中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: 歌謡曲/懐メロ/流行歌

脳みそがとろけちゃう!あなたを魅惑のムードコーラス・ワールドにご招待!

mood_chorus1
【CD】V.A./ ムードコーラス・スペシャル〜秘密のカクテル〜 (toshiba)
監修・デザイン:秘密博士、黒沢進氏や鈴木啓之氏の全面協力で完成したムードコーラス玉手箱!通販限定のなせる業か、レコード会社の枠を越えてあらゆるコーラス・グループのやば〜いシングル曲を集めに集めちゃってます(全108曲)。一気に聴くと体を壊す恐れもあるのでですね、充実のブックレットに載っているアナーキーな曲名&グループ名で笑いつつのんびり聴くのがいいかも。「イライラ東京」「あなた以外はみんなバカ」「アカナイショ」「スパ・スパ・アタミ」「アロハまつり」「ビューティフルなお別れね」「メロメロ東京」…たまりまへんわ!もうお馴染みになった感のある内山田洋とクールファイブによる失神カヴァー「イエスタデイ・ワンス・モア」も入ってますよ!
限定発売だったので既に廃盤です。濃〜い昭和歌謡を欲してる方、このセットがあれば大満足間違いなしっすよ!CD6枚組+ブックレット付。状態良好、15800円

外箱&CDジャケットはめちゃ地味なんですが・・。
mood_chorus_2

mood_chorus_3


曲目はここをクリック!

今日はシングル盤よく入ってきてます。3枚だけですが載せておきますね。

mina
【7"】ミーナ/ 幸せがいっぱい (top rank)
「砂に消えた涙」でおなじみ、イタリア出身歌手ミーナのセカンド・シングル('60年発売)。映画『戦え!太陽』の主題歌、歌い上げ系のロッカバラードですね。以前にオールディーズファンにはお馴染みの“ジュークボックス・ジャケット”で入荷したことがあったんですが、今日入ってきたのはオリジナルデザイン・・・どっちが先に発売されたの?こっちのほうがかなり珍しいとは思うのですが。ジャケ、盤とも良好のコンディション!4800円


ishihara yujiro
【7"】石原裕次郎/ 天下を取る (teichiku)
源氏鶏太の週刊誌連載小説を松浦健郎が脚色し牛原陽一監督、裕ちゃん主演で製作された同名映画の主題歌。これも'60年発売っすね。古い!ハードボイルドなサラリーマン役を演じた裕ちゃん、ジャケットの姿も悠然としとります。歌も豪快そのものでして、あの渋い声で♪オイコラ参謀!抜かりはないか 嵐が呼ぶ呼ぶ 腕が鳴る♪なんて歌っちゃってるのです。ジャケ、盤ともに状態良好!2800円


kobayashi sachiko
【7"】小林さち子/ やがて二十才になる女 (victor)
なかなかに強烈なメイク・・・現小林幸子の苦労時代にリリース('71年)されたシングル盤です。作詞:阿久悠、作曲:平尾昌晃と巨匠が作っているのに売れなかったんですね〜。聴くと結構いい曲なんですけど。状態良好、2800円

ちょっとビックリしたんですが、小林幸子オフィシャルページのディスコグラフィ、めちゃくちゃ充実してます!デビューから現在まで、ほぼ全ての音盤がきっちり整理されてて。資料製めちゃ高い!大物歌手さんはこれくらいのものは作るべきでしょう!

久々にSP入ってきました。ちょい珍しい流行歌を3枚だけご紹介。

sp_frank nagai
【SP】フランク永井/ 有楽町で逢いましょう (victor)
フランク“魅惑の低音”永井氏の代表曲ですね。シングル盤はよく見れど、SPとなるとあまり入りません。SP時代の最後期である'57年発売ですもん、当然いえば当然か。カップリングは吉田正門下生、藤本二三代の「夢みる乙女」。こちらも超有名曲ですよね。歌詞カードありませんが状態良好。2500円


sp_takryama itsuro
【SP】竹山逸郎、中村耕造/ 異国の丘 (victor)
シベリアに抑留されていた兵士の間で歌われたという、戦後直後に発表された流行歌。作詞の増田幸治氏と中村耕造氏は実際にシベリア抑留兵だったらしいです。カップリングは「港が見える丘」で有名な“若きブルースの女王”平野愛子が歌う「星ひとつわが胸に」。歌詞カード付、状態良好です。1800円


sp_hujiyama ichiro
【SP】藤山一郎/ 東京ラプソディー (columbia)
昭和11年(1936年)に大ヒットした藤山一郎の代表曲のひとつであり、作曲家:古賀政男がその存在を全国に知らしめた名曲!今日入ってきたのは安藤まり子「月の浜辺」とカップリングで戦後に発売された再発盤なんですが、これもかなりのレア盤です。歌詞カード付、盤も驚くほどの美品!5800円

