中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

カテゴリ: Soundtrack/Theme

梅田三番街レコードセールも今日を入れて残り4日になりました。最後までしっかり商品補充します!ぜひとも足をお運びください。


もう何度目でしょう?またもやサントラCD入荷です。2枚ご紹介。

tropico di notteARMANDO SCIASCIA/ tropico di notte (hexacord)
アルマンド・サッシャが音楽を担当した、1960年代でもっとも有名なモンド映画のひとつ「tropico di notte」のサントラ盤です。サウンドはというと、ツイストにスイング、ボサノヴァ&サンバ・・ずばり'60年代!!1500円


spasmoENNIO MORRICONE/ spasmo,cosa avete fatto a solange? (BMG)
もうおなじみになった感すらするモリコーネ作品ですが、今回は「spasmo」と「cosa avete fatto a solange」の 2in1 CD。全23曲収録。「cosa avete fatto a solange」の同名タイトル曲における、哀愁漂うスキャットが聴きどころ。2000円



最近はCDの入荷が続いてます。おなじみのサントラから歌謡曲、イージーリスニング・・・あとはロックが大量入荷してくれたら完璧なのです!買取切望!!

belmondoENNIO MORRICONE−JEAN-PAUL BELMONDO/ 3 complete soundtracks (DRG)
黄金コンビ!?エンニオ・モリコーネ:音楽、ジャン・ポール・ベルモンド:主演映画3作品(「パリ警視J」「プロフェッショナル」「華麗なる大泥棒」)のサントラを収録した2枚組CD。5曲の未発表曲も収録。'99年に発売されたようですが、現在廃盤の模様。買いでしょ!!2300円。


rockabilly平尾昌章、山下敬二郎 他/ 甦るロカビリー天国 (キング)
和製ロカビリー・・多少の勘違いを含んだそのサウンド&ヴォーカルはハマると抜けれない魅力たっぷり!平尾先生はこの当時からネチャっとした歌声でらっしゃる!尾藤イサオは発狂寸前では?なんて思うほど熱いヴォーカルを。山敬が一番悪そうですなぁ・・。リアル・ロッカーズ!!他に佐々木功(日本のエルヴィス!)、鈴木やすし、ミッキー・カーチス、ダニ−飯田とパラダイス・キングを収録。仲良く3曲ずつ入ってます。


他にも懐メロCD入ってます。倍賞千恵子の6枚組BOXなんてのもあり。

昨日はメッシ&テベスのワールドカップ・デビューゴールに大興奮!18歳と22歳ですよ・・。我が代表は最年少が24歳。悲しくなる現実ばかりが見えてくるワールドカップになってます。朝から降り続く雨がいっそうテンションを下げてくれるし・・。


入荷が続くサントラCDから1枚ご紹介。
footprints in jazzMARIO NASCIMBENE/ footprints in jazz (hexacord)
巨匠マリオ・ナシンベーネが残した壮大な映画音楽の数々はいまだにサントラ・ファンを魅了しているわけですが、今回紹介するこのCDを聴くとナシンベーネの印象ががらっと変わっちゃいます!
まさに驚愕の未発表音源集!といった内容です。スイングせずにはいられないビッグバンド・ジャズが出てきたと思ったら、今度は「ア○ッド決めてるんじゃないの?」と疑いたくなるほどのサイケデリック・サウンドが登場!ジャケットから「もしや?」と思われた方もおられるかと思いますが・・もちろん電子音楽も入ってます。まさかナシンベーネがこんな音を録音してるなんて。驚きっぱなしの全26曲。2000円です。


サントラ・アゲ・アゲ・アゲイン!!3枚ほどご紹介。

morricone_3ENNIO MORRICONE/ gente di rispetto,spasmo (BMG)
75年作「gente di respetto」&74年作「spasmo」の2in1。これぞモリコーネ!なサスペンスフル・サウンドを堪能できる前者と、カルト・ホラー・ムーヴィーのサントラとしては意外な感じすら受ける美しいヴォーカル・ワークとメロディが素敵な後者。どちらもモリコーネを知る上で欠かせない要素を含んだサウンドです。1000円。


alessandroniALESSANDRO ALESSANDRONI/ suor omicidi,lo strangolatore di vienna,lady frankenstein (beat)
こちらは3in1。なんといっても「suor omicidi」(邦題:レイプショック)でしょう!「キラーナン」なんて言い方もされてる殺人尼僧映画。尼僧役は美人で巨乳なスウェーデン人女優アニタ・エクバーグ。次々殺していくらしいです・・・。共演も豪華で、ジョー・ダレッサンドロ(アンディ・ウォーホル・ファミリー!)と名女優アリダ・ヴァリ。サウンドのほうはまさにこの映画に相応しいサスペンス・サウンド。他に「lo strangolatore di vienna」(邦題:ザ・ブッチャー)と「lady frankenstein」(フランケンシュタイン/娘の復讐)の音源を収録。2000円。


jean gabinJEAN GABIN/ chansons et musiques de films (silva france)
最後はフランスの名優ジャン・ギャバンのCD。タイトルを直訳すると“映画のための歌と音楽”てな感じでしょうか。豪華なブック仕様で、ジャン・ギャバンの写真がいっぱいのブックレットが内ページに。渋い歌声だあ!1280円。

