阪急三番街催事、今回もたくさんの方に足をお運びいただきありがとうございました。本日21時までやってます。お時間有りましたら是非ともお寄りくださいませ〜。


今日出したレコードから少しだけご紹介。

shadows_2
【LP】THE SHADOWS/ greatest hits (toshiba)
邦題『シャドウズ登場』、東芝レコードでの初LP(10吋除く)ですね。「アパッチ」「マン・オブ・ミステリー」「ミッドナイト」「夢のふるさと」といったヒット曲を14曲集めたグレイテスト・ヒット盤。盤(赤盤)に薄いスレ少々、ジャケットは抜け等なく良好な状態です。残念ながら帯ありません‥。3000円


shadows_1
【LP】THE SHADOWS/ same (toshiba)
こちらは規格番号こそ上記LPより後になってますが、実際は'61年に英国でリリースされた彼らのファースト・アルバムなのですー。「ゴンザレス」「恋の街角」「ブルー・スター」「スタンド・アップ・アンド・セイ・ザット」等、全14曲収録。ブルース・ウェルチもハンク・マーヴィンもお坊ちゃんに見えますな。若い!盤(赤盤)に薄いスレ少々、ジャケットは抜け等なく良好な状態です。これまた帯ありません‥。3000円


billy banban
【7"】ビリー・バンバン/ そっと目をあけて[B面] (kit/columbia)
改めてビリー・バンバン研究をはじめたところです。'73年に発売された「愛すべき僕たち」のB面にも素敵曲が。作詞:スギウラ・マコト、作曲:菅原進、編曲:柳田ヒロによる「そっと目をあけて」はフォーキーで柔らかいメロディが印象的な作品。ブレッド・アンド・バターやガロ、細野さん初期作品お好きな方はどっぷり愛しちゃいそうな曲ですよ。前園直樹グループにカヴァーしてもらいたいなぁ‥なんて思いながら聴いてました。盤にごく薄いスレわずかにあり、580円


michie ouchi
【7"】ミッチー大内/ 今なら遅くない[B面] (malion)
ミッチー大内、ラテン・パーカション奏者ラリー須永さんの奥さんです。ほりじゅん7吋で知られるmalionからレコード出してました。スレっぷりがたまらないブルース歌謡のA面「女の肌」も素敵ですが、やはりオススメはB面「今なら遅くない」のほうですな。ホーン&パーカションが目立つグルーヴ歌謡です。もっとやさぐれてるかと思ってたら、声すごく綺麗だし、演奏も軽快ですんなり耳に入ってきます。盤に薄いスレ少し、ジャケットに折れ目。1800円


sawamura tadashi
【7"】沢村忠/ 別れたんだってなぁお前 (toshiba)
渋い!渋すぎる!!沢村"キックの鬼"忠の'70年作。ムーディーにも程があるってんだ!カッコ良すぎるぜ〜。女の人に対して歌ってるのかと思ったら、女と別れた友人を慰めるって歌でした‥惚れちまうぜ、まったく。せめて飲もうよ夜明けまで♪キックの鬼は優しいのです。B面「恋のギャンブラー」はハードボイルド・アクション映画の挿入歌っぽいアレンジのスリリング・バラード。あーそうさ 切り札は俺のくちびる♪くあ〜カッチョイイ!沢村忠のチャームポイントはく・ち・び・るなのだー。状態良好、1480円