男の必須レコード!健さん、文太さんの揃い踏みだい!

ken_bunta1ken_bunta_2

【LP】高倉健、菅原文太/ 男〜健・文太 (teichiku)
60年代初〜中期におけるヤクザ映画最大のスターだった健さん。自らを律し、トレーニングすることで作り上げた美しい筋肉質の肉体・・日本一刺青が似合う男!「昭和残侠伝」「網走番外地・望郷篇」の主題歌&ドラマを収録したこのレコードで、義理と人情に命を賭ける男の世界を堪能すべし!
70年代実録路線最大のスターはなんといっても文太兄ィ!モデル出身のスタイリッシュなルックス、ドスの利いた広島弁・・本物よりも本物だわ!「あとがないんじゃ、あとが・・」「山守さん、まだ弾丸は残っとるがよ・・」他名セリフ満載の「仁義なき戦い」ドラマ編&おなじみのテーマ曲&兄ィの渋すぎる歌声にシビれる「吹き溜まりの詩」を収録したこのレコードで、リアルな男の世界を堪能すべし!
帯付、状態良好。予約特典だったらしいポスターは残念ながら付いてません。2800円

「およびでない!」の植木さんが堂々「ハイ!およびです!」とやってきてくれました。

ueki hitoshi
【LP】植木等/ ハイおよびです!! (toshiba)
真の大衆アイドル植木等が歌う流行歌&コミックソング集。ハマクラ先生作のフォーク歌謡「花と小父さん」「笑えピエロ」をまじめに歌ったかと思うと、無責任節を作り上げた男ともいえる萩原哲昌作「みんな世のため」「たそがれ忠治」でイメージ通りの無責任男に早変わり!大酒飲みで有名だった(?)内藤法美・越路吹雪夫妻が作った酔いどれ小唄「ウイウイ小唄」を、後の加トちゃんみたいに酔っ払いながら歌い、岩谷時子さん作の歌詞が素晴らしいほのぼの歌謡「パパと一緒に」では池田マミコちゃんとのデュエットであたたかい親子を歌い上げる・・やりたい放題の植木さん!笑わせ、泣かせ、楽しませる!この人の魅力が全て詰まったアルバムですね。
残念ながら帯無、盤(赤盤)・ジャケット共まあまあのコンディション。4800円

まずお知らせから。
1月8日から18日まで、阪急三番街でCD・レコードセールやります。ヒットポップス中心に新着CD400枚追加、レコードも定盤をどっさり持って行く予定です。お近くに来られた際は是非とも覗いてみてくださいね!場所等詳細は三番街ホームページでご確認ください。阪急三番街ホームページ



今日の新入荷はこれだよ〜!ピーナッツの10吋盤!!

peanuts
【10"】ザ・ピーナッツ/ 夢であなたに〜ピーナッツのポピュラー・ムード (king)
'61年リリース、ポピュラー・スタンダードをピーナッツ・カラーに染めて聴かせるカヴァー・アルバム。全編曲を宮川泰が担当、演奏は当然の渡辺晋&シックスジョーンズ!二人のことを知り尽くしている面々が盛りたてる中、「モッキン・バード・ビル」「プリテンド」「ラ・ラ・ルー」等のスタンダード・ポップスを時にジャジーに、時にスインギーに、時にしっとりと歌うピーナッツ・・めちゃ素敵です!
LKF規格のモノラル盤。ジャケットピカピカ!盤に少しくもりあります。7800円

紅白歌合戦の話題で(無理矢理)盛り上がってるこの時期、その紅白がまさに大晦日の国民的行事だったころの歌をどっさり集めたCD箱入ってきました。故阿久悠先生の作詞集、その名も『人間万葉歌』!

