今日から3月、緊急事態宣言は解除されましたがしばらくの間は11-19時での営業を続けます。ご了承くださいませ。

オールジャンル絶賛買取強化中です!
flyer2020_A
flyer2020_B
着払いでの郵送買取も随時受付中。皆様からの買取だけが頼りです!お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ。
TEL:06-6631-0571
MAI:rs_naka_second@hotmail.co.jp



愛を語るのに言葉は要るのだろうか?それとも見つめ合う笑顔さえあればいいのだろうか…

koi no natsu
【7"】林光(音楽)/ 映画『恋の夏』o.s.t. (toho)
海がLa Merで、女性名詞であることを知った時‥と詩ったのは寺山修司ですが、そんなフランス語を話すある男(ルノー・ベルレー)と、日本語しか話せないある女(小川知子!!)が投げ出された海の上で追う愛の発芽‥1972年の日本映画『恋の夏』(恩地日出夫監督作品)サウンドトラック7吋盤です。音楽は林光が担当、波の音から始まるテーマAは二人の心の動きを克明に捉えたかのような美しくも儚いストリングス・ミュージック。
※試聴「林光/ 恋の夏 テーマA」

一方、テーマBのほうはシンプルながら弾むような印象を受けます。恐らくはエンディングで流れたのではないかと予想。
※試聴「林光/ 恋の夏 テーマB」

'70年代初期の日本映画に宿るアーティスティックな面、良い意味での左翼的味わいはサウンドトラック方面からもいま一度捉えるべきなのかもしれません。ただ音盤化されていないものが多すぎるんだよなぁ…

ジャケット、盤ともに良好。SOLD OUT
BASE店にも掲載します。



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。