中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 演歌

サブちゃんの最高峰あらくれ歌謡やっと入ってきたです!

※通販、お取り置きの受付は3月13日(月)からとなります。ご迷惑おかけしますが何卒ご了承くださいませ。

kitajima saburo_umi no arakure
【7"】北島三郎/ 海のあらくれ (crown)
北島三郎の'74年作「海のあらくれ」7吋盤です。作詞:星野哲郎、作曲:米山正夫、編曲:小杉仁三。レコ屋で働きだして割りとすぐに、とにかく入荷してこないサブちゃん盤の代表格!と教えられました。ド演歌でなく、あらくれるサブちゃんロックと知るとそりゃもう心待ちに待ってしまうのがレコ屋店員の性ってもの。数年ぶり?にやってきてくれました。ジャケット上下カットされててちょっと小さくなってるんだけどまあ良いか!と思える最高曲カップリング。
※試聴「北島三郎/ 海のあらくれ」
太鼓の音からどか〜んと展開するサブちゃんあらくれパーカッシヴロック歌謡!もう最高です。荒波をかき分け海に挑む漢の唄はやはりロックでなけちゃ!!
B面はこれまたタイトルが勇ましい「太平洋ロック」。
※試聴「北島三郎/ 太平洋ロック」
勇ましいタイトルとは裏腹なサブちゃん流ポップと呼びたい小品感!ソフトロックドライヴィン〜北島三郎編への可能性を感じてしまうぜ。
前述の通りジャケット上下カットされてましてサイズが小さくなってます汗 盤(見本)はごく薄いスレ少しある程度の良好状態。ほんと珍しいんだよ!SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

残り福きた!!津田耕次先生と添田唖蝉坊。

※お取置、通販受付は1月12日(火)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

tsuda koji_azenbo
【LP】津田耕次/ 明治維新の潮流を生き抜いた反骨の詩人〜添田唖蝉坊作品集 (crown)
添田唖蝉坊という人は明治に於いて相当に"進んだ"感性を持っていた演歌師であり、それ故昭和の世にも高田渡などに影響を与え得たと思うのですが、彼の作品を"歌う"ということに関しては津田耕次先生がダントツなのではないかと。そう考えるようになったのは昔このLPを聴いてからでした…驚きと喜び、笑いと焦りが一度に襲い来る衝撃作『明治維新の潮流を生き抜いた反骨の詩人〜添田唖蝉坊作品集 AZENBOの世界』LP待望の入荷です。全曲載せたいのを相当に堪えて少しだけ貼っておきます。

※試聴「津田耕次/ 労働問題の歌」
風刺のきいた労働問題提起歌詞をコミカルサウンドで。ええじゃないかええじゃないか♪な気分です。

※試聴「津田耕次/ 調査節」
添田唖蝉坊は現代も生きている!な主張をビシビシ感じるディスコグルーヴ。

※試聴「津田耕次/ 金々節」
金だ 金だ 力だ!驚きのレガエ〜沖縄風味。

※試聴「津田耕次/ どこいとやせぬカマヤセヌ節」
プログレッシヴな最初の1分、津田先生の本領発揮!かと思いきや、本領はその後にやってきました…深黒ファンクで痺れさせる!これホント凄まじいです。。

他の楽曲もすべてエグみと美しさで包まれてます。是非とも買って聴いてみてくださいね。
帯付、状態良好。 SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

小西康陽氏REMIX版「俺はぜったいプレスリー」にドハマリしている今日この頃、ずっとずっとずっと聴きたかった吉幾三ライヴ盤入荷してきて大興奮中!

※お取置、通販受付は5月18日(月)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

yoshi ikuzo1
【CD】吉幾三/ 爆笑!世界初のおしのびスナックライブ (cats town/ tokuma)
歌手のライヴ盤タイトル冒頭に"爆笑!"って付くなんてこの人だけでしょう‥吉幾三が’88年にリリースした『爆笑!世界初のおしのびスナックライブ』CDです。昭和63年5月21日、東京は蒲田のニューエイトにおける実況録音。これアナログ盤は存在しません。すっごい調べましたw

日本のオーディス・レディングなのかと!yoshi ikuzo2

いきなり「愚か者」のカヴァーでスタート。
※試聴「吉幾三/ 愚か者」
俺が吉だ‥黙って聴け!たまらん〜。ショーケン風な歌い方でこの歌完璧にものにしてるし!

