中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 紙ジャケ/リイシュー

1970年頃にだされた女性ポップスものは「歌謡曲コーナー」に入れようか「70年代アイドルコーナー」に入れようか迷うことがよくあります。“1970年はまさに歌謡曲がまだ未分化であり様々な形態の様々な世代に向けたヒット曲が渾然一体となって存在した・・”(HOTWAX presents 歌謡曲名曲名盤ガイドより)わけでありますから当然といえばそれまでです。

okazaki yukiで、今日紹介する岡崎友紀さん。彼女も1970年デビュー。ファースト・アルバムでは森岡賢一郎氏や川口真氏が編曲を担当していたり、なかにし礼氏が詞に関わっていたり・・まさに「歌謡曲」な作品になっているわけですが。しかしながら彼女はなぜかすんなり「70年代アイドルコーナー」に収めることができるんですよね。やっぱ顔ですかね?大人びた魅力というより元気娘ってなイメージがそうさせるのか。“奥様は18歳”ですし・・。
限定紙ジャケットCDでの入荷です。ポスターのミニチュア版も入ってます。1650円



JAZZのCD、訳ありまして緊急高価買取開始してます!!ヴォーカル、ハードバップからフュージョンまで求めるジャンルは幅広いのです!ご連絡お待ちしております。左記メールアドレス、もしくはTELにて。切望!!!


ライブドア・ブログ・サイトのトラブルで閲覧障害が起こってました。結構頻繁に起こるんですよね・・。ライブドアもはや限界か?引越ししようかなぁ・・なんて思っちゃいますよ、やっぱり。結局開店時間中に書くことができず、家から書いてます。


さて、本日の新入荷は王道JAZZ!高音質CDで定番を聴こう!!

miles smilesMILES DAVIS/ miles smiles (sony)【MILES 50YEARS@SONY MUSIC】シリーズでのデジパック仕様CD。帝王マイルスの意外な笑顔に惹かれます。その笑顔の裏には母親の死や自らの病気等暗い側面が隠れているのだけれど。60’s黄金クァルテットの2作目であるこの作品ではマイルスのオリジナル曲は1曲のみ。そのかわりウエイン・ショーターの才能爆発してます!名曲「freedom jazz dance」収録。1300円。



miles in tokyoMILES DAVIS/ miles in tokyo (sony)
こちらも同シリーズでのデジパック仕様CD。サックスはサム・リバースが担当。マイルスとの共演はこのレコードのみ。フリーに吹きすぎてあまり好みじゃなかった・・なんてことが自伝に書いてあったっけ。ドラムスのトニー・ウイリアムスはリバースをえらく気に入ってた模様。そんな様子が窺える音も聴こえてきます。1300円。



someday my prince will comeMILES DAVIS/ someday my prince will come (sony)
もうひとつ同シリーズから。マイルスが本気で惚れこんだ女性であるフランシス嬢が写るジャケットが印象的。マイルスとコルトレーン最後の共演盤である本作、アルバムタイトル曲での2人の絡み合い・・痺れます!トレーンともう一人のテナー奏者:ハンク・モブレーとの音の違いを味わうのも、このレコードの楽しみ方のひとつでしょう。1300円。



sonny rollinsSONNY ROLLINS/ saxophone colossus(victor)
とりあえずジャズを聴くにはどの盤から聴けばいいのでしょう?という質問の答えにこのソニー・ロリンズの名盤を選ぶ人多いでしょう!モダン・ジャズ最大の名盤といっても過言ではない1枚。それだけにリイシューされ続けてますが、今回入荷したのは最新紙ジャケットリイシュー盤。音の良さなら文句なくこの再発盤をお薦めしちゃいます!!1800円。

