中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 本/雑誌/紙モノ

今日の新入荷は久しぶりに本をご紹介!

record_producers_uk【BOOK】レコード・プロデューサーズ《イギリス編》 (白夜書房)
名曲・名作の影に名プロデューサーの存在あり!普段は裏方として音楽界を支えるレコード・プロデューサーに光をあてたこの本、職人の偉業を紐解く一冊となっております。英国編という事でやはりジョージ・マーティン先生からのスタートです。他にもハーマンズ・ハーミッツやドノヴァンの仕事で知られるミッキー・モスト、ストーンズ/フー仕事のグリン・ジョンズらの60年代英国ロックの礎たちから、70年代のロック黄金期を彩ったスージー・クアトロ/ブロンディ仕事のニッキー・チン&マイク・チャップマン、デヴィッド・ボウイ/T-REX仕事のトニー・ヴィコンティらまで!シーンに名を残した“仕掛け人”しばりの本っていうのはこれが初なのかも!?彼らの手掛けたディスコグラフィが嬉しいですね。縦にも横にも広がる音楽世界!ジョン・トブラー/スチュアート・グランディ著です。1580円

rocknroll_best_single100【BOOK】ロックンロール・ベスト100・シングル (音楽之友社)
ロックンロールの歴史をシングルで綴ろうというこの本、“ロックンロール”と冠してはいますがその誕生前から話は始まり、刊行される少し前の91年までを順を追いながら100枚のシングル盤で語った大作です。ロックやポップスの歴史というのはやはりシングルの歴史だと思うのです。創成期である50年代終わりから黄金の70年代までは特に。ウチの店でも買取時に紛れているボロボロになってしまったシングル盤を見ては「お〜愛されたねぇ…」などと思う事がしばしば。LPにも「聴いてるなぁ」と思うものはありますが、やはりシングル盤のが愛されてる感がありますな。愛玩レベル。一枚一枚のシングルを細やかに解説してあって非常に読み応えがあります。よりシングル文化であるソウル編もあったら読みたいな!ポール・ウィリアムズ著。目次部分にエンピツ書込み跡がうっすら…です。1200円

blues_cd_guide【BOOK】ブルースCDガイド・ブック (Blues Interactions)
真性ブルース・ライターの小出斉氏によるブルースCD・ガイドブックの決定版。ブルースの世界って踏み込めば踏み込むほどにその奥深さ・幅広さに驚いてしまうのです。1920年代から始まる歴史であったり、地域であったり、様式であったり…一口にブルースといってしまってはあまりに間口が狭いし不親切だなぁなんて思っていたそこのあなた!そんなあなたにピッタリの一冊だぜよ。歴史・地域・スタイルで細かく体系分けされてるわ、避けて通れないブルースご近所さん(ジャンプ&ジャイヴ、ゴスペル、ニューオリンズ等など)までフォローされてるわの至れり尽くせり。ビギナーだけでなくマニアさんにも嬉しい約2000枚の作品が掲載されてます。にまにましながら次の獲物を吟味いたしましょう。1800円

magazine_special_1magazine_special_2magazine_special_3
【BOOK】MUSIC MAGAZINE増刊 スペシャル・エディション PART.1:1969-1974
【BOOK】同 スペシャル・エディション PART.2:1974-1977
【BOOK】同 スペシャル・エディション PART.3:1977-1979 (以上、ミュージックマガジン)
日本におけるポピュラー音楽文化を音楽自身と共に創り上げ支えてきた音楽雑誌の濃縮還元ブックを3冊のシリーズで。MUSIC MAGAZINEの前身である「NEW MUSIC MAGAZINE」は日本の音楽誌の草分け的な存在、その創刊69年から79年までの10年間の珠玉の記事/コラムを年代順にピックアップしてます。選りすぐられたとはいえ流石は音楽界が一番面白く一番活動的だった10年間!3冊のボリュームはそれでもまだ少ないような気さえします。音楽だけじゃなく音楽雑誌の圧倒的な存在感が感じられる内容はまさに永久保存版!同時に現在の音楽界・音楽雑誌の不甲斐なさが自動的に想起されてしまうのをどうしてくれるのさ!インターネッツに負けて欲しくないけど、「あん時ゃ良かった…」的懐古主義に走りすぎるのもヤダ。我儘な音楽ファンの気持ちを汲んでください、MUSIC MAGAZINE様。責任編集は初代編集長の中村とうようはんどすえ。PART.1のみ800円、PART.2&3は各1000円です。