またまた良質サントラCD入荷しました!!

il federaleIL FEDERALE O.S.T. (digitmovies)
邦題「ファシスト」。1961年作。なんと巨匠エンニオ・モリコーネの最初の映画音楽盤!2分前後の短いトラックが中心で、その内容はいかにも戦争映画!なマーチ・サウンド。猛々しかったり、悲しかったり。後々のモリコーネ作品にみられる、不協和音を使った曲作りの芽生え的サウンドをすでに聴くことができるのが驚き!1500円。



morricone_pasoliniENNIO MORRICONE/ per il cinema di PIER PAOLO PASOLINI (gdm)
こちらはモリコーネのパオロ・パゾリーニ作品集。イタリア映画を支えた偉大なコンビ。「大きな鳥と小さな鳥」(66年)、「テオレマ」(68年)、「カンタベリー物語」(72年)、「アラビアン・ナイト」(74年)などの音源を収録してます。1200円。



del potereIL PREZZO DEL POTERE O.S.T. (cam)
邦題「怒りの用心棒」。1969年作のTV映画。アメリカ合衆国の運命を左右したともいえる、'63年のケネディ大統領暗殺事件を題材にした政治色の強いウエスタン・ドラマ。テレビ番組ってことで日本では放映されてないみたいですが、ビデオ発売はされているらしいです。音楽担当はルイス・バカロフ。1500円。

70年代のアクション・ドラマの音源を中心に数々のレア音源をリイシューしてきた『ミュージック・ファイル・シリーズ』。山下毅雄や大野雄二、三保敬太郎の再評価にも確かな影響を与えた再発シリーズです。

deka hits今日の新入荷「刑事(デカ)ヒッツ」は数ある『ミュージック・ファイル・シリーズ』作品の中からアクションドラマに絞って音源を収録したCDです。「キイ・ハンター」やら「非情のライセンス」やら「特捜最前線」やら・・嗚呼なんてかっこいいんや!山下毅雄氏の「プレイガール」は初期に使用されたヴァージョンを収録。グルーヴィ!グルーヴィといえば大野雄二氏の「大激闘のテーマ」も見逃せん!ルパンだけじゃないっすよ、この人は。だけどやっぱルパンぽい音・・。三保敬太郎氏の音源は「ザ・ゴリラ7」が入ってます。ミホケイ版ヘッドハンターズ!?すごいファンキー!!
“聴け!!パンチの効いたモノラル・グルーヴ”(帯より)ジャケットも盤もピカピカなコンディションです。1400円。


日本の映画&テレビドラマのサントラ盤、CD・レコード問わず高価買取中です!60〜70年代ものは特にがんばっちゃいます!!お問合せは左メール・フォームもしくはお電話でお気軽にどうぞ!

今日の新入荷CDご紹介します!

oretachino_kunsho'75年に放送されたTVドラマ「俺たちの勲章」のサウンドトラック「伝説のアクションドラマ音楽全集〜俺たちの勲章MUSIC FILE」でございます。「俺たちの勲章」と言えば今は亡き名優・松田優作演じる破天荒で自分の道を貫き通す2年目刑事中野祐二と、青春ドラマ帝王として君臨していた中村雅俊演じる生真面目で融通の利かない新米刑事五十嵐貴久の二人のコンビの成長を描いた青春刑事物語。「太陽にほえろ!」のジーパンを卒業した松田と、青春ドラマ「俺たちシリーズ」でヒットを飛ばした中村という一見ミスマッチのようなコンビが描く異色作ですね。最近でもCS放送されたりもして私も見てました。水谷豊がゲストの回がまた良いんですよぅ、本当に!!

何が良いって、この相反する二人が回を追うごとにお互いに認め合ってくるというあの「ザ・青春!」な感じがたまりません。有名なお互いのタバコに火をつけ合うラストのシーンがもう…黄金の70年代を感じさせちゃって。70年代青春期が羨ましく思ったりもします。

さてサントラ的情報を申しますと全作曲を手がけるのは、あの吉田拓郎とチト河内のお二人。この人たちがサントラ!?と思ってしまいそうな面子ですが、これが意外な程によくあっております。本CDは1〜10曲目までが東宝レコード復刻音源で、それ以降がマスターテープ未発見楽曲のフィルム抜粋というお宝音源になっております。それもそのはず!このドラマ、当初の1年放送予定が番組放映中に起きた松田優作の傷害事件にて19話で打ち切りという憂き目にあっておるのです。お宝音源の方はフィルム抜粋という事で音質的には厳しい面もありますが、このエピソードごと買い!って感じで一つお願いします。というかTVサントラはやはりテレビ音源で聴くのが良いのでは…と思わないでもないのですが。

帯が無いんですが盤の状態は美品です。1500円

GW最終日の日曜、雨模様です。残念。

soundtrackagain「雨が降ったら出す!」、いつの間にかそういう規定を作っております2号店。本日も例に漏れることなきようどんどん出荷しておりますよ。今日は昨日このブログでもちらほらりと告知しておりましたが、サントラ盤が立て続けに入ってきておりますんでそちらを次から次に出荷中、そう、サントラ・アゲインなのでございます。

