中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

1193b5d4.jpg昨日の分まで力入れてレコ紹介します!

CYBIL SHEPHERD/ mad about the boy (innercity)
映画「タクシードライバー」でデ・ニーロにストーカー(でしょう?あれは)されてた女優さん。まあ、お美しいお方であります。そんな彼女が吹きこんだレコードのなかで一番の人気盤がこれですね。with STAN GETZ。GETZの力のこもったサックス・プレイが印象的。美人大好きなのは男性なら当然。一丁やったるか!ってなもんでしょうか。吹きまくっておられます。
CYBIL嬢のお声はとても透明感があってある意味イメージ通り。名曲「speak low」「this masquerrade」等をしっかり歌いこなしてます。「triste」に代表されるライトなボッサ・アレンジも味わい深い。

cybil_2

数年前にCREPUSCULEレーベルから再発されましたけど、今日入荷したレコはしっかりINNERCITY盤。オリジナルですね。コンディションがこれまた綺麗!ジャケも盤も文句なしです!3800円。

自宅から更新作業してます・・。スタッフが風邪で体調を崩したのは昨日書きましたけど、今日になっても回復せず、さらに僕も今日は休日だったために常勤のスタッフがいないという緊急事態になっちゃいました・・。いつも2人でがんばっているのです、はい。


でですね、今日店にどんなレコードが入荷したのかわかりません!すんませんです。個人の日記みたいになっちゃいます。これも『毎日絶対更新!』という目標を守るため・・。松井も骨折して連続試合出場の記録途切れちゃいましたけど、我が店の記録はギリギリ守られた!?


すいません、単に自己満足です。



当ブログのメールフォームを使って在庫確認から買取査定まで数々のお問い合わせをいただいてます。ほんとにありがたい!「ブログはじめてよかったぁ!」とお問い合わせがあるたびに喜びをかみ締めております。さらなるメール心待ちにしてます。


明日からまたしっかり新入荷レコの紹介していきますのでのぞいてみてくださいね!

昨日、今日と涼しいというか肌寒いですね。我が店のスタッフが風邪でダウンしてしまいました。昨日の寒さにやられたみたい・・。めちゃ暑かったり、寒くなったり・・困ったものです。


お知らせ&懇願です・・。
先日もちょっと触れてましたけど、日本のフォーク・ロックの特集やろうと考えてます。CD中心ですがなかなかのボリュームになりそう。ただですね、このジャンル所謂“即売れ”しちゃいそうなものばかりなんで特集やるにはまだまだタイトル数が足らないかなぁなんて。ですので、「日本のフォーク・ロックめちゃ買取強化月間」と題してしばらく超高価買取します!はっぴいえんど、エンケン、フォークル、ジャックス・・・挙げればキリがない程素晴らしいアーティストばかりのこのジャンル、ご処分をお考えの方、是非とも我が店までお問合せのほどどうぞよろしくお願いします。CD、LPどちらも大歓迎です!


maria toredo今日の新入荷は久々のボサノヴァLP。ルイス・ボンファとマリア・トレドの夫婦共演盤です。トレド嬢、ダンナの唄を情感込めて歌い上げておられます。「オルフェのサンバ」熱すぎ!
日本盤、2000円です。

週末というのにひっきりなしに雨が降っておいでです。ですから本日は土曜日ながら非常に静かな一日…あまり静かすぎるのも困ってしまいます。

「静かな」と言えばサルサ特集。メラメラと燃えるような勢いはございませんが、静かに売れてくれております。お陰様の第2次追加投入に漕ぎ着けました!OSCAR D'LONやCELIA CRUZ、TITO PUENTEなど大御所陣中心に新入荷してます。以前ご購入いただいた方は再び、まだの方は是非とも覗きに来ていただきたい所存!サルサ聴きにいらっしゃいませ。oscarcelia








写真はオスカル・デ・レオーン/イ・ス・サルサ・マヨール(BOMBA/国内盤)とCELIA CRUZ&RAY BARRETTO/Ritmo en el corazon(FANIA)です。


recocolle6あとレコード・コレクターズ最新6月号が入荷しております。巻頭特集は「社会現象を巻き起こしたビートルズの来日公演から40周年!〜THE BEATLES IN JAPAN」。またなの?って感じもしますが、そこはお家芸と思ってひとつよろしくお願いします。あと同業者という事もあるのですが、中野泰博氏の連載「レコ屋日記」が面白いです。レコード屋のあれこれ裏事情が知りたい方必読ですね〜。700円にて販売中であります!