ちなみに奮闘するミュージックマガジン社の新刊入荷中です!
necord
【NEW BOOK】レコードコレクターズ増刊 猫ジャケ〜素晴らしき“ネコード”の世界 (ミュージックマガジン)
猫がジャケットに収まっている作品を集めたビジュアル・ブック、ネコード本。猫好きにはたまらん内容となっておりますわい。きゃわえーニャー♪一日眺めてもまだ足りないぜ、ジュルリ…と愛猫家の脳を溶かす危ない一冊です。右のにゃんこは我が家のカワイコちゃんなのですニャー!1500円

本文と関係ないですが…
ドリヴァウ・カイーミが星になった。オブリガーダ・ドリヴァウ!

暑いっすね〜。大阪は灼熱地獄って感じです。こんなに暑いとレコード反っちゃうよ・・・。


久々に素敵な本&雑誌入ってきました。少しだけご紹介。

get back 60s
【BOOK】別冊太陽 Get Back! 60's(平凡社)
「60年代って、なんだったのかな。」をテーマに、ビートルズから風俗、時事問題に至るまでをまとめ上げた本です。音楽面へのアプローチはビートルズ中心になされてるんですが、むしろ読み応えがあるのは文化面の特殊性を捉えた記事のほう。当時販売されていた魔法瓶、流行っていた髪型、飛躍の10年を謳歌していた自動車等々、見れば見るほど「60年代ってなんだったんだ?」という疑問が浮かんでくるのです。特別な時代、もはや生まれ得ない時代・・・。石坂敬一、尾藤イサオ、相倉久人、三橋美智也等のインタビューもおもしろいです。状態良好、1800円


1
【BOOK】ロックの世紀 VOL.1 1952−1962(ミュージック・マガジン社)
60年代を学んだ後はこれ。さらに10年ほど遡った1952年から1962年の10年間に起こった音楽的な出来事をまとめたミュージックマガジン増刊号です。おもしろいなぁと思ったのは、アメリカで起こった出来事だけでなく、イギリスや日本で同時に起こっていたことを年表風にまとめているページ。美空ひばりが塩酸かけられた7日前にエルヴィスがエドサリヴァン・ショーに初めて出演していたり、3日後にはあのキャヴァーン・クラブが開店していたり・・。当たり前のことだけど、エルヴィスやクリフ・リチャードが活躍していたときに、日本ではお嬢や裕ちゃんがスターダムにのし上がっていたっていたんですよね。そのことに感動してしまうのは何故なんだ!?状態良好、1280円


suburbia suite
【BOOK】Suburbia Suite 1994年4月9日号
ディスク・ガイドとしては最高級の質を誇るサバービア・スイート。この号ではブラジル音楽、ラテン、スキャットもの等が大量にレビューされてます。夏に聴きたい音盤だらけだぁ!しかし、これ'94年ですか・・。14年も前にこんな世界があったのね・・・。表紙に少しシミ、ペンでライン引いてるとこが6ページほどあります。2000円

また1週間が始まりますね。今日も新入荷を紹介してまいります。
竹内まりや限定生産ゴールドCDが入荷してきました!
こだわりのジャケットはLPサイズのWジャケ仕様!

mariya_variety1mariya_variety2






【CD】竹内まりや/ VARIETY〜GOLD-24K-CD (ALFA/MOON)
まずは84年発売の6thアルバム「ヴァラエティ」!MOON移籍後初となる作品で、全曲本人作詞・作曲山下達郎による全面的なバック・アップが始まった記念すべきアルバムです。
なんでも元々従来通り外部の作家に依頼する予定だったのが、移籍前の休業中に書きためた作品のあまりのクオリティの高さに全篇自作曲に変更されたという話。なるほど「マージービートで唄わせて」や「プラスティック・ラヴ」「本気でオンリー・ユー」など、今でも彼女の代表曲として数えられる楽曲が収録されてますね。
さすがは達郎プロデュース!ガッチリと重心の低いボトムがヴォーカルを引き立てています。LPサイズWジャケ仕様・24K蒸着高音質ゴールドCD、美品です。3800円

mariya_request1mariya_request2






【CD】竹内まりや/ REQUEST〜GOLD-24K-CD (ALFA/MOON)
87年発売の「リクエスト」は同じく山下達郎プロデュースによるセルフ・カヴァを中心としたコンセプト・アルバムです。
河合奈保子や中森明菜、中山美穂ら主に80年代のアイドルに提供された彼女の楽曲を選曲。やはりご本人の作品という事で曲の魅力を最大限に活かす、技巧に走ったり凝り過ぎたりしないシンプルなアレンジが成功の秘訣でしょうか。肩の力の抜けた爽やかなポップ・ミュージックになっているトコロがスゴイですね〜。
中森明菜への提供曲「OH NO,OH YES」とアニメ映画「時空の旅人」の挿入歌「テコのテーマ」はポップ完成度が非常に高くお薦めです。こちらもLPサイズWジャケ仕様・24K蒸着高音質ゴールドCD、美品です。3800円

