待ってました、この年末感!バタバタが心地よいですー。売り尽くし、買いまくり‥これで年内突っ走りますので、みなさんドシドシ当店をご利用くださいね。

新着盤から1枚だけ簡単に。生田敬太郎とマックス。

ikuta keitaro
【LP】生田敬太郎+マックス/ この暗い時期にも (elec)
ロッキン・ブルース野郎、生田敬太郎のデビュー作(’71年)です。バックにマックスを従えてのバンドサウンド+弾き語りフォークブルースという構成。感情むき出しに歌う弾き語り曲(「もう待ちくたびれた」等)も心に訴えてくる名作なんですが、和グルーヴ好きとしてはやはり「あの頃」「散歩供廚△燭蠅肪輒椶靴舛磴い泙垢福次J厚い音で畳みかけてくるマックスの演奏もヤバイです。中でも弾けてるのはA-4「何もする気がしない」。ブレイクあり、キング・クリムゾン的転調ありのダイナミック・グルーヴ作品!
帯付、盤に薄いスレ有ります。ジャケ良好。3000円