中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 日本のロック&ポップス

モダンポップスタイルのお嬢さんは今年で確か50歳。本日の新入荷は「鈴木さえ子」です。

鈴木さえ子とは…元シネマ(松尾清憲も在籍してたバンド)のドラムで、元鈴木慶一の奥さんで、元叙情少女inひねくれポップ。83年に「毎日がクリスマスだったら」でソロデビューしてからロマンティック印象派の最高峰に君臨してました。が、80年代後半から長らく積極的な音楽活動が中止状態となってます。企画モノやCM音楽、サントラ(「ケロロ軍曹」の音楽を手がけているとか)などではちらちら名前は拝見しますが、本格的な復帰はあるや否や?神のみぞ知る…んかなぁ。
本日の入荷は鈴木さえ子の異才が止め処なく出てきた2枚目以降の充実期の作品たち!では東京メトロで出発です。

saeko_visindaLP:鈴木さえ子/Visinda og Leyndardomur 科学と神秘 (MIDI)
84年の2ndアルバムにして鈴木さえ子の才気爆発の一枚。
多用されたシンセ・サウンドが強めのニューウェーヴ臭となって漂いますが、これは時代だから仕方のないもの。そこ補ってを余りあるバランス感覚に優れた天衣無縫のポップ体質は、今聴いても、イヤむしろ今聴いた方が新鮮であったりするかもしれません。鈴木慶一との共同プロデュース。1500円

saeko_greenCD:鈴木さえ子/The Law Of Green 緑の法則 (MIDI)
翌85年の3rdアルバム。タイトルにもなっている緑を全編に感じる事ができる、とてもポップで爽やか。優しい手触りのする作品なんだけどいやらしくないっていう…。これは知性の問題だと思いますね。「緑」という色も知的な色っていう印象がありますし。85年発売の初版、現在廃盤。2000円

saeko_studioCD:鈴木さえ子/STUDIO ROMANTIC スタジオロマンチスト (MIDI)
本人名義のオリジナル作品としてはこれが一番新しいということのなるのか?86年(!?)の4thアルバム。本人プロデュース、Co-プロデュースに慶一さんとXTCのアンディ・パートリッジ。この後公私共に良きパートナーであった鈴木慶一さんと離婚されることになりますが、揺れる心の機微が反映されているのかも。浮遊感のある歌声が逆に切ないなぁ。あとこの作中でアンディ・パートリッジがギターをプレイしている「HAPPY END」の12インチも入荷してます。現在廃盤。1800円

こんなに類稀なポップセンスを持っているのになんでお戻りにならないのか?勿体内なぁ…と思いつつ、それも鈴木さえ子らしさかなぁ…と妙に納得もできる女性であります。
因みに今日の題名、チキンラーメンの「すぐおいしー、すごくおいしー」は彼女の作曲なんですよ。


今日3月3日はひな祭り。タイミングよく素敵な女性ポップスものが入荷してきました。


matsuda seiko松田聖子/ SEIKO BOX (sony)
「赤いスイートピー」「風立ちぬ」「夏の扉」「ガラスの林檎」等々誰もが知っている代表曲からマニアックなシングルB面曲までを収録した4枚組CDBOX。はっきりいってアイドルなんてものは軽く超越してしまっているんです、彼女の歌は!日本ポップス史に燦然と輝く名作群を味わうのにもってこいの全集になってます。帯付、美品。6800円也





ozaki ami尾崎亜美/ Amii-versary 東芝編、ポニーキャニオン編 (toshiba EMI,PONYCANYON)ニューミュージック界最重要人物のひとり、尾崎亜美本人セレクトの25周年記念ベスト盤。女性シンガーへの名曲提供で名をあげた感のある彼女ですが、本人歌唱作品がこれまた素晴らしいんだ!東芝時代の「マイ・ピュア・レディ」「春の予感」、PC時代の「身体に残るワイン」「オリビアを聴きながら」(杏里ヴァージョンと甲乙付け難い出来栄え!)等ええ曲ばかり!松田聖子への提供作「ボーイの季節」も収録されてます。2枚とも未開封品、各1780円也




