中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう ナカ2号店のブログ

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。絶賛音盤買取強化中!お問合せはTEL、メールにてお気軽にどうぞ。

カテゴリ: Soul/Disco/Hip Hop

最近入荷が好調なソウルLP。今日もめちゃ素敵なもん入りましたよ〜


this is lomaV.A./ this is loma (loma records)
60年代半ば、世を席巻していたMOTOWNに対抗してWARNER内に作られたのがLOMA RECORDS。レーベルとしてはビッグになることはなかったわけですが、ノーザン・ソウルの裏名曲ともいえる作品を数多く残しています。その音源をビシっと集めたのがこの「THIS IS LOMA」シリーズ。ノーザン・ソウル大好きなイギリス製作盤、さすが!と唸ってしまう内容ですよ!IKE & TINA TURNERの曲があったりするんでそう感じるのかもしれないですが、MOTOWN楽曲よりも濃厚な仕上がりの曲が多い気がします。
写真はvol.1ですが他にvol.2、4、5、6、7まで揃ってます(何故かvol.3だけありませんでした…)。全てピカピカの超美品!各2000円

デトロイト・ソウルの深みを垣間見る事の出来るコンピレーションが入ってきました。それではお邪魔します!

detroit_soul_hunters【LP】TY HUNTER,FUGI,NA ALLEN,JACKIE BEAVERS / Detroit Soul Hunters (P-VINE)
P-VINEの“地域別ソウル探検”企画「デトロイト・ソウル・ハンターズ」のアナログ盤であります。主に60年代から70年代初めのデトロイト・ソウルを編んだ入魂の逸品でありますが、“60年代デトロイト・ソウルといえばMOTOWN!”という定石を破る、深くて面白くて愛しいアーリー・ソウルに出逢えるでしょう。

ここではチェス・ジェイナスの隠れた才能を持つ4組のアーティストを収録。『魅惑のテナー』というキャッチフレーズがサム・テイラーよりも相応しい男(ヴォイスですけど)タイ・ハンターのベストいや傑作といっていい7曲のソロ音源の素晴らしさといったら。後に在籍するザ・グラス・ハウスやオリジナルズのものと較べても並ぶどころか凌駕する勢いです。更にジョニー・ブリストルとのデュオ(JOHNNY & JACKIE)で知られるジャッキー・ビーヴァーズ、その経歴の中でも特に充実したものの多いジェイナス時代の音源が全て収録されたナ・アレン、そしてサザン・ソウルの名作として多くカヴァされ続ける「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」のオリジナル版「I'd Rather Be A Blind Man」を歌うフージー…。

レアでディープでイカした裏デトロイト!観光ガイドに載らない面白スポットでいっぱいです。これを聴かなきゃデトロイトは語れないなぁ、多分。
盤に多少のスレあり、ジャケットはきれいです。1500円

サザン・ソウル好きは見逃せない大名盤が入ってきましたよ〜!


earl gainesEARL GAINES/ lovin' blues (deluxe)
おなじみのジャケットでしょ?ほぼ同じジャケットのCD(1967〜1973音源集)持ってますが、やはりLPサイズは迫力ありますわ!1曲目「my woman」からはやくも濃厚な歌声で魅了してくれます。ボビー・ブランドからの影響をモロに受けてるって感じですが。これほどのヴォーカリストが80年代頃から一時期長距離トラックの運転手をしてたらしいですから。ソウルの世界で食っていくのはなかなかに厳しい…。
残念ながらオリジナル盤じゃなく(激レアっすもんね・・)70年代?にリリースされたブルーレーベル盤。ジャケット、盤ともに良好のコンディション。2800円


久々にソウルの大名盤が入荷してきましたよ!


