中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

87f1c941.jpgみなさまメリークリスマスです!道行くカップルを横目に見つつ、音盤販売に勤しんでおります。
ちまたに溢れるクリスマス・ソングたるやかなりの数が存在しますけど、山下達郎/クリスマス・イヴ はそのなかでも別格の存在感を誇ってますね。若いヒップホップ・グループがカヴァーしたりもしてました。
毎年クリスマスになると我が店でもこの曲が収録されたCDはきちんと売れていきます。「レコードで欲しいんです・・」と聞かれることはあまりないけれど、ちゃんとシングル盤用意してます!春頃入荷してクリスマスまで眠らせてました。いよいよ出番だ!と今月はじめに店頭出荷したんですけど・・いまだ健在なのですよ。レコードで聴いてみませんか??


昨日、「母をたずねて三千里」のことを書き終わった後に「あぁ、クリスマス・イヴ書けばよかったぁ!」と後悔したのはいうまでもありません。タイトルがクリスマス・イヴなのにねぇ、まったくタイミング悪すぎね・・


山下達郎/クリスマス・イヴ (moon) 1500円

出稼ぎにいった母親をたずね、アルゼンチンまで一人旅をする小さな少年マルコ。イタリアからアルゼンチンですよ。めちゃくちゃな距離。ちゃんとお母さんに再会しますからね〜、凄い少年だ、マルコは!「あぶないからひとりで出歩いちゃだめ!!」な今の世の中ではこんなアニメは生まれないでしょう。

子供の頃、夕方のアニメ再放送枠&夏休みの午前中のアニメ再放送枠がどんなに楽しみだったか。ガンダムも妖怪人間べムもゲゲゲの鬼太郎も、もちろんこの母をたずねて三千里も何度となく観ました。印象的な主題歌は何年経っても頭の中に残っているんですよね。「さあ出発だ 今 陽が昇る 希望の光 両手につかみ・・・」いい歌詞だ〜!泣けてきますよ、懐かしすぎて!
歌っているのは大杉久美子さん。アルプスの少女ハイジの主題歌でも有名ですね。当時のアニメ主題歌はオリジナリティ溢れる力作ばかりです。だからこそ記憶の中に、いや心の中に残るんですね。
7e4568f0.jpgシングル盤が入荷しました。コロンビアSCSシリーズです。名作アニメ・ソングだらけのこのシリーズ、アニメソング好き以外の人も要注目ですよ!


母をたずねて三千里より 草原のマルコ/かあさんおはよう (columbia) 800円

マッコイ・タイナー・・彼の名を聞けばすぐにコルトレーンを思い浮かべてしまう。トレーンの名作にマッコイの影あり。実際は影以上の活躍。マッコイ・タイナー栄光の60年代。

続く70年代。リーダー作は多く存在してるけど、迷えるマッコイ・タイナーが垣間見える作品が増えちゃいますよね。アフリカに接近しすぎたり。この人の顔は悩んでる表情が妙に似合うと思いません?深刻な顔とでもいいましょうか。考えすぎの顔とでもいいましょうか。


世間的には決して評価が高いとはいえないマッコイの70年代ですけど、ライヴ盤は侮れないです!67849104.jpgATLANTIS・・・サンフランシスコでのライヴ盤。クィンテットでここまで迫力ある音を出すか!凄まじい音の波が襲ってきてずぶ濡れ必至!音の波間からコルトレーンの影が見え隠れしてます・・。「マッコイにとってトレーンとやったことは良かったことなのか?」なんて考える瞬間も。追いかけても決して届かない存在・・・


McCOY TYNER/ atlantis (milestone) 2LP 1500円

この曲置いてます?」そう言うと、若者は当たり前のように歌いはじめました。しかもスキャットで・・

「トゥートゥトゥトゥー・・」
「わかった!」と心の中で言いながらシングル盤を手渡しました。GLORIA GAYNOR/ i will survive のシングルを。

最近、ほんと良く売れるんです、 i will survive が。我が店だけかもしれないですけど、人気はドナ・サマーを軽く凌いでいます。ディスコ・クィーンはやはりグロリアだ!!



2fb74770.jpg「75年リリースのアルバム、NEVER CAN SAY GOODBYE が入荷しました。ディスコ前夜、i will survive前夜・・。内容はしかし、すでにディスコ全盛期!な曲ばかり。生まれながらにしてディスコ・クィーン!歌声のはかなさもすでに健在。タイトル曲(ジャクソン5のカヴァーですね)は全米10位のヒット。



GLORIA GAYNER/ never can say goodbye (MGM) US盤 1000円

 

