らされるLPがこちら「ベートーヴェン人生劇場<残侠篇>」です。
小沢昭一が浪曲であのベートーヴェンの人生をおもしろおかしく語り、石丸寛氏指揮:東京交響楽団のオーケストラサウンドがその浪曲的語りに絡むという仰天の企画盤。しかもこれ公開録音だもんなー、まんまテレビで流れたってのが凄い。ベートーヴェンのことを「ドイツっ子だねぇ〜」とか「ベーのじ」とか、江戸っ子べらんめえ口調で呼んでんだから‥オモロー過ぎる!
B面には「ワグナー人生劇場<不倫篇>」を収録。こちらは竹本朝重が義太夫で攻める攻める!の大物作曲家:ワグナーの恋スキャンダル模様。身震い!
盤に薄いスレ、残念ながら帯なし。2000円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

怖いなぁ〜怖いなぁ〜(稲川淳二風に)

yamashita takeo_kuroi ashioto
【10"】山下毅雄(音楽)/ 黒い足音〜スリラー・ムード集 (victor)
深夜、明かりを消しろうそく一本の光のなかでひとり聴くレコード‥今宵、あなたを季節外れの恐怖が襲う。
構案:井田誠一、作・編曲:山下毅雄、監修:椿八郎でお贈りする『黒い足音〜スリラー・ムード集』10吋盤です(’60年)。
シネジャズ的サスペンス・サウンドを予想するも、そんなものをはるかに凌駕するマジ恐怖音楽で戦慄しました‥。
※試聴「山下毅雄/精神病院の一夜」
人間の薄気味悪さと奇怪さをむき出しにされる精神病院の夜、見たことないのにハッキリと浮かぶその光景‥終始鳥肌ものです。これはフリージャズだ。

※試聴「真夜中のハイウェイ」
スピードという悪魔の媚薬に魅せられた人々、死と隣り合わせの快感‥飛ばせ!飛ばせ!捕まるぞ!!

※試聴「裸のマネキン人形」
デパートのマネキン人形は深夜に目覚める‥さあ私達の時間!衣を脱げ、自由を我等に!!どこか画一的なサウンドとともに動き出す人形たち…

3曲取り上げましたが、「恐怖のあいびき」「むせび泣く電話」など他の収録曲も実にスリリングで恐ろしい作品ばかり。山下毅雄という音楽家の底の深さを改めて感じた一枚でした。
ジャケットに経年の傷み見られます。盤は細かいスレありますがそれほど悪くない状態。レーベル面がミスプリントで両方共SIDE:2表記になってます。レアーですぞ。7980円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

↑このページのトップヘ