またまた面白い本達が入ってきたのです。ありがたい事です。
かいつまんでいくつかご紹介!

ura_sekinebon“ウラ関根本” 著:テレビ東京,関根勉 (太田出版)
テレビ東京系で深夜放映されていた伝説のバカ番組「ウラ関根TV」の単行本!どんな場面でも引かず出張らず、絶妙すぎるトークパスが天才的な名バイプレーヤー関根勤氏。彼の真の姿が垣間見れた稀有な稀有な番組でした。番組で紹介されたスットコドッコイ映像あれこれの他に、店主・関根氏の歩み(爆笑必至の秘蔵写真満載!)もたまりません。さぁさぁ、いざ行かん“茶すすり処・関根”の世界。700円

kido_otokonoseiza“お笑い 男の星座” 著:浅草キッド (文藝春秋)
芸人の執筆活動が注目を集めている昨今、この方達こそもっと取り沙汰されて然るべきでは?浅草キッドご両人。かつて「TV Bros.」で連載されていた虚構と現実の上に成り立つ芸能界を書いたコラム「男の星座」をまとめた本です。たけし、和田アキ子、前田日明、水野晴郎、城南電機・宮路社長らの漢らしくも破天荒なエピソード…それが本当か嘘かなんてどうでも良い、率直に言って掛け値なしの面白さ!そこいらのタレント本と並べて売ってちゃいかんですよ!!な名著です。オモロうてやがて哀しき芸能界…キッドの驚くべき文才にも要注目。初版、600円

arakiyoko“愛情生活” 著:荒木陽子 (作品社)
世界は男と女で成り立っておるのです。日本を代表する写真家・荒木経惟の亡き奥様、荒木陽子さんが綴るアラーキーとの永く短い“愛情生活”エッセイ。日常の悲喜こもごもを素直な文体で描写してます。青竹踏んでる痔のおじさん…陽子さんの前では至って普通の人間のように書かれる天才写真家。これを読めばいかにアラーキーが陽子あっての天才かが判るでしょう。永遠のミューズ“ヨーコ”と言えばこっちですよね。安西水丸氏らによる附録冊子「陽子さんの想い出」付です。結婚したい人としたくない人に。900円

miyazawa_neji“よくわからないねじ” 著:宮沢章夫 (新潮文庫)
80年代、ラジカルガジベリビンバシステムの作家として活躍した宮沢章夫氏。東大で行なわれた彼の講義本『東京大学「80年代地下文化論」講義』(白夜書房)も面白いものでしたが、こういう脱力エッセイを書いている時の宮沢さんが非常に好きです。泥棒に入られたらなんと叫ぶ?くしゃみの音はどう表記する?などくだらない事を真面目に考える!“引出しの中に転がっている正体不明のねじは、いつか役に立つことがあるのか”…意外な使い道が開けるかもしれません。「こんにちは。マーク・ボランです。」には笑いました。「百年目の青空」改題の文庫・初版。280円

studiovoice_BOSESTUDIO VOICE VOL.202
“So Fucking What! あらかじめ壊れた子供たち”(INFAS)

スタジオボイス、1992年10月号です。特集は“So Fucking What! あらかじめ壊れた子供たち”。「だからどうした対談」では表紙のお二人、漫画家よしもとよしともスチャダラ・BOSE君の壊れっぷりが必見の内容です。他に山塚アイ、ユニコーン時代の奥田民生、松尾スズキ、井上三太なんか載ってます。流石は92年(15年前!!)、若いッ!あな懐かしや、ナンシー関の連載は「信仰の現場」、“NHKの守り神は誰だ”の回ですね。600円

rockinon_konishiROCKIN' ON JAPAN VOL.92
”PIZZICATO FIVE 小西康陽を暴く!”(ロッキング・オン)

こちらはロキノン・ジャパン1995年1月号、まだA5判の頃のです。巻頭はピチカート・ファイヴ“小西康陽を暴く!”の名の下にお得意の2万字インタビューを敢行。ロキノンの事を仮想敵視したり、「30才まで親に仕送りもらってた」「小沢健二の声は来生たかおにそっくりだ」なんて興味深い発言がたっぷりと。第二特集、ピエール瀧(電気グルーヴ)VS森岡賢(ソフトバレエ)の“珍獣対談”も必見?90年代NOT DEAD派の皆様に。表紙結構くたびれてます。500円

yosuke_fuunjazz“風雲ジャズ帖” 著:山下洋輔 (音楽之友社)
“ジャズとは何かと問われれば、スイングすることと赤坂見附、四谷、新宿ピット・イン。”…  文筆家としても多くの出版物を上梓しているジャズ・ピアニスト、山下洋輔の処女エッセイ集。ジャズ・ピアニストならではなのか?個人の魅力か?軽妙な文体が洋輔さんの魅力だなぁ。「ブルーノート研究」や「美空ひばり“俗の美学”」、「音の無頼漢・三上寛」等の他、洋輔トリオの面々やプーさん(菊池雅章)との対談が収められてます。あ、「もし俺が天才美少女ジャズ・ピアニストだったら…」収録です!単行本版・2版でブックケース仕様。箱・本共に若干ヤケ&痛みありですが絶版です。1000円

書籍の買取やっとりますけん。