中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: World Music

水曜日のつぶやきまとめはお休みします。

韓国ロックの父、シン・ジュンヒョン先生の音楽力。

※ゴールデンウィークのお取置、通販は休止させていただきます。7日から再開いたします。ご迷惑をお掛けしますが何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

shin jung hwun1
【LP】SHIN JUNG HWUN&MUSIC POWER/ same (jigu records)
大韓ロックのゴッドファーザー(by 長谷川陽平さん)、シン・ジュンヒョンが結成したバンド:ミュージックパワーのファーストアルバム。ロック、ブルージーなミディアムバラード(宇崎竜童のことを思い浮かべた!)があるかと思えば、大展開をみせるロック組曲にファンク〜ディスコまで、様々な色と音楽性に圧倒される’80年作です。特にB面が凄まじく。
試聴「シン・ジュンヒョン b-1」
ハンパない熱!そして色気‥韓国ブラックロックの真髄!

※試聴「シン・ジュンヒョン b-2.1」
重厚ハードロックにはじまり、ブロンディ的ディスコへ展開!と思えば女性コーラス隊がラップはじめたり…目が点になっちゃう。。長尺ロック組曲!

※試聴「シン・ジュンヒョン b-2.2」
さんざん展開してきて、ラストに大ファンクロック化するとこに悶絶です!

※試聴「シン・ジュンヒョン b-3」
長尺作品が終わると、次にくるのはガチンコのディスコ歌謡!

見開きのWジャケ、盤に細かいスレ結構あり。SOLD OUT

※メンバーフォトがなんか良い!
shin jung hwun2




≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

バッタバタしております。ありがとうございます!

’68年の中華歌謡の芳醇さを楽しみながら働く定休日明け。

chang loo
【LP】張露(CHANG LOO チャン・ルー)/ 午夜情潮 LOVE & HATRED (EMI)
五大歌后の一人、有名すぎるほど有名な張露さんは名歌唱をたくさん残していますが、’68年のこのLPには僕ら日本人にも馴染みある楽曲が入っていて嬉しいのです。EMI制作ということもあってか、裏ジャケには英語の注釈も書いてあり、内容がわかりやすくなっているとこも好感。
まずはこの曲から。
※試聴「張露/ 何日君再来」
When You Come Back Again?いつの日君帰る?…様々な事情と思惑に翻弄された大名曲をソウルフルなサウンドをバックに歌う張露さん、その表現力に痺れます。どうしてもテレサ・テンのことを考えてしまう作品だけど、ここでは頭に浮かぶことはなく。アレンジのモダンさが実に新鮮でした。

続いてはこちら。
※試聴「張露/ 真赤な太陽」
美空ひばりのGS歌謡をわずか一年後にカヴァー。ゴーゴー・ビート、ドアーズ的オルガン‥衝撃というより当たり前だよなぁと。60年代の音のグローバル化を実感。

ラストはこれ。最も刺激的な作品。
※試聴「張露/ 三個春天」
英題:AT THREE SPRINGTIME。モッド・ア・ゴーゴー!後半の間奏部分の分厚さ、すごいです。

ジャケットに経年の傷み、盤良好。インナースリーブ付いてます。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日もまずお知らせから。

明日から4月ですが、1日はいきなり定休日となります。お問合せへの返信等は翌2日(木)よりとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。早くもGW意識しつつ、思いっきり休むどー!!


極稀にこういうレコードが入荷してくれるので嬉しいです。

erkin koray
【LP】エルキン・コライ/ arap saci (pharaway sounds)
発掘!とかいう形容詞を付けることはこの方に失礼‥それほどに有名なトルコ人ギタリスト、エルキン・コライの2枚組LP。’73年の『ERKIN KORAY』、’76年の『ERKIN KORAY2』からの音源にシングル曲を加えた全24曲。サイケデリック〜GS〜ファンキー…バラエティーに富んだロック・ミュージックを聴かせてくれる名コンピです。