明日は晴れなくてもいいから雨だけ勘弁してください。

遊び心満載の変形ジャケット・・LPの醍醐味ですな。

mottMOTT THE HOOPLE/ mott (epic)
邦題『革命』。このレコード、日本盤にも変形ジャケット仕様のものがあったんですね〜。不勉強の至り・・知りませんでした。名作『すべての若き野郎ども』に続いてリリースされた作品。モットの名曲のひとつ「メンフィスからの道」収録。“革命は遊びで起こそう”いい言葉です。帯付、ジャケットも盤もピカピカです!2800円。


NEWWAVE入荷止まりません!嬉しくて嬉しくて・・。定番2枚をご紹介。

bugglesTHE BUGGLES/ the age of plastic (island)
エレポップド定番!これを押さえとかなければ。「ラジオスターの悲劇」収録。日本盤帯付、状態はもちろんピカピカ!!1800円。




new orderNEW ORDER/ power corruption & lies (columbia)
邦題『権力の美学』。初期ニューオーダー渾身の力作ですね。今野雄二氏のライナーノーツはジョイ・ディビジョンのことばかり書かれてますが・・。大好きです、「ecstacy」!こちらも日本盤帯付、同じく状態ピカピカなのです!1800円。



あと、今日は70年代アイドルの珍しどころシングル盤入荷しました。大物(南沙織に桜田淳子に・・)の「うわあ、見たことねえ!」的後期シングル等。矢野あっこちゃんが曲書いてたりして、意外な発見いっぱいでした。見にきてくださいませ!





今日の新入荷CDご紹介します!

oretachino_kunsho'75年に放送されたTVドラマ「俺たちの勲章」のサウンドトラック「伝説のアクションドラマ音楽全集〜俺たちの勲章MUSIC FILE」でございます。「俺たちの勲章」と言えば今は亡き名優・松田優作演じる破天荒で自分の道を貫き通す2年目刑事中野祐二と、青春ドラマ帝王として君臨していた中村雅俊演じる生真面目で融通の利かない新米刑事五十嵐貴久の二人のコンビの成長を描いた青春刑事物語。「太陽にほえろ!」のジーパンを卒業した松田と、青春ドラマ「俺たちシリーズ」でヒットを飛ばした中村という一見ミスマッチのようなコンビが描く異色作ですね。最近でもCS放送されたりもして私も見てました。水谷豊がゲストの回がまた良いんですよぅ、本当に!!

何が良いって、この相反する二人が回を追うごとにお互いに認め合ってくるというあの「ザ・青春!」な感じがたまりません。有名なお互いのタバコに火をつけ合うラストのシーンがもう…黄金の70年代を感じさせちゃって。70年代青春期が羨ましく思ったりもします。

さてサントラ的情報を申しますと全作曲を手がけるのは、あの吉田拓郎とチト河内のお二人。この人たちがサントラ!?と思ってしまいそうな面子ですが、これが意外な程によくあっております。本CDは1〜10曲目までが東宝レコード復刻音源で、それ以降がマスターテープ未発見楽曲のフィルム抜粋というお宝音源になっております。それもそのはず!このドラマ、当初の1年放送予定が番組放映中に起きた松田優作の傷害事件にて19話で打ち切りという憂き目にあっておるのです。お宝音源の方はフィルム抜粋という事で音質的には厳しい面もありますが、このエピソードごと買い!って感じで一つお願いします。というかTVサントラはやはりテレビ音源で聴くのが良いのでは…と思わないでもないのですが。

帯が無いんですが盤の状態は美品です。1500円

悲しくさせたよ、一人の午後は。って感じです。
雨が降っております、しとしとと。梅雨間近な空気が湿気と共に我が店にもやって参りました。

さて6日のブログで軽く触れておりますが、右上の【今月の買取強化アイテム】を更新しております。まずはサルサ特集の流れからラテン全般のLP&CDを筆頭に挙げてみました。サルサのみならずタンゴ・キューバ・カリブ・ブラジル・フォルクローレ・マリアッチ…それからラテンムードも!!、まさしく全般!の心構えでお待ちしてます。ラテンには名唱・名演が多いのでそれだけ間口が広い!永遠の定番も大歓迎。

そして女性ジャズ・ヴォーカル。こちらもLP&CD不問でお待ちしてます。ジャズというのは不思議なほど定番が売れるのです。他のジャンル(ロック然り歌謡曲然り…)と較べても定番の人気は格段なんですよね〜。長い時間を勝ち残った定番なんだから悪いはず無い…という事が聴けば判ってしまう。これぞ定番の定番たる所以。ヴォーカルものも定番がよろしおす。ジュリー・ロンドン、クリス・コナー、アニタ・オデイ、ニーナ・シモンにブロッサム・ディアリー…嗚呼待遠し。再発でも嬉しい今日この頃。オリジナルなら狂喜。

あとは先月から引き続きジャズ・クラシックの高音質(重量)盤LP!更にCDはリアルに全般待ってるんですが、やはり人気の強いUS SSW/AOR系が高価買取対象と言わざるを得ませんね。これからの季節、心地よい爽やかorダルな音楽で過ごしたいものです。AORは近頃紙ジャケ化が著しいので期待しております、皆さん。それから常時高価買取アイテムであるため割愛しておりますが、近い将来日本のフォークCD特集企画が進行している(!?※あくまで予定)ため日本初期フォークはがっちり買わせていただきます。10万円7万円5万円、運命の別れ道!!

ジャンジャン買取持ってきてくださいね〜♪

今日の新入荷は「雨の日は出す」の鉄則に従ってあんなのやこんなのや、いろいろ出してます。どうぞよろしく。

kamondylan_btk







cynthia

↑このページのトップヘ