中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう

大阪・難波にある中古レコード店 レコードショップNAKA2号店のブログです。

5月の土曜日。前半に訪れるGWのおかげで下旬の週末は他の月のそれよりも幾分か落ち着いておるようです。店にとってはあまり喜ばしい事ではないですが、気持ちはわかるので何も言いますまい。

さて本日はLP入荷に追われております我が店。とりたてて目を引く物は…うむ。ござぁせんでございます。とっても普通な感じの所のちょっと珍しめの所。とか、そのような感じです。何かお知らせできる代物はあるかいな?と入荷したレコードをぐるりと見回す。

むむ!「あ、あった。…またあった。…またあった!…またあった!!…またある!?いったいなんぼほどあるの?」という台詞と共に大量の同一アーティスト作品を発掘しちゃいました。その人の名はポール・モーリア!!嗚呼、ガッカリするのはやめてください。新入荷LPだけで20〜30枚はあるでしょうか。入荷前の我が店のPMコーナーに既に20枚超。思いがけない大量入荷によって我が店PMコーナーは異様なまでの充実っぷりを誇っております。モーリア先生のレコで新入荷情報を書くのは、世界広しと言えどウチぐらいのものだ!とスタッフからの失笑も漏れたりなんかして。ほんとにちょっと圧倒される量ですよ。ワーカホリックというか仕事の選ばなさっぷりに軽く感動を覚えました、御大!!

中でも充実しているのは「45回転オーディオチェックシリーズ」!!ああ、これがポール・モーリアじゃなけりゃなぁ…なんて思ったり決してしていません(少し脚色)。同封されたカタログを遠い目でみております。モンゴ・サンタマーリア、エスコーラ・ヂ・サンバ、ザ・ドラム・セッション…何故なかったのか。あんまりだ。本当はこっちが欲しいんだ。などと心の叫びと格闘する事しばし。しかしモーリアだって良いじゃないか!?作品数の膨大なポール・モーリア氏ならでこその音の違いを聴いてモーリアサウンドの核心に迫る事ができそうなオーディオ・ファン以外の皆様も要注目のラインナップであります。他にもオリジナル作品やジャンル別に編集されたリコレクションもの、レーザーディスクなど本当に多数入荷しておりますんで、あとは熱狂的なモーリア信奉者の来店を待つばかりの2号店なのでした。pm45

梅雨入りしたかのように降ってます・・。これだけ雨が続くとテンション下がりますなぁ。

簡単に新入荷レコの紹介を。今日はソノシートたくさん入りました。

ishihara石原裕次郎/ 裕ちゃんとたのしく第二集
永遠の大スター!“タフガイ”裕次郎のソノシート。「白い浮雲」「俺は待ってるぜ」「忘れじの瞳」等8曲収録。4枚組です。少しスレあり。ジャケットもシミあったりします。古いものですからしょうがない・・。1300円。



akagi_1赤木圭一郎/ トニーよ永遠に
わずが21歳で夭折してしまった赤木“トニー”圭一郎。和製ジェームス・ディーンと呼ばれる事も。死後にも多くのレコードがリリースされてます。このソノシートもそんな一枚。主演映画の名セリフの収録がうれしいところ。シートもジャケットも綺麗なコンディション!3枚組、1200円。



akagi_2赤木圭一郎/ トニーよ安らかに
こちらもトニーの追悼ソノシート。3枚組。「特別付録:トニーのカラー・フィルム・ブロマイド」付いてます!コンディションは良好。1200円。

今日は久々に新入荷CDをご紹介。

asano浅野ゆう子/ ゴールデン★ベスト
この間『西部警察3』観てたらゲスト女優で浅野ゆう子嬢が登場。今の素晴らしい演技と違い、たどたどしいセリフまわしが逆に新鮮でした。あの出演はアイドルとしてバリバリ歌ってた時期から少し後になるのかな。試行錯誤期?この人、歌手としても試行錯誤し続けてますけどねぇ。ド真ん中アイドル歌謡にディスコ、さらにはAOR・・。
もちろん「セクシーバスストップ」収録。デビュー曲「とびだせ初恋」とのギャップ、楽しめます。1480円。


finger5フィンガー5/ ゴールデン★ベスト
またまた“ゴールデン★ベスト”もの。今度はフィンガー5!ピチカートファイヴ等の影響でシングル盤がよく売れたのってもう随分前になるなぁ・・。CDとなるとなかなか入荷しません、今も昔も。みんな大好き!なはず「恋のダイヤル6700」「学園天国」から、実は後期の曲もいいんだよ!とコアなファンの声がしそうな「ぼくは眠れない」「モンローウォークのお嬢さん」まできっちり収録。21〜23曲目はカラオケ(「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」)を。至れり尽せりのベスト盤です。1480円。



