中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 日本のロック&ポップス

早いもので4月も間もなく終わりですね〜。今年は読めない天気に翻弄されて桜も満足に楽しめませんでしたデス、はい。
お早い人は今日の仕事終わりからGWの突入されるんじゃないですかね?なんでも長いところでは9連休なんてのがあるとか!!くは〜、羨ましいお話。我が店はもちろんGWも平生通り休みなく営業いたします。皆様のお越しをお待ちしながらせっせとレコ&CDの出荷作業中…。明日からはようやくサルサCD特集が開催できそうです!お楽しみに。

anzenbandさて本日の新入荷行きましょうか。今日はCDから「あんぜんバンド/あんぜんバンドのふしぎなたび+1」を紹介いたします。あんぜんバンドと言えば日本ロック黎明期とも言える70年代初頭から活躍するジャパニーズ・ロック・レジェンドな一組。はっぴぃえんどを始めとする日本ロックの礎となった数々のアーティストと共に今も深いリスペクトを集めるバンドでしょう。

今回入荷したのは76年に発売された2ndアルバム「あんぜんバンドのふしぎなたび」ですが、71年結成という経歴を思えば75年のデビュー、76年の2枚目というのは結構遅いような気がしないでもないなぁ。しかしながら同時期にレコードデビューを迎えたシュガーベイブやサンハウス、センチメンタルシティロマンス、上田正樹とサウストゥサウス…などを思うと、なるほど満を持してというか“時期”のマジックみたいなものを感じます。

あんぜんバンドの魅力と言えば何と言っても「日本語でのロック」という事に尽きます。同じ日本語ロックの祖として名高いはっぴぃえんどや頭脳警察と較べても非常に特異な世界観を感じません?文学的という事でもなく、いやに研ぎ澄まされた生々しさというか、狂気に近い感覚をさらりと歌詞の中に織り込みます。そんな彼らの世界観が如実に現れた初期の名曲「13階の女」(1stアルバム「アルバムA」より)が「+1」として収録されているのも嬉しい聴きどころ。帯付・状態良好で1400円です。
…と同時に日本先駆ロックCD、レコード高価買取中ですのでそちらもよろしくお願いします!

他にも中森明菜・郷ひろみなどのビデオ大量入荷中です。GWと言わずいつでもお越しくださいませ♪

梅田三番街CD・レコードセールはじまりました!!会場の様子を当店のスタッフが激写して送ってきましたのでブログに載せときます。結構広い場所でやってるんですよ。なかなかの物量を誇ってもいます。是非ともご来場の程よろしくです!
umeda_1

umeda_2










nakagawa isato
グッドタイム・ミュージック聴かせてよ〜と願っておりますと入荷してくるものです。斉藤哲夫は入りませんでしたが70年代後半の中川イサト氏のLPがやってきてくれました。うれしい!有山淳司さんや玉木宏樹さんら仲間と奏でたほのぼのインストサウンドがたまらなく“good time music”です!初の全曲インスト作品なのか・・。

中川イサト/ 1310(sony)状態良好 帯無 1800円

ほかにもハッピー・アンド・アーティ・トラウムなんかも入ってきてます。グッドタイム・ミュージックな春をあなたに・・・

recordmap「まだ発売されへんの?」というお客さんが多かったんですよ!やっと発売されました、レコードマップ“20周年おめでとう号”!山下達郎氏のインタビュー、読み応え十分です!今回からお店の写真が載ってたりします。デザインも少し変わったかな・・新鮮です。ウチの店でも販売してます、1995円です。











週あたまからの悪天候もようやくおさまったかな?太陽の日差しが妙に気持ちいい。朝からいろいろと入荷してきてまっせ。
takuro吉田拓郎のCDBOXなんてどうでしょう?『Like A Rolling Stone 1070-1974』フォークのプリンス時の音源ですな。名曲ばかりCD4枚に収録。4枚目はライヴ音源中心になってます。ゆかたの〜きみは・・「旅の宿」いい曲ですね。

