中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 紙ジャケ/リイシュー

今日もあれこれ新入荷。

martin denny latin villageMARTIN DENNY / Latim Village (TOSHIBA)
エキゾチカ王様・マーティン・デニーの64年作品「ラテン・ヴィレッジ」の紙ジャケCDですよ!やはりマーティン・デニーと言えばエキゾチカなのではありますが、それ以外のものもたくさん残しておられます。「それ以外」作品の中でも屈指の傑作がこの「ラテンヴィレッジ」です。
元々ジャズ・ピアニストとしての才覚を十二分に発揮していたデニーさん。ここではボッサやラテンをテーマにグルーヴィ&変てこなラウンジ・ジャズを聴かせます。「Something Latin」の洒脱さには特に心踊らされるものがありますよ、必聴。マーティン・デニー作品としては微妙に毛色が違うなぁと思ったら、プロデュースにはデイヴ・ペル!ははーん、道理でソフト・ロック好きにも訴えるはずです。すっばらしージャケットの美女とペインティングされた牛君のようにカラフルでエキゾティックなアルバムでございます。この手の名盤を輩出している“サウンド・ピクニック”シリーズからのリリース。未開封 2000円

lilies tiisanakoinomelodyザ・リリーズ/小さな恋のメロディ〜ザ・リリーズの世界 (TOSHIBA)
70年代を代表する双子アイドル、ザ・リリーズのファーストアルバム「小さな恋のメロディ〜ザ・リリーズの世界」を紙ジャケでいかがでしょう?
75年に「水色のときめき」でデビューしたリリーズ。燕奈緒美と燕真由美の双子ちゃんは、その愛くるしいルックスと2ndシングル「好きよキャプテン」のヒットで一躍人気者になりました。このアルバムでは1〜3枚目(3rdは「いじわる時計」)までのシングル両面を中心に収録しており、初期の楽曲を手がけていた森田公一による甘酸っぱくて爽やかなリリーズの世界が楽しめます。とゆーか、とにかくカワイイイイイ!!のです…。東芝の“必聴名盤”シリーズからの紙ジャケ、こちらも未開封です。1890円

sawa tamaki & playgirl1沢たまき&プレイガール/ミュージック・コレクション (VICTOR)
“オネエ”つったらこの人しかおりません、沢たまき嬢。沢たまきと彼女の代表作である主演ドラマ「プレイガール」の秘蔵音源を収録した「沢たまき&プレイガール ミュージック・コレクション」は、“カッコいいオンナ”のすべてが詰まっています。
DISC,砲和瑤燭泙のベスト音源を収録してます。ヒット曲「ベットで煙草を吸わないで」以外にも、東京をテーマに秀逸なジャズ歌謡を歌ったコンセプト・アルバム「東京プレイマップ」から表題曲のシングルver、ジャズ・スタンダードなども選曲。sawa tamaki & playgirl 2驚きのビバップ歌謡「脚(ソウ・ザ・ブルース)」の劇的なカッコよさは聴いておかないと損をします!
DISC△魯疋薀「プレイガール」から怒涛のレア音源集、ヤマタケのヒップなテーマや出演者による秘蔵曲が満載です。應蘭芳(オー・ランファン)、緑魔子、桑原幸子、范文雀(ハン・ブンジャク)、大信田礼子、西尾三枝子、山崎一美(曾根きよ美)、宮園純子、東三千(原田英子)ら、お色気とオンナっぷりに満ちたプレイガールのお部屋!
写真満載のブックレットも嬉しい!!帯付・美品 2枚組 2180円

ジャズ紙ジャケCDちょいちょいっと出荷しとります。


jack dejohnetteJACK DEJOHNETTE/ have you heard? (sony)
1970年東京録音。メンバーは、ジャック・デジョネット(ds)ベニー・モウピン(ts、bcl、fl)ゲイリー・ピーコック(b)、市川秀男(p)。このメンツですからユルイ音など作るはずもなく。かなりハード&クールなフリー・ジャズ作品になってます。こんな作品をアーティスト来日時のバタバタの間に作れちゃう当時の日本ジャズ・シーン、凄まじいパワーが渦まいてたんですなぁ・・。デジョネットはもちろんですが、モウピン&市川秀男のプレイにはほんと鳥肌立ちます。
'97年発売の限定紙ジャケット、盤に極薄いスレが1、2箇所見られます。廃盤、1780円