先日始めたサルサ特集の前に大ロングラン企画となってくれたサントラ特集でしたが、特集終了後も入荷が続々とございます!今日はシングル盤中心にがっつり出しておりますえ。一部をここにてご紹介そいます。

pinkまずは最近リメイクが制作されております、「ピンクパンサー」の第2弾「ピンクパンサー2」。音楽はもちろんヘンリー・マンシーニ楽団であります。やはりクルーゾー警部はピーター・セラーズでないと。600円


suspelia2続きまして第2弾つながりから「サスペリア2」のシングル。ジャケット中央に吊るされた人形が怖すぎるシロモノ。こちらも音楽を務めるは第1作でも手がけたプログレバンド・ゴブリンであります。赤い深淵と大仰な邦題付。600円

akumaga怖すぎる!と言えばこちらも負けておりません。金田一耕助シリーズ「悪魔が来たりて笛を吹く」サントラ盤。日本ジャズ界への肉薄「銀界」でお馴染みの山本邦山が作曲を手がけてます。但し金田一役は西田敏行!微妙!!800円

7_cop日本が誇るサントラ野郎と言えば山下毅雄。先頃亡くなられましたが、ヤマタケの代表作が入荷であります。「七人の刑事」。低〜いハミングが無頼感漂う本編よりも、パーカッシヴなB面(昭和36年〜放映の旧作)の方がいい感じです。1000円

bilitis最後はエロス責め。フランス映画「ビリティス」のサントラ盤。若いお嬢さんが肌もあらわに寄り添っておられます。なるほど監督は元グラビアカメラマンのデヴィッド・ハミルトン氏。確かに非常に「画的」です。音楽は仏映画と言えばこの人、フランシス・レイによるスコア。オパイが丸見えでございます。800円

他にも色々入荷中。雨にも負けず、いらっしゃいませ。

今日もいろいろ入ってます。簡単にご紹介。

U2U2/ pride (polystar)
今や実質的に世界一でかいロック・バンドといっても過言ではないU2。そんなU2の84年にリリースされた日本盤シングル。LP『焔』からのカットですね。痺れる、痺れまくるミディアム・チューン。日本の80’sソングにも多大な影響与えてますね。似たような(?)曲結構ありますもの。1000円。

lupin大野雄二/ ルパン三世 オリジナル・サウンド・トラック (columbia)
(新)ルパン三世ですな。大野雄二の出世作!(言い切りたくはないですが・・)大野ルパンはオシャレさ溢れる音作り。危なさ、スリルってところはヤマタケ版ファースト・ルパンにかないませんが、クロスオーヴァー・サウンド好きにはこちらのほうが好まれるかな!?帯付 2000円。

morriconeENNIO MORRICONE/ danger diabolik O.S.T (pallottola foro)
最後は今日の目玉です!邦題「黄金の眼」、'68年のイタリア映画サントラ盤です。音楽担当は巨匠エンニオ・モリコーネ。時代やなぁ・・思わず納得!の全篇サイケなロック調サウンド。チープなエレクトリック・ギターがイカス!「Driving Decoys」がオススメ!イタリア盤CD 2000円。

僕が子供の時、夏休みや冬休みの再放送で観たヒーローはウルトラマンでした。『帰ってきたウルトラマン』が一番好き。セブンは人間と同じ大きさで戦ったりするのがどうしても馴染めなかった。子供ですから・・わかりやすさが欲しかったのです。
今でもそのへんのヒーローものの主題歌はちゃんと歌えたりします。再放送でもこうなんだから、番組がリアルタイムで始まった時の子供たちへの衝撃はそれはそれは凄まじかったでしょう。

syudaika
ウルトラマンがヒーローものの元祖であるはずもなく・・テレビが誕生した直後のモノクロ画面にも子供たちの憧れとなるヒーローが存在しています。今日の新入荷LPはそんなモノクロ時代のヒーロー番組主題歌を集めたレコードです。
帯にでかでかと書かれた“これ知ってるかい?”の文字。ほとんど知らない(歌えない)です、僕。それはさておき、収録内容ですが・・
SIDE A
「ナショナルキッドの歌」
「チロリン村とクルミの木」
「豹の眼」
「ホームラン教室の歌」
「風小僧」
「少年ケニヤ」
「少年忍者風のフジ丸」
「七色仮面の歌」

SIDE B
「マグマ大使」
「一丁目一番地」
「江戸の隠密渡り鳥」
「バス通り裏」
「快傑ハリマオ」
「ママちょっと来て」
「遊星王子のうた」
「アラーの使者」


どうです?昭和30年代に多感な時期を過ごされた方は特に胸いっぱいになるラインナップでしょ!「アラーの使者」って・・今ではちょっとタイトルにはできないような気も。「ホームラン教室の歌」野球がナンバーワンだった時代ならではですな。巨人・大鵬・卵焼き…

帯付、美品です。特撮コーナーに飾ってます!2500円

↑このページのトップヘ