中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: Country/Bluegrass/Folk

カントリー・ブルースのキラ星の如きお師匠さんたちのCDがちらっとほらっと入荷してまいりました!!

james_burtonまずはこちら!リチャード・トンプソンやライ・クーダー等のギター・ヒーローだった事でも有名なジェームス・バートンの71年の傑作、「ザ・ギター・サウンド・オブ・ジェームス・バートン」(A&M)であります。エルヴィス・プレスリー、リック・ネルソンからエルヴィス・コステロまで長きに渡って数多くの名演で脇をビシッと固めてきたテレキャス・マスター!“Mr.チキン・ピッキング”とも言うべき妙技で、オリジナルの他にプレスリーやJTのカヴァを披露してます。「名盤の殿堂」シリーズ、日本初CD化の一枚!帯付美品 1580円
RICHARD BURTON / The Guitar Sound Of James Burton (UNIVERSAL)

stefan_grossman続いてフィンガー・ピッキング師匠、ステファン・グロスマンのトランスアトランティック時代のベスト盤「The Best Of The Transatlantic Years」でございます。イーヴン・ダズン・ジャグ・バンドのメンバーとして60年代から活躍していたグロスマンですが、現在も演奏だけでなくカントリー・ブルースの伝道師として多くの教則レコードや本を上梓、世界中で「先生」と呼ばれていらっしゃいます。端正なテクニックと歌うように紡がれるギターを堪能するならコレ。美品UK盤 1000円
STEFAN GROSSMAN / The Best Of The Transatlantic Years (Castle)

banjo_kings更に…シンプルなグッド・タイム・ミュージックをお望みとあらばコレを。THE BANJO KINGS「The Banjo Kings,VOL.1」。素朴なバンジョーの音色が郷愁を誘います。なんと上手いバンジョーだなぁ…と思ったら、メンバーのDick Robertsはディキシーランド・ジャズの大物FIREHOUSE FIVEのバンジョー・プレイヤーでした!50年代の香りたっぷりのグッド・タイム・ジャズ。美品 1000円
THE BANJO KINGS / The Banjo Kings,VOL.1 (Good Time Jazz)

doc_watson続いては盲目のアコースティック・ギタリスト、ドック・ワトソンの登場です。この人のフィドルのフレーズを応用したフィンガー・ピッキングは神業としか言いようがありません!!そんな達人のライヴ・アルバム「ソングス・フォー・リトル・ピッカーズ」です。タイトルからも判るように子供向けの曲を演奏した異色作。「Talkin' Guitar」と言う曲ではギターがまさしく喋っております!どうやってるんでしょ、コレ!?本当にスゴイです。国内盤で現在廃盤、美品 1580円
DOC WATSON / sings Songs For Little Pickers (KING)

johnny_cashさて最後にカントリー・ブルース界の超大物。いやカントリー・ブルースそのものと言って良いでしょう!ジョニー・キャッシュのサン・レコード時代の音源「ゲット・リズム」をご紹介。第二のエルヴィスを目指しサン・レコードに集められた若い才能の一人に奴もいました。カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ロイ・オービソン…といったスターを輩出し、“ロックンロール”の代名詞となったサン・レコード黄金期の音源だけに、タイトル曲「Get Rhythm」や「Country Boy」「Straight A's In Love」等ロカビリアンな楽曲が非常にカッコいいです。こちらも美品 1380円
JOHNNY CASH / Get Rhythm (Century)

おかげ様で昨日にて梅田阪急三番街のCD・レコードセール終了いたしました。ありがとうございました!今回も沢山の方にご来場・お買い上げいただき好評の内に終える事が出来まして、誠に感謝感激でございます。

さてセール期間中はお店をないがしろにしがちでしたので、また本日から気を引き締めて頑張って参りたいと思います!こちらもありがたい事にCDの入荷がありましたんで、いそいそと値付け・出荷作業中であります。

cozy_strings弦ものが多く入荷しております。カントリー/ブルーグラスに始まり、アコースティック・スウィング、ウクレレ、ハワイアンスラックキーギターなどなどちょっと渋好みなところが40枚ほど。エリアコード615、ベアフット・ジェリーなどの伝説のバンドのリーダー格だったウェイン・モスの25年ぶりの作品やら、戦前ジャズやハワイアン、ヒルビリー、ブルースなど'20〜'30年代の大衆音楽を現代に歌うお姉さまジャネット・クラインやら、夭逝の天才フィドラー ランディ・ハワードやらハワイアンも少々。珍品どころではヴィンテージ・ギターの世界的コレクターで鑑定家のマック・ヤスダ氏によるハンク・ウィリアムス・トリビュート・アルバムなんてのも…。まとめて出荷しますんで弦好きの方のお越しをお持ちしてます。

ブルーグラス&カントリー・ロックで涼んでみません?30枚ほど入荷したので少しご紹介します。


country gazetteCONTRY GAZETTE/ don't give up your day job (liberty)
西海岸の雄、カントリー・ガゼットのセカンド・アルバム。なんといってもファースト・アルバムが彼らの代表作でしょうが、このセカンドもかなりエエ感じ。「ホンキー・キャット」(エルトン・ジョン作)の妙なリズム、絶品です!クラレンス・ホワイトが参加してます。1300円


flying burrito brothersTHE FLYING BURRITO BROTHERS/ dim lights, thick smoke and loud, loud music (edsel)
クラレンス・ホワイトの名がでたところで、このバンドは押さえとかなければあきません!カントリー・ロックはやはり彼らの作品に限りますなぁ・・。もちろんグラム・パーソンズ在籍時の音源集であります。英エドセル盤、1300円


scotty stonemanSCOTTY STOMEMAN with KENTUCKY COLONELS/ 1965 live in L.A.! (sierra/briar)
ブルーグラス&カントリーはやはりフィドルが主役であるわけでして、最後は名フィドラー:スコッティ・ストーンマンのレコを。タイトル通り、1965年のライブ盤。ここにも登場!!クラレンス・ホワイト率いるケンタッキー・カーネルズと共演してます。フィドル・・火吹いてるんやないの?ってほど鳴って、鳴って、鳴りまくってます。1500円

蒸し暑さがかなり鬱陶しい毎日。GOOD TIME MUSIC聴くとドライ効果抜群!?バタバタしてるんで今日は1枚だけご紹介。すんません・・。

noel harrisonNOEL HARRISON/ the great electric experiment is over (reprise)
お父さんはあのLEX HARRISON。息子NOELも俳優であったりするわけですが、そんなことはど〜でもいい!まあ良質なカントリー・ヴォーカル・アルバムです。一曲目に針を落とすと怪しげなエレクトリック・サウンドが聴こえてくるんですけど、すぐに優しい歌声に包み込まれます。ボブ・ディラン・ナンバー「don't think twice,it's all right」のクールなカヴァーも収録。US original 1800円。

↑このページのトップヘ