曲間にはMCふんだんに収録されてます。一部、ほんの一部を抜粋。
※試聴「吉幾三 MC」
叩き上げならではの極められたしゃべり!まさに爆笑です。残りは買って聴いてください‥笑いに笑えますぞ。

この距離感!yoshi ikuzo3

ディスコティック吉幾三!!
※試聴「吉幾三/ OH!そうだベアー」
3分以上しゃべりまくった後にこのディスコ歌謡が‥凄すぎです。興奮の坩堝と化したスナックの景色を想像すると…

真打ち登場!とばかりに大ヒット曲「雪國」も。
※試聴「吉幾三/ 雪國」
超いい曲!自ら30年続く歌と言うだけはあります。あれだけ笑わせといて〆にこれやもん‥泣ける!

泣いて終りかと思いきや、替え歌「愚か者」で爆笑とってやがるんです〜♪
※試聴「吉幾三/ 愚か者(エンディング)」
おやすみなさい お前今夜は私の夢を見て♪ 最高!にしてもショーケンに似てるなぁ‥
帯付、状態良好。廃盤、かなり珍しいと思います!SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

昨日第一集が入ってきましたが、別ルートで第二集までやってきてくれました!
稀代のエンターテイナー、五木ひろし・イン・ラスベガス!!

※お取置、通販受付は3月23日(月)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

itsuki hiroshi_uta ha wagatsubasa
【LP】五木ひろし/ 熱唱ラスベガス・ライブ パート供漸里呂錣翼 (minoruphone)
はじめて聴いたのは2007年、大興奮でブログに載せたのを憶えてます‥ひろし・イン・ラスベガス第二弾LP『歌はわが翼』。

演奏を担当しているヒルトン・オーケストラが引き締まった音を聴かせます。このおかげで本来あるはずの演歌の香りが薄まり、五木ひろしのポップス顔が前に前に出てきてるんですよね。オープニングのオーバーチュア(宮川泰作曲)が終わると、代表曲「待っている女」がスタート。攻めに攻める高速ヴァージョン!曲終わりの英語MC(サンキューなんて言ってます)、それを聴いて笑う、恐らく日本人の女性…。そうこうしていると流れてくる、スティーヴィ・ワンダー作「サンシャイン」のライト・ボッサ・カヴァー!これほんと驚きの名演です。アル・ジャロウかと‥。歌はコブシ効かせ気味で、これがまた良いのですが。SIDE:Bの「フィーリング」における、まるでシャフト!なワカチャカ・ギターも衝撃的。
DISC:2も鳥肌ものの歌ばかり。77年という時代に合わせたか、ディスコ・ソング「吼えろ!ドラゴン」「ソウル・ドラキュラ」をカヴァーしてるんですが、これが凄まじくクレイジー&ソウルフル。ホラー映画っぽく叫ぶ「ソウルドラキュラ〜」の意味不明感よ!大詰めSIDE:Dでは、レコード大賞受賞曲「夜空」を、これまたファンキーにアレンジ。僕はこのヴァージョンを聴くといつも、五木ひろしとマーヴィン・ゲイを重ねてしまうのです。パンティー飛んできてんじゃないかと。エンディングの「別れの鐘の音」では感極まって歌えなくなるひろし、それを懸命に励ます(またまた日本人の)女性・・最後まで完璧にエンターテイメントしてます!
あゝ、久しぶりにフルで聴いてしまった。五木ひろし最高!
帯付、状態良好です。SOLD OUT

※ガッツポーズひろし!
itsuki hiroshi_uta ha wagatsubasa2


※クールに踊るひろし!
itsuki hiroshi_uta ha wagatsubasa3




≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

僕はひょっとすると、とんでもないレコードを目の前にしているのではないでしょうか…

mon hiroshi_1
【LP】船瀬功二、潮光子、ポール上畑/ 門ひろし作品集〜仁義不犯 男渡世の魂の詩 (brothers)
『仁義なき戦い』ほか東映実録路線大好きな方、四代目共政会最高顧問:門広親分の作品集なるレコードが発売されてましたよ!もうビックリ仰天です。広島・呉における一連の抗争、その流れを作ったひとりともいわれる方のレコードを前にして震えております。。
仁義犯すべからず‥なんというタイトルでしょう。そしてBROTHERSというレーベル‥言葉がありません。自主制作されたんですね。歌は船瀬功二、潮光子、ポール上畑の三人が。どの曲も筋の通った任侠演歌です。B面はカラオケ集になってます。せめて一声、親分の肉声を聴きたかったですが挨拶等は収録されていません。
一体どういった経緯で制作されたのか、知りたいような触らないほうが良いような。状態良好です。SOLD OUT
※裏ジャケに咲く牡丹花。
mon hiroshi_2




≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日はまずお知らせから。

年末年始の営業案内をすっかり忘れておりました。以下のようなスケジュールとなっております。
◇29日までは通常営業(11:00-20:00)
◇30日は11:00-17:00の特別営業
◆12月31日・1月1日〜2日 休業
◇1月3日より通常営業(11:00-20:00)

30日はもう少し早く閉めることになるかもしれません。ご来店前にお電話等でご確認ください。
お取り置き及び通販の受付は29日までになります。提携している西濃運輸が29日-1月4日まで利用できないため、発送はゆうメール等他の発送方法にて行います。また年始の通販受付開始は1月5日からになります。
ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。


さて、新着盤から1枚だけ簡単に。今日うなされる、確実に…。

ichibanboshi
【7"】里見洋と一番星/ ミツコの運命(さだめ) (warner)
ミツコォーーーーー!!!バタバタした年末に聴いてしまった、サイケデリック演歌決定盤!疲れが吹き飛び、体験したことのない感覚に襲われております。ふしゅ〜。とりあえず聴いていただきましょう。

GS残党(元レオビーツ)にして、カルト歌謡好きの心を掴みまくっている一番星の“71年作。大袈裟なくらいにドロドロしたロックサウンドに濃厚演歌ヴォイス‥魂弾ける絶唱!阿久悠先生独特のヤバイ歌詞が胸に突き刺さってとれません‥。LPは鬼中の鬼レア、7吋でいかがでしょう?これも結構珍し盤ですが。盤に極薄いスレ有り。3000円

今日はまずお知らせから。
梅田三番街催事、本日までになります。多くのご来店ありがとうございました。最終日も21時までやってますのでお時間ございましたら寄ってみてください。
明日の営業時間ですが、諸事情により12時開店にさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承くださいませ。


もうすぐ催事片付けに出発するので今日は1枚だけ簡単に。たまには演歌もいいじゃない。ちあきなおみの登場〜。

chiakinaomi_mouhitori
【LP】ちあきなおみ/ もうひとりの私〜船村徹作品集 (columbia)
ちあきなおみが大御所作曲家・船村徹の作品を真正面から歌い上げた’76年作。’72年に発売されたLP「もうひとりの私」に新録音作品を追加して発売されたアルバムです。ポップスもジャズも、ファドでさえも歌いこなすちあきさんが歌う演歌、これがもうたまらんのですわ!「別れの一本杉」「おんなの宿」「夕笛」「新宿情話」「どうせ拾った恋だもの」・・・ロシヤ風居酒屋"石の花”に入って、ボルシチつまみにちびちび酒飲みつつ聴いたなら、ほろりと涙がこぼれちゃう。
帯付、ジャケット良好。非常に残念なことに盤がビニール焼けしてます。ちょいとチリ音有り。ラジオっぽくて良いよ!ってことにならないかな・・。3000円

極寒でしたね〜。雪積もったなんて何年ぶりやろか・・。さすがに今日は買取ないかなぁと思ってたら、先ほど大量のLP持ち込みがあったのです。開けてビックリ、ほぼ演歌でしたが・・。中から無理やり抜き出したLP載せちゃいます。聴くと意外と味わい深い・・かも。


e_saijo_sasayaki
【LP】西城慶子/ 愛のささやき (polydor)
ジャズ・ポピュラー歌手西城慶子が歌うムード歌謡集。「別離(わかれ)」「爪」「カスバの女」「夜霧よ今夜も有難う」「ベッドで煙草を吸わないで」などなど。定番ムード歌謡満載す。残念ながら盤の状態が悪く、B面にプチノイズ入る箇所あります。1000円


e_frabk_godfather
【LP】フランク永井/ ゴッド・ファーザー (victor)
ムード歌謡繋がりで次はフランクさん。映画「ゴッドファーザー」のテーマをフィーチャーした'71年作。こちらにも「夜霧よ・・」や「爪」など定番ものが揃ってます。そんな中、異彩を放つのはジョン・レノンの「ラヴ」カヴァーですな。なかにし礼による訳詩で日本語カヴァー!あなたの 肌に 甘えて 眠る♪・・最高です!歌詞カードのクレジットがポールになってるんだけど、これは当時突っ込まれなかったのかな?状態まあまあ良好です。1800円


