中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

週末土曜日から英国ゆるゆるニューウェーヴのLPまとめて出荷します(予定)。
ゆるめのエレポップ・ネオアコ・ギタポなどUK盤LP&同12インチ多数。
どうでしょう?100枚くらいはあるでしょうか。

「こんなの無きゃ無いでいいよ〜」
くらいのノリで来て下さい。何しろ“ユル”です。

懐かしさにかまけて、
「こんなの無きゃ無いでいいけど、どうせ買うなら英国盤だろ!?」
などと一瞬たりとでもよぎろうものなら「負けた」と思って買ってやって下さい。
なにとぞよしなに。

あと年輩の皆さん&演歌ファンのお方に告知。
演歌CDシングル、バツンと補充してます。
大御所さん後期シングル、あの人は今的諸氏の密か音源、或いはのっけから「お前は誰だ」的すっとこどっこいさんの人生の思い出シングルなど、これまた多数。
週末に向けて更に出荷予定ですのでご期待をばどうぞ。
enka_cds
(写真は一部です)

です。以前より告知しておりましたが、当店の人気コーナー・クラシックBOXセールに倉庫よりの出土品を大量投入いたしました!!

総数にしておおよそ70箱です。今回はガッツリいきましたよ。
いつもオペラが多めなのですが、オペラ以外の出土品も多数出荷しております。
オペラはベートーヴェン、ワーグナーとイタリアンオペラが中心。その他には交響曲全集(モーツァルト、シューベルト、ドヴォルザーク…)や鍵盤楽曲が目立っておるようです。

冒頭にも述べました通り、いかんせん人気コーナーなのですよ。スタッフも驚愕の人気っぷりで、今回も早々に買われてゆく事が予想されます。このブログをチェックして戴いてる皆様、猛ダッシュ宜しくでございます。

1984年に思いを馳せてみます。いきなりです。
84年といやぁ米国ではライカヴァージンでフットルースでボーンインザUSAな感じ。英国ではカフェブリュでバンドエイドでスムースオペレイター。ここ大和の国では涙のリクエストでグーグーガンモで浪花節だよ人生は。いやー今となってはどれもいなたさを少なからず感じさせるラインナップです。悪いということでなく。当時を知る年代の方々にとっては、この見え隠れするいなたさもタイムスリップへの鍵でしょうか。

pale_fそんな84年の中にあって一際燦然と輝くキラ星のごとき一枚、PALE FOUNTAINS/Pacific Street。今日のお客様です。ネオアコなんて哀しすぎる分類もご愛嬌、20余年経った今だからこそはっきりとした確証を以って「エヴァーグリーン!」と言える良いアルバム。ロックのフィールドでジャズやブラジル、サイケにソウルの粋を取り入れ遊ぶ様は若さ故なんだろうか…フットワークの軽さと純音楽さを思わせます。久々に聴き直してみて、個人的に「金曜日は別れのとき(Beyond Fridays Field)」の思わせぶりなトランペットがグッと来てしまいました。“Unless”“Crazier”も良いですね〜、昔は“Start a War”だったんだけどな。聴く時の状態で色んな面が見えてきます。

84年にお年頃を迎えていなかった世代にとっても、思わず胸に来るまさに青春の一枚と言えましょう!!しかし青春時代にこれが流れてたって人はやっぱり羨ましいです。だって絵になるもの、ライフタイムサントラですよこれは。

入って参りましたLP・・・勿論UKオリジナル。ジャケット・盤共に美品ッス。
他にも英国NEW WAVEちっとばかし入荷してます。ほとんどUK盤、但しへなちょこも多め…只今出荷作業中ですッ!!

