中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 歌謡曲/懐メロ/流行歌

うれしい、嬉しすぎる・・・真のエンターテイナー・HIROSHI ITSUKIのラスベガス・ライヴ第2弾入荷!!

ituki1
【LP】五木ひろし/ ラスベガス・ライヴpart?〜歌は我が翼 (minoruphone)
以前入荷した時、嬉しさのあまり長文を書いてしまったんですが。このライヴ盤にはエンターテイナー五木ひろしのすべてが詰まっているといっても過言ではないんです!
宮川泰先生作、オープニングを飾る組曲からしてすでにファンキー、続く「待ってる女」「夜汽車の女」でひろしのソウルが早くも爆発!心地よいグルーヴがフリー・ソウル的なスティーヴィ・ワンダーの「サンシャイン」カヴァー、柳ジョージ登場か?と錯覚してしまう、空高く舞い上がっていきそうなギターソロが印象的な「愛恋記」、ワカチャカ・ギターに悶絶間違いなしの「フィーリング」、横揺れリズムで歌うのひろしだけでしょ?の「船頭小唄」、ディスコ+こぶしの理想系「ソウル・ドラキュラ」、自らのエネルギーを出し尽くすかのように熱唱する「悲恋」、ホーンが加わりドラムが細かくリズムを刻む「悲恋パート?」、息も絶え絶えなMCを挟んでスタートする稀代の名曲「夜空」・・・感動の一言!他に言葉は要りません・・。帯付、状態良好。3800円
ituki_2

街の雰囲気もいよいよ年末モード。大きな鞄持ってる人も目についてきました。帰ってきてるのね、大阪に。帰省がてら当店に足をお運びくださいね!

今日もレコードがいろいろと入荷してます。少しだけですがご紹介。

nlp_yamashita tatsuro
【LP】山下達郎/ from niagara (columbia)
達郎氏のナイアガラ・レーベル在籍期のヴォーカル楽曲を集めた編集盤。本人にも大瀧さんにも許可を得ずに発売されたとかで長く廃盤状態だったアルバムですね。よもやこれがCD化されるとはね・・良い時代なんでしょうね、やっぱり。
A面に「シュガーベイブ/ songs」、B面に「ナイアガラ・トライアングルvol.1」からの楽曲を収録、若き達郎氏の歌声を楽しむにはなかなか優れた盤なのでは。帯付、ジャケット、盤ともにきれいです。3800円


nlp_hirayama miki
【LP】平山三紀/ ビューティフル・アルバム vol.1 (columbia)
ロックを歌わせても、ソウルフルに決めさせても、どんなスタイルもこなしてしまうシンガー・平山三紀のファースト・アルバムがこのレコード。「ビューティフル・ヨコハマ」「ブン・ブン」「真夏の出来事」といったおなじみの筒美京平ポップスから、「ノックは3回」「ア・ハード・デイズ・ナイト」「サニー」といった洋楽ポップス・カヴァーまで、デビュー作にして完成度めちゃ高い歌唱を披露してます。ポートレイト欠落、盤は薄いスレがある程度です。帯付(色あせありますが・・・)はあまり入りません!4800円


nep_kubota makoto
【7"】久保田麻琴と夕焼け楽団/ 星くず (show boat)
アルバム「ディキシー・フィーバー」からのシングルカット。アコースティック・ギターとパーカッション、美しいストリングス(by細野さん)・・実にメロウなサウンド!♪黒い雲につつまれて 何も見えなくなったら 僕のこと思い出して 名前呼んでおくれ♪はぁ、なんてロマンティックな歌詞なんだ!多くの名曲がある夕焼け楽団ですが、この曲が一番好きだな。ジャケット、盤ともに良好のコンディション。もちろんオリジナル盤です。2000円


nep_chaki miyako
【7"】茶木みやこ/ 雪の朝に(teichiku)
元ピンク・ピクルス、茶木みやこさんのソロ・デビュー・シングル。軽快な曲調、伸びやかな歌声・・もっと重いイメージあったんですがね。かなり聴きやすいフォーキー・ポップに仕上がってます。カップリングの「マリー・マリー」(ジルベール・べコーの曲を日本語でカヴァー)は、サビのグルーヴ感がクセになるフォーキー・ソフトロック。少しトワ・エ・モワに似てるかも。ホーンとストリングスの使い方が実に効果的。青木望氏の素晴らしい編曲に注目でしょう!盤に薄くスレ、2000円


