令和の夏、ナカレコの夏。natsukayo2019_tasogare_web
レア度や価格にこだわらず、夏に聴きたい国産ポップス《ナツカヨ》を
弊店の独断と偏見でご提案するこの企画、今年も開催の運びとなりました。

12年目。干支一周しちゃったよ、まいったな。
しかしなんだかんだでこれやらないことには夏はじまらない、
ナカレコ年中行事化してしまったのでグズグズ言わずに今年もやります。
皆様の夏を彩る一枚を見つける参考にしていただければ幸甚でございます。

****

とは言うものの12年もやってると選盤にも大変苦労するもの。
ナツカヨ特集やった次の日から来年に向けて収集がはじまります。
ナツカヨ特集に使えそうな盤を見つけると、とりあえず❝イケス❞に入れておくんです。

今年もそうしてポイポイ集めたレコードを
さてそろそろ絞り込んでいこうかいな、と❝イケス❞から揚げてみると
あらま、なんということ。
思ったよりたくさん入ってるじゃないの。
一考を投じる。
ここからさらに上位決定戦をするのもなんなので
えーい、いてまえ。と全部出すことにしました。

****
ということで2019年のナツカヨ盤、
前中後編の三夜に渡って紹介してまいります。マジカヨ。

掲載盤は7月21日(日)午前11時より店頭に並びます。
今年も全レコ試聴音源つけておきますので
どれにしようか考えておいてくださいませね。
ではぼやぼやしている暇はないのでサクサクまいりましょう。


🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴

特集:ナツカヨ2019 夏の一枚。は7月21日(日)午前11時からの販売開始です。
掲載商品へのお問合せや通信販売については
翌22日(月)からの対応となります。
受付開始以前にお問合せを頂戴しても返答できかねますので
あしからずご了承くださいませ。

🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴


ナツカヨ2019の夜明けぜよ!
snider_rise80
【7"】スナイダー / ライズ'80〜真夏のイブ〜 (オレンジハウス/徳間音工)
珍し盤からスタートできてよかった♬あったんや!とガッツポーズ。スナイダーなる謎の女性シンガーが歌うご存知、ハーブ・アルパートの超大ヒット〈Rise〉の日本語カバー。カバーと言ってもたかたかしの訳詞&深町純のアレンジでゴージャスなディスコ仕様にチューンアップ。原曲にも入ってたハンドクラップを活かし、流麗なストリングスとヒップなベースラインでフロア受けも間違いなしのディスコ・ダンサー!

試聴:「スナイダー / ライズ'80〜真夏のイブ〜」

saitokeiko_goodbyeseason
【LP】斉藤慶子 / サード・アルバム Good Bye Season (UNION/テイチク)

在学中のJAL沖縄キャンペンガールから川島なお美の後任ミスDJリクエストパレードという華々しさでそのキャリアをスタートさせた才色兼備の女子大生アイドル、斉藤慶子も急に大人びて見える84年のサード・アルバム。歌手向きとは言いにくい歌声なんだけど、その初々しさや隣の女の子感に親しみを覚える現代アイドルの雛形と言えるのかも。彼女にちょびっと不足してるはつらつキュートさを補填するガーリィ・コーラスも最高なフリー・ソウル歌謡「キャンディー・ラヴ」がとにかく素敵。聖子ちゃん「小麦色のマーメイド」ぽさもあるよね。乙女シーサイド・ポップ「秋の渚で」やエレガント・ボッサ「Good bye season」も彼女の声質に合っていてときめいてしまいます。ヴィジュアル方面の慕情を満たすフォトブックレットもよろし。

試聴:「斉藤慶子 / キャンディー・ラヴ」
試聴:「斉藤慶子 / 秋の渚で」
試聴:「斉藤慶子 / Good Bye Season」


bound_ontherock
【7"】バウンド / オン・ザ・ロック (ALTY/アポロン音工)
上田正樹ちっくなハスキーヴォイスの古田光郷を中心に結成、ソウルとロックンロールを基盤にエスノ・ミュージックの多彩なエッセンスを散りばめた京都のゴキゲンバンド、バウンドのデビューシングル。享楽的ファンカラティーナでオン・ザ・ロックのグラスを空けまくる愉快痛快なダンス・チューン!真夏のパーティーを活気づけることうけあい。DJ諸氏必携です。今年のパーティーは酒が出るぞ!!