albert aylerALBERT AYLER/ in greenwich village (impulse)
フリー系をもう一枚。やっぱアイラーがないといかんでしょう?インパルス移籍第1弾作品です。サイケまるだしのジャケットが物欲を誘うんですよねぇ・・。最初に手に入れたアイラー作品って方も少なくないのでは。音のほうは晩年コルトレーン以上に混沌としていまして、ジャケットがポップなだけにフリー・ジャズを受け付ける人、そうでない人をくっきり分けてしまう、踏絵のような作品なんですよね・・。
2001年発売。オリジナル・ジャケットを忠実に再現してありますんで、インパルス独特のコーティング・ジャケットになってます。美品、1680円



louis hayesTHE LOUIS HAYES GROUP/ variety is the spice (gryphon)
続いてはグルーヴィー&スピリチュアルな作品を。名ジャズドラマールイス・ヘイズ率いるグループの79年作品。レオン・トーマスがヴォーカルをとる美し過ぎのボッサ・ナンバー「little sunflower」、マーヴィン・ゲイ「what's goin' on」のスピリチュアルなカヴァーに大感動間違いなし!
2005年発売、美品です。1890円



larry youngLARRY YOUNG/ Larry Young's fuel (BMG)
最後はレア・グルーヴ〜ジャズ・ファンクから1枚。マイルス・デイビス「bitchez brew」に参加していた“オルガンのコルトレーン”の異名を持つラリー・ヤングの'75年作。ニュー・ソウルやファンクといった、時代を反映した音が洪水のように押し寄せてくるわけですが、決してしつこくならないんですね。女性ヴォーカルもの(ローラ・ローガン嬢最高!)が入ってたりすることがそうさせているんでしょうか。
2005年発売、シュリンクも残っていて状態良好です。1480円

アメリカを、いや世界を代表するシンガー・ソング・ライターのファースト・アルバムが入荷してます。


billy joelBILLY JOEL/ cold spring harbor (sony)
邦題『ビリー・ジョエル・ファースト』。ハッスルズやアッティラというバンドでロック(結構ハードなサウンド)をやってたビリーが心機一転リリースしたファースト・ソロ作品。今に続くピアノ弾き語りスタイルで初々しく歌っているのです!後に再録音することになる名曲「シーズ・ガット・ア・ウェイ」「エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ」を収録。
SONYさんからの紙ジャケ・リイシューですが、帯のデザインはオリジナルのフォノグラム仕様ですね〜!にくいなぁ・・・。くすぐられるなぁ・・・。うれしい未開封です!1580円
ちなみに、この帯が付いたLPを持ってるって方、ご一報くださいね。高価買取させていただきます!

少しですがジャズの紙ジャケCD入ってきました。ちょいちょいっとご紹介。


oscar petersonOSCAR PETERSON/ tenderly (verve)
オスカー・ピーターソンとノーマン・グランツ、このジャズ界きっての名コンビは数多くの名盤を残してますが、はじまりはこのアルバムだったのです。オスカー・ピーターソンとベーシスト(レイ・ブラウン、メイジャー・ホリー)とのデュオ・アルバムで、これがノーマン・グランツとの初スタジオ録音(1950年)になります。タイトル曲はアニタ・オデイ等の名唱が有名。ヴォーカル曲としてスタンダード化してますね。1890円



brenda leeBRENDA LEE/ let me sing (decca)
1950〜60年代、日本で一番人気のあったジャズ・シンガーじゃないですか?ブレンダ・リーの大名盤です。彼女のパワフル極まりない歌唱は弘田三枝子をはじめとした日本の若いシンガーにかなりの影響を与えたわけですが、意外にもこのアルバムではしっとりとした歌い方でして、「night and day」「our day will come」等どれを聴いても大人の魅力に溢れてます。1890円

いまだに結婚式じゃ歌われますもんね『てんとう虫のサンバ』。チェリッシュといえばこの曲であり、他の曲なんて知らん!って方かなりいるでしょう。長いキャリアをお持ちの夫婦デュオなんですがね…。じっくりアルバム聴いてみると、めちゃソフトロックしていてカッコいいんですから!


