中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: GS/ジュリー&ショーケン

大忙しの3連休初日。買取〜値付け〜出荷のローテを朝からずっとやってました。

今日はこのLP載せておきます。ジュリーかっこいい〜!

akuma
【LP】井上尭之バンド/ 悪魔のようなあいつ o.s.t. (polydor)
あの3億円事件を題材にしたという沢田研二主演ドラマ「悪魔のようなあいつ」(原作:阿久悠、脚本:長谷川和彦)サントラ。演奏はもちろん井上尭之バンドが担当、大野克夫が全曲作曲しています。和モノグルーヴとしての評価が定まった感のある「男たちの夢」、タイトルがやばすぎる「モーホーのテーマ」、ジュリーの歌うシーンが目に浮かぶ「時の過ぎゆくままに」等収録。B面には井上バンドが音楽を担当していたドラマ「寺内貫太郎一家」のサントラ音源が入ってます。これまた和モノグルーヴとしての再評価が著しい「きんのテーマ」をはじめ、「貫太郎愛のテーマ」「大助と多江のテーマ」「節子のテーマ」など素晴らしいトラックばかり収録されてます。
帯付(少々痛みあり)、盤良好です。直筆楽譜付いてます。3800円
akuma_terauti

今日の新入荷から、紙モノ少々とショーケン映画サントラLPをご紹介。

remember
【BOOK】REMEMBER〜for japanese pops fans only vol.12
高護氏編集のミニコミ誌「REMEMBER」。歌謡曲、日本のポップス研究にもってこいの雑誌なんですが、この第12号では弘田三枝子を大々的に特集しちゃってます。東芝時代の”パンチのミコちゃん”期における活動詳細から、コロムビア移籍後のオリジナル・ポップス歌唱研究、多数のレコードジャケットに詳細すぎるほど詳細なディスコグラフィー・・・よくぞここまでやってくれました!素晴らしすぎる内容です。弘田三枝子研究には絶対欠かせない資料でしょう!他にもパール兄弟や細野さんのNON STANDARDレーベル紹介、金八先生での演技でセンセーションを巻き起こした直江喜一(加藤役)他のレコード紹介などなど、読んでてためになる記事ばかり!破れ、シミ等ありません。良好のコンディション、2000円


wamono jiten
【BOOK】HOTWAX presents 和モノ事典 1970's 人名編
これまた素晴らしい資料本だ!HOTWAXさん渾身の編集による'70年代和モノ関連人物事典。安藤昇、菅原文太、萩原健一、梶芽衣子など映画関連人物を前半に、荒井由実、石間秀樹、キャロル、安井かずみなど音楽関連人物を後半に掲載。鳥肌もののカラー写真多数掲載!さらに付録として、秋吉久美子「バージンブルース」オリジナル・ポスターを復刻(キュート&セクシーよ!)。状態良好、1890円


gekisya
【BOOK】別冊BIG GORO 篠山紀信全撮影 激写
つい最近も世間をアッといわせた篠山紀信先生が全撮影した雑誌「別冊BIG GORO 激写」1978年6月1日号。表紙はノブ・スクリーンさん、ロリータでございますなぁ‥。麻田麻美さん&太田とせさんの美しいヌード、仲良さそうに写るキャンディーズ、ピンクレディー、山口百恵他、アイドルフォトを使用したカレンダー・・・どこを切っても美女・美女・美女!!ゾクゾクしちゃいますよ〜。あまりみかけないものだと思います。状態良好、4800円


shoken_seburi
【LP】井上尭之、速水清司(音楽)/ 瀬降り物語 o.s.t. (pony canyon)
中島貞夫監督、萩原健一主演で公開された映画「瀬降り物語」のサントラ盤。山の男を演じるショーケンがかっこいいんだわ!渋いんだわ!業の強い女を演じる藤田弓子が強烈なんすよね。音楽は当然の如く井上尭之(&速水清司)が担当、抒情的なスコアは物語にすごくマッチしています。ショーケン映画サントラの中でもあまり入ってこないレコードだと思います。帯付で入ってきたよ!盤に少スレあり。3800円

ついに帯付で入荷!アフリカの光!!

