今日入ってきたジャマイカ音楽レコをご紹介。濃いっす‥。

toots
【LP】TOOTS & THE MAYTALS/ funky kingston (philips)
フレデリック・ヒバート(トゥーツ)のソウルフル極まりない歌と洗練されつつも攻撃的なレゲエ・リズムが交差するルーツ・レゲエの大傑作。タイトル曲をはじめ、どの曲もファンキーなレゲエに仕上がってます。キングスメンの「ルイ・ルイ」ですらも自分たちのオリジナル曲かの如くレゲエ化。
帯付の日本盤が入ってきました。盤、ジャケともまあまあ良好な状態。白レーベル、2300円



trojan_1
【LP】V.A./ the torojan story (trio)
ローレル・エイトキン&ザ・カリブビーツの「バーテンダー」('61年作)に始まり、スカタライツの「コンフューシャス」('66年作)を経て、メイタルズの「プレッシャー・ドロップ」('70年)に至る・・ジャマイカ音楽の歴史と変遷を理解するのにもってこいのボックス・セットでしょう!'80年にトリオレコードがリリースした3枚組の日本盤、詳しいライナーノーツが非常にありがたい!全48曲収録、箱にスレありますが盤はきれいです。3800円
trojan_2