so cute1森山加代子、緑魔子、松尾ジーナ他/ SO CUTE! (toshiba EMI)
昨今の通販専用BOXセットの充実ぶりには驚かされてばかり。今日入荷した「SO CUTE!」なる箱もよく出来てる!60s〜80sのガールポップ大全といった感じの作りですが、“これも入ってるの!”的レア&マニアックソングがしっかり収録されているのです。緑魔子「一人ぼっちの泪」松尾ジーナ「気ままなジーナ」エバ「ほほにかかる涙」五十嵐夕紀「6年たったら」等コアな歌謡曲好きも唸らせるであろう曲+弘田三枝子「ヴァケーション」奥村チヨ「恋泥棒」本田美奈子「1986年のマリリン」等スタンダード化した定番曲をうまくブレンド。カラー写真付きの別冊ブックレットもありがたい!CD4枚組、美品です。5980円也

おかげさまで好評いただいているサウンドトラック特集ですが3月9日までで一区切りつけようかと思います。不滅のサントラ人気を実感できた特集でした。9日まではまだまだCD放出していきますのでどうぞよろしくです。



folkで、3月10日からは日本のフォークCD特集第2弾を開催します!今回はエレックレコード他URC以外のレーベルに残されたフォーク作品を集めてみました。前回の『URC編』では予定期間前に売り切ってしまうほど大好評だったのですが、今回も買い逃し厳禁の逸品揃いですぞ!!限定紙ジャケットから廃盤作品までいい感じに集まっています。日本フォーク・シーンの全容を掴みたい方、是非ともお見逃しなく!


folk_2CD中心の特集ですがレコードのほうもちょろっと出します。こちらも要チェックお願いしますね〜!


詳細はまた後日ブログ上でお知らせします。




幅広く入荷してます!パンクにジャズにタモさんまで・・。


clashTHE CLASH/ pearl harbour'79 (sony)
紙ジャケが出されたり、シングル箱がリイシューされたりと最近も話題に事欠かないパンクバンド、ザ・クラッシュ。LP+シングルという仕様でリリースされたLPが日本盤で入荷しました。アルバム未収録7曲を含む全17曲。“全米総攻撃ツアー(パールハーバー'79)用に特別制作”(帯より)された作品です。巻きジャケット、盤共にこんなの初めて!ってなくらいピカピカの状態での入荷!もちろんシングルもちゃんと付いてますよ〜。5000円也



luisLOUIS SMITH/ smithville (blue note)
ハードバップ期の幻のトランペッター、ルイ・スミスの初リーダー作。'58年録音、チャーリー・ラウズ(ts)ソニー・クラーク(p)ポール・チェンバース(ds)アート・テイラー(ds)という豪華なメンバーがバックを務めています。なんともメロディアスなペットに心打たれるハードバップらしい逸品!キング盤、状態これまたピカピカ!!3800円也



tamoriタモリ/ ラジカル・ヒストリー・ツアー (sony)
タモさんの登場ですよ〜!幻の作品となってしまった『タモリ3』に続く第4作。CBSソニー移籍第1弾でもあります。ジャズからラテン・ロック、驚きのニューウェーブまで、芸達者っぷりを発揮されてます。サザンの桑田氏が曲提供しているところも要注目でしょう!タモさんにまたアルバム作らせよう!って企画、タモリ倶楽部でやって欲しい・・。状態ピカピカ!帯付です。2800円也



happyendはっぴいえんど/ 風街ろまん (URC)
いまや定番アイテムですが、入荷したらご紹介せずにはおれんのです・・。何度聴いても飽きませんなぁ。CDで容易に聴けるんですがやはりLPの音は暖かみがありますぞ!作品の空気感にはアナログのサウンドが合っているんです。盤は良好ですがジャケットにポツポツっとシミがあります。それも味だと思って欲しい!2800円也

