ぷひ〜。バタバタです。

新着盤からシングル・レコを少しだけ。

nep_shelley fabares
【7"】SHELLY FABARES/ telephone (colpix)
ジョニー・エンジェル〜♪でお馴染みのシェリー・フェブレーが’63年にリリースしたシングル。彼は私に7時に電話するっていったのに まだかかってこない もう11時なのに・・ってな内容のポップス。たどたどしい歌声でほのぼの歌うんです。ガール・ポップっていいなぁ〜としみじみ思っちゃいました。盤に薄いスレ、ジャケにパンチ穴。1800円
nep_colpix

※国内盤の醍醐味、独自スリーブ。コルピックスのは特別グッときます!ちゃんとカタカナってのがたまらんね。


nep_nakamura
【7"】中村晃子/ 旅愁〜ローマ (king)
ローマが似合う女、中村晃子の’71年作。クラシックの名曲に日本語詞を乗せて歌うという同年の企画盤LP「アタック・シューベルト」からのシングル・カット、シューベルト作弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」第2楽章を下敷きに、水紀亜美の詩と北村得夫の作・編曲で贈るとっても儚い歌謡曲。女一人旅の画が浮かぶ‥。B面「愛のぬくもり」も同様の企画曲で、こちらはサン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭」〜白鳥を下敷きにしたソフロ歌謡。石坂浩二のLPを思わす「あまりに短すぎた あなたとの愛‥」ってな語りが入ります。良い!ジャケット、盤ともに良好。結構珍し盤だったりします。1500円


nep_momoi
【7"】桃井かおり/ 六本木心中 (sony)
「こわい‥」「こわい?」「繰り返すことがこわいの」「死んじゃおか?」…かおり嬢、’73年のデビュー・シングル。夏に入荷したときは即売れしてしまったので新年早々ええもんが再入荷してくれたと喜んでるところです。何度見ても透けてるねー。盤、ジャケット共にきれいなコンディション。3800円


nep_hamahata
【7"】浜畑賢吉/ 走れゴーゴー[B面] (king)
NTV系「進め!青春」挿入歌、浜畑賢吉が歌う「走れゴーゴー」(「進め!青春」B面)。作詞:岩谷時子、作・編曲:いずみたく。タイトル通りにゴーゴーしちゃう、良質ひとりGS歌謡なんですな、これが。真面目すぎるほど真面目な歌い方と音との違和感を楽しもう!残念ながら状態が良くありませんで、細かいスレ多め、ジャケットにシミあります。音はそれほど気になりませんでした。800円



nep_kamon
【7"】嘉門達夫/ 結婚しようよ〜彼女はもうすぐ26〜 (victor)
最後はおまけ的に。サビだけ拓郎の「結婚しようよ」から引用、他はオリジナルの“89年作。
CDシングルは見たことあったんですが、7吋盤で入荷したのがちと嬉しかったので。プロモ盤、おそらくこれのみかと。おバカ曲なんですが、何気にじっくり聴けちゃういい作品。やるなー。裏ジャケットに小さい書き込み有り、盤は良好です。600円