音楽が配信で簡単に入手できるご時世です。CD/レコードを買う行為自体がコレクタブルであるといっても差し支えない状況でしょう。そうなるとやはりレコード時代の作品のCD再発化の際には、もうプラケースでは物足りないのです!!プラケースに愛を感じろと言われても到底無理なお話。そう、ペーパー・ラブな我々なのであります。

momoe_W本日の新入荷は心躍る紙ジャケCD各種さん達でございます。

どうです?素晴らしい再現っぷりです。「腕の良いドールハウス(ミニチュアの家とかを精密に作るアレです)職人の作品は接写写真だと本物に見える」と聞いた事がありますが、まさにその感じ!可愛い奴よのう…と収集魂をくすぐります。

momoe_sasayakaまずは上でも紹介した山口百恵「ささやかな欲望」、75年の作品です。もちろん初回生産限定盤。こうやって切り出して見ると本当にLPに見えますね〜。レコードと違うところといえばWジャケット仕様で、シングルオリジナルカラオケ8CD封入&ピクチャーレーベル&04年最新リマスター音源ハイブリッドCDといったところでしょうか。未開封1780円。

arakiさて続いて荒木一郎「ある若者の歌」、66年作品です。おお〜これもレコードかと見紛う素晴らしい作り。ビクターマークも犬です!!何が良いって帯が良いじゃないですか。やはり国内盤紙ジャケの肝は帯です。このCDを購入された方はなるべく帯に触らないようにして下さいね。この金色、すぐ指紋がつくんだもの。こちらも未開封です、2180円。

tubbs_psさてさてお次、ジャズ界もCD化といえば紙ジャケが基本です。フォンタナ/フィリップス幻の名盤シリーズ〈タビー・ヘイズ編〉から2枚入荷しております。まずジャック・コスタンゾ&タビー・ヘイズ「イクウェイション・イン・リズム」、61年作品。ボンゴ奏者J・コスタンゾ率いるパーカッション隊の作品で、タビー・ヘイズ編と言うもののタビーは2曲のみの客演です。もう一枚はクレオ・レーン&タビー・ヘイズ「パラディウム・ジャズ・デイト」、同じく61年作品。こちらもタビー・ヘイズ編の冠が寂しいライヴカップリング盤で、クレオ・レーンとの共演盤ではありません。双方、世界初CD化で、各1780円です。

paper_sleeve因みに紙ジャケCDがピッタリ収まる「紙ジャケットCD専用ビニールカバー」も10枚150円から販売しておりますんで、そちらもよろしかったら一緒にどうぞ。ペーパー・ラブの皆さんは保管にもこだわらねばいけません!!

真のペーパー・ラブの方はやはり大きさと質感のあるレコードを、ちょっとものぐさなペーパー・ラブの皆さんは紙ジャケCDをどうぞ。

遊び心満載の変形ジャケット・・LPの醍醐味ですな。

mottMOTT THE HOOPLE/ mott (epic)
邦題『革命』。このレコード、日本盤にも変形ジャケット仕様のものがあったんですね〜。不勉強の至り・・知りませんでした。名作『すべての若き野郎ども』に続いてリリースされた作品。モットの名曲のひとつ「メンフィスからの道」収録。“革命は遊びで起こそう”いい言葉です。帯付、ジャケットも盤もピカピカです!2800円。


NEWWAVE入荷止まりません!嬉しくて嬉しくて・・。定番2枚をご紹介。

bugglesTHE BUGGLES/ the age of plastic (island)
エレポップド定番!これを押さえとかなければ。「ラジオスターの悲劇」収録。日本盤帯付、状態はもちろんピカピカ!!1800円。




new orderNEW ORDER/ power corruption & lies (columbia)
邦題『権力の美学』。初期ニューオーダー渾身の力作ですね。今野雄二氏のライナーノーツはジョイ・ディビジョンのことばかり書かれてますが・・。大好きです、「ecstacy」!こちらも日本盤帯付、同じく状態ピカピカなのです!1800円。



あと、今日は70年代アイドルの珍しどころシングル盤入荷しました。大物(南沙織に桜田淳子に・・)の「うわあ、見たことねえ!」的後期シングル等。矢野あっこちゃんが曲書いてたりして、意外な発見いっぱいでした。見にきてくださいませ!





↑このページのトップヘ