nep_kaji meiko
【7"】梶芽衣子/ この新しい朝に (teichiku)
メイコ・カジのソフト・ロック歌謡アルバム「去れよ、去れよ、悲しみの調べ」からのシングル・カット。この曲のアレンジも青木望氏だ!透明感のあるお洒落なサウンドに仕上げてますね〜。梶さんの歌声がこれまた透き通ってる!「怨み節」あたりをイメージしたまま聴くと面食らってしまいます。めちゃ癒されるけどね。ジャケ良好、盤に少しスレあり。1500円


nep_ito yukari
【7"】佐川満男、伊東ゆかり/ oh!! gentle life (columbia)
佐川満男&伊東ゆかりによる“クリネックス・ティシュー”販促用非売品レコード。京平先生によるソフトロック歌謡の金字塔!メロディ、サウンド、グルーヴ、そして二人の歌声・・・すべてが完璧!!カップリングは永田克子が歌う「恋するニーナ」を収録。盤きれい、ジャケット上部にシワあり。3800円

朝から入荷続いております。新着LPから4枚載せちゃおう!

makiba yumi
【LP】牧葉ユミ/ フレッシュポップス (teichiku)
こんなに美人でしたっけ?ジャケットみてちょっと驚きました。牧葉ユミさんのLPです。スタ誕オーディションで百恵ちゃんが「回転木馬」を、淳子が「見知らぬ世界」を歌った・・このエピソードはかなり有名なんですが、肝心の牧葉ユミさんのことはあまり語られませんよね。実際ヒット曲といえるのは「冒険」くらいなものでして、GS調歌謡「見知らぬ世界」も、ベンチャーズ歌謡の「回転木馬」もそんなに売れず。LPとなるとかなり珍しいと思います。全12曲入り、綴じ込みポートレイト付。ジャケット内側にシミあり、盤は良好です。5800円


umeki mari
【LP】梅木マリ、ベニシスターズ/ 梅木マリ meets ベニシスターズ (solid)
日本の60年代ガール・ポップを語る上で欠かせない、梅木マリとベニシスターズのカップリングLP。「可愛いグッドラックチャーム」「チャールストンでキッス」「マイボーイロリポップ」等、元気ハツラツに歌う梅木マリの曲をSIDE:Aに、「トランジスター・シスター」「レモンのキッス」「シャンパン・ツイスト」等、“日本のロネッツ”ベニシスターズのコーラス・ソングをSIDE:Bに収録。どちらもオリジナル盤はとってもレアーなので、この編集盤は非常にありがたいです。美品、2000円


miguelito valdes
【LP】MIGUELITO VALDES/ inolvidables (verve)
チコ・オファリル楽団をバックにミゲリート・バルデスが歌う・・邦題通りの「ラテンの王者」的雰囲気に溢れる'68年作。ラテン・ロックあり、濃厚アフロ・キューバンあり、アフリカ色豊かな舞曲あり、コンガとボンゴが激しくなり続けるリズム・ミュージックあり。ラテン音楽のいいとこが詰まりに詰まっておりますぞ!グラモフォン盤、盤きれいですがジャケットにシミ有ります。1800円


rex kona
【LP】REX KONA and HIS MANDARINS/ wild orchids (columbia)
最後は60年代エキゾチック・ラウンジ・ジャズの傑作を。「ginza girl」「sushi」なんて日本のことをイメージした(?)楽曲も入ってます。心地よいクール・ジャズみたいな曲もあって、一概にエキゾだ!なんて決め付けられないところが素敵!冬向きじゃないサウンドですが、ジャケット含めここまで魅力的なレコードはそう入らないので。360レーベル(2eye)、ステレオ。盤薄いスレ程度、カンパニースリーブ欠落。3800円