africa1
【LP】井上堯之(音楽)/ アフリカの光 o.s.t. (warner)
監督:神代辰巳、助監督:長谷川和彦、主演:萩原健一、共演:田中邦衛、桃井かおりで公開された映画「アフリカの光」サウンドトラック。「化石の森」「青春の蹉跌」に続く、ショーケンの文芸シリーズ第3弾と知られる本作、音楽を担当したのは当然のごとく井上堯之。ロックなギタリストのイメージを服すメロウなイージーリスニング・サウンドのメインテーマ、濃厚ファンク(メロディーに演歌の要素を織り交ぜてるのがおもしろい!)とルーツ・レゲエのヴァージョンを楽しめる「順のテーマ part1〜4」、アコースティックな音の響きをここまで美しく聴かせるか!と驚かされる「ふじ子」、アイザック・ヘイズ「シャフト」あたりからの影響を感じずにはいられないストリングスの使い方が印象的な「一円玉はもういらない」、頭から離れないショーケンの強烈なセリフ・・・映像を観ずとも各シーン頭にはっきりと浮かんでくる!これこそがサントラ!!
残念ながらショーケンが傘を振り上げているカッコイイ写真を使用したポスターは欠落しちゃってます(部屋に貼るよね、そして無くなるよね・・・)。盤に小スレあり。5000円
africa2

入っちゃいました…。

happenings4_magical1
【LP】ハプニングス・フォー/ マジカル・ハプニングス・トゥアー (toshiba)
旧1万円札をパロったジャケでおなじみ、ハプフォーの'68年作。開いてみたら、あまりの迫力あるデザインに圧倒されちゃいます!やはりこのレコはオリジナル盤に限る!
帯付!赤盤(白レーベル)!!盤に極薄いスレが一箇所、ジャケ内側に少しだけシミ。抜けや破れはありません。帯も良好のコンディション!26800円
happenings4_magical2

入ってきて!と願い続けて幾年月・・やっと当店にやってきてくれました!!マチャアキが描く筒美京平の世界!

sakai masaaki_1
【LP】堺正章/ sound now ! (columbia)
全曲を京平先生が作・編曲したマチャアキの'72年作。内ページにも書かれている通り、歌謡曲と洋楽ポップス(特にモータウン・サウンド)の融合を目指して製作された作品でして、ソフトなのにソウルフルな京平サウンドとマチャアキの巧みなヴォーカル・ワーク、シンガーズ・スリーの滑らかなコーラスにより、その目的を見事に達成しちゃった奇跡のアルバムなんです!「アップ・ダウン」(京平先生楽曲の中でも黒っぽさピカイチ!)「誰でも愛を求めてる」(阿久悠先生の詞が素晴らしい!)「ともだちの朝」(人生応援歌とはこういう曲のことをいうのだ!)・・こういう練りに練ったポップスをスターが歌っていた時代・・聴けば聴くほど70年代への憧景は増すばかり。
sakai masaaki_3


2枚組のベストCD「しんぐるこれくしょん」で気軽に聴けるようになったとはいえ、曲順も違うし、なによりマチャアキのかわいらしさ、おしゃれさを楽しめない!LP持っておくべきでしょう!!残念ながらポートレイト欠落、ジャケ&盤の状態は良好です。3800円

ジュリー&ショーケン関連雑誌をほんの少しだけ。かっこいいよ〜!

book_julie1-1
【BOOK】女学生の友 9月号付録 沢田研二魅力写真集
少年時代〜タイガース期、TV局の食堂でご飯食べてる写真やお見合い写真風フォトまでジュリーの貴重ショット満載!「女学生の友」昭和47年9月号の付録として製作されたらしい写真集です。最初のページに載ってるジュリーのレコード紹介コーナー、PYGの「花・太陽・雨」について「完璧な曲だと思うけど出す時期が少し早すぎた?」なんて書かれてます。売れなかったんだね‥。
あまり見ない写真集だと思うんですがいかかでしょう?状態並、2800円
book_julie3book_julie2



book_gs &pops
【BOOK】GS&POPS vol.6
ショーケン&マチャアキの共演(於:「チューボーですよ」。このサイトで動画見れるようです)で「エメラルドの伝説」を聴き涙した方、多いですよね!僕も驚きとともにウルウルきちゃいました。できたら「神様お願い」「今日を生きよう」「涙のあとに微笑みを」と続けて欲しかった‥。そうしたら多分号泣してたと思います。
で、この雑誌。GS好きさんにはお馴染みの研究雑誌「GS&POPS」の第6号。表紙はテンプターズですねぇ〜!第2特集でテンプターズを徹底研究してます。活動期間を詳細に追った「テンプターズ活動年表」、ショーケンが少年時代〜テンプターズ〜PYG等について語ったインタビュー記事「昭和53年5月18日の萩原健一」など、読みどころ満載!他にもGSとは切っても切れない間柄であるビージーズ特集、当時の週間明星の再掲載など載ってます。状態まあまあ良好、1480円