al greenAL GREEN/ let's stay together (hi records)
アル・グリーンのニュー・サザン・ソウルの完成盤!タイトル曲は10本の指に入るソウル・クラシック。ネタとしても重宝されているわけですが、映画『パルプ・フィクション』に使用されたのが決定的な再評価のきっかけになったようです。もちろん力を込めた熱唱系ソングもちゃんと収録されていて(「what is this feeling」「old time lovin」)、こちらのほうが本当のアル・グリーンだ!と思われる方もいるでしょう。バラード「how can you mend a broken heart」はほんまに泣けてきます!感情を押し殺すかのようなアルの歌声がたまらないんですよね…。
US盤(ホワイト×オレンジ・レーベル)、シュリンク残ってます!右下に小さくカットあり。ジャケット、盤ともに良好のコンディションです。2500円

今日から梅雨に突入したらしいです…。レコ屋にとって厳しい季節なんすよ〜。「雨降ってるからレコード買いに行くのやめよう」って思っちゃいますよね、普通。売る方だけじゃなく買取も減るわけでして。いいことあまりない時期なんですが、それだけに!店頭にはいいレコたくさん並べるつもりですし、買取査定もいつもより更にアップしまっせ!

さて、今日の新入荷です。雨にもかかわらず我が店にやってきてくれたのは…
chuck jacksonCHUCK JACKSON/ arrives! (motown)
ファンキーでハッピーな、これぞ60'sモータウンの大名盤だ!チャック・ジャクソンのレコード、アメ盤オリジナルで入荷してきました!!この時期のモータウン盤のなかでもチャック・ジャクソンの作品はあまりオリジナルは入荷してこないんですが、驚くべきはその盤質!ピッカピカなんすよ!綺麗すぎて最初はリイシューものかと思ったくらいです。ジャケットにはカットあり・・。これはまあしょうがないということで。「I life everything about you」「lonely,lonely man am i」他全曲最高の出来栄え!捨て曲全くなし!4800円



marcia griffithsMARCIA GRIFFITHS/ sweet bitter love (trojan)
リタ・マーリー、ジュディ・モワットとのアイスリーズとしての活動やボブ・アンディとのデュオが有名なジャマイカの歌姫マーシャ・グリフィスの'74年作品。ラヴァ-ズ・レゲエを代表する名盤です!アル・グリーンの「here i am baby」やカーティス・メイフィールド「gypsy woman」のカヴァーは驚くほど素晴らしい!レゲエ色と同じくらいソウル色も強く、この点ソウル・ファンが聴いても全く違和感を感じない作品だと思います。イギリス盤オリジナルなんですが、B面1曲目に2箇所プレスミスによるプチノイズが入る部分があります…。特価だい!1200円

P-VINEさんのソウル良質コンピが入荷してますぅ。全て帯付、美品!

soul_keeponV.A./Just Keep On Dancing〜CHESS Northern Soul (P-VINE/KENT) 1800円
良質ソウル編集盤はお家芸!な英KENTレーベル経由でリリースされたノーザン・ソウルのコンピレーション「キープ・オン・ダンシン!〜チェス・ノーザン・ソウル」です。その名の通りシカゴの名門レーベル“CHESS”に残された60年代のノーザン・ソウル・サウンドを集大成したもので、収録全24曲の多くがシングルでしか聴く事の出来ないレアな音源だという事にまず驚かされます!
個人的には「チェス・レーベルのオール阪神巨人」と思って止まないTHE RADIANTSとそのリード・ヴォーカルだったMAURICE McALISTERの弾ける魅力が好みではありますが、TERRY CARRIERGENE CHANDLERBILLY STEWARTといったソウル史に欠く事の出来ない名歌手達もしっかり収録、中でもTHE DELLS「Thinkin' About You」の目を(耳を?)見張る完成度はノーザン・ソウルの深〜い深い魅力を知る一曲と言えましょうや。

soul_togetherV.A./Soul'd Together Vol.3 (P-VINE/ABOUT TIME) 1980円
続いてはインディー・ソウルのナイス&グレイトなコンピシリーズの第三弾「ソウルド・トゥギャザー VOL.3」をご紹介。好評だった前二作と同様に無名&詳細不明ながらも実力派のシンガーによる、メジャーシーンとは一味違った底辺のソウルの魅力が今作でも爆発です。
今回の収録曲で特筆すべきは何と言っても初登場のCHARLES BUSHという男。このCDの冒頭と最後を飾る、モダニズムに溢れた都会的なミディアム・バラードを聴かせています。この人、何とあのBABYFACEが若き日に在籍していたMANCHILDのメンバーだったと言うから驚き!なるほど、事情を知ればその心地良い歌声にも妙に納得がいってしまうハイ・クオリティであります。現在廃盤。