akuyu_manyouta1
【CD】五木ひろし、石川さゆり、ピンクレディー他/ 人間万葉歌〜阿久悠作詞集 (victor)
ピンクレディー、桜田淳子といったスター誕生組、ジュリーやヒデキといった男アイドル、五木ひろしや石川さゆりといった歌謡演歌などなど、'70年代ヒット曲の作詞クレジットにはどれだけ“阿久悠”という文字が刻まれているか!この箱に入っている108曲だけでは全く足らないんですが、それでもGS期〜70年代の歌謡シーンにおける阿久先生の唯一無二の存在感を実感するにはもってこいの作品集といえるでしょう。
全5枚組、各ディスクにテーマを決め、年代に縛られない分け方をしているのが特徴。1枚目『愛と哀しみの旅路』には、「熱き心に」(小林旭)「北の宿から」(都はるみ)「舟唄」(八代亜紀)等演歌方面から多く収録。
2枚目『スタア誕生』には、文字通りスタ誕時代のアイドルポップスを24曲収録。ピンクレディーのヒット曲は当然のこと、阿久・都倉ラインで復活をとげた山本リンダの「どうにもとまらない」「狙いうち」も入ってます。
3枚目『ショウほど素敵な商売はない』には、「時の過ぎゆくままに」「勝手にしやがれ」(沢田研二)「ジャガー」(西城秀樹)「笑って許して」(和田アキ子)等スター歌手の名曲を収録。革新的な作詞が評価された「白い蝶のサンバ」も入ってます!
4枚目「青春の光と影」には、「ジョニイへの伝言」(ペドロ&カプリシャス)「青春時代」(森田公一とトップギャラン)「時代おくれ」(河島英五)等フォーク・ニューミュージックから多く収録。マチャアキのベストソングのひとつ「街の灯り」、これこそポップス・スタンダードなキーヨの「また逢う日まで」、そのオリジナル・ヴァージョンでもあるズーニーヴーの「ひとりの悲しみ」も入ってます!
5枚目「人間万葉歌 1965〜2005」は特典盤扱い。最初に音盤として作品化された「モンキーダンス」(田辺昭知とザ・スパイダース)、和ガレージ傑作にして阿久先生の最初のヒット曲「朝まで待てない」(ザ・モップス)、列車での旅を想像する時のBGMはやはりこの曲「三都物語」(谷村新司)、まさかのシナロケ「ロックの好きなベイビー抱いて」等そんなにヒットしてはないが重要だと考えた楽曲を阿久先生自ら選曲!

いや〜、先ほど足らないなんて言ってしまいましたが、凄いボリュームっす!曲だけじゃなく、北沢夏音氏によるロング・インタビューも感涙ものですよ!超美品、5980円

akuyu_manyouta2akuyu_manyouta3

永遠の大スター、裕ちゃんのシングル入ってきました。かっこええわぁ・・。

ishihara yujiro
【7"】石原裕次郎/ 俺は待ってるぜ c/w 狂った果実 (teichiku)
'57年2月にリリースされた「俺は待ってるぜ」と、裕ちゃんのデビューシングル('56年8月発売)「狂った果実」をカップリング収録したシングル盤。「狂った果実」のオリジナル盤は相当にレアでして、デザインもこのシングルとは異なります。今日入荷したのはセカンド・プレス盤になるのかな?顔写真も微妙に違うものが使われていたり、ジャケットの配色も数種類あるようでして(緑だったり、青だったり、黄色だったり)、レコ屋に勤めて数年になる今でもリリース順をきちんと把握できてないのです・・。50年代プレスというのは間違いなさそうですが。
裏ジャケにシミありますが、破れも無く良好のコンディションだと思います。盤も薄いスレ程度。3500円

五木ひろしと並ぶ歌謡界きってのエンターテイナー、前川清が歌うラテン・アルバム入ってきましたよ〜!

maekawa kiyoshi
【LP】前川清(歌) 内山田洋とクール・ファイブ(コーラス)/ 愛・トリステ (RCA)
池田満寿夫氏作のジャケット・デザインも印象的な'83年作。「リラの恋人」「オルフェの歌」「ある恋の物語」等ラテンの名曲を歌った作品ですが、全て日本語で歌ってるってのがいいね!唯我独尊の道を行く前川清はやはり日本語で歌わないと。おそらくどんなにラテン・アレンジを効かせても清が歌えばすべて前川色に染まってしまうんです。だからなのか、ラテン色は思った以上に薄め、やっぱりね!と拍手したくなるソウルっぽさ全開です!前川清ほど歌にソウル・フィーリングが自然と宿る人はいませんから!
帯付の美品、意外と入ってこないレコードです。2800円

今日の新入荷はテレサ・テンのライヴ音源&映像。痺れます・・。

teresa teng_LD
【LD】テレサ・テン/ コンサート・ライブ (taurus)
1985年12月15日、NHKホールでのコンサートの模様を収録したレーザーディスク。ロバータ・フラックみたいな髪型のテレサ・テンが熱く歌い、しっとりと聴かせる全15曲。オープニング直後に歌うポリドール時代の傑作「空港」、ファンじゃなくても知ってる「つぐない」「愛人」、胸が締め付けられる「何日君再來」・・・アジアの歌い手テレサ・テンの全てが詰まった54分間です。これが彼女のラスト・ソロ・コンサートだったんですね。定価7800円の帯付初版、良好品です。3800円


teresa_teng_CD
【CD】テレサ・テン/ コンサート・ライブ (taurus)
上のLDと同じコンサートを収録したCD。一緒に入荷したので載せておきますね。ギターで吉野藤丸参加してる!コーラスに伊集加代子さんのクレジットあり。帯付美品です。'98年の復刻盤ですが今ではこれも廃盤の模様。2280円

↑このページのトップヘ