定休日明けの木曜日、なんだかんだとバタバタしておりました。

新着盤から1枚ピックアップ。松尾和子 meets 泉谷しげる。

matsuo kazuko
【LP】松尾和子/ ラプソディー (victor)
以前入荷してきたときに、あまりの素晴らしさに入魂記事書いてしまったのですが、久々に再入荷してくれました。プロデュース、作詞・作曲・編曲を泉谷しげるが担当した松尾和子の’75年盤。とにもかくにも全体に漂う場末ジャズ&ブルースな雰囲気に圧倒させられるのです。大物歌手・松尾和子ではなく、クラブ歌手・松尾和子…高表現したほうがよろしいかと。
演奏は、泉谷しげるのバックでお馴染みのラスト・ショウ(松田幸一・村上律・徳武弘文・岡田徹・島村英治)&イエロー(吉長信樹・垂水良道・中村純作・川崎雅文)、統率された見事な演奏を聴かせてくれます。
北村英治のクラリネットにのせ戦後昭和の香りがするジャズ歌謡「夜明けのラプソディー」や軽やかなピアノにのせたリラクシンなヴォーカルが光る「コップいっぱいの話」、ギターにCharも参加の気ままなホンキートンク「放浪(さすらい)の子」なんかの余裕を覗かせるウィットに富んだ歌唱があったり。かと思えば訥々と零れるようなフォーク「人情夜曲」や、郷愁を誘う独唱の叙情歌「哀願情歌」(泉谷本人も76年のアルバム「家族」で歌ってます)といったペーソスと情感の溢れる歌唱もある。ピアノ一本と歌だけのイントロダクションが痺れる「夜のかげろう」に至っては涙をこらえることが困難に思えるほど。ちあきなおみと同じく、松尾和子という人は歌うことで様々な女性を演じることができる・・女優なんだなぁ〜なんて思った次第。ラストの「らせん階段」での囁きヴォイスにも痺れてしまうのです。
残念ながら帯なし、盤(白レーベル)の状態は良好です。2500円


昨日は定休日(今月から第三水曜日が定休日になりましたm(__)m)でしたので、おまけ的に今週のつぶやきまとめを少し。

conny_groovin
2011/10/12 12:56:04
先日「愛のゆくえ」収録7吋が入ったけどやっとLP新着!元ザ・ヴィーナスのコニーちゃんソロ「Groovin' Groovin'」、R&Bカヴァ・アルバムだぜ。「ジス・オールド・ハート・オブ・マイン」日本語カヴァ「ZOOTな彼氏」がいいなー♪ http://t.co/de6ASYnL
追記》元ザ・ヴィーナスのコニーちゃん。先日マーヴィン・ゲイ「愛のゆくえ(What's Going On)」の日本語カヴァ収録の7吋が入荷した時もニヤっとしてつぶやいたのですが、今回やっとLPが入荷!84年発売の初ソロ・アルバム「GROOVIN' GROOVIN'」は7吋カットされた鈴木雅之作曲の「愛の太陽」を除いて、60’s R&Bのカヴァ集となってます。「愛のゆくえ」以外にも“Hang On Sloopy”や“Don't Pull Your Love”、“Ain't No Mountain High Enough”などを可愛く料理。特にシュープリームスやアイズリーズで知られる“This Old Heart Of Mine”の日本語カヴァ「ZOOTな彼氏」にキュンとキタ!
【LP】コニー・レーン/ Groovin' Groovin' (徳間/BOURBON) 1300円




ogawa tomoko
2011/10/13 11:58:50
スレた小川知子がほんと好きなの。。'73年「touch me」LP。あんなに濃かった眉毛が…ぐふ。秋川まり-T・パインフィールド(長沢ローの変名)-穂口雄右による和フリーソウル傑作「愛と自由を求めて」収録ってことで、音楽的にも満足な一枚。 http://t.co/qTLuNtBU
追記》小川知子の73年発売「アルバム11〜Touch Me」も新着。今週は他の知子LPも入ったんですがコヤツ帯がなかったのでつぶやき行きだったのでした。内容は70年代の知子姐さんという事で粘っこい熟フェロモンをふりまきながらのグレイト盤で間違いありません。特に「愛と自由を求めて」のねっちりしたフリーソウル感!メロウなバッキングにやたら溌剌としたヤヤ・コーラス。導入は控えめ、徐々に粘度と大仰さを増しながら演奏の弾力性とクロスフェードする様は70’s知子様にしか出せない魅力と言ってもいいのでは。しかしジャケ・・。
【LP】小川知子/アルバム11〜Touch Me (TOSHIBA) 1500円




ito sakiko
2011/10/14 15:34:03
'82年の伊藤咲子。ひまわり娘は枯れませんな、程良く熟れとりますが。小田裕一郎作曲のメロウ・グルーヴ「らせん階段」、夜の匂いプンプンのムーディー・ボッサ「まちがい電話」等、大人の女:サッコの魅力が詰まった隠れ名盤! http://t.co/2Pu6Dpju
追記》誰のために咲いたのか「ひまわり娘」。知らぬ間にこんなに熟れに熟れていましたよ。82年発売のアルバム「SLOW MOTION」、デビューから8年、少女は大人の女になるわけだ。ひまわりみたいに太陽に向かって元気に咲くサッコはもう居りません。全編に漂う大人ムード。小田裕一郎、豊弘純子、山本達彦、棚辺陽一らを作家陣に迎えてメロウで艶のある歌いっぷりを披露していますよ。なんというか、感慨。
【LP】伊藤咲子/ Slow Motion (TOSHIBA)



kinomimako
2011/10/16 15:29:02
ナナの次はハチじゃなくて“まこ”!ナナの妹、木の実まこの74年発売・デビュー7吋「あこがれ」来ましたーよ( ´∀`)姉に似てちょとドス気味の声ですが、アイドルらしい馬飼野康二作曲キャンディ・ポップをシンギン。きゃわ。そしてセーターの柄!! http://t.co/OK0RYpHY
追記》木の実ナナの妹、木の実まこのデビューにして唯一の7吋「あこがれ」もにゅうかしています。はにかみっぷりがかわええのう、かわええのう(*´ω`*) お姉ちゃまに似たアルトですが、馬飼野康二作曲の可愛らしいアイドル・ポップ(ハンド・クラッピン入りだぜ!)を丁寧にシンギングしています。ぎこちなさに萌える。甘えた感と強がりの同居する歌詞は有馬三恵子先生。南沙織の系譜に属すのでしょうか。74年発売。
【7"】木の実まこ/あこがれ (WARNER/Reprise) 1500円


isato_tasogare
2011/10/17 16:56:06
どうも風邪っぽいのでまったりしたくて中川イサトの75年作「黄昏気分」ぷれなっている。だのにやっぱりビーティーな「汽車汽車急げ」やらグルーヴィーな「殺人事件」で昂ぶるわぁ( ´∀`) http://t.co/4NGji9FK
追記》急に暑くなったり肌寒くなったりで風邪っぴきになりそうだった(お休みのおかげで全快!)ので、心身休めるためにとかけたのが中川イサトの75年作「黄昏気分」。これの前作「お茶の時間」(73年)もいいのですが、個人的にはこっちのアルバムのが好きで。概ねアコースティック・ギターが心地よいパーソナルな作品なのだけど、不意に現れるファンキーなロック・ナンバー「汽車汽車急げ」や、スワンピーな演奏に均整のとれたブラスとブルージィなピアノがたまらん「殺人事件」がガラリと新鮮な空気を運んで来るのが最高なの。うへー。めちゃかっこいいぜ。
【LP】中川イサト/黄昏気分 (CBS SONY) 1500円