本日はまずお知らせから。

明日19日(水)は定休日です。
お問い合わせへの返信等は翌20日(木)からとなります。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいませ。



田口史人さん著、円盤のレコブックシリーズに待望の新刊到着です!
ズバリ〈 青春を売った男達 ー小椋佳と井上陽水の七〇年代ー 〉
recobook_seishunouttaoktootachi

大阪で開催されたここ数回のレコード寄席でも毎回必ず話題に上り
個人的にとても楽しみにしていたテーマです。
日本で最もアナログレコードを売った男達といっていい
小椋佳、井上陽水とそして二人の後ろですべてを仕掛ける謎のプロデューサー、多賀英典の物語。
recobook_seishun

レコード屋によく訪れる方なら廉価エサ箱のレギュラーとしてきっとお馴染みだとは思いますが、しょっちゅう見かけるけれど手にとった事はないという人が大半でしょう。
しかし全国の中古盤屋にあれだけの量の在庫があるということはつまりそれの数倍以上の数を販売しているということなのです。小椋佳の名を上げた「彷徨」を始めとするサウンドトラック風コンセプト・アルバム群とそれを追いかけるように誕生したニューミュージック界の巨人、井上陽水の席巻は70年代の日本における青春の象徴そのもの。その裏で暗躍する多賀英典が繋ぐ人間関係や思惑を紐解くことでなぜこれほどのビッグセールスをたたき出せたのか。青春とはなんだ!?その答えが見えてくるかもしれません。まさに70年代文化史でありレコード民俗学!

ディスクガイドの類とはまた全然違う田口さんの本や考察は音盤の内容だけでなくそこに絡む人間模様、文化的背景や世相を立体的に巡らせてあるからいつもホントに面白いし得心しちゃうんですよねぇ。

「今、小椋佳の本を書いてます」と田口さんから聞いた時から本当に楽しみにしていたんですが、その後興奮した様子で「producerの多賀英典の目論見では、ファースト「青春」のモチーフがアイザック・ヘイズだったというこの事実(笑)」と再度連絡をいただいた時の高揚感!
この本は絶対面白い!!!と確信しました。

多分、この予想は当たってます。
私も購入して読みますよ〜。
レコード屋さんで見かける小椋佳の文字に惹かれる人が現れるといいな笑

本日より店頭販売開始してます!1000円+税

※併せまして既刊タイトル9冊も全部揃っておりますよ〜。ぜひぜひレコ屋通いのお供に♫
enban_recobook



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。