2003年にデビュー35周年を記念して制作された和田アキ子の歌手としての歴史を総括するCDボックス「Haaah!」が入荷してまいりました!

aco_haaaah
【CD】和田アキ子/35周年記念ボックス Haaah! (TEICHIKU)
68年に発売されたデビュー曲「星空の孤独」から、2003年当時の最新ナンバー「ルンバでブンブン」(CKB横山剣プロデュース!)までの全71枚のシングルのA・B面を完全収録したシングル・コレクション。そしてアコの旧作品の中でも特に人気の高いアルバム「監獄ロック/和田アキ子ロックを歌う」(70年)、「エルビスの世界」(72年)から珠玉のオールディーズ・ロック・カヴァ20曲を収録したオールディーズ・ヒッツ。さらには迫力の熱演とコミカルなMCが堪能できる2つのオン・ステージもの〜新宿コマ劇場公演(70年8月30日)・日比谷公会堂公演(71年7月25日)〜にファン選出のカラオケ・ベストなど、10枚組の特大ヴォリュームで爆発するシンガー・和田アキ子のソウルを余すところなく収録しています。
aco_disc

順を追ってまとめられたシングル・コレクションはやはり圧巻。もちろん彼女を代表する名作・ヒット曲が多数収録されているのですが、「翼もないのに」(夜明けの夢・B面)や「チャンスは三度」(夏の夜のサンバ・B面)、「失恋列車」(あなたにありがとう・B面)、「嵐の女」(私は歩いている・B面)、「あなたと別れて」(この命奪って・B面)などのB面収録楽曲の秀逸っぷりには目をみはるものがありますね〜。70年代終盤あたりまでの充実さは本当にすごいです!

今年の紅白でも♪レッツシンガソホホホホーンの「もう一度ふたりで歌いたい」(86年)を歌うらしいアコさんですが、ここはいっそ思い切って「世の中さかさま」(貴方をひとりじめ・B面)を歌ってくれ!と本気で願うナカレコ2号店でありました。♪ほんでもほんでもほんでもほんでもどでかぁ〜い夢があるんやもぉん♪外箱・帯にやや使用感ありますが盤はキレイです。13800円


なんでこの写真やねん。

今日の新入荷からシングル盤を少しだけ。

newep_kasagi shizuko
【7"】笠置シヅ子/ 東京ブギウギ、買物ブギー (columbia)
“ブギの女王”笠置シヅ子の名曲カップリング盤。SPも状態良好な盤はあまり入ってきませんが、意外と無いのが7インチ盤。SPよりも使い勝手がいいので探してる人多いと思います。両曲とも昭和30年11月15日吹込原盤を使用、モノラル音源です。状態良好、2800円


newep_takada wataru
【7"】高田渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド/ ヴァーボン・ストリート・ブルース (for life)
'77年発売アルバムからのプロモ・オンリー・シングル。軽快なバンジョー、程よく響くホーン、聴いた瞬間誰が歌っているかすぐわかる渡氏の歌声・・すごく心地良いっす!カップリングは「ダイナ」。ジャケット下部に日付書込み有、盤は薄いスレ程度の良好な状態。2500円


newep_murahachibu
【7"】村八分/ recorded live '73 (good lovin')
'73年の未発表ライブ音源(フジテレビ「リブヤング」出演時のライヴ)を収録したシングル盤。A面:鼻からちょうちん、B面:にげろ。この2曲をテレビで歌ったのかぁ・・素晴らしい時代だったのね!盤、ジャケットともにきれいな状態です。800円


newep_pony tail
【7"】ポニーテール/ チャンスと口紅 (toshiba)
もともとROWというグループ名でデビューした4人組が、'75年にポニーテールと改名してリリースした最初のシングルになります。すぐに2人が脱退してしまうので、4人組としてはラスト作になるのかな。後に“ラジ”として一躍名を売ることになる相馬淳子さん在籍。作詞:阿久悠、作曲:加藤和彦。コーラスワークが抜群のオールディーズポップ!白レーベル、A面に目立つスレ有ります。1800円

このタイミングで入ってくると喜びも倍増!お嬢が歌うクリスマス・ソング!!