cherish【CD】チェリッシュ/ (victor)
1972年リリースのアルバム。最初は5人組としてデビューしたチェリッシュですが、この作品をリリースした頃には松崎 好孝、松井(のちに松崎)悦子のデュオに。収録された曲は脱退したメンバー作のものがかなりあり、過渡期での製作だったことを窺わせます。筒美京平先生作の『だからわたしは北国へ』というヒット曲が入ってますが、他の曲のソフトロック・テイストにどうしても耳を奪われますなぁ。渡辺貞夫作曲『めぐり逢い』なんて鳥肌モノですぞ!
ビクターSFシリーズを忠実に再現した限定紙ジャケット仕様。ピカピカです。1580円

荒井由実から松任谷由実となってからのユーミン作品を17枚収録したBOX SET入ってきました!!


yuming_1













松任谷由実/ 1978-1989 (toshiba)
姓が変わって初のアルバム『紅雀』からLPとしてのラスト・リリース『LOVE WARS』まで、ユーミン黄金時代の作品を収録した初のBOX SETです。完全限定盤で、CDは全て紙ジャケットに収められているところが嬉しいところ。もちろんリマスターもされてます。“荒井由実”時代のほうが好き!なんて声をよく耳にしますが、80年代のユーミンも変わらず素敵ですぞ!誰もが知ってるヒット曲は断然“松任谷”時代のほうが多いですしね!ちょいバブリーな雰囲気も今となっては逆にありかなぁなんて・・。
CD17枚全てキレイです。一箇所だけ外箱の角付近にシワあります。27800円

yuming_2

漢…と書いて『おとこ』と読む!

そんな“漢”歌謡の入荷が多かった最近の我が店。偶然か、はたまた必然か?またまた“漢”歌謡が入ってまいりました。

araki_DM荒木一郎 / D.M. (SKY STATION / SHOWBOAT)
「いとしのマックス」「空に星があるように」「今夜は踊ろう」…、何故だか加山雄三の二番手的な扱いばかりされている不遇の歌手・荒木一郎のTRIO移籍第一弾となる74年のアルバム「D.M.〜Messages Directs〜」です。71年の傑作「荒木一郎の世界」、そして72年村川透の初監督作品・日活ロマンポルノ「白い指の戯れ」出演(激クールッ!)を経て製作された名盤。アレンジに深町純、樋口康雄を迎え、荒木一郎的“漢”世界が展開されてます。男って強いだけじゃだめなんだ、優しさがあってこそ本当の漢だぜよ。沁みる一枚。初CD化ですって。

araki_satetsu荒木一郎 / 磋跌 (SKY STATION / SHOWBOAT)
こちらは同74年12月に発表されたTRIO移籍第二弾となるアルバム「磋跌」です。荒木一郎の音楽性を一面で捉えようとすると損をする。この人は年代のみならず、作品ごとにさえ様々に変身してみせるのだから驚きです。元々モダンジャズに傾倒して音楽活動を始めたそうですが、ロックやフォーク、カントリーやサイケ…もちろん歌謡曲への造詣の深さを感じさせてくれます。セルフ・プロデュースであるこの作品でも、彼独自の世界観が出来上がっているといって良いでしょう。あとジャケットが抜群にカッコいい!!この70年代中期の荒木一郎はまさに脂がのっております。こちらも初CD化。

両方とも紙ジャケット仕様による完全限定盤、未開封で2180円です。


週末を過ぎましたが、阪急梅田三番街にて開催しておりますCD&レコードセールまだまだ続きます!26日(木)まで毎日追加・補充してますんでお近くの方は足を運んでくださいませ♪
営業時間は10:00〜21:00までです。

umeda1umeda2





umeda3





CDが沢山入ってきております。
ごく一部ですがご紹介!!

