先日お伝えした、高音質LPの買取ですが、インターネットを駆使してあらゆる高音質盤を調べ上げているところです。有名な「ダイレクト・ディスク」や「マスターサウンド」から極少数プレスされたものまでを買取リストに収めたいと思ってるんですが・・

さて、リスト作成前に見切り発車しちゃいます!まずはキング・レコードの重量盤シリーズ『スーパー・アナログ・ディスク』作品から高価買取開始です!クラシック、ジャズ合わせて、確認できただけで64タイトル存在するようです。すべて高値買取!帯付にはこだわりませんが盤質、ジャケットはピカイチの状態のものに限ります。こういうレコードを求めてる方はとかくコンディションに完璧を求められますので。
super disc





写真は『スーパー・アナログ・ディスク』シリーズの1枚です。プラステイック製のケースに収納されてます。180グラム重量盤。音良さそう・・
買取価格はメールにてお問合せくださいね。左のメールフォームからどうぞ!




久世光彦さんの死に大きなショックを受けているのに、またもや悲しい知らせが・・。歌謡界屈指の作曲家、宮川泰さんが昨日亡くなりました。「恋のバカンス」「ウナ・セラ・ディ東京」「逢いたくて逢いたくて」といった歌謡曲スタンダードといえるほどのヒット曲から、宇宙戦艦ヤマトの主題歌やハナ肇とクレージーキャッツ、志村けんでおなじみのコミカルソング「ウンジャラゲ」まで幅広い作風で昭和歌謡を引っ張ってこられた宮川氏。関西人にはやはり競馬(JRA)のファンファーレと仁鶴師匠の「大発見やァ!」がインパクト絶大なはず。
はぁ・・時の流れは止まってくれません。悲しいことです・・。偉大な方が次々と旅立たれてしまって。つつしんでご冥福をお祈りいたします。