歌だけじゃない‥まさに"芸人"な坂本九を記録した実況録音盤入ってきました。

sakamoto kyu on stage
【LP】坂本九/ オン・ステージ〜芸人 その九年目 (toshiba)
'67年11月5日に渋谷公会堂で行われたコンサートの実況録音盤('68年発売)。構成:永六輔、編曲:前田憲男、いずみたく、橋本光雄、コーラス:キューティーQ。'58年のデビューから9年、国民的スターとなった九ちゃんの貫禄漂うライヴです。いきなりどこぞの落語家みたいな口上でスタート。ちょっとオモロイこと織り交ぜてるんで会場からはクスクスっと聞こえます。そして「踊り明かそう」が!最高にダンサブル!さらに15分にもわたり世界の歌をメドレー形式でカヴァーしていく「世界の国からこんにちはショウ」が圧巻の出来栄え。大阪万博への期待が九ちゃんのみならず会場全体から伝わってくるのです。
B面に移ってこれまたコミカルな演説が。しっかり笑いとってます。続く「明日があるさ」がこのコンサートのハイライトでしょう。小俣尚也とドライヴィング・メンによる疾走感溢れる演奏が格好良過ぎのドライヴィン・グルーヴ曲!ここまでオリジナルと違うとは。いや〜、何度も何度も聴きたくなりますわい。こんなの聴かされたらそりゃ踊り明かせますわ。B-3「君が好き」は落ち着いたジャズ歌謡に。世界の言葉が大阪に集まる♪って歌詞変えて歌ってます。改めていい歌だなぁ。「見上げてごらん夜の星を」「勉強のチャチャチャ」「小さな街の」「夜明けの唄」はメドレーで。ノリノリ!〆はもちろん「上を向いて歩こう」「さよならさよなら」の2曲で。あれだけ踊らせ笑わせておいて、最後はきっちり感動させちゃうんだから。まさに芸人、であります。
帯付、盤(赤盤)に薄いスレ少々有り。2800円