ジャケット、盤ともに良好です。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

大ヒット映画サントラに見るサイケデリック・イン・韓国。

kokyo
【LP】イ・ジャンヒ(音楽)/ 별들의 고향(星の故郷) o.s.t. (新世界レコード)
ハン・ヒョジュ、イ・ミンジョン、ハン・ガイン etc‥美しい女優の名前はすぐ憶えるのに、韓国で活躍されていた(いる)歌手、バンドの名前はてんで頭に入らない‥単純に聴く機会があまりないからなのはわかっているのですが、長谷川陽平さんの本『大韓ロック探訪記』が面白すぎて読みふけるうち、レコードを聴くことなくかなりの方の名前が頭にインプットされました。このレコードで演奏しているイ・ジャンヒもその内の一人。細野さんにそっくりな顔の人!で憶えたけれど、初めて音聴いて何もかもがぶっ飛んでしまいました。凄いレコード!
’74年に韓国で大ヒットした映画『星の故郷』のサントラ盤として制作されたLPです。韓国を代表するサイケデリック・ロックな歌い手イ・ジャンヒが音楽を担当、ホステスになった女性の悲劇の物語というストーリーからはちょっと想像できないゴリゴリのニューロック・チューンが詰まってました。
※試聴「星の故郷 A-2 前半」
韓国版"狂気"か!と思わず口を出そうになったプログレッシヴ・ロック。
そしてこの曲の後半は…
※試聴「星の故郷 A-2 後半」
『イッツ・オンリー・ロックンロール』におけるミック・テイラーの如き、天へ駆け上がるギターがとにかく凄まじい!

ブレイク!そして脳に直撃するヘヴィ・ニューロック!
※試聴「星の故郷 A-4」
何が違うんだろ、熱が違うのかな、同時代の日本のニューロックものとは何か決定的な違いを感じてしまいます。どっちが良い悪いじゃなく。もっとも"異国"を感じた作品。

ライトな味わいのポップロックも入ってたり。シンセ・ボサロック!
※試聴「星の故郷 B-1」
チープ!なはずなのに重たいリズムに悶絶‥

よりブルースしてるこの曲も危なくて最高。
※試聴「星の故郷 B-3」
曲後半にミョ〜ンと鳴るシンセ入ってきて、やっぱり素直にブルースやる気はないんだな…と納得したりw

もっともファンキーなのはこの曲でした。レアグルーヴとして捉えることも出来るのではないかと。
※試聴「星の故郷 B-5」
日本の刑事モノ、時代劇モノとは違う黒グルーヴ。井上堯之バンドとの対バン、見たかった‥とか妄想〜
盤に薄いスレ、ジャケットに経年の痛み少々。珍し盤だと思います。SOLD OUT



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

新着盤から少しだけご紹介。

※通販、お取り置きの受付は11月25日(火)からとなります。ご迷惑おかけしますが何卒ご了承くださいませ。

9_ada mori
【7"】アダ・モリ/ 夜明けの砂浜[日本語] (fontana)
カンツォーネ・アイドル、アダ・モリが日本語で歌う「夜明けの砂浜」7吋盤です。日本デビューも同名母国語盤だった彼女、ここでは安井かずみの訳詞による日本語歌詞をアップテンポなビートサウンドに乗せてハツラツと歌いあげてます。ひとりGSな味わい。それでいてラスト付近は大人数で合唱したくなるアレンジなんだからたまりません。サイコー!
盤に薄いスレ、1380円


9_papa
【7"】イベット・ジロー/ パパはママが好き (philips)
親日家イベット・ジローが三度目の来日を前に吹き込んだ「パパはママが好き」の日本語歌唱7吋盤。様々なヴァージョンが発売されてる名曲ですね。今日は日曜良い天気 一緒に森を歩く♪ リラクシン・ラテンサウンドに乗せてほっこり優しく歌うイベット・ジロー、そのカタコト日本語の魅力!盤に薄いスレ、1380円


9_kyozuka
【7"】京塚昌子/ あかんぼのタンゴ (king)
肝っ玉母さんが歌うラブラブ・ベイビー・ソング。テレビドラマ『あかんぼのタンゴ』主題歌7吋盤です。作詞:井上ひさし、作曲:服部公一。なにかがやってくる それはあかんぼ はるばるやってくる かわいい笑顔で♪ 文字通りタンゴ調サウンドに乗せてあの甲高い歌声が聴こえてくる‥それだけでなんだかもう満足。ボニージャックスが登場する中盤以降、何故かグルーヴィー・アレンジに変わるとこがオモローです。
B面「スキャットの子守唄」は"ぼく生まれてもいいの?" "そりゃもちろんよ!" "でもみんな慌ててるみたい" "そりゃいろいろと…"なんて微妙なセリフ入りのゆったりソング。
盤に薄いスレ、1580円