試聴:「バウンド / オン・ザ・ロック」


lily_modernromance
【7"】りりィ / ペントハウスで恋をして [B面] (invitation/Victor)
82年発売。B面「ペントハウスで恋をして」がニューウェイヴィなカリビアン・ポップでほんとに名曲。ハスキーで癖のある声やや抑えスウィートなヴォーカル、りりィこんなテイストもいけるんだ!と驚かれる方もいるのではないでしょうか?Could I Dance For You〜♪一球入魂コーラスがめちゃめちゃ聴いてる。伊藤銀次アレンジの辣腕。

試聴:「りりィ / ペントハウスで恋をして」


tube_summercity
【7"】チューブ / サマー・シティ (CBS SONY)
ナツカヨにチューブを選ぶことになるなんてこの企画始めた頃には考えもしなかったな。昨今の80-90'sリバイバルですっかりこの辺りの音楽への抵抗が消え失せた。どこまでも高く飛んでく脳天唐竹割りのビッグ・サマー・チューン!そりゃみんな夏にチューブ聴くわけだよ。海や太陽に皆目縁のない自分でもぶちあがっちゃう。タイトルの字余り感がバブルだぜ!なB面「恋すれどGood-Byeはいつも背中合わせ」の意外な摩天楼なサウンド・メイキングは若いシティポップ好きにも訴えそうな予感。

試聴:「チューブ/ サマー・シティ」
試聴:「チューブ/ 恋すれどGood-Byeはいつも背中合わせ」


princessprincess_sekaideichibanatsuinatsu
【7"】プリンセス・プリンセス / 世界でいちばん熱い夏 (CBS SONY)
でもってLate 80'sの特大サマー・ヒットと言ったらこれでしょ!元々は杉真理、須藤薫、南佳孝らが参加した86年のコンピレーションLP「Summer Lounge」収録楽曲として制作されたもので、翌87年にセカンド・シングルとして発売。その後「Diaimonds」でのブレイクで再燃、再びシングルリリースされた経緯もありつつ、今も耳にしない夏はないってくらい納得のロングラン・ナツカヨ。オリジナル版で届いております!笹路正徳アレンジで完全無欠。夏を楽しむならば持ってなくてはいけない!!

試聴:「プリンセス・プリンセス / 世界でいちばん熱い夏 」


nakazawahatsue_sweetsummerlady
【7"】中沢初絵 / SWEET SUMMER LADY〜年下サーファー・ボーイ (RCA/RVC)
タレント漫画家・山咲トオルのお姉様の沖縄アイドル、中沢初絵たまの86年シングルはキュートなドキドキ・サマー・ガール・ポップ大大名曲。結構難易度の高そうな楽曲ですが、これがデビュー曲とは思えない大胆不敵な歌いっぷりで見事に決めてます!声もめちゃくちゃかわいいの。80’sポップスの帝王〜船山基紀アレンジ、イントロの「スローモーション」っぽい鍵盤からその輝きは約束されているな。

試聴:「中沢初絵 / SWEET SUMMER LADY〜年下サーファー・ボーイ」


pinky_yoakenominato
【7"】ピンキー / 夜明けの港 (KING)
ピンキラ脱退後、4枚目となる73年ソロ。みんな大好きな「グッド・バイ」の次作シングルで、同じLPにも収録されちゃってるんでちと影が薄くなってると思うのですが、シングルで単体で聞くとどうですこれ、かなりかっこいいと思いません?鈴木邦彦作編曲、オールスターズ・レオン演奏による灼熱のラテンロック歌謡。パーカッション&ブラスも総動員したゴージャスな編成、サンタナばりのリードギターがねっちりと絡んで腰をホールドします。堂々たる歌いっぷり、クワバタオハラなんぞ足元にも及ばない女前!