misora hibari
【SP】美空ひばり/ ジングルベル、クリスマス・ワルツ (columbia)

まずは歌を聴いてみましょう。


'52年に発売されたレコードなんで、この時お嬢はまだ16歳ですか・・・成熟しきってるなぁ・・。1番の日本語詩は藤浦洸氏のもの。歌声の深みが凄いでしょ!めちゃスインギーだし!鳥肌立ちっぱなしです。2番に入ると英語詩に変わるわけですが、お嬢は歌うのに言語は選びません!それは「チャルメラそば屋」でも証明済み。リズムのとり方も、メロディーへの乗り方もまったくズレがない!この偉大な才能のおかげで、歌謡曲を歌おうがジャズを歌おうが、彼女は全く苦にしないんですよね。


次は米山正夫先生作のオリジナル曲「クリスマス・ワルツ」。



「サイレント・ナイト」に似た感じもしますが、これまたとても16歳とは思えない深みある歌声!聴いてると、クリスマス=厳粛なる行事なんだなと襟を正したくなります。

残念ながら歌詞カード欠落、盤はビックリするくらい綺麗です。50年以上前に作られたものとはとても思えません。レアーでしょう!4800円

雨降るわ寒いわで最悪な日曜日ですが、レコードはなかなかの量入ってきました。今日はシングル盤を少しだけご紹介。

ep_hashi yukio
【7"】橋幸夫/ 何処へ (victor)
股旅ものからリズム歌謡まで、幅広いレパートリーを持つ橋くんですが、後世に残る傑作ソフトロック歌謡も残してくれてるんですね。それがこのシングル。作詞:阿久悠、作・編曲:吉田正。流れるようなメロディーに爽やかな女性コーラス、うねるベースに伸びやかに響く橋くんの歌声・・・とても吉田正先生作とは思えません!いずみたく先生あたりの曲かと思っちゃいます。歌詞は幾分の意味不明感(♪汽車に乗る時 間違えないで 右はしあわせ 左ふしあわせ〜♪)がありつつも、若者に明るい未来があるのか、悲しみしか残されていないのではないかを問いかける素晴らしいものになってますね。さすが阿久先生だ!読解力のいる歌詞こそ、この美しいメロディーには似合うのです。今この時代にまた歌って欲しい名曲!懐かしのメロディー系の歌番組で歌ったら「おおっ!」と思う人たくさんいると思うんだけどなぁ・・。いつも「潮来笠」「恋のメキシカンロック」じゃつまらんでしょう?状態良好、2000円


ep_itsuki hiroshi
【7"】五木ひろし/ 美浜町民の歌 (minoruphone)
五木ひろしの出身地といえば福井県美浜町。毎年“五木ひろしマラソン大会”なんかも開いちゃってますもんね〜。そんな美浜町名誉町民:五木ひろしが歌うふるさとの歌。タイトルの題字は町長の平野厳(当時)が書かれてます。なかなかに力強い字です。美浜の山なみ、美しい湖、広大な若狭湾などを歌詞に織り込んだ雄大な楽曲、ひろしの歌声もゆるさとを思ってか、いつも以上に力のこもったものに。カップリングには、今もなお運動会の踊り等で使われているらしい「若狭美浜音頭」を収録。こっちのほうが有名?非売品の制作委託盤です。美品、1500円


ep_mihashi michiya
【7"】MITCHIE(三橋美智也)/ The Tombi〈夕焼けとんび〉(KING)
なんでもかんでもディスコ化されていた時代の遺品・・にするにはもったいない大フィーバー曲!三橋ミッチー&寺内タケシコンビが贈る、やりすぎ(?)ディスコ!日本歌謡史に残る名曲「夕焼けとんび」「達者でナ」を使ってここまで遊ぶとはね〜。大御所遊ばせたらどこまで行くかわからんぞ!一番ヤバイのはミッチーのルックスという噂もちらほらと・・。少スレあり、1000円


ep_tenma rumiko
【7"】天馬ルミ子/ 教えてください、神様 (minoruphone)
伸びやかな歌声、可愛らしい顔、抜群のスタイル・・だったにも関わらずあまり売れなかったアイドル、天馬ルミ子。彼女唯一のヒット曲がこのシングル。作詞:杉山政美、作曲:都倉俊一。♪教えてください神様、好きな人には全てをあげても構わないですか〜♪という歌詞で、大人に成長している途中の女の子がもつ不安定感を見事に表現してますね。もちろん全部あげたいと思うけど、目を閉じると♪何故かママの顔♪。う〜ん、ひとり立ちできていない部分の表現も抜群です!盤に少しだけスレ、1000円