e_hibari_gunka
【LP】美空ひばり/ 心の軍歌〜美空ひばり 哀愁の軍歌を唄う (columbia)
いろんな歌手が出してる軍歌集ですが、ジャケの貫禄はお嬢盤が一番す!「戦友」「空の勇士」「ラバウル小唄」から、「軍国の母」「同期の桜」「九段の母」まで、全12曲収録。盤に薄いスレ、2000円



e_maekawa
【LP】前川清/ Kiyoshi (RCA)
'82年作のソロ・アルバム。坂本龍一、矢野顕子、安井かずみ、加藤和彦など、ニュー・ミュージック界の名士たちが参加した大人のコンテンポラリー作品なんですよ、これ。演歌臭皆無!ついこの間売れたところで、すかさず入荷してくるところを見ると、当時結構売れたのかな?矢野顕子作の「I Love You So」「なきむし姫の物語」がいかにもアッコちゃん流ポップスって感じで好き。加藤和彦夫妻作の「三日三晩のブルース」は清の声の良さをこれでもかと引き出した濃厚ブルース・ナンバー。1000円



e_happyblue
【LP】敏いとうとハッピー・アンド・ブルー/ グッドバイ・マイ・ラヴ (trio)
「わたし祈ってます」のハッピー・アンド・ブルーが歌う都会派ポップス・カヴァー集。都会派なんていいましたが、まあバタ臭いです・・。まったり。タイトル曲はアン・ルイスの曲ではなく、岡崎広志作曲のほう。もっちゃり・・。唯一“当たり”感を醸し出しているのは「ミスター・サマータイム」かな。サーカス・ヴァージョンを凌駕するシティ・グルーヴっぷり!この1曲だけに1000円は高いでしょうか?

『歌はわが翼〜ラスベガス・ライヴ'77』が入荷してきて以来、五木ひろしを超絶エンターテイナーとして認識しちゃったNAKA2号店です。今日ベスト盤CDが入荷してきたんで、せっかくだからプチ特集やっちゃおう!ってね。

itsuki hiroshi_CDまずは基本っすよね。全曲集CDです。「長良川艶歌」から「千曲川」「夜空」まで、代表曲ばかり全16曲収録。'84年発売の最初期プレス盤です。だからってビートルズみたいに高い値がつくわけじゃないですが・・。ワインが似合うようで似合わない・・。否似合わないようで似合うかな?どっちだ!?


itsuki hiroshi_las vegas78衝撃のラスベガス公演は'76年から'78年まで3年連続で行われたんですね。これは3年目の'78年盤。過去の公演以上に英語曲が増えてます。US録音の「gotta win」「one of the lucky ones」も要注目!解説の平井賢氏はこのライヴ盤を聴いて「五木ひろしの全世界への飛躍の日も近いのではないか」と感想を述べられてますね・・。まずはこの魅力を多くの日本人が知るべきですよ!


itsuki hiroshi_airenka演歌歌手らしい作品も当然のことながら残してまして。ひろしの歌う“夜の唄”集がこちらのLP。カヴァー曲中心ですが、特に石原裕ちゃんのヒット作「粋な別れ」(浜口庫之助作品)はグッときますね〜。完璧に自分のものにしてる!


itsuki hiroshi_yokohama tasogareやっぱこれは載せなきゃね!“よこはま〜 たそがれ〜”っすよ!清水アキラのおかげで世の隅々まで知れ渡った名曲ですが、これが五木ひろし名義でのデビュー曲。松山まさる・一条英一・三谷謙と名前を変えるも不遇をかこった彼が人生を賭けてリリースした作品なんですよね。平尾昌晃先生の初演歌作でもあります。


itsuki hiroshi_matteru onna続いても初期の代表曲。五木のポップス演歌第1弾「待っている女」です。'72年リリース、作曲はカルト歌謡好きにはお馴染みの藤本卓也。驚くほど聴き易い作品なんですよ、これが。オリコン6位も納得・・。



itsuki hiroshi_tabigarasu1stこれも'72年にリリースされた大名曲「旅鴉」(ミノルフォンの生みの親、遠藤実先生の作品)。発売当時はオリコンベスト20ギリギリだった作品なんですが、しばらく100位以内に居座るというロングセラーっぷりをみせ、それを反映してかジャケットを変えて3度も発売されてます。後世に残る作品ってのはこういうものなのかも。後から後からじっくり浸透していくんですよね・・。

itsuki hiroshi_tabigarasu2ndセカンドジャケ







itsuki hiroshi_tabigarasu3rdサードジャケ








シングルすげーいっぱいあるなぁ・・。次はこれだ!