9_kinichi
【7"】萩本欽一、真屋順子/ 欽一・順子の子守唄[B面] (polydor)
子守唄つながりで。どこまでやるの夫婦、欽ちゃんと真屋順子お母さんが歌うB面「欽一・順子の子守唄」が最高のほのぼの歌謡なんですよ。お母さんがボケて欽ちゃんがツッコんで行くんだけど曲が進むにつれどんどん幸せな気持ちにさせてくれるのです。そして欽ちゃんが言う「僕はおじいさんにならない」、このセリフで泣きそうになっちゃう。真屋さんの現在も思い浮かべると尚更‥。
盤わずかにソリ気味。プレイOKです。680円


9_zoo
【7"】ズー・ニー・ヴー/ 雨あがりのサンバ[B面] (columbia)
ズー・ニー・ヴーによる山上路夫-村井邦彦コンビ作品、’68年発売の「水夫のなげき」7吋盤です。大大大好きな「雨あがりのサンバ」がB面に入ってる!ソフトロックで流麗ボッサ‥村井邦彦編曲の妙をこれでもかと味わえる作品。森山良子他、多数カヴァーある楽曲ですがズー・ニー・ヴー版が最近は一番!
盤に薄いスレ、2980円



9_maboroshi book
【BOOK】幻の名盤 百科全書 (水声社)
ラストはこれ。目から入って脳、体全体を猛烈に刺激する本で〆ます!
2380円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

週末、そして月末‥二件の出張販売のための商品作りに勤しんでおります。今日はムーディーなものを選びがちだったのは土曜日の京都のことを考えていたからではないかと。素晴らしいジャケットの10吋盤をご紹介しておきます。

franco scarica
【10"】フランコ・スカリーカ楽団/ 24000のキッス〜『サンレモ歌の祭典』音楽集 (fonit/teichiku)
1961年、11回目を迎えたサンレモ音楽祭の受賞曲を演奏したフランコ・スカリーカ楽団の10吋盤です。FONITレーベルって日本盤出てたんですね‥まずそれに驚き、そしてあまりにも素晴らしいジャケットデザインにやられてしまいました。何のサントラかと思ったよ‥。
国連軍の軍学オーケストラ出身ということもあり、全体にジャジーな演奏です。「小粒のじゃがいも」「レイ」「アイ・ラブ・ユー・ラブ」あたりとってもムーディーで素敵。「24000のキッス」は期待通りのリズミカルビート仕様。スカリーカのアコーディオンの弾けてます。「カロリーナ・ダイ」はチャチャチャ+ジャズなアレンジが面白い。
盤に細かいスレ有り、ジャケットは裏側折り返し部分に傷み、左上にパンチ穴有ります。2180円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

力尽きそうな体と心に銀巴里ライヴ。

※通販受付は4月14日(月)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

chanson de ginparis
【LP】V.A./ CHANSON DE GINPARIS '73 (sony)
'73年に委託制作された銀巴里シャンソン・フェスティバル(渋谷公会堂)実況録音盤2枚組LPです。演奏:銀巴里シャンソニエット、ナレーション:岸田今日子、ディレクター:白坂博美。小海智子の「空と海と太陽と」でスタート、工藤勉による「よいとまけシャンソン」が強烈!あの宇野ゆう子も「再会」を熱唱しています。「真夜中の海辺」での古賀力の貫禄!大好きなタンゴ歌手、阿保郁夫は「コンドルは飛んでいく」をスペイン語で。この幅広さ、銀巴里らしくて素敵。
DISC:2には乾宣夫、村上進、瀬間千恵らの歌唱を収録。ニューミュージック的にも聴こえる、しますえよしおの「夜明けが来たなら」がグッときます。ラスト2曲は美輪明宏で。スウィンギン・シャンソン!な「ミロール」で弾け、定番曲「愛の讃歌」で皆を泣かせる美輪さん‥やはり圧倒的に目立つ存在!シャンソン喫茶たる銀巴里がここまでの歌い手を一同に集めた、その事実に改めて驚かされます。
ジャケットにシミ、盤良好。2180円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

ギリギリ更新になってしまいました。。簡単に1枚だけ。デル・ソル!