さらにさらに!

happyend_diary1
【BOOK】写真:野上眞宏/ HAPPY SNAPSHOT DIARY:Tokyo 1968-1973 (Blues Interactions)
写真家・野上眞宏氏がはっぴいえんどとニューロック周辺の生々しい息吹を捉えた写真集「HAPPY SNAPSHOT DIARY:Tokyo 1968-1973」が入荷してきました!
野上氏は細野晴臣の大学時代からの友人。はっぴいえんど(エイプリル・フールやヴァレンタイン・ブルー時代も含めて)を取り巻く日本ロックの創成と発展を間近で見つめる視点は、プライベート・ショットや当時の東京の風景を含めてそりゃもう貴重かつ素敵な写真のオンパレード!!写真集2冊に及ぶ膨大な写真からは当時の音楽・文化・ファッションだけでなく、その場の空気までもがこぼれ落ちてくるよう…。奥村靫正がアート・ディレクションを担当してます。
現在は“1968-1970”の1巻、“1970-1973”の2巻と別売されていますが、2冊セットになった1500部限定のBOX仕様で入荷!シリアル・ナンバー入(No.737)で、ボックスにのみはっぴいえんどのポスターが付いてます。シュリンク付完品 4800円

happyend_snapshot_diary

happyend_diary2happyend_diary3

入梅もなんのその!さぁ6月もはりきってまいりたいと思います!
今日の新入荷はこちら。

moco_beaver_olive
【7in】モコ・ビーバー・オリーブ/海の底でうたう唄 (TOSHIBA)
シリア・ポールちゃんが“オリーブ”として在籍していたソフトコーラスグループ〜モコ・ビーバー・オリーブの3rdシングル「海の底でうたう唄」(69年)が入荷しております。
彼女らの楽曲の中でも最も人気の高い一枚じゃないでしょうか?題名の通り水底から水面を眺むようなファンタジックなサウンドが、ちょっとサイケを匂わせつつ3人のハーモニーも美しいガールズ・ポップ最高峰。状態はまずまず良好!2000円

あと久々にレコードコレクターズまとめて出荷してます!
サイケ好きの聖書・「サイケデリックの狂乱」(2002年7月号)をはじめ、20冊強入って来てますのよ。ゼヒゼヒ見に来てくださいな♪
recocole

久々に本関係の新入荷をご紹介。GSファンのみなさま、絶叫モノの雑誌入りましたよ!

gs_book1
明星 臨時増刊 1968-1 グループサウンズのすべて (集英社)
グループ・サウンズは音楽的現象ではなく、実にミーハーな感覚をもったアイドル・ブームだったのだ!という事実が身に沁みてわかっちゃう雑誌ですわ・・・。豊富な写真、ぎっしり書かれた文章、そのいずれもがGSをアイドル的視点で捉えちゃってますね。歌舞伎役者風のジュリー(スゴイかつら!)やマチャアキの可愛すぎる表情をたくさん収めた“マチャアキ百面相”等貴重極まりないショットの数々!見ていて鳥肌立ってきます。ゴールデン・カップス加部氏のクールさはやはり異質ですわ・・。ロックしてるもの!
表紙の状態は並上程度、ページに痛みが結構あります。切り取りも一箇所あり。美品じゃ決してありませんが、貴重な資料として持っておく価値ありですよ!3800円
gs_book2

今日で3月も2007年度も終了!早いものだなァ。

takadamichiko_buzz
【CD】高田みち子/ Night Buzz (SONY)
先月に待望の3rdアルバムも発売された高田みち子のメジャー・デビュー作「Night Buzz」(2004)が入荷しましたよ。“和製ノラ・ジョーンズ”なんて触れ込みでついてるんですが、多分当時のノラ・ジョーンズの絶大な人気っぷりによるトコロが大きいのでしょう。
松木恒秀のプロデュース、バックを固める『What is Hip?』は松木(g)に加え岡沢章(b)・野力奏一(p)・渡嘉敷祐一(dr)という凄腕メンツ!某ライターさんが「パット・メセニー・グループに女性シンガーが加入したようなサウンド」って言ってましたっけ。確かに並々ならぬ気合いを感じます。全11曲中で10曲がオリジナルなのですが、ミディアム・スロウから爽やかなポップ、ソウル・ゴスペル、ロックと縦横無尽に変化する甘めの歌声とメロディ・センスはジャズというよりも本格派ポップス・シンガーと言えるのでは?個人的にはノラというより、「GOODIES」時代のEPOの雰囲気があるなぁなんて思いますが。本康秀氏のジャケもカワイイ!未開封 2280円