itsuki hiroshi_izakaya年配サラリーマンが若い女性とデュエットしたい曲NO.1!木の実ナナと歌った「居酒屋」です。作詞は故阿久悠先生、作曲はなんと大野克夫!!スパイダース〜PYG〜太陽にほえろの、あの克夫ちゃんが作ってたのか!この曲に限らず、非演歌作家を積極的に起用してるんですよね。チャレンジャーなんです、ひろしは!


itsuki hiroshi_nagarenomamani演歌と時代劇との相性は今も昔も抜群。ひろしにもありますよ、時代劇主題歌。『遠山の金さん』(高橋英樹版)の主題歌「流れのままに」('82年リリース)です。遠山金四郎が今まさに裁きを下そうとしている場面を使用したジャケットは秀逸。左端のひろし、ちと邪魔かも・・・。


itsuki hiroshi_koino osaka最後は公式ディスコグラフィーには掲載されていないレコを載せましょう。'82年に製作された「恋の大阪」です。なんで公式サイトに載っていないのかというと、委託製作盤だからってのが理由のようです。一応非売品ってことになるのかな?定価も書いてないですし。“大阪の歌”コレクターの方は当然押さえてるシングルでしょう・・。ちなみにB面は「東京ロマン」。こっちのほうがイメージ合うなぁ・・。あんまり大阪って感じしませんよね?

演歌界の大御所五木ひろしが70年代に残した、超絶ライヴLPが入ってきました〜!やばすぎますから!!


itsuki hiroshi
【LP】五木ひろし/ 歌はわが翼〜HIROSHI in LASVEGAS '77 (minoruphone)
“リズム演歌”を歌わせたら、今も昔も日本一・・・これはまあ一般常識(?)なんですが。ここまでのリズム感をお持ちとは!!度肝抜かれますから、ほんまに!なんでラスベガスでライヴやってんの?なんて疑問がまず浮かぶとこですけど、音聴いちゃうとそんなことどうでもよくなる!
演奏を担当しているヒルトン・オーケストラ(恐らく現地の方々でしょう)が引き締まった音を聴かせてます。実力あるなぁって感じ。オープニングのオーバーチュア(宮川泰作曲)が終わると、代表曲「待っている女」がスタート。オリジナルより2倍速って感じのピッチで歌われるこの曲でいきなりKOっすよ!曲終わりの英語MC(サンキューなんて言ってます)、それを聴いて笑う、恐らく日本人の女性・・・。そうこうしていると流れてくる、スティーヴィ・ワンダー作「サンシャイン」のライト・ボッサ・カヴァー!激かっこいい!!コブシ効かせ気味の歌がまたいいんだ・・。DJ的視点で見逃せないのはSIDE:Bの「フィーリング」。オープニングの、まるでシャフト!なワカチャカ・ギターに悶絶!!
DISC:2もさらに鳥肌ものの歌が並んでます。77年という時代に合わせたか、ディスコ・ソング「吼えろ!ドラゴン」「ソウル・ドラキュラ」をカヴァーしてるんですが、これが凄まじくクレイジー&ソウルフルなんです!ホラー映画っぽく叫ぶ「ソウルドラキュラ〜」の意味不明感たらない!大詰めのSIDE:Dでは、レコード大賞受賞曲「夜空」を、これまたファンキーにアレンジ。ちょっとマーヴィン・ゲイっぽい・・って感じるのは僕だけでしょうか。エンディングの「別れの鐘の音」では、感極まって歌えなくなるひろし!それを懸命に励ます(またまた日本人の)女性・・ばっちりエンターテイメントしてます!!僕、今まで五木ひろしを侮ってました・・。本物のスターだ、この人は!
ラスベガス関連だと、このLPが一番入荷しません。カルト歌謡好きの方、持っておくべきレコですよ〜。帯付、盤にスレ多少あります。2枚組、3000円

↑このページのトップヘ