聴き入る作品、アルバムってのはこうでないと。
芦野宏と過ごすパリの休日。

ashino hiroshi_lp
【LP】芦野宏/ パリの休日 (toshiba)
60年代のエッフェル塔、パリの空、少年、イカス車たち…芦野宏の『パリの休日』LPです。演奏:ロイヤル・ポップス・オーケストラ。'68年頃の発売ではないかと思います。

日本語を織り交ぜたシャンソン集、というよりもジャズ・ポップス集と捉えたい作品。本場のシャンソンとはそもそもこういうものだったのかもしれませんが‥。

※試聴「芦野宏/ ラ・メール」
美しい波の音〜壮大なオーケストレーション、その後にジャズに変化して心をウキウキにさせるオープニングに相応しいナンバー。訳詞:薩摩忠、編曲:すぎやまこういち。

※試聴「芦野宏/ セ・シ・ボン」
ジャズといえばB面のオープニング曲「セ・シ・ボン」もウキウキだよ。

※試聴「芦野宏/ 幸福を売る男」
終始聴く方をハッピーにし続ける約3分間‥幸福をくれる男、芦野宏!

※試聴「芦野宏/ 役者たち」
ビート・ポップス、リズム歌謡からの影響がここにも。にしても完成度が高すぎる!コーラス部分もグレイトです。

※試聴「芦野宏/ ワルソーのピアニスト」
コンセプトアルバムの大作を一枚聴き終えた気分になります。たった2分50秒ほどなんだけどね‥圧倒的。
作詞:なかにし礼、編曲:秋満義孝、演奏:秋満義孝クインテット。ミュージカルか、いやオペラかってな異色作にして、芦野宏の表現力を最も感じる楽曲でもあり。

ジャケット良好、盤(赤)に薄いスレ。2180円



≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

※商品や買取等に関するお問合せは
こちらのメールフォームから、
またはrs_naka_second@hotmail.co.jp
お願いいたします。