他にはですね、ウッドストックの箱もの(CD4枚組)、ピンクフロイドのLP各種(US盤中心)、ビリージョエル紙ジャケ未開封品・・などなど入ってます。新レコードマップ片手に見に来てやってくださいませ。

「永ちゃん抜きのキャロル」

馬鹿言ってんじゃないよ、キャロルと言えば矢沢永吉でしょうが!!…なんて事を言われちゃったりするのでしょうか。往年のキャロルファン、特にヤザワ信奉者には。かく言う私も、やはり永ちゃん抜きのキャロルなんて考えられるのだろうかなどと思ってしまう一般人なのですが。ところがところが、「永ちゃん抜きのキャロル」実在してしまっていたのですねぇ。

please本日の新入荷、THE PLEASEの1stフルアルバム「リーゼント夜明け前」のCDをお披露目です。「永ちゃん抜きのキャロル」と呼ばれる所以は、主要メンバーに元キャロルジョニー大倉氏・内海利勝氏擁しているところにあり。その他元ザ・トラブル(虎舞竜)の高橋ジョージ(b)や田中清人(ds)から成る4人組ロックンロールバンドTHE PLEASEなのです。

この1stアルバムはちゃらけたバンドブームによる雨後の竹の子か、はたまたカビかみたいな誰でもバンド時代の最中90年において、生音・生の声をコンセプトに制作された作品。1枚目と言うのに収録曲の半分はいきなりライヴ音源('89・名古屋BOTTOM LINE)という硬派さ!キャロル時代のナンバーやりまくってます。「憎いあの娘」に「ファンキーモンキーベイビー」「愛の叫び」「ヘイタクシー」などなど。…これは当時だからこそなせた技でしょうか、今となっては(苦笑)。恐らくリイシューされないでしょうね。残り半分はオリジナルスタジオ録音です。
please_back

「永ちゃん抜きのキャロル」?主役不在?
いえいえ、もの凄く主役だったりします。大人になる永ちゃんとは対称的な永遠の不良・ジョニー。こっちがメインストリームのはずなんですけどね・・

廃盤、帯付・状態良好 2000円です。

THE PLEASE/リーゼント夜明け前 (meldac) 2000円

70年代後半のベイシティーローラーズ旋風を受け、日本にもアイドル・ロック・グループが数多く出現しましたが、音楽性の高さ、曲の質の高さ等ピカイチのバンドだったのが、レイジーです。後にラウドネスとして日本へヴィメタ界を引っ張っていくメンバー(高崎晃、樋口宗孝)&“チャーラーヘッチャラー・・”とアニメ界でカリスマになっていくメンバー(影山ヒロノブ)が在籍。そんなレイジーのファースト・アルバムが入荷してきました。

90af7248.jpg「レイジーのテーマ」(都倉俊一作詞・作曲)、「レターでキッス」(森雪之丞作詞・作曲)、「恋はアクション映画」(森雪之丞作詞・馬飼野康二作曲)・・なんとも豪華な作家陣!
なかでも驚きはユーミンとムッシュかまやつの参加。「ハローロスアンジェルス」(杉山政美作詞・かまやつひろし作曲)、「カムフラージュ」(松任谷由実作詞・都倉俊一作曲)、「クィーンにふさわしい」(松任谷由実作詞・都倉俊一作曲)はこのうえなく良質なアイドル・ポップ・ロックに仕上がってます。
やはりヒット曲「赤頭巾ちゃんご用心」(杉山政美作詞・都倉俊一作曲)が一番アイドルしてるのかな。いずれにしろ、音楽性の高さは確かに別格の風格ありますね。
帯付、良好です。レイジー関係、他にもLP、シングル盤、影山ヒロノブのソロ作品等入荷してます。昭和アイドル歌謡ファンは押さえておかねばならないバンドでっせ!


LAZY/ this is the lazy (RCA) 2000円

↑このページのトップヘ