byrds_mam<br>
iaザ・バーズ / バードマニア (SONY)
昨日に引き続きソニーさんの良い仕事。限定紙ジャケCDです、未開封。1520円






chris_bestクリス・ファーロウ / ベスト・オブ・クリス・ファーロウ (VICTOR)
同じく未開封紙ジャケ。イミディエイトの洒脱なR&Bシンガーのベスト盤、“IMMEDIATE ORIGINAL JACKET COLLECTION”シリーズから。1930円





happyend_liveはっぴえんど / LIVE ON STAGE (avex io)
日本人もあります。はっぴいえんどのライヴ盤はいかがでしょう?ハード・ロキンなはっぴいえんどを楽しみましょう。1580円




hirohumi_muteki鈴木博文 / 無敵の人 (Metrotron)
シティポップ関連からも。ムーンライダーズの鈴木博文氏のソロ作品です。直枝政太郎(カーネーション)氏らが全編に渡って参加しておられますよ。BOX仕様、美品。1800円




kina_akainko喜納昌吉とチャンプルーズ / 赤犬子(あかいんこ) (COLUMBIA)
ゲストに喜納昌永、喜納友子を迎えチャンプルーズが初めて挑んだ全曲沖縄民謡アルバム!満を持して…な感じがとってもします、名作。未開封 2180円




enrico_liveENRICO PIERANUNTI / LIVE IN PARIS (Challenge Records)
最後にジャズからも一枚。イタリア人ジャズピアニスト〜エンリコ・ピエラヌンツィのトリオによる美しく、迫力のあるライヴ盤!グレイトです。2枚組 美品 1900円






マイルス・デイビスCOLUMBIA在籍時の作品、一体何度紙ジャケ化されたのでしょう・・。こう何度も出されると買うほうとしてはただ紙製のジャケットに収納されただけのリイシューじゃ到底納得できませんなぁ。

リマスター音源は当たり前すぎてもはや売りにはならんし、オリジナル盤を忠実に復刻するってのも紙ジャケ化の必須条件ですからね〜。こうなると他の部分にこだわりを見せるしかないわけでして、それを見事に成し遂げてるのが今日入ってきたマイルス紙ジャケ盤。


miles_obiまずは!LP発売当時のかぶせ帯を復刻してます。ここ数年、SONYさん発売のやつはこのかぶせ帯がきっちり復刻されてますけど、やはり物欲を刺激する魅力に溢れてる!



miles_sleeve1さらに驚いたのがオリジナル・インナースリーブの復刻!ビニール製の内袋からは感じられない温もりを感じてしまうのは何故でしょう・・。COLUMBIAのロゴが素敵!



miles_rabel2音&ジャケットと共にもはや必須条件になっているのがレーベル面デザインですが、SONYさんがそこらへんをぬかるはずもなく。ちゃんと“6eye”“360 sound”になってます。さすがにCOLUMBIAという文字は使えませんが(別会社だもんね・・)。



miles_sjあっ、当時ジャケットに貼ってあった“スイングジャーナル選定ゴールドディスク”ステッカーも見事復刻してあります!細かい!マニアック!

ネット上でダウンロードして気軽に聴ける時代ですけど、モノとして持っておきたいと思う人まだたくさんいると思います。盤、ジャケ、帯・・全て揃えてこその音楽ライフ、そうあって欲しいなぁ…。


マイルス紙ジャケCD、全て美品です。各1380円

miles


日本が世界に誇るイラストレーター横尾忠則が手掛けたレコジャケの中でも屈指の出来栄え!ライヴ・イン・ジャパンものとして海外のサンタナ・ファンにも人気のあるこの『ロータスの伝説』ですが、紙ジャケCDとしてまさかここまで精巧なものを復刻させるとは…この技術も世界に誇る日本の宝であります!


santana1SANTANA/ ロータスの伝説 (sony)
レコードで見たときも複雑な作り&アナーキーなデザインに驚かされたものですが、この紙ジャケCDも実際この目で見てみると感嘆のため息しか出てきません・・。


santana_222面体もレーベルも収納袋もものの見事に再現されてます。さらに新しくリマスタリングされた音の素晴らしさ!素晴らしいジャケと音、この両雄が並び立ってこそ完璧なリイシュー盤だといえるのですからね。いい仕事するなぁ、SONYさん…。定価が高くったって(6825円)許せまっせ!
帯付、DISC3のみ小スレありますが他は美品です。5180円也
santana3

↑このページのトップヘ