試聴:「ピンキー / 夜明けの港」


konyoko_lovesong
【LP】今陽子 / ラヴ・ソング (KING)
そしてピンキー・アゲン!今陽子名義の77年発売LP。カバー曲を中心に全編に渡り上田力が編曲を担当したソフィスティケイテッド・ヴォーカル・アルバムで、これが目を見張る‥いや耳を聞き張る極嬢の味わいなのであります。ナツカヨ・チョイスはアントニオ・カルロス・ジョビン〈波 (WAVE) 〉のカバーがなんと言っても秀抜。軽やかだけど気風の良さも随所に覗かせて気持ちのいい詠唱、演奏はCTI風のクロスオーヴァー・グルーヴで上田力の骨頂。アレンジ・マジックという点ではオリジナル曲の「ブルーバースデー」の面白さも特筆しておきたい。歌自体はソウルフルなやさぐれ歌謡調なのにイントロとサビで強引に上田力化してるの笑うしかなくて最高。ラテン名曲の〈時計 (EL RELOJ) 〉はちょっとアップテンポの柔らかくドリーミンなアレンジで作中のオアシスだし、アルバムを通してじっくり堪能したい名盤だと言えましょう。

試聴:「今陽子/ 波 (WAVE)」
試聴:「今陽子/ ブルーバースデー」
試聴:「今陽子/ 時計 (EL RELOJ)」


shadow_omoidegal
【7"】シャドウ / 想い出ギャル (CBS SONY)
どんなに素敵な涼盤を聴いても耐えられない酷暑もある。暑い夏なんてさ!なんにも!考えたく!ないんだよ!!!そんな頭に剛速球で入ってくるどストレートなロック・ナンバー。あなたも気がつけば拳を突き上げ《バイバイ想い出ギャル!涙で見上げるギャル!》と歌ってしまうに違いない。一瞬、もしかしてこれがロックンロールの解答なんじゃないの?なんて思ってしまう有無を言わさぬ説得力がこの曲にはアル!(ギャル!の口調で)

試聴:「シャドウ / 想い出ギャル」


haradayoshio_niceagain
【7"】原田芳雄 / ミッドナイト・カフェ [B面] (PHILIPS)
AGFマキシムアイスコーヒーCMソングに起用された85年作。アレンジでなく船山基紀の作曲(編曲は大野久雄)によるトロピカル・テイストの漢クロスオーヴァー、この人が歌うと否が応にもブルーズ感が滲み出てしまうな。A面も夏に相応しい雰囲気だけどナカちゃんはB面「ミッドナイト・カフェ」を激推し。カフェと言ってもこちらはコマーシャルには不向きなド渋い夜レゲエ。ただただかっこいい。歌う芳雄ちゃんはやはりこっちでなくては。

試聴:「原田芳雄 / ミッドナイト・カフェ」


sawatamaki_amenojamaica
【7"】沢たまき / 雨のジャマイカ (Victor)
オネェこと沢たまき様、84年発売のアナログ・ラスト7吋。ハスキー繋がりでそうなったのか、姐御のドス声に違和感が全然ない南佳孝提供楽曲。「二人のスローダンス」と改題・改詞したセルフカバーも発売されていますが、ライトメロウな南盤に比べて思いっきり夜のムードを漂わせた渋すぎるアダルト・アーバン歌謡の沢たまき盤こそベター。そして夏に聞くなら桐ケ谷仁作曲のアンニュイ・ボッサのB面「虹の向こうから」も忘れてはいけません。マニッシュなA面と対象的なフェミニン・ヴォーカルも素敵ですのよ。