大好きなのでレコード入るたびに載せてます‥梶芽衣子!

kaji meiko_1
【LP】梶芽衣子/ 梶芽衣子の魅力 (teichiku)
芽衣子嬢主演映画『女囚701号 さそり』『銀蝶流れ者 牝猫博奕』から、映画のシーンを収録したドラマ編+主題歌「怨み節」「銀蝶渡り鳥」という構成のサウンドトラックLP。
A面は“さそり”。クールなナレーション「人の世を、罪に生きんと恨み一筋 私は女囚701号」からスタート。この時点で痺れまくりなわけですが、続く主題歌「怨み節」を挟んでのドラマ編では映像見てるわけじゃないのにドキドキしちゃいます。脱走後のナミと看守、女刑務官のやりとり、女囚との戦い‥震えるぜ〜!
B面『銀蝶流れ者』のほうでは藤純子ばりの姐さんっぷりを見せる芽衣子嬢。「この一件のオトシマエ、盆の上の勝負ってことにして戴けませんか」「先刻承知の渡り鳥、親分さんの存分になすってください」「入ります‥」「只じゃすまないのはどっちなんだよ。渡世のシキタリ散々破ってんのはそちらなんじゃないのかい」「死ねーッ」…貫禄のセリフのオンパレード!最後を飾る主題歌「銀蝶渡り鳥」の渋いこと!裏ジャケットに写った着物姿見ながら聴くとさらにやられちゃいます。
内ページにはモノクロですが素敵な写真がたくさん載ってます(少しシミ有)。残念ながら添付のポートレイト(パンチラ写真で有名っすね)は欠落。盤に少しスレ有。2800円
kaji meiko_2

シングル盤イロイロ。45回転で廻る女たち。

itoyukari_urikmi
【7"】伊東ゆかり/恋の売り込み (KING)
今さらなんですが近頃我が店では伊東ゆかりこそ日本最高のポップス歌手なのではないかという説で持ちきり。耳馴染みの良い滑らかで美しい声と抜群のフィーリング、端正な歌唱…歌声に浸る度、その思いを強くしておる我々であります。「枯葉」最高。
そんな伊東ゆかりの62年発売のシングル「恋の売り込み」が入荷です。エディ・ホッジスの"I'm Gonna Knock On Your Door"(一応オリジナルはアイズレー・ブラザーズなのですが。)のカヴァーポップス!初々(ういうい)&愛い(うい)なボーイズ・ティーン・ポップの大名曲を、齢15歳の伊東ゆかりがまだあどけなく可愛らしく歌ってます。カワイイ天才。ぜひYouTubeでティーンなゆかりを目撃してください!B面はジミー・クラントン"Venus in Blue Jeans"のカヴァ「恋のブルージン」。状態まず良好です。2500円

peanuts_rio
【7"】ザ・ピーナッツ/リオの女 (KING)
さてお次。70年代始めに多くリリースされたザ・ピーナッツの“◎◎の女”シリーズ(?)から72年発売の「リオの女」をご紹介します。橋本淳作詞・中村泰士作曲によるヴァイブが効いたボッサ歌謡で、ウィスパーヴォイスとでしっとりとした雰囲気からビート歌謡風に変化する自然な流れがさすがピーナッツという感じの佳曲。
しかしオススメはB面「恋のカーニバル」!同じ中村泰士作曲(作詞は安井かずみ)によるものですが、これが驚きのグルーヴ歌謡傑作なのです。鈴木邦彦作曲のグルーヴ歌謡名曲として有名な同年翌シングル「さよならは突然に」への系譜をばちっと踏んだソウルフル・ピーナッツの代表曲と言えるのでは。太くうねるボトムが最高にかっこいいです。以前から提唱している"中村泰士ポップス最強説"を裏付けるナンバーがまたひとつ増えて嬉しい限り。B面にしておくにはあまりにも惜しい一曲。盤質は概ね良好ですが、ジャケにややシミ。1200円

