これは夏に聴くしかない!サーフィン・ホットロッド名盤が紙ジャケCDで入ってきました。

ripchords_coope
【CD】THE RIP CHORDS/ クーペでデート (sony)
ノリノリのロックンロールに美しいコーラス、疾走感溢れるエレキ・ギター・・これぞホット・ロッド!テリー・メルチャーとブルース・ジョンストンの共同制作によるドライヴィン・ミュージック決定版!タイトル含めたレトロな味わいもいいでしょ!ビーチボーイズのカヴァーもやってます。文句の付けようのない大名盤!限定紙ジャケット、未開封です。1580円


hotdoggers_surfin
【CD】THE HOT DOGGERS/ サーフィンUSA (sony)
こちらも名盤だ!テリー・メルチャーのプロデュースとクレジットされてますが、このアルバムこそがブルース・ジョンストンとテリー・メルチャーの初共同制作作品なのだ!ボーカル曲は3曲のみ、残りはインストで占められてます。ロマンティック・ムードなものもあり、夕日の沈むビーチにも適用可能でしょう!フィル・スペクターのプロデュース、ジャック・ニーチェのアレンジという驚きのレア音源を4曲ボーナス収録!限定紙ジャケット、未開封です。1580円



せっかくなんで、サーフィン・ホットロッドな他の作品も少しだけ載せますね。多少強引っす・・。


hashi_zekken【7"】橋幸夫/ ゼッケンNO.1スタートだ (victor)
ずっとエンジン音鳴ってるもんね!ホットロッド歌謡といえばこれでしょうよ!青春歌手のリーダー格、橋くんが歌う大傑作。作詩:佐伯孝夫、作曲:吉田正。吉田先生の幅広い作風に今更ながら脱帽っす。♪ああ むき出しで 取組むだけさ 輝け輝け 白いヘルメット シートベルトが くい込むからだ グランプリレース ゼッケンNo.1 スタートだ♪これを和風極まりない橋くんの歌で聴く・・・歌謡曲の底の深さここにあり!B面「外人墓地」の意味不明感もなぜかうれしいのです・・。ジャケット難あり、800円


kayama_trax【CD】加山雄三/ 若大将トラックス (fun house)
60年代当時、最も海の似合う男といえば彼、加山雄三を置いて他にはなし!若大将が文字通り若大将であった時代を伝えてくれる貴重音源集。'81年に発売された『若大将グラフィティ』というアルバムから、加山雄三がボーカルをとる作品のみをなんと40曲も集めちゃってます。映画『若大将シリーズ』で使用されたトラックだけを収録してるんで、誰もが知ってる「君といつまでも」も「夜空の星」も、全てがヴァージョン違い!帯無しですが美品です。1890円


pineappleboys【LP】THE PINEAPPLE BOYS/ fabulous! The Pineapple Boys (KIDS)
80年代に良質なオールディーズ・ポップスを残したKIDSレーベルより、映画『BIG WAVE』のサントラでもおなじみのパイナップル・ボーイズのLPを。これは彼らのファースト・アルバム。萩原健太氏がアレンジを担当、驚くことに全曲がオリジナル作品です。見事なサーフ・インストを披露してますよ!状態良好、1200円