他にも色々と。
tigers_golden
【CD】THE TIGERS / GOLDEN☆BEST (UNIVERSAL)
ザ・タイガースのシングルA面を網羅した、まさしくゴールデン・ベスト!40年以上も前(!!)になるデビューシングルの「僕のマリー」(67年)に始まり、大ヒット曲連発のトッポ在籍時〜シロー加入後〜更に81年の同窓会(再結成)時に発表された「十年ロマンス」「色つきの女でいてくれよ」「銀河旅行」の3枚のシングルまで収録。実はこういう全キャリアを包括するコンピレイションってなかったのでは?昔その魅力に熱狂した方にも、これから聴いてみたいって若い世代にも優しいつくりです〜。美品 1480円

tomokawa_orenoutide
【CD】友川かずき/俺の裡で鳴り止まない詩〜中原中也作品集 (KING)
78年にベルウッド移籍第一弾としてリリースされた友川かずきの4作目となる「俺の裡で鳴り止まない詩」。詩人・中原中也の作品に曲をつけた作品集で、丁寧なスタジオワークで彼の作品の中では最も聴きやすいものと言えるでしょう。J.A.シーザーによる情感豊かな編曲もその一因かもしれません。中也に対する真摯な思いが伝わる日本の音楽界と文学界を結ぶ記念碑的アルバム。冒頭の「サーカス」は必聴です。未開封 1380円

それから90年代後期〜のレコードコレクターズ等、音楽誌が色々入荷してます。お近くの方は是非チェックに。
collectors_new

ジャマイカに心奪われた方、こんな本入ってきましたよ〜!!


bluebeatbop
レゲエ・マガジン特別増刊号 BLUE BEAT POP! (レゲエ・マガジン)
スカ&ロック・ステディから初期レゲエまで、ジャマイカ産音楽を巡る素敵な旅路!スカタライツ、リー・ペリー等大物アーティストの分析&インタビューから激レアなロック・ステディ7インチ紹介(カラー写真入り!)、ブルービート7インチシングルリスト(424枚!!)までコレクターならずとも興奮せずにはいられない充実の内容なんです!目つきの悪いリー・ペリー、満面の笑みを浮かべるリコ・ロドリゲス等アーティスト写真も随所に挿入されてます。
2001年の復刻版もいまやレアですが、なんと91年発売の初版本での入荷!状態も良好ですぞ。2580円
bluebeatbop_2

書籍の入荷が増えてきました。皆さんアリガトウ。
今日もなかなか良い味出してるヤツが入ってきております。

salaamサラーム海上/とびだせジャパニ!エキゾ音楽超特急 (双葉社)
“よろずエキゾ風物ライター”サラーム海上氏による音楽と文化を巡る放浪旅日記(氏初の単行本!)が入荷!チベット・インド・トルコ・レバノン・フランス…アジアから中東〜インド、更にヨーロッパ各州まで約25カ国の放浪旅を著した人気コラム「とびだせジャパニ!」(「TV Bros.」連載)の単行本化+大幅加筆の内容となってます。今までに類を見ない古典から最新ヒットポップスそしてクラブ音楽までを網羅したエキゾ音楽のガイドは勿論のこと、お国柄・人柄・文化・料理に至るあらゆるエキゾ風物を捉えた稀有な一冊です。かンなり濃縮還元な内容なのでどっぷり旅気分に浸れます。世界って本当に広い!!1000円

niche_popストレンジデイズ編集/ニッチ・ポップ〜英国ポップの眠れるお宝 (EXCEED PRESS)
日本人ってニッチがお好き、そんなあなたのためのガイド本がこちら。70年代の英国におけるスキマ産業的ポップ・ミュージックが約400枚も掲載されております。「ビートルズ解散後の英国ポップ・ミュージック・シーンに生じた大きな隙間を狙って登場しながらブレイクすることもなく消えていったアーティストの作品」という定義のニッチ・ポップ。陽の目を見ずに消えてる事が前提なのだから、こういうガイド本の存在は嬉しいですよね。隠れた名盤に出逢えた時の歓びはこれ以上ない幸福感に満たされるもの、ひとつ見つければまた次を狙わずにいられない!魅惑のレコハン・スパイラル…宝探しの地図があるなら持っておかなきゃ。1280円