前回の記事で歌謡曲について触れたのですが、早速の入荷がありましたので「これは引き続きお伝えせねば!!」と妙な使命感に燃えている次第であります。

さてその新入荷レコですが、黛ジュン・小川知子らとともに東芝3人娘として活躍した「和製シルヴィ・バルタン」こと奥村チヨ嬢のアルバム「くやしいけれど幸せよ」をご紹介します。チヨタイトル曲の他、チヨさんのヒット曲「恋狂い」「きめちゃったから」「何かいいことありそうな」やNETテレビ「ブルークイズ」のテーマソング「ブルードライブ」等を収録したアルバムで70年の作品だと思われます。70年のチヨさんと言えば「恋の奴隷」後の脂のりまくり期。底果かとないセックスアピールで、当時のお茶の間の女性陣からは結構嫌われてたことでしょう。今なら「エロかっこいい」ってやつなのに…見てくださいよ、このジャケットを。人間の急所でもある脇の下をこれでもかと晒しております!!人間のフェロモンは脇の下から出ると言うし、科学的にも理に適ったジャケットなのかもしれないなぁ。チヨものはシングルは多いですが、アルバムとなるとあまり出て来ないんですよ。写真が大きいのがやはり良いですね。中にも2パターンのカラーポートレイトが綴込まれております。ライナーに寄せられた作詞家・山上路夫氏のチヨさんに捧げられた詩「可愛い女」が、これまたグッと来ます。正しくチヨ!!コケティッシュ爆弾!!!!

LP 奥村チヨ/くやしいけれど幸せよ (東芝) 帯無し 2500円

ウチの店の商品でその核を担っているもの、それは歌謡曲です。

と敢えて断言してみましょう。昔から今も変わらずNAKA2号店を影で支えていただいている主力商品であります。90年代辺りからの怒涛の如き歌謡曲再評価の傾向に感謝しきりの我が店スタッフ一同ですが、ここで改めて問うてみようではないか。

   “歌謡曲とは何ぞや?”

細かく言えばキリがありません。「自作自演の楽曲をメインとした『ニューミュージック』の範疇に入らない歌手・グループ」「『演歌』と称されるカテゴリーに入らない楽曲」とは、70年代の歌謡曲や日本映画の魅力普及に余念の無い雑誌「HOT WAX」の律するところ。実際歌謡曲の判断基準には曖昧な点があり、明確な分類が難しいものも多数あります。…が揺るぎない指標と言うものもありまして、それこそが「筒美京平絡みである事」なのであります。

京平ディスコ
本日の推薦盤は97年末頃からのプロジェクト、筒美京平ULTRA BEST TRACKSシリーズの一環として発売されたCD「筒美京平SOUL&DISCO」を紹介いたしましょう。全曲筒美京平作曲によるダンサブルトラックを集めたもので、京平ディスコの申し子・浅野ゆう子の諸作や見た目とのギャップに驚くパンチヴォーカルが最高!!な優雅等を収録。頭とシメは変名作のオリエンタルエクスプレスで完璧なコンパイルとなってます。筒美氏の人となり、各曲レビューに関しては高護さんと榊ひろとさんのライナーノーツ(スゴイ!!)を読めば間違いありませんのでここでの言及はしない事としますが、筒美流歌謡ポップスはその時々の流行の巧みな消化とオリジナル解釈によって生まれるんだなぁという事が一目瞭然ならぬ一聴瞭然でわかると思います。

ジャケット・盤質ともに美品&帯付です!!重ねて歌謡曲の買取もお待ちしておりますゆえ…

VA/筒美京平SOUL&DISCO (Victor) 帯付美品 1400円

年末年始にサントラ特集を企画しています…とお伝えしましたが、本日はその前哨戦と参りましょうか。映画音楽の、そしてヘンリー・マンシーニの不朽の名盤THE PINK PANTHERこと「ピンクの豹」の日本盤LPをお披露目しております。
ピンクの豹(表)ピンクの豹(裏)
「ピンクの豹」は1964年に制作されたブレイク・エドワーズの作品で、おしゃれな泥棒とそれを追うピーター・セラーズ演じるドジな警部クルーゾーの掛け合いを描いたコメディ映画。後に6作に渡ってシリーズ化されるほどの人気作品です。さてそのサントラ。「ピンクパンサーのテーマ」と言えばいまや泥棒コントの鉄則で、洒落たコミカルなリズムは映画を離れ独立した人気を誇っております。これを担当するのが名匠ヘンリー・マンシーニです。

サントラに強くない私は恥ずかしながら「映画音楽」と言うとやはりストリングスを多用したオーケストラもの、=ムード音楽などと言う凝り固まったイメージを持っていたのです。ですがマンシーニは違いました!!楽器からしてホーンやヴァイブなんかの使用が多いですし、ジャズのようにリズミックで且つタイトなビート。今までの映画音楽の印象を完全に覆していただくという「マンシーニ・ショック」とでも呼びたい様な体験をさせてもらった一人です。マンシーニの改新、マンシーニ伝来、桶狭間のマンシーニ、マンシーニの大獄、マンシーニ維新、マンシーニ・ショック。

「ピンクの豹」はその筆頭とも言うべきもので、彼の作品の中では「ピーターガン」や「ハタリ!」の作風を踏襲する、正に粋の結集と言っても過言ではないでしょう。有名なテーマ以外にも「シャンパンで仲直り」や「手頃な売物」のような理知的でエレガントな曲も収録されておりThat's MANCINIsm!!と膝を打つ事うけあい。名盤の称号に偽りはありません。

国内盤ペラジャケットでの入荷、背表紙に一部抜けがありますが盤質は良好です。
サントラ特集にも乞うご期待!!!

ヘンリー・マンシーニ楽団/ユナイト映画「ピンクの豹」オリジナルサウンドトラック 帯無 4800円


↑このページのトップヘ