青〜い時代に聴いていた音に再会すると妙に恥ずかしい気持ちになるのはなぜでしょう・・UAのレコード大量入荷してきちゃいました。学生の頃ほんとよく聴いたなぁ、彼女の曲。恥ずかしさ押さえつつご紹介しますね。


ua_jonetsuUA/ 情熱 (speedstar)
加藤ミリヤにサンプリングされてましたね。そういう時代になったのか・・。UAといえばこの曲じゃないっすかね。うん、良い曲だ。プロデュースは朝本浩文、'96年発売です。12"での入荷はおそらく初めて。いまでも探している方いるのではないかと思います。ジャケット左上に少しシミあり。盤はキレイです。1800円也



ua_rythmUA/ rhythm (speedstar)
これも12"での入荷は初めてだなぁ。UAには朝本浩文ってイメージですが、この曲は大沢伸一(モンドグロッソ)がプロデュースを担当。ゆったりとしたリズムが心地良い!大ヒットアルバム『11』の冒頭を飾ってました。状態良好、1800円也



ua_kumoUA/ 雲がちぎれる時 (speedstar)
前言撤回・・僕にとってUAといえばこの曲ですわ。懐かしいっす、ほんま。ドラマチックな曲なんだけどどこか歌謡曲っぽいところも。カラオケで歌ってる女の子多かったし(サビでみんな苦しんでましたね・・)。パティ・スミスの「because the night」のカヴァーも収録してあります。美品、800円也



ua_amaiUA/ 甘い運命 (speedstar)
この曲リリースした頃が彼女の全盛期ということになるでしょうか。幸せ溢れる歌詞が印象的な大ヒット曲。ちょうど結婚された時に出されたんですよね。お薦めはむしろカップリングの「真夜中のギター」。千賀かほるで有名な懐メロソングですが、UAヴァージョンすごくいいです!美品、800円也



ua_milkteaUA/ ミルクティー (speedstar)
これもヒットしましたね〜。当たり前の風景がすごく幸せ!って教えてくれるラヴソング。カップリングがまたまた素晴らしく、今度はマイケル・フランクスの「アントニオの唄」(日本語で歌ってます)を収録。センスのある選曲!美品、800円也



ua_ringoUA/ ringo (speedstar)
美空ひばりの「りんご追分」をダビーにカヴァー。名曲を現代に伝承する素晴らしい作品!'99年発売、この頃になるとポップスター以上の存在になったイメージがあります。求道者といったとこでしょうか。少しスレあり、500円也。

日本の80'Sシーンを振り返る時には必ず登場してくる“めんたいロック”という言葉。ルースターズやモッズ等現在も多大な影響を与えつづけているバンドが数多く福岡から全国へ旅立っていきました。なかでもキャッチーさとスピード感は群を抜いていたバンドがTHE ROCKERS!もっともっと再評価されて欲しいバンドです。レコが入ってきたのでご紹介。ぴしゃり決めるぜロックンロール!!


rockers_whoTHE ROCKERS/ who the rockers (canyon)
デビュー作。数あるめんたいロック作品でも5本の指に入る名盤でしょう!「観福寺の本堂でたった3時間で録ってしまった」というエピソードにも素直に頷ける圧倒的スピード感!グラマラスなヴィジュアルも妙にカッコよく、なんでもっと売れへんかったんやろう?と考えることしばし・・。残念ながら帯なし、美品です。2000円也



rockers_comeTHE ROCKERS/ come on (canyon)
セカンドアルバム。さらに磨きがかかったポップなサウンドに心奪われます!なにかとルースターズと比べられてしまう彼らですが、聴きやすさはロッカーズに軍配でしょう。なんで売れなかったかなぁ・・。ちなみに女の子の人気はルースターズに勝ってたらしいです。ジャケの陣内さんみてると納得ですな。帯付、美品です。2500円也



jinnai陣内孝則/ rendez-vous (canyon)
あのグラマラスな男が数年後こうなってしまうんですなぁ・・。“ポップでシャイなビートバンド”のヴォーカルだった面影はどこにもなく、完全に大人の男であります。発売は'85年。名作ドラマ「ライスカレー」でのブレイクが翌年ですから、この頃は苦しんでおられた時期といえるでしょう。「音楽で食っていけるんなら音楽を続けていたかったが、そういう訳にも行かなかったので俳優をやっている」と本人も言われてますし。
参加メンバーは大物が揃っております。窪田晴男(パール兄弟)がサウンドスーパーバイザーを担当、チト河内が編曲、ペッカーがパーカッション叩いてます。帯付、美品です。1300円也