onishi_yukari大西ユカリ/続・情熱の花 (白夜書房)
大阪発の実力派ソウル・シンガー大西ユカリと新世界、その魅力をつぶさに伝え披露する豪華な一冊。彼女等の魅力を歴史と作品(音盤・フライヤー・衣装・ステージ写真&セットリストなど)を追いながら、ロング・インタビューやメンバーによるエッセイ、CKB横山剣との対談などを収録したボリューム満点の内容です。折からの昭和歌謡ブーム効果で全国区の人気を収めた姉さん(関西ではコメンテーターまでやってる)ながら、大阪・新世界で時々見かけるご陽気な赤い顔には「愛したはんねんなぁ…新世界」と素直に思える味が滲み出ております。音源+高田文夫との対談他を収録したCD付。1680円

blues_guide1991年改訂版 ブルース・レコード・ガイド・ブック (BLUES INTERACTIONS)
「世界で初めて/決定的ブルース/ゴスペル/R&Bカタログ」の文字が躍るこのジャケット!BLACK MUSIC REVIEWの増刊として出版された元祖ブルース・ガイド本です。題名のように91年に出たものですが、当時今ほどブルースに関する情報が豊富でなかったでしょうに850枚のディスクガイドというのは画期的な事だったのでは…?しかも日暮泰文・鈴木啓志・小出斉・吾妻光良ら熟練の執筆陣による愛に溢れたレビューが、購買意欲を掻き立てつつ面白い!その後いくつもブルース本は出版されましたが、真にブルース好きならこれを外しちゃいけませんやね。入手困難なお品です。2500円

ブルース関連では他にも同じP-vine出版の雑誌「BLUES AND SOUL RECORDS」各種が入荷してます。全部CD付!お好きな方は是が非にでも。


bsr引き続き書籍の買取も頑張りますので、どうぞよろしくです。

“えべっさん”も今日で終わり。昨日は本えびすだったんで凄まじい人出だったんですが、今日はさすがに少なめですね。おまけに雨まで降ってきたし・・。


ディスク・ガイド本がちょろっと入ってきたのでご紹介しておきます。

suburbia_bookSUBURBIA SUITE 1993 summer of love tokyo
フリーソウルでお馴染み橋本徹氏編集のガイドブック『サバービア・スイート』の1993年7月版です。ブラジル音楽からフレンチ・ポップ、ソフト・ロックにムーグシンセものまで、サバービアらしいセレクション!表紙スレありますが破れ等なく状態良好のほうだと思います。2500円


briza_bookBRIZA BRASILEIRA
ブラジル以外の国で製作された“ブラジル音楽”を紹介するガイド本。欧米〜日本〜アジアまで、ブラジル音楽ってここまで世界中に広まっていたのかと驚かされます。CD化されてないものも多いんですが、この本片手に地道にレコ屋(ネットかもね・・)廻りするのも楽しいかも!状態良好、1580円


jazz rock_bookBRITISH JAZZ ROCK
ニュークリアス、ソフトマシーン、ブライアン・オーガー、キース・ティペット等UKジャズ・ロックの名盤をカラーで詳しく紹介した本です。紙ジャケ再発も活発なこのジャンル、こういうやさしいガイド本があれば未知の作品に挑戦しやすいですよね。ピカピカの状態です。980円





collectors_bookレコードコレクターズの最新号も届いてます。毎年恒例のリイシューベスト10&私の収穫が読みどころでしょうか。みなさんレアなレコードゲットしてますねぇ・・。これ読みながら個人的なベスト10決めるの結構楽しいっすよ!700円で販売中。

music_magazine

てーへんだ!てーへんだ!
音楽雑誌もりだくさんに入荷してきてしまいました。
ちょっと結構な量になってますんで、とりあえずミュージック・マガジンから大放出してます。80年代後半から新しいのは去年の分まで、とにかくガバッと入っております。マガジンだけで150冊ほどはあるでしょうか。写真はほんの一部です。
なるべく早くはけさせたいんで特価にて放出します。ワールドミュージックファンの皆さま、必見!

他の雑誌も追々出荷していきますぞい!ソウル、ブルース系が多いかもしれません。

↑このページのトップヘ