book_hotwax
【BOOK】HOTWAX 日本映画とロックと歌謡曲 vol.3
和モノ好き必読本「HOTWAX」の第3号。後半で“歌謡映画アルティメイト・コレクション”と題し、GS映画、日活歌謡映画を大特集してます。タイガース、スパイダースともに映画はDVD出てるので、この本片手に見てみるのも一興かと。かなり楽しめると思います。
極道映画好きとしては第1特集の“深作欣二の作品 part.3”も押したい!「新・仁義なき戦い」「仁義の墓場」から、傑作中の傑作「県警対組織暴力」までを詳しく解説。ためになるよ〜!美品、980円

ほんとに軽〜くですよ・・・。

spiders_etenraku
【7"】ザ・スパイダース/ 越天楽ゴーゴー (victor)
ムッシュもマチャアキも順ちゃんも写ってないジャケが逆に新鮮・・スパイダースのカルトなインスト曲。単純に“雅楽 meets エレキインスト”と言い切れない、エキゾでサイケなおもしろさが爆発しちゃってます!カップリングの「トワイライト・ゾーン」はさらにサイケ感増してますね。アシッド!状態まあまあ、2800円


wild ones
【ソノシート】ザ・ワイルドワンズ/ 「女学生の友」付録 popシート
雑誌「女学生の友」'68年7月号の付録ソノシート。内容は新加入のヴォーカリスト渡辺茂樹を話題にしたおしゃべり。世間はロックグループとしてではなくアイドルとして捉えてたんだなぁと実感させられます。女学生の友だもんね・・。残念ながらシートのみ、雑誌はありません。状態良好、800円


terauchi takeshi
【7"】寺内タケシとブルージーンズ/ 逃亡者 (king)
GSというより純然たるエレキインストグループ、テリーさん率いるブルージーンズのエキゾチック・サウンド!TV映画「逃亡者」のテーマをスピード感溢れるアレンジで聴かせます。ベンチャーズより熱い!といっておきましょう。ジャケットきれいですがSIDE:Bに目立つスレあり。1800円


gs to newrock
【CD】V.A./ from GS to NEW ROCK (warner)
アイドルブームとしてではない、新しいGSの捉え方。GSは70年代ニューロックのルーツだ!という解釈で集められた全18曲。タイガースやブルーコメッツ、ランチャーズ等大物グループも収録されてますが、ライヴ音源ということで随分印象が違います。「ブルーシャトウ」ですらも・・。ハプニングス・フォーはやはり別格、PYGは紛れもなくニューロックバンドだったんですね!「ブラックナイト」最高!帯付美品、現在廃盤です。1980円


gs & pops_book
【BOOK】GS & POPS 第10号
80年代に作られていたGS専門誌「GS & POPS」の第10号。ムッシュもマチャアキも順ちゃんも載ってる表紙を見るとうれしくなっちゃいます。カップスの元マネージャー原一郎氏のロングインタビュー、作詞家山上路夫氏研究、60年代のティーン雑誌の復刻記事「なぜオックスは失神するのか?」等読み応え抜群!ファントムギフトのシングル盤発売広告見てると“販売したい”欲にかられてどうもいけません・・。表紙に少しシワ、破れ等はありません。1480円


※GS、60年代ポップスのレコード&CD高価買取してます。年中高額査定継続中!帯付LP&CDはもちろんのこと、当時あまり売れなかったグループのシングル盤やティーン雑誌各種、グッズに至るまで60年代の雰囲気を醸し出しているもの大歓迎です!買取のお問合せはTEL、メールにてお気軽にどうぞ!

