今日もなんだかんだで催事補充作りに追われておりました。阪急三番街で8日までやってます。23時まで残ってCD大量に補充してますんで覗いてみてくださいね!

新着盤からこのレコードを。伊東ゆかりの愛に触れる一枚。

ito yukari tsutsumi kyohei
【LP】伊東ゆかり/ ふたたび愛を〜筒美京平LOVE SOUNDS (denon)
A面にオリジナル作品6曲、B面に京平カヴァー6曲を収録した、ゆかりの’72年作。ジャケ写の幸せそうなお二人を見ているだけで心豊かになりますな。
聴きどころばかりで困ってしまいますが、A面では平山三紀っぽい曲調を軽々と歌いこなすゆかりに痺れる「陽はまた昇る」、ピアノとギターの優しい響きに癒されるフォーキーポップ「花の咲く頃」、ワカチャカギターでファンキーに攻めながらも歌声はどこまでもソフトな「愛の光」あたりオススメです。
B面はそれこそ全曲オススメ。京平グルーヴを余すところ無く注入した「いつもなら」、いしだあゆみ版と甲乙付けがたい素晴らしさの「夢でいいから」、フランシス・レイぽいアレンジがゆかりの歌声にばっちりハマった「恋のゆくえ」(新藤恵美「美しきチャレンジャー」B面カヴァー)、平山三紀のソフロ歌謡名曲を印象的なサックス等の味付けでソフトに、ジャジーに歌う「ふたたび愛を」などなど、至極の名唱・名演が揃っておるのです。
盤に極薄いスレ少々有り、ジャケット良好です。ポートレイト付。残念ながら帯ありません。2800円