寒いし、雨降るし・・最悪の土曜日ですが、入荷のほう好調を維持しております。シングル盤がまたまたドッサリ入ってきました。少しだけご紹介。


komori michiko小森みちこ/ リメンバー (japan records)
キャンディーズ・フォロワーグループのひとつ、トライアングルのメンバーだった(当時の芸名はなんと森みつ子!)小森みつこのデビュー盤です。彼女トライアングル解散後に、にっかつロマンポルノ『あんねの子守唄』に主演、写真集なんかも出版したりしています。このシングル盤ジャケからはまさかそのような過去があろうとは想像できないですが・・。作詞&作曲はあのパンタ(中村治雄名義)が担当!パンタ&HALのメンバーもバッキイングに参加。美品、800円也



sakaguchi ryoko坂口良子/ まるで少年のように (FORLIFE)
もひとつ女優ものを。代表作はドラマ『前略、おふくろ様』でのかすみちゃん役でしょう!(独断です・・)坂口良子のレコードです。'82年リリースですが、この頃ってよくドラマ主題歌なんかを出演している女優さんが歌ってますね。流行っていたのかな・・。このレコもドラマ『田中丸家御一同様』の主題歌。彼女の歌についてはノーコメントということで・・。作曲:坂田晃一、作詞:松本隆。美品、800円也



bread & butterブレッド&バター/ 風 (denon)
好きなんです、ブレバタ!一番人気はやはり名作『バーベキュー』ってことになるのかな?今日入荷してきたシングルはその『バーベキュー』以前の曲。スティーヴィ・ワンダーが参加(シンセ担当)してます!ギターにアルバート・リー、パーカッションにレイ・クーパー等スティーヴィ人脈フル活用!ゆったりと流れる心地のよい音が最高に気持ちいい!美品、1200円也







bookまたサブカル本ちょろっと入荷しました。こちらは後日詳しくご紹介する予定!関根さん、大好き!




昨年末から開始した『日本のフォーク特集 URC編』ですが、おかげさまで予想を上回る好評をいただきました!ありがとうございます。CD中心だったのですが、紙ジャケ、廃盤ものの人気に驚かされた次第であります。
このURC特集を1月19日で終了させていただいき、20日からは『サウンドトラックCD特集』をはじめようと思います。特集用のサントラCDの揃いっぷりは間違いなく過去最高!サントラ好きの方はもちろん、ジャズ・イージーリスニングファンにもご満足いただけるはず!どうぞご期待くださいね〜!!詳しくは後日またこのブログにてお伝えします。


さて、新入荷です。フォーク特集にギリギリ間にあったか?エンケンのシングル盤入ってきました!

endo kenji遠藤賢司/ カレーライス(ポリドール)
エンケンのシングルで一番ヒットしたのはこの曲でしょうね。“・・誰かがぱっとお腹を切っちゃったって ふ〜ん、痛いだろうにね・・”これは三島由紀夫の割腹自殺のこと。“ふ〜ん、痛いだろうにね”この他人事な感じがすごくリアル。僕も当時生きてたらきっと他人事としてとらえていたんだろうなぁ・・。
美品、2800円也