ネオGS、ミントサウンド・レーベル周辺レコ入ってきました。うれしいな〜!ビート&サイケ特集中なのでなおさらありがたい。少しだけ載せておきますね!

mintsound_strikes_goldenramrod
【10"】THE STRIKES/ the man with the golden ramrod (mint sound)
ストライクスのファースト・アルバム!全10曲、あまりに素晴らしすぎて気づいたらもう終りって感じ。しかしこのレコが入ってくるとはなぁ・・。めちゃくちゃ感激してしまいました。ジャケ、盤とも良好。レアーです!7800円


mintsound_attack_of
【LP】V.A./ attack of...mushroom people! (mint sound)
コレクターズ、ヒッピーヒッピー・シェイクス、ファントム・ギフト、ブラボー小松、沖山優司etc、ガレージでサイケ、マージービートにロックンロール!ネオGSの空気を味わうならこのレコでしょうよ!ジャケ、盤ともに良好。2800円


mintsound_wowhippies_K
【7"】WOW WOW HIPPIES/ k (mint sound)
後にヒックスビル〜グレート3と連なるメンバーが在籍していたグループの1stEP。'88年にリリースする予定が、解散等あって'90年にようやく発売されたレコードらしいです。バッリバリのサイケデリック・ロック!!ジャケ、盤ともに良好。2500円


sexcite_nagisayoko_namidano
【7"】渚ようこ&エミー・ジャクソン/ 涙の太陽 (sexcite)
平成の歌謡女王渚ゆうこさんが元祖和製ポップス歌手エミー・ジャクソンと共演!演奏クレジットには“ザ・ヘア”の文字が。カップリングの「トゥインキー・リー」も併せ、全編グルーヴィーなのだ!ジャケ、盤ともに良好。2000円

inoyan_forever

朝パソコンを開いてすぐに飛び込んできた衝撃のニュース、井上堯之氏プロミュージシャン引退・・・めちゃめちゃショックです。スパイダース、PYG、ジュリー、ショーケン、太陽にほえろ・・これら全てを愛する者としてこのニュースはキツかった。これから先ソロでも、はたまた宇崎竜童氏とのコンビでも渋い漢ロックを聴かせてくれるとばかり思ってたのに・・。
店から関連盤持ってきてずっと聴いてます。マチャアキの“いのやんどうぞ!”の掛け声からはじまるギターソロが格好良すぎの「ロックンロールボーイ」、誰よりもニューロックしてる「花・太陽・雨」「もどらない日々」、ドラマの名場面がすぐに目に浮かぶ「前略、おふくろ様」、レコ大とっちゃったマッチの「愚か者」と、より漢ロックしてるショーケンの「愚か者よ」、デヴィッド・ボウイを軽く凌駕するグラムロック・サウンドが熱い「恋は邪魔もの」・・・井上氏の偉大なるロック魂にただただ敬服するのみ。

カムバックあきらめてません!お体の調子が良くなられたら戻ってきて欲しいっす。


渋い、渋すぎる!こんな大人になりたいな・・。


狂うショーケンと、ギター弾きまくりの井上氏。どちらも格好良い!

年季の入ったジュリー・ファンの方は「ジュリー、よくがんばりました!」なる感想を述べられてました。期待以上だったみたいですね、“ジュリー祭り”。6時間80曲を熱唱!ジュリーったら凄すぎる・・。還暦記念ライヴなのにますます元気やないっすか!ジュリーとショーケンには死ぬまでスターでいて欲しいんです・・。

で、今日の新入荷。今から17年前のジュリー・ライヴ!

sawada kenji_1
【CD】沢田研二/ 武道館コンサート〜ジュリー・マニア (toshiba)
デビュー25周年を記念したコンサートの音源を収録。タイガース〜PYG期の代表曲「シーサイド・バウンド」「自由に歩いて愛して」やソロ初期のヒット曲「危険なふたり」「時の過ぎゆくままに」も年齢を重ねただけの深みを感じます。ライヴだと面白さが増すのは80年代の楽曲で、ジュリー祭りでもしっかり歌われていた「晴れのちBLUE BOY」などはこんなにいい曲だったけ?と思ってしまう程。最初のアンコールで「ストリッパー」をノリノリで歌い、2回目のアンコールでしっとりと「ヤマトより愛をこめて」を聴かせる・・最初から最後まで完璧なジュリー・ワールドですわ。
初版オリジナル・ジャケット、帯ないですが状態良好です。再発のジャケはかなり残念なことになってしまってるので、ファンならこっちを持っておくべき!3980円
sawada kenji_2

↑このページのトップヘ