鬱陶しい天気続いてます・・。

イギリスっぽい天気模様に合わせるかのように(?)ちょい陰鬱系パンクLP入荷です。
wireTHE WIRE/ 154 (EMI)
初期ピンク・フロイド、シド・バレットと比較されたりもしていたバンド:WIRE。聴いてると納得してしまう一面が確かにあります。実験的なサウンド、ギタープレイ、意味深なタイトル(154はこのレコードがリリースされるまでにおこなったライヴの回数らしいです)・・このサード・アルバムで彼らはファースト・アルバムの頃から較べると格段に音楽的成長をとげてます。アンチ・ロックを象徴する言葉「ロックじゃなければなんでもいい」とのたまったのも彼らでした。その言葉通り、ロックじゃない音だしてます、はい。
日本盤、帯付、状態良好です。2500円。

その他、'80年代ものも入荷してます(U2とか)。イギリス臭漂う2号店です・・。

1193b5d4.jpg昨日の分まで力入れてレコ紹介します!

CYBIL SHEPHERD/ mad about the boy (innercity)
映画「タクシードライバー」でデ・ニーロにストーカー(でしょう?あれは)されてた女優さん。まあ、お美しいお方であります。そんな彼女が吹きこんだレコードのなかで一番の人気盤がこれですね。with STAN GETZ。GETZの力のこもったサックス・プレイが印象的。美人大好きなのは男性なら当然。一丁やったるか!ってなもんでしょうか。吹きまくっておられます。
CYBIL嬢のお声はとても透明感があってある意味イメージ通り。名曲「speak low」「this masquerrade」等をしっかり歌いこなしてます。「triste」に代表されるライトなボッサ・アレンジも味わい深い。

cybil_2

数年前にCREPUSCULEレーベルから再発されましたけど、今日入荷したレコはしっかりINNERCITY盤。オリジナルですね。コンディションがこれまた綺麗!ジャケも盤も文句なしです!3800円。

自宅から更新作業してます・・。スタッフが風邪で体調を崩したのは昨日書きましたけど、今日になっても回復せず、さらに僕も今日は休日だったために常勤のスタッフがいないという緊急事態になっちゃいました・・。いつも2人でがんばっているのです、はい。


でですね、今日店にどんなレコードが入荷したのかわかりません!すんませんです。個人の日記みたいになっちゃいます。これも『毎日絶対更新!』という目標を守るため・・。松井も骨折して連続試合出場の記録途切れちゃいましたけど、我が店の記録はギリギリ守られた!?


すいません、単に自己満足です。



当ブログのメールフォームを使って在庫確認から買取査定まで数々のお問い合わせをいただいてます。ほんとにありがたい!「ブログはじめてよかったぁ!」とお問い合わせがあるたびに喜びをかみ締めております。さらなるメール心待ちにしてます。


明日からまたしっかり新入荷レコの紹介していきますのでのぞいてみてくださいね!

昨日、今日と涼しいというか肌寒いですね。我が店のスタッフが風邪でダウンしてしまいました。昨日の寒さにやられたみたい・・。めちゃ暑かったり、寒くなったり・・困ったものです。


お知らせ&懇願です・・。
先日もちょっと触れてましたけど、日本のフォーク・ロックの特集やろうと考えてます。CD中心ですがなかなかのボリュームになりそう。ただですね、このジャンル所謂“即売れ”しちゃいそうなものばかりなんで特集やるにはまだまだタイトル数が足らないかなぁなんて。ですので、「日本のフォーク・ロックめちゃ買取強化月間」と題してしばらく超高価買取します!はっぴいえんど、エンケン、フォークル、ジャックス・・・挙げればキリがない程素晴らしいアーティストばかりのこのジャンル、ご処分をお考えの方、是非とも我が店までお問合せのほどどうぞよろしくお願いします。CD、LPどちらも大歓迎です!


maria toredo今日の新入荷は久々のボサノヴァLP。ルイス・ボンファとマリア・トレドの夫婦共演盤です。トレド嬢、ダンナの唄を情感込めて歌い上げておられます。「オルフェのサンバ」熱すぎ!
日本盤、2000円です。

↑このページのトップヘ