PALE FOUNTAINS/Pacific Street (Virgin) UK orginal 3800円

bram tchaikovsky早々に本日の新入荷です。「パワーポップの仕掛人」として知られるブラム・チャイコフスキーのCD「脅威の黒い影」が入荷しております。

ブラム・チャイコフスキーだなんてなんと大仰な名前!!とお思いでしょう。英国パワーポップ/ロックバンドTHE MOTORSのギタリストだったブラム・チャイコフスキーが脱退後に結成したバンドがこのブラム・チャイコフスキーなのであります。パワーポップ好きの皆さんにはドリーミンなナンバー“Girl of my dreams”の…と言った方が話が早いかもしれませんな。彼らのセカンドアルバム「脅威の黒い影」がちょっと珍しいCDにて入荷です。今や廃盤で輸入盤ですら、そこいらのCD屋では見られない代物。一部では結構なお値段での取引もされておるようで…。内容は「The Russians Are Coming」という原題とスットコドッコイなジャケットから推し量れるものでなく、まさに良質パワーポップ。ベースとなる8ビートのトラックはともすればスカスカに聴こえんばかりのシンプルさですが、その上に巧みなコーラスワークが載るとこうも胸キュンになるものか!という見本のような作品と言えるでしょう。モーターズの時よりもポップ度で言えば一段階上って感じです。パワーポップ登竜門レーダーからのリリースも間違いないポイントです。

盤に微スレがありますが良好と言える範囲だと思います、帯付。

ブラム・チャイコフスキー/脅威の黒い影 廃盤・帯付 1200円

さすが日曜日。バタバタしてます。
今日は簡単に。今週の予定書いときますね。

水曜日(木曜になるかも)にまたもやクラシック箱追加するつもりです。今回もオペラ中心になるでしょう。すげー人気コーナーになってしまった・・予想を遥かに越えてます。

卒業・お別れソングに絞って、シングル盤集めて特集しようと考え中。タイトルは・・・まだ未定です。“さよなら さよなら さよなら〜ああ〜”オフコースは当然入れます。

ひそかに好評、演歌CDシングル380円コーナー!「いったい誰?」的カルトな面々に爆笑必至です。大量追加します。これも水曜日あたりになると思います。もちろん大御所もあるんでお気軽にのぞいてみてください。

サルサのCDがものすごい数入荷しました!サントラ特集の次はサルサで決まりです!只今、誠意値付け中。なにしろ数が半端じゃないので多少時間かかります。サントラの入荷も順調ですんで、サルサは来月あたりになるかな・・


思いつく事だけ書いてみました。さらに驚きの入荷があったりしたらきっちりブログでご紹介していきます。Wikiのほうでもチェックしてみてくださいね!

42eb1a7b.jpgデジタル・サウンドが溢れ返る今現在に聴くと、逆に新鮮!
1969年リリース、TERRY RILEY/ a rainbow in curved air 入荷です。
ジャケットに写るライリー氏・・一瞬ブライアン・イーノかと思ってしまいますが。電子音楽創世記、音が少ない!(スカスカともいいます・・)時代だからか、インド音楽からロック等ポップ・ミュージックからの影響も感じられて。その点普段電子音楽や現代音楽に親しまれてない人にも受けそうな要素が多いです。聴きやすい電子音。当時このレコードから深みにはまっていった人、結構いたんじゃないかな・・
エレクトロなトラック作成時にも活躍してくれそうな“間”もあります。使い勝手よさげなレコード!チープなものに何かをプラスして新しいものを作る・・これ、現代のかっこいい音作りの基本になっちゃってますよね。

USコロンビア・ブラウン・レーベル、ジャケット、盤ともに良好です。



TERRY RILEY/ a rainbow in curved air (columbia) 1800円


f0663023.jpg「人気作家と人気ピアニストの夢の共演!」なんて甘い言葉ではとても形容しきれない凄まじい内容・・筒井康隆文明帯付きで入荷であります!

日本SF作家のビッグスリー(他は星新一と小松左京です)の朗読レコードとして、1978年にリリース。A面に『バブリング創世記』、B面に筒井康隆の朗読『寝る方法』が収録されています。
参加メンバーは、山下洋輔(p)、坂田明(as)、ラリー寿永(per)、小山彰太(dr)、角張幸子(vo)といった顔ぶれ。短編「熊の木本線」中で歌われる民謡『熊の木音頭』が挿入された展開に度肝を抜かれちゃいます!おもしろいし!坂田明が変なことを口走ってます。タブー?・・


いまだに未CD化の作品です。状態ピカピカ!
70年代・・ほんまなんでもありの時代ですな。ジャズと絡んでる、この種のレコードは特にやりたい放題です!本物の狂気…


山下洋輔、坂田明 他/ 筒井康隆文明 (victor) 帯付 美品 2500円




↑このページのトップヘ