kennaoko_daisan
【7"】研ナオコ/第三の女 (東宝)
“◎◎の女”といえばこちらもそう。研ナオコの「第三の女」は74年に発売された東宝レコード時代の最後となる8枚目のシングルです。「京都の女の子」('72)や「うわさの男」('73)などのポップな楽曲を手がけた阿久悠×森田公一のコンビによる作品ですが、ここでは後のキャニオン時代〜特に中島みゆき楽曲を思わせる牝ブルージィ歌謡を展開。以前入荷したやさぐれ歌謡の名曲、津和のり子「ほれてふられてブルース」に通ずる気だるいホンキートンク・ブルースです。うーんカッコイイ…のちの路線を決める手ごたえを掴んだのかもなぁ。
B面「家へおいで」はうって変わって「京都の女の子」風のパーカッションが疾走するビート歌謡で、キュートさを覗かせるこちらも好印象。インパクト大!!のジャケットも最高ですよね。あらゆる事に恨みでもありそうな…。状態こちらもまずまず良好、1000円。


katase_mukimuki
【7"】かたせ梨乃&カツヤクキン/ムキムキマンのエンゼル体操 (VICTOR)
"45回転の女"なのにマッチョ?テレビ朝日「出没!!おもしろMAP」という番組から誕生したキャラクター、ムキムキマンの看板コーナー「ムキムキマンのエンゼル体操」テーマなのですが、歌っているのは今やフェロモン熟女優の代名詞というべきかたせ梨乃姐さんだから。Superstitionばりのファンクなイントロからの清水國明&クーコの口上で始まるのですが、直後にそれまで流れをぶった切る梨乃の白目むきそうな牧歌的脱力歌唱!抑揚無視でひたすらに歌う姐さんのナチュラル・ビブラートがなんか切ないです…。悪ふざけスレスレの作曲はなんと小坂忠。忠さんなにしはるんですか!こんなにも企画盤然としてるのに他にも作詞:景山民夫、衣装:小森和子(おばちゃま)、振付:山上たつひこ(「がきデカ」)とやたらにお金かかってそうなクレジットが。昭和は遠くなりにけり、でありますな。状態まず良好、1800円。

今日は朝からレコードが大量に入ってきまして、一日中整理に追われてしまってます。時間がない!とりあえず手の届くところから2枚だけ載せておきますね。

sharp5
【LP】井上宗孝とシャープ・ファイブ/ 日本の民謡 (canyon)
GS期以降のなんでも挑戦時代に残したシャープ・ファイブの民謡カヴァー集。「大漁唄い込み」「八木節」「安里屋ユンタ」「おてもやん」等、日本民謡のスタンダード・ナンバーをニューロック臭プンプンさせながら演奏しちゃってます!特におもしろいのは「ちゃっきり節」。グルーヴィーに揺れるリズムとプログレ定番楽器メロトロンの交錯!めちゃくちゃ自由やなぁ・・。
ジャケ良好、盤スレ有。残念ながら帯の裏面切れちゃってるんです・・・。1800円


mine_backie
【10"】ディック・ミネ、バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ/ ミネ・バッキーのコンビが贈る、二人の想い出 (teichiku)
戦前・戦後の人気流行歌手ディック・ミネとスチール・ギター奏者のトップに位置するバッキー白片・・流行歌ゴールデン・コンビが送る懐かしのヒット曲集。「上海ブルース」「夜霧のブルース」「人生の並木路」「ダイナ」「黒い瞳」等をジャズ&ハワイアンアレンジで聴かせます。曲間に入る親友同士の雰囲気でまくりの対話が微笑ましい!盤少しスレ、ジャケット上部に痛みあります。2300円


明日の祝日に向けていろいろ出していく予定です。とりあえずは整理終わらせないといけないんですが・・。見に来てくださいね〜!

↑このページのトップヘ