今日の新入荷は素晴らしい発掘仕事!「僕は泣いちっち」のヒットで知られる守屋浩の歌う青春ソングの数々をまとめた通販限定のゴージャスなボックス・セットが入荷してまいりました!

moriya_box1
【CD】守屋浩/青春ソングコレクション 1959-1963 (COLUMBIA)
男臭い水原弘、甘い井上ひろしと共に“三人ひろし”と呼ばれ人気を博した守屋浩。59年4月のデビュー盤「泣かないで帰ろう」をはじめとし、63年までの5年間に発表された9枚のLPを中心に全100曲を収録してます。100曲ですよ、100曲!!

「僕は泣いちっち」以外にも「練艦ブルース」を元にした「檻の中の野郎たち」、浜口庫之助や川内康範の斬新な言語感覚が光る「夜空の笛」「俺でない俺が泣いている」、ハイノートに軽快なリズムがよく似合う「ツンツンマドロス」「青春ジンタ」「どろんこ風来坊」「ナゾナゾラブコール」などグッと来る曲が多くて嬉しい驚き。「俺のあの娘」想い出は消えはしない」…スイング・ウエストのヴォーカル時代のロカビリー・ナンバーも良いですが、「チビチョン」「カメラちょいとさげネ」などのコミカルな曲では特に魅力が輝きますねぇ。「巨人軍の歌―闘魂こめて―」も収録されてます。
moriya_box2
ヒットした「僕は泣いちっち」「有難や節」「大学かぞえうた」の印象のせいか“守屋浩=ハマクラ”のイメージがあったのですが、こうして一挙に見てみると多彩な作家陣が名を連ねてます。中村八大・服部良一・米山正夫・遠藤実・上原げんと・船村徹・市川昭介・神津善行・平岡精二・古関裕而などなど。其々に違った作風で守屋の魅力を捉えていて新鮮です。

驚く事に全100曲中、78曲が初CD化!!5枚組のCDの表裏にはLPのオリジナル・ジャケットを使用、レコード盤を模したレーベルや質感も良いブックレットなど非常に愛を感じる作りになってます。これは持っておいて損なし!外箱も付いてる美品ですよ。8980円