ロック・オンされてばかりじゃ癪なので、中華パンクに掟破りの逆ロック・オン!

dragons
【LP】ドラゴンズ/ 龍革命〜ドラゴンズ・レボリューション (london)
広東在住の若者3人組が結成したグループ、ドラゴンズの'82年作。"ついに中国にもロック・グループが誕生した"とは水上はるこ氏の弁。なるほど、西側で生まれたロックンロール、というよりパンクからの影響がストレートに音に出ておりますな。香港と広東は隣同士、外国人の行き来も多い香港から流れてきたのか。スタジオで録音したものではなく、青少年クラブの一室を借りて、4トラック・テープレコーダーにわずか2時間で録音したアルバムらしいです。
A-1「熱烈火焔」はヘヴィーでメタリックなギターが危なさを醸し出すパンク曲。イギリスだけでなく、西ドイツあたりからの影響もあるのね。A-2「呪われた寺院」はゴス meets チャイナなミクスチャー・サウンド。A-3「大潮」はニューウェーヴ色豊かに。中国語とロックの相性良い!A-4はピストルズ「アナーキー・イン・ザ・UK」のカヴァー。本家も真っ青のヘタウマプレイ(^o^;)
B面に移って、B-1「大寒」はこれまたメタリック・ギターが冷たく響く作品。キュアーとか絶対好きだったはず。B-2「紅色松明」はストレートなパンク・サウンドにチャイナな音を混ぜ込んでます。デモトラックかと思わせるB-3「山水の力」、またもやキュアーっぽいB-4「新中国」を挟み、ラストB-5はストーンズのカヴァー「一人ぼっちの世界」で〆。割りとフラフラ!リアルパンク!!
帯付、状態良好。ステッカー欠落。4800円