日本のカントリー・ミュージックを代表するアーティスト、ジミー時田氏の音盤入ってきました。

jimmie tokita_1
【7"】ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ/ 遥かなるアラモ (king)
ジョン・ウェイン製作・主演の大作映画『アラモ』の主題曲(ディミトリ・ティオムキン作曲)をジミー流にウェスタン・アレンジ。歌も含め、ジミーさんって思った以上に正統派ウェスタンやるんですね。アメリカの匂いプンプンですわ。クレジットがなにもないんでよくはわからないんですが、おそらくギターは寺内タケシだと思われます。ジャケットピカピカ、盤は少しスレあります。ステレオ盤(セカンド・プレスになるのかな?)、3000円


jimmie tokita_lp
【LP】ジミー時田&ザ・ギャング/ アメリカの魂 (king)
時は流れて'77年、「バラードの心」というアルバムを'70年にリリースして以来約7年ぶりに録音された作品。「アラモ」の時点でカントリー・ウェスタンど真ん中のサウンドだったジミーさんですが、ここではもはや日本人とは思えないほどの極めっぷり。アメリカ人よりうまいのでは?収録楽曲はほぼ全てがウェスタン・スタンダード、すごい楽しそう!2枚組、美品です。3800円