soul_naturallyV.A./Soul'd Naturally (P-VINE/ARDENT) 1980円
続いても上と同じ“ソウルド”シリーズから「ソウルド・ナチュラリー」を。英国ARDENTの持つ上質の米インディー・ソウル音源、“ARDENT”“ZING”“FOREVER”の3つのレーベルの12インチから選りすぐられた素晴らしい楽曲を集めてくれちゃってます。
インディーとは言うものの元SPINNERSのG.C. CAMERONの情感豊かなヴォーカルや、70年代ATLANTICでも活躍したSAM DEESの12インチならではの奇跡な別ver.、マーヴィンを思わせるスロウヴォーカルが素晴らしい元CHAMPAIGNのMARSHALL TITUSなど、名のある方々も収録。わりに濃い目、ソリッドな魅力の曲が多いのですが、少し毛色の違う┃のBYRON WOODSはスウィート寄りでロマンティックな裏声がまた良し…酔えます。こちらも現在廃盤。

今回紹介した全てのCDに言える事ですが、アメリカのコアなソウル・シンガーや、実力がありながらも表に出てこ(れ)ない底辺のソウル・サウンドを英国のインディ・レーベルがコンパイル、且つそれがこうして日本でリリースされているという状況が面白いですね。イギリス人のソウル好きとその肝煎りの仕事ぶりには感服いたしますなぁ。



ブラック・ミュージック入荷好調です!今日もLP入ってきてますよ〜!その中から素敵なモータウン作品をご紹介。


jimmy ruffinJIMMY RUFFIN/ ruff'n ready (soul/motown)
モータウンでラフィンといえばテンプスの初代ヴォーカリスト:デヴィッド・ラフィンが一般的ですけど、ノーザン・ソウル好きにはジミー・ラフィンのほうが好まれているかも。このお二人、実は兄弟なのですが。
最高の60'sモータウン・サウンドを聴かせてくれます!ジャケット・デザインもやたらかっこいいし、カンパニースリーヴにも心くすぐられますから!!
USオリジナル、盤の状態も極上でっせ!2800円




今日はジャズ・レコもドッサリ入ってます!(今月はモダン・ジャズ全般強化買取中なのだ!)ペット&サックスものが中心、U.A.&青ベタ期多めですがブルーノート盤もお手頃価格でちょいちょいっと出荷してますぞ!


ジャンプ・アップ・アコ〜!
連休ボケを一掃する、日本が誇るソウル歌謡の揺るぎようのない金字塔が入荷です。
和田アキ子「古い日記」のシングル盤はいかがでしょう。
「ど」の付くベタ、どベタだけどカッコいいものはカッコいいんだか仕方がないだろう!!

akko_huruinikki「古い日記」は74年に発売された和田アキ子15枚目となるシングル。♪あっのっ頃はっ、ハッ!の吉村明宏唱法でお馴染みのヒット曲ではありますが、“和田アキ子=ダイナマイト”の方程式を確固たるものへと高めた証明曲と言って間違いはないでしょう。焦れるビートとファンキーで力強いグルーヴ!アッコさん入魂の歌唱であります。

アッコさんも当時のライヴでカヴァしていたチェイス「黒い炎」を思わせる、アグレッシヴに白熱したサウンドの作曲者は馬飼野康二氏。ジャニーズ・タレントなどの楽曲も多く手がける歌謡界の重鎮先生、作曲家・編曲家としてまだまだ現役でいらっしゃいます。

akko2馬飼野康二さんの代表曲といえばこの「古い日記」以外にも、西城秀樹「傷だらけのローラ」松崎しげる「愛のメモリー」という傑作がございます。70年代の馬飼野氏の仕事ではこういうラテニズムというか・・・情熱的なアプローチが際立っているものが特に素晴らしいですねぇ…と思っていたら、ご家族(お兄さんは言わずと知れた馬飼野俊一氏)で幼少の頃からタンゴ・バンドを組んでいたとの経歴あり!なるほどなっと。

akko1「古い日記」のこの力強さには安井かずみによる最高の歌詞が起因している事も忘れてはいけません!簡潔な言葉で若き日の激情的な愛を吐き出すように歌う詞が、本文中には登場しないタイトルの「古い日記」とメロディ、そしてアッコさんのソウルフルな歌唱にバチィっと符合してます。至高の1曲。