今日は80年代女性アーティストもの入荷してきました。ニューウェーヴ歌謡あり、アイドルあり、ディスコあり・・・。少しだけご紹介。


huji mariko藤真利子/ 狂躁曲 (teichiku)
まずは'80年代ニューウェーヴ・カルト歌謡の名盤から。女優藤真利子が表現するアヴァンギャルドな音世界。鈴木慶一他ムーンライダースの面々、寺山修司、沢田研二等参加しています。ボーナストラック6曲入り。美品、1700円也


kashiwabara yoshie柏原芳恵/ ゴールデン☆ベスト (universal)
続いては、極上アイドルポップスを。数ある哀愁系アイドル歌謡の中でもダントツの出来といっていい名曲「春なのに」、こちらも胸が締め付けられる「ハローグッバイ」等柏原芳恵のヒットシングルを19曲収録。美品、1380円也


ann lewisANN LEWIS/ boogie woogie love train (victor)
最後はシングルレコードを。アン・ルイスといえばユーミン作の大名曲「甘い予感」か、吉田美奈子-山下達郎コンビ作のこの「恋のブギウギトレイン」を押したい!日本製ソウル歌謡の代表曲であります。A面が英語、B面が日本語ヴァージョン。持っておきたい1枚!美品、500円也



大きな紙袋を持って品の良さげなおばさまがご来店。「買取できる?」とたずねられ、「はい、させていただきます!」と答えて買取スタート。紙袋から出てきたのは大量の沢田研二、萩原健一関連レコ!どうやらリアルタイムで買っておられたらしく査定の間、貴重な思い出話をたくさんしていただいたのであります。

tigers_1THE TIGERS/ 夢のファンタジア他全5枚(明治製菓)
まずはタイガース関連から。明治製菓の販促用に作られた景品レコード5枚セット!応募ハガキを兼ねたスリーブに納められたかわいいピクチャーレコードです。一般応募で決定した詞にプロが作曲、それをタイガースが歌うっていういかにもアイドル!な企画ですが、それ故にレア音源化しておりました。90年代になってようやく5曲全てのCD化が実現しております。まあ、音源よりもこのピクチャーレコードを持っておきたい!って方のほうが多い気もしますが・・。「遠い旅人」のみ歌詞カードありません。盤,ジャケットともに美品。4000円也


tigers_againTHE TIGERS/ again (nippon grammophon)
続いては、'70年9月に発売されたベスト盤的LP。この時期は既にGSブーム衰退期に入っているわけですが奮闘しております、タイガース。ビージーズ(レーベル・メイトですね)の書き下ろし曲あり、ニューロック的曲ありとバラエティに富んだ内容。このLPの重要ポイントでありますポスター5枚、ちゃんと付いてます!これが今日ブログに載せようと思った理由。「珍しくないレコ載せるな!」って突込みは無しでよろしくです・・。帯無し、盤,ジャケとも良好。1800円也


tigers_on stageTHE TIGERS/ on stage (nippon grammophon)
タイガース関連最後はライヴ盤を。“叫びまくる サリー タロー ジュリー トッポ ピー”か・・女の子の嬌声のほうがはるかにすさまじいんですが・・。この作品、入荷してくる時は決まって状態の悪いものばかりなんですが、今日のはピカピカです!サイン入りポートレイトも美品状態。SLPM規格だからオリジナル盤ですね。2000円也


ショーケン関連はサントラ盤を2枚ご紹介。かっこいいなぁ・・。

ame no amsterdam井上堯之とケニーウッド・オーケストラ/ 雨のアムステルダム o.s.t (polydor)
ショーケン&岸恵子主演映画のサントラ盤です。音楽は元スパイダースの井上堯之が担当。ロックなサウンドは皆無、どことなくバート・バカラックを思わせる音世界に仕上がっています。B面には『青春の蹉跌』『蔵王絶唱』の音源も収録。
しかし、ジャケに写る岸恵子さん、美しい・・。『約束』というこちらもショーケンとコンビの作品を昔深夜のTVでみたんですが、その美しさに心を奪われました・・。
帯付、2800円也。


kizudarake no tenshi井上堯之バンド/ 太陽にほえろ、傷だらけの天使 o.s.t (polydor)
最後は井上バンドの代名詞的作品を。説明は不要ですな。誰もが知ってるテーマ曲入ってます。写真は裏ジャケを載せました。『太陽にほえろ』のほうが表ジャケなんですが、ショーケンのあまりのかっこよさにこちらを掲載。店出しもこちらを表にして出しちゃいますから!
帯付、美品です。1800円也


↑このページのトップヘ