※通販受付は3月10日(月)からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

del sol
【LP】オルケスタ・デル・ソル/ レインボー・ラヴ (disco mate)
日本初のサルサ楽団、オルケスタ・デル・ソルのファースト・アルバム『レインボー・ラヴ』です。あんまり考えちまうと 良くないぜ 愉快にやろうぜいつも スチャラカ仲間が集まって 踊ってる時この世はバラ色ギンギラギン♪ ペッカー作の日本語サルサ大傑作なタイトル曲、本場に負けない本格サンバ「QUE ALEGRIA」、夜はこの曲でメロメロメロウ「NIGHT RIPPLE」、星がまたたく夜にモアキス!「ONE MORE KISS AGAIN」etc…歌って、踊ってお祭り気分!帯のキャッチフレーズ通りのご陽気サルサ作品集に仕上がってます。もうすぐ暖かくなるし、そしたらバッチリデル・ソルで踊れるよ!
ジャケット、盤(見本)ともに状態良好。2580円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

とっても忙しいの!

個人的に待望のレコードを紹介することが出来てとっても幸せです。

お取置、通販の受付は10月28日(月)からになります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

tango en kimono
【LP】オルケスタ・ティピカ・東京/ タンゴ・エン・キモノ (RCA)
このレコードのことを知ったのは、円盤・田口さんの"レコード寄席"で聴かせていただいた時でした。アルゼンチン・タンゴのことは全くもって無知でして、日本人歌手といえば藤沢嵐子くらいしか知らないこの僕に突き刺さってきたレコード制作までのエピソード、その後のドラマティックな展開…
戦後の米軍占領下、アメリカ以外に日本に大量の小麦を無償提供した国がありました。それはアルゼンチン。とてもありがたいその行為に対して是非ともお返しをしたいと考えた当時のアルゼンチン音楽著作権協会駐日代表:ホルヘ・的場実氏が企画したのが、日本人の演奏、歌うタンゴを本場アルゼンチンで披露しよう!という恐ろしくぶっ飛んだ企画でした。そして早川慎平とオルケスタ・ティピカ・東京、藤沢嵐子、そして若き新鋭だった阿保郁夫が海を渡り、地球の裏側アルゼンチンに向かったのです。
日本人がタンゴ?なんて疑問も当然あったでしょうが、繰り広げられる演奏があまりに素晴らしく、公演は拍手喝采の大成功に終り、その勢いをかって制作されたのがこの現地録音LPということになります。「東京育ち」「パリのカナロ」「ブエノスアイレスの想い出」等、本格アルゼンチン・タンゴの名演を全12曲収録。白眉は「スキヤキ(上を向いて歩こう)」のスペイン語歌唱でしょうか。阿保郁夫のどこまでも澄み、それでいて色気ある歌声とオルケスタ・ティピカ・東京の美しい演奏‥レコード寄席の時もだったけど、聴いてるとちょっと泣きそうになりますよ。阿保郁夫は日本に帰らずアルゼンチンで大スターになりました。女性ファンが離さんね、セクシーだもの!
帯付、状態良好。2580円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

本日はまずお知らせから。

明日11日(水)は都合により休業いたします。お問合せへの返答、通販発送業務等は12日(木)以降になります。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。

それでは新着盤から1枚だけ簡単にご紹介。ラテン・リズムで聴く日本の郷愁。

stanley black
【LP】スタンリー・ブラックと彼のラテン・アメリカン・リズムス/ 日本の郷愁 ダブルデラックス (king)
エドムンド・ロスと並ぶ親日家(ですよね?)、スタンリー・ブラックが彼のラテン楽団を率いて録音した日本の歌あれこれ。'70年発売の2枚組LP『日本の郷愁 ダブルデラックス』です。軽快なリズムに体が揺れる「相馬盆唄」「八木節」、エキゾでリラクシンな「木曽節」、ジャジーに攻める「おてもやん」「安里屋ユンタ」、パーカッシブでロッキンな「浜辺の歌」(最高!)、王道ラテン・ジャズで表現される「早春賦」「村祭り」、しっとりゆったり感情に訴える「お江戸日本橋」etc…今やDJ界隈ではお馴染みになった名演を全28曲収録。個人的には'65年に発売された来日記念盤『TOUCH IN JAPAN』よりもお得感あるし好きかも。帯付状態良好。2980円





≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。

↑このページのトップヘ