状態良好、2000円です。

たくさんLP入ってきたのでたくさんブログに載せるつもりだったんですが・・バタバタしっぱなしで時間が無い!今日は2枚だけ載せときます。


ravi shankarRAVI SHANKAR/ live at the monterley international pop festival (world pacific)
インド音楽はまずこの人から押さえないと!ラヴィ・シャンカールのライヴ盤です。シャンカール(シタール)アラ・ロッカ(タブラ)カマラ(タンブーラ)によるトリオ演奏。なかなかに濃厚な出来栄え。ライナーノーツは岩浪洋三氏が担当。台頭しつつあるフリー・ジャズとインド音楽の関係について判りやすく書いてます。勉強になるなぁ・・。ラヴィ・シャンカールといえばどうしてもジョージ・ハリスンと絡めて考えちゃいますが、音楽的に捉えるとフリー・ジャズとの関係は確かに見逃せないものがあります。
日本盤、ペラジャケ赤盤。帯はありませんが美品です。3000円



dr.johnDR.JOHN/ remedies (atco)
ニューオーリンズ関連も入荷好調!で、ニューオーリンズといえばやはりドクター・ジョンでしょう!
トム・ダウド、ドクター・ジョン、チャールズ・グリーンの共同プロデュースの70年作。ジャケットからも窺えるヴードゥー・スタイルに明るいニューオーリンズ・スタイルをミックスしたような作品。聴いてると思わず「あぶね〜な、この人」なんて思う瞬間も。なかでもSIDE2に丸々収録された「angola anthem」は超スリリング!アフロ色豊かなパーカッションがほんと「あぶね〜」って感じです。
USオリジナル、シュリンクも残ってます。美品!2000円

ジャズとソウル中心に素敵なCD入ってきとります!少しだけご紹介。


itabshi humio板橋文夫/ アンソロジー (ultra-vybe)
和ジャズ・ブームな昨今ですが、板橋文夫はそんなブームに関係なくいつでもCDで聴ける状態にあってほしいものです。日本ジャズ史を代表する名曲「渡良瀬」を8ヴァージョン収録、これが各ヴァージョン違う個性があって聴き甲斐があるんですわ!森山威男とのセッション・ヴァージョンなんて鳥肌立っちゃいますから。他にも人気曲「グッドバイ」等ベスト盤と呼ぶに相応しい曲ばかり入ってます。
帯付、美品です。2280円


marion brownMARION BROWN/ vista (impulse)
静寂な空間に漂う、美しすぎるアルトの音色・・スピリチュアル・ジャズとはなんぞや?その答えを教えてくれる名盤。ジャケットから受けるイメージもあるからでしょうが、このアルバム聴いてると時間がゆっくり流れる気がするんです。スティーヴィー・ワンダーのカヴァー「visions」もいい感じにゆったりめ。
帯付、美品です。1280円


wah wah watsonWAH WAH WATSON/ elementary (sony)
ブラック・ミュージックを語る上で欠かせないセッション・ギタリスト、ワー・ワー・ワトソン。彼の唯一のソロ・アルバム。冒頭からワウ・ギター炸裂のファンキー・サウンド!と思いきや情感たっぷりにソウル・バラードを歌ったりも。やりたい事やりまくってるって感じですな。ギタリストという一面だけではなく、彼のミュージシャンとしての幅広さを見せつけられる作品。ハービー・ハンコック、レイ・パーカーjr等豪華メンバーが参加。
状態良好です。1000円


↑このページのトップヘ