試聴:「沢たまき/ 雨のジャマイカ」
試聴:「沢たまき/ 虹の向こうから」


surfriders_gowest
【7"】サーフ・ライダーズ / ゴー・ウエスト (invitation/Victor)
ワイルド・ワンズの歌うドラマー植田芳暁率いるサーフ・ライダーズ。和製ビーチ・ボーイズ・サウンドで以前にも「黄色いワーゲン」取り上げたことがあるけど、今年はまさかのヴィレッジ・ピープルの日本語カバーとはね。GO WEST!!と高らかに歌う力強いボーカルでウェストコーストの風いずこ?な熱唱ディスコ。バンド的には末期なんだろうけど、ディスコをやらせても爪痕残す熱い仕上がり。ジャケまでばっちりカバーしちゃうしね。ベテランの意地!

試聴:「サーフ・ライダーズ / ゴー・ウエスト」


yaya_lambada
【7"】やや / ランバダ (東芝EMI)
人気盤ほいきた!「夜霧のハウスマヌカン」でおなじみのややによる90年の起死回生ヒット「ランバダ」日本語カバーのプロモ7吋。石井明美バージョンとは一味違った湯川れい子訳詞版。いきなり《想い出は五色の紙吹雪》なんてドメスティックな言い回しでワクワクします。❝ヒマラヤミキ❞って名前で平山三紀のそっくりレコード出してた経歴もあるだけあってねっとりじっとり絡みつく歌声で温度と湿度を伝える好歌唱。個人的にはリゾート感覚溢れるしなやかなライトメロウB面「カリビアン・ラバーズ」をナツカヨに推薦しておきたいのです。

試聴:「やや/ ランバダ」
試聴:「やや/ カリビアン・ラバーズ」


crestforsingers_finare
【7"】クレスト・フォー・シンガーズ / フーリッシュ・ゲーム [B面] (DiscoMate)
可愛和美と4人の男性メンバーからなる和製マントラなジャズコーラスグループの78年作。B面「フーリッシュ・ゲーム」が林哲司作曲のノーブルな極上ブラジリアン・メロウ・コーラス。涼やかなエレピとフルートの音と華やかなコーラスワークが駆け巡り、聴いているこちらも爪の先までエレガントな気分に浸れますなぁ。美しい!

試聴:「クレスト・フォー・シンガーズ / フーリッシュ・ゲーム」


meguroyuki_tasogarehaningyoniaeru
【7"】目黒祐樹 / たそがれは人魚に逢える ―グァムの想い出― (CBS SONY)
で、本日前編のラストの一枚はこれ。今年のナツカヨ特集のタイトルにも引用させてもらった目黒祐樹の70年のシングル。ぶっちゃけていうと盤がボロくてですね、レコードにノイズも出てしまうんですが載せずにはいられなかった!グァムを舞台にした多幸感あふれるアイランド・ソフトロック歌謡。《イパオビーチ、恋する海/そして祈る、ラムラム山/キスをする、スペイン橋/恋人岬 ふたりだけ》なんて素敵な歌なんでしょうか。今年の夏は好きな人と旅に出たいなァ♫

試聴:「目黒祐樹 / たそがれは人魚に逢える ―グァムの想い出―」
※お聞き苦しくて申し訳ありません💦


****

そんなこんなでナツカヨ特集2019「たそがれは人魚に逢える」第一夜いかがでしたでしょうか。
明日、明後日と引き続き今年のナツカヨ選手紹介が続きます。
どうぞお楽しみになすってくださいませ。


🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴

特集:ナツカヨ2019 夏の一枚。は7月21日(日)午前11時からの販売開始です。
掲載商品へのお問合せや通信販売については
翌22日(月)からの対応となります。
受付開始以前にお問合せを頂戴しても返答できかねますので
あしからずご了承くださいませ。

🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴🍉🌴



これまでのナツカヨ特集は
当ブログのカテゴリ【ナツカヨ】から遡って見ることが出来ますので、
この際併せてお楽しみいただければなと思いまーす。

ではまた明日。