激しく雨降ってます。

開店直後からナイスな買いっぷりをみせてくれた方のお陰でこんな天気なのにちょいとのんびりできてます。なのでシングルB面に潜む名曲たち探索やってみました。店頭に出てるものばかりで珍し盤もないですがよろしければお付き合いの程を。

まずは誰もが知ってる名曲の裏に潜んでいた素敵曲。

B_sawada kenji【7"】沢田研二/ 美しい予感 (polydor)
「許されない愛」(’72年)のB面。作詞:山上路夫、作曲:井上堯之、編曲:東海林修。アルバム「JULIE 供廚砲蘯録された、割と知られた曲すね。井上さんのアコースティック・ギターとジュリーの若々しい歌声が心に沁み入るフォーク。何度聴いても胸にきます。ガロの「地球はメリーゴーランド」とつなげて聴きたい。



B_shuri eiko【7"】朱里エイコ/ 時の流れにのこされて (warner)
「北国行きで」(’72年)のB面。作詞:山上路夫、作・編曲:鈴木邦彦。美ストリングス&ピアノ、うねりベース、シャラララ・コーラス・・文句なしのソフロ・グルーヴ!これA面にして出しもよかったと思う。



B_misora hibari【7"】美空ひばり/ やさしい愛の歌 (columbia)
お嬢 meets GSな「真赤な太陽」(’67年)のB面。ブルコメと共演したA面があまりにも有名なのでほんと目立ちませんが、これラテン歌謡の大傑作です!演奏は原信夫とシャープス・アンド・フラッツ。お嬢、めちゃくちゃ軽やか!踊れる〜。


歌謡曲からもう少し。いろいろあるんだわ。

B_honey pie【7"】ハニー・パイ/ 愛の草原 (warner)
ニュー・シーカーズの名曲をカヴァーした「愛するハーモニー」(’72年)のB面。抜群のハーモニーを聴かせるA面(コークはみんなの仲間なのさ〜♪)も良いですが、B面の素晴らしさには到底かないません。ソフロなグルーヴばっちり、男女掛け合いコーラスもお見事!万博系ソフトロック歌謡好きは持っておきたい一枚すな。安いし。


B_ito yukari【7"】伊東ゆかり/ 横を向いたの (king)
「朝を返して」(’69年)のB面。作詞:安井かずみ、作曲:村井邦彦、編曲:東海林修。安心マークのクレジット!いしだあゆみ「夢でいいから」に似たドリーミィ・バラード。最高〜。雨の日にもはまります。


B_ishida ayumi【7"】いしだあゆみ/ 私のラストショー (columbia)
で、いしだあゆみも一枚。「愛の氷河」(’73年)のB面。作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:高田弘。これも何かあると思わずにはいられないクレジット。高田氏のソウルフルなアレンジがヤバイ!清楚ないしだあゆみが歌うと妙に新鮮なやさぐれグルーヴ歌謡です。


B_asaoka yukiji【7"】朝丘雪路/ 愛の裁き (sony)
やさぐれ繋がりで雪路。「朝まで待って」(’72年)のB面。作詞:なかにし礼、作・編曲:筒美京平。70年代の森山加代子や金井克子あたりを意識したんじゃないかと推測されるちょいエロ黒グルーヴがたまりません!電車に乗ったこともないお嬢様がこんなゲスい色気を出せるのが不思議でしょうがない。


B_suizenji kiyoko【7"】水前寺清子/ 魚のロック (crown)
ロックなチータはいかが?名盤「どこかでありがとう」(’74年)のB面。ギターがギンギン!パーカッションずっとポコポコ!なチータ流ロック。マグロとサワラとタイとカレイ、そして商売仁義を歌います。


男レコもちょいと選んでみましょう。

B_miki katsuhiko【7"】美樹克彦/ 恋は泥棒 (RCA)
“6番のロック”がここまで渋い歌うたいになってたとはね。「走馬燈」(’75年)のB面。編曲:惣領泰則。あまりに素晴らしくてちょっと前にツイートしてしまったんですが、今日聴いてもやっぱり大好き。最初に載せたジュリーの曲にちょっと似てるような気もしてきた。エレピの響きがどうしょうもなく胸を締め付けます。哀しくもクールなラヴソング。


B_koga【7"】アントニオ古賀/ ハイサイおじさん(columbia)
うって変わってご陽気盤。「その名はフジヤマ」(’73年)のB面。いわずと知れたあの「ハイサイおじさん」です。ぶっ飛んだジャケからしてテンション高そう、実際歌のテンション高い!「クスリルンバ」もそうですが、レコード集めたくなる人ですね、アントニオ古賀は。おもろ盤相当出してそうだ。


アイドル・レコにもちらほらありますな。知られてるもの多いですが。

B_mita hiroko【7"】三田寛子/ ピンク・シャドウ (sony)
このレコード聴いてると歌舞伎界に嫁入りしたことが信じられなくなります・・。不安定アイドル・ポップスの傑作!と敢えて言ってみる。「色づく街」(’82年)のB面。ご存知ブレバタの名曲カヴァー。“愛してるよ君だけを・・”が“愛してるわあなただけ・・”に変わってるなど、アイドル向けな変更が少しだけ見られますが、なによりサビ部分のグラグラ感がクセになる!歌は上手すぎてはいけない、下手ぐらいがちょうどいい・・のか?


B_yamaguchi momoe【7"】山口百恵/ おかしな恋人 (sony)
百恵ちゃんの青いアイドル期。この時期ですら影のある女の子だったんですが、「青い果実」(’73年)のB面であるこの曲では可愛らしく弾ける百恵ちゃんを堪能できちゃうのです。オールディーズ・マナーの元気はつらつガール・ポップ。かわいいな〜。ポップンロール好きも要チェックよ!


B_okazaki disc【7"】岡崎友紀/ ディスク・ジョッキー (toshiba)
歌う国会議員にならなくて良かったと思ってます。岡崎友紀。「北上川」(’75年)のB面曲。作詞:阿久悠、作・編曲:三木たかし。この時期の彼女はLPに名盤揃ってるんですが、シングルも侮れないすね。B面に隠れておりました、情感たっぷりな歌声とプレAORの香り漂うサウンドが見事なメロウ・ソング。


もっとたくさん抜いてきたんですが時間が無いキリが無い。最後は今また話題のこの曲をこの人たちに歌ってもらいましょう。

B_duke aces【7"】デューク・エイセス/ 上を向いて歩こう (toshiba)
「おさななじみ」(’63年)のB面。はぁ、落ち着く。デュークのコーラスで聴く「上を向いて歩こう」も、あのCMヴァージョンに負けず劣らずの沁みっぷり。

安レコばかりで気が引けますが、洋楽やらニューミュージックやら併せてまたやってみようかと。自分の勉強にもなるし。薄っすらとご期待あれ。