何もかも失ってしまうかもしれない僕らのための歌。

row1
【7"】ロウ/ 失われたもの達 (toshiba)
ポニーテールの前身グループ、後のラジ在籍‥そんなことはさほど重要ではない気がします。山上路夫-村井邦彦コンビが1973年に生み出したこの曲は時を超え、今まさに我々の心の奥底に響く"現代のうた"として存在します。

なぜ人は時の中をいつも流され 失うことを重ねて生きていくの いつの日も‥♪この歌詞に全てが詰まっている気がして。我々はこの先一体何を、どれだけ失って生きていくのでしょう。

ある意味救いになっているのがB面「空が青いよ」(作詞・作曲:相馬淳子、編曲:青木望)でしょうか。
※試聴「ロウ/ 空が青いよ」
別れた、失ったその先を照らす空の青さ!ソフトロックなA面よりもフォーク色が強い作品ですがこちらに希望を感じます。名曲。

ジャケット、盤(赤)ともに良いコンディションです。珍し盤。SOLD OUT